欧米ブランドに「負けていないぞ!」

カテゴリー: 国内革事情 の記事

カテゴリー: 国内革事情

革とものづくりの祭典「浅草エーラウンド2017秋」が10月20日(金)から行われます。今回で9回目を迎え、イースト東京 浅草・奥浅草エリア一帯を会場とする地域イベントとしてすっかりおなじみになりました。開催直前、イベントの概要をまとめてご紹介します。

banner_01.png

150年の革靴づくりの伝統を有し、革靴の生産出荷額日本一を誇る<革のまち>、奥浅草。ものづくりのDNAが息づくエリアを盛り上げる「浅草エーラウンド2017秋」では、通常非公開のファクトリーをオープンするなど、街の魅力を発信。毎回1万5,000人~2万人が訪れています。86組(エーラウンドマーケットのブース出店も含む)の企業・店舗が参加。皮革産業の工場・工房や革問屋の公開に加え、地域の個性的な飲食店や雑貨店でも、さまざまなおもてなしで特別感を表現します。

08-1-1024x768.jpg

工場見学は、奥浅草エリアの靴生産を支えるメーカーの工場を日時限定で公開(無料)。

*****

【20日・21日・22日】
あしながおじさん靴工場(浅草4-48-5):婦人靴ブランドの工場。各日11:00、14:00

【20日・21日】
東京刃型(浅草6-21-12):革を切り抜く「抜型」の製作メーカー。20日・11:00、13:30/21日・11:00

【20日】
パイロットシューズ(今戸2-36-11):老舗の婦人靴メーカー。ガイド付き工場見学(要予約)

*****

78-320x220.jpg

そのほか、ヒールや金具の専門卸や、吉田カバン創業者の吉田吉蔵記念館(通常は水・木曜のみ開館/写真・上)の公開、東都製靴工業協同組合(認証革靴)<産官学で革靴認証事業を推進する事業とポップアップショップの紹介/写真・下>、「東京都立皮革技術センター(台東支所)施設公開」<台東分校生の作品展示、技術相談/20日まで>も注目ですね。

57.jpg

今回の特徴は、個人で活動するつくり手たちへのサポート。2010年代以降、「minne」や「Creema」に代表されるオンライン上のマーケットプレイスが人気を獲得。個人間売買のクラフト作品のマルシェイベントやクラフト教室、DIY体験ワークショップが支持され、ハンドメイド作家やハイ・アマチュア層のクリエイターが増加中です。こうした個人作家たちを対象にプロユースの素材に触れ、職人の話を直接聞くことができる機会を設け、応援します。

img_market.jpg

「個人には難しい」とされる問屋とのつながりをもってもらおうと、個人作家やハイ・アマチュア作家に革の仕入れ支援を企画。21日・22日には既存の飲食店や革製品の販売店をギャラリー化し、マーケットとスポット合わせて20軒近くが、品質は折り紙付きの素材を用意しています。マーケットでは吉比産業をはじめとした<スマイルレザー>、東京・鳥越 おかず横丁の人気イベント「ものづくり横丁」、企業と気鋭のデザイナーのコラボレーションによるプロジェクト「+d x TOKYO L 」(写真・下/「蔵前展」での展示)、ケア製品のトップメーカー<コロンブス>などもお見逃しなく。

21430142_1453006114748221_1927800295658804463_n.jpg
浅草エーラウンドでは、皮革産業の後継者育成にも取り組み、ものづくりや革関係の仕事に関わりたい人と企業のマッチングも実施。マーケットの「I want YOU」では、奥浅草エ リアのメーカーや工場の求人情報を公開。ブースにはつなぎ役となる「求人ソムリエ」 が常駐し、モノづくりや革関連の仕事に携わりたい方と企業とを橋渡しします。

03-1-1024x683.jpg

恒例のツアーでは、入門編から深掘りまで、3日間で全11コースをラインナップ。活躍中のレザークリエイターとともに道具・材料を探す、個人作家を応援するツアーが話題ですよ。

73.jpg
恒例の<桜橋レザーパーク>は、皮革卸問屋 富田興業内(今戸本社2F、5F)に<革のテーマパーク>が期間限定で出現! 特選革の販売、革を使ったものづくり体験ワークショップ、実演・講演・・・と盛りだくさんです。

74.jpg
活躍中のクリエイターを多数輩出したバッグアーティストスクール レプレのブースでは、ワークショップのほか、「かばん屋さんのキット販売」、とっておきのツールのお披露目も。

21317431_1452086194840213_3829604542388778290_n.jpg
さらに大阪のカリスマ的ショップ<レザークラフトフェニックス>の「金具や工具の販売」に加え、大阪の人気イベント「本日は革日和♪」が出張。

「人に話したくなる革セミナー~革?皮?革素材はどう作られる?」、「人に話したくなる革セミナー~靴と鞄の違いを作り方から見てみる。」とレザー初心者からマニアまで毎回大好評納得の講座を開催します。「今回、SEIWAさん全面協力による革や布に描けて割れない顔料、ファブリエの体験会を開催します。かなり貴重な機会ですので、ぜひ、お越しください」と村木さん。

img_cycle_02.jpg

このほか、新プログラム、「LOOP」がローンチ。開催を重ねてきたなかで店舗同士が仲良くなり、自主的に運営する企画がはじまります。既存のカフェや革製品の販売店に作家やアーティストの作品を展示。10店舗がギャラリーに変身します。ワークショップ、レンタサイクル(エーラウンドマーケットで貸出、2時間まで無料)もあるそうですよ。

map-949x1024.png

最後におすすめしたいのは公式ウェブサイト。広い奥浅草一帯へスムーズに移動するための強い味方、公式ウェブサイトがグランドオープンしました。出店者情報を場所別・ジャンル別に分かりやすく表示。スマートフォンからも閲覧しやすく、マップや最新情報をチェックできるので会期中も安心。ツアーのコース情報や予約もできるそうですよ。


<まちめぐり><ものづくり>を通して、ひととひとの絆も生まれる・・・新しい出会いを探しに、お出かけしてみてはいかがでしょうか?



■ 参考URL ■

 エーラウンド <http://www.a-round.info/>


カテゴリー: 国内革事情

日本製革製品のコンペティションとして国内最大規模を誇り、すっかりお馴染みとなった「Japan Leather Award 2017」1次審査会が、10月9日(月・祝)~10日(火)の2日間、大阪・阪急うめだ本店 9F「阪急うめだホール」で開催されました。

1次審査会 外観.jpg
ファッション産業である皮革産業に、その時々の消費者ニーズなどに即応できる新たな"発想・表現"のできる人材を発掘・育成したい。このような想いのもと、一般社団法人 日本皮革産業連合会(JLIA)が開催する「Japan Leather Award」。毎年、内容が進化し、ついに10周年を迎えました。大阪で行われる審査会も恒例となり、リピーターの来場も多いようです。

1 次審査会171010.jpg
今年度は賞が変わり、各部門の賞が「フューチャーデザイン賞」と、「ベストデザイン賞」の2つに(学生部門以外の4部門)増えました。新たな市場形成の可能性を評価する「フューチャーデザイン賞」と、優れた商業的な価値を評価する「ベストデザイン賞」と審査基準が設けられています。

1次審査会 来場.jpg

会場には全応募作品がズラリ。圧巻です(現在、オフィシャルサイトでも全応募作品が公開されています)。年々、クオリティが向上しているのが頼もしい! 傾向としては、昨年に続き、農林業への被害軽減を目的とし有害鳥獣捕獲された鹿、熊の利活用などのソーシャルな側面や、日本の伝統工芸を取り入れた作品がカテゴリーとして確立しつつありますね。注目したいのは審査基準に合わせ、マーケットを意識した作品。これらからピックアップしてご紹介します。

1次審査会 シニア向け商品開発.jpg
まずは、大人世代にうれしい靴。左の作品は介護靴の要素を取り入れた一足。「介護靴は布製で冬は寒く足の先が痛い」とのお父さまのご意見を生かし、できるだけソフトな牛革を用い、ファッションを楽しめるデザインを目指したそうです。右のスニーカーは、40代以上の女性を意識した機能として屈曲性を強化。かかと部分が厚いインソールを使うことで脚長効果を狙います。有害鳥獣捕獲された鹿の革をアッパーに使用。銃弾の跡をデザインアクセントに仕上げました。

1次審査会 雨・雪.jpg

続いて、雨や雪を考慮したシューズ。「雪が降っても履ける靴」(写真・左)は内側にボアを配し、保温性もしっかりと。プリントレザーが目をひく作品(写真・右)は葛飾北斎の富嶽三十六景や凱風快晴といった浮世絵をコラージュし、アッパー全体に転写印刷を施しています。

1次審査会 雨 ヨリ.jpg
水に濡れると絵柄がハッキリと鮮明に。浮かび上がる浮世絵が素敵ですね。雨の日が待ち遠しくなりそう。

1次審査会 コーヒー.jpg

こちらはコーヒーを取り入れた作品たち。コーヒーで染めた豚革がいい風合いを醸し出すバッグ。金具もわざと錆びさせてから使用しています。古着人気が復活していますし、ヴィンテージ感の表現が支持を集めそうですね。スリッパは姫路の白なめし革がベース。シンプルに塩と菜種油と水のみで鞣されているため、染液を非常によく吸収する特性を生かし、コーヒー豆の出がらしを使って革を染めています。コーヒー豆を入れたお手だまもユニークです。

1次審査会 知育玩具.jpg

ギフトとしても人気が高いベビー、キッズ向けのアイテムも多く寄せられました。知育玩具、パズルやぬいぐるみ、クリスマスオーナメント・・・とさまざま。

1次審査 ベビー.jpg
「子どもたちに日本の革と革のものづくりの魅力を知ってほしい」そんなつくり手たちのあたたかな想いが伝わってきます。

1次審査会 端革アップサイクル.jpg

端革・残革のアップサイクルや、キズなどの目立つ革を生かした製品開発も着々。原皮が貴重になりつつある現状をとらえ、レザーを無駄なく使う試みも大きな流れですね。

1次審査会 レザーワールド.jpg

審査会場では恒例企画「LEATHER WORLD(レザーワールド)」も。さまざまなレザー素材を展示。

1次審査会 レザーワールド 来場.jpg

レザーの魅力を実際に見て、触って、感じることができる展示に加え、皮革素材、革製品の完成までのプロセスを解説する動画を無料上映。とても好評でした。

1次審査会 DVD.jpg

昨年から2段階審査を採用、1次審査の集計が終わり、約100点が選出。「Japan Leather Award 2017」オフィシャルサイトにて10月13日(金)、発表されます。

jla16%202s0111-thumb-600xauto-9769.jpg

2次審査会は10月28日(土)~29日(日)の2日間、東京・神田 マーチエキュート神田万世橋での開催です。長濱雅彦審査員長、ドン小西特別審査員にデザイナー、ディレクター、バイヤーなどで構成されたプロ審査員9名が加わり、審査後全員の協議により、各賞、グランプリを決定(なお、協議の結果、各賞を該当なしとする場合もあります)!

14650234_1005712066223566_4378359228399321476_n-thumb-600xauto-9789.jpg
2次審査会もユーザー参加型イベントとなっており、一般公開されます。来場者に好きな作品1点に投票をしていただき、東京会場人気No.1の作品を決定。

1次審査会 告知.jpg

投票に参加した先着150名のかたには特製レザーのペンケースをプレゼント(1次審査会と同様です)。上質な革を贅沢に使用し、国内の職人が今回のためだけに仕上げた特注(非売品)です。なくなり次第終了となりますので、どうぞ、お早めに。詳細につきましては、「Japan Leather Award 2017」オフィシャルサイトをご覧ください。



■ 参考URL ■

 Japan Leather Award 2017 <http://award.jlia.or.jp/2017/>


カテゴリー: 国内革事情

今月は恒例のコンペティションの審査会から、マルシェイベントまでさまざまなプログラムが続々開催されます。クリエイターとクリエイターに興味があるかたにおすすめです。どうぞ参考になさってください。


東京ソラマチ「Souvenir by TOKYO LEATHER」~10月4日

東京都墨田区の鞣製業者を中心とした5団体で構成された東京製革業産地振興協議会による恒例企画「Souvenir by TOKYO LEATHER(スーベニール バイ トーキョーレザー)~2017 AUTUMN~」が東京スカイツリータウンの商業施設、東京ソラマチ内の墨田区産業観光プラザ すみだ まち処で行われています。

22195384_1474141725967993_760492715840350814_n.jpg

オリジナルブランドやクリエイターとのコラボレーション製品を出品。区内でつくられた素材、企画・製造されたピッグスキン製品(バッグ、小物、雑貨)ほか、さまざまな革製品が人気を集めています。

  すみだ まち処 <http://machidokoro.com/event.html>


大阪・梅田「カバン展 カバンワンダーランドⅥ」10月4日~10日

バッグを手がけるつくり手たちのイベント「カバン展 カバンワンダーランドⅥ」が大阪・梅田 阪急うめだ本店で本日10月4日(水)からスタート。今回で6回目となる同イベントはこれまで岡山で行われていたそうですが好評につき、岡山県外初開催となります。

21762012_1813014075657532_509701935803970319_n.jpg

岡山、香川、兵庫...と、瀬戸内海をはさんだエリアを中心に西日本各地から8人が集結。個性あふれる逸品が並びます。

  カバン展 カバンワンダーランドⅥ <http://kaban10.exblog.jp/>


大阪・船場「船場まつり」10月6日~8日

大阪・船場エリア恒例の「船場まつり」が行われます。船場商人が育てた粋な文化と商売の街ならではのセールなど盛りだくさんです。人気ショップ<b.a.g(バッグアーティストガーデン)>が参加し、端革を大放出。

2941275.jpg
50円でつめ放題もしくは、1グラム1円のグラム売りから選べます。裁断済の革も交じっているので、持ち手に使えたり、そのままポケットとしても使える革もあるそうですよ。掘り出しものが見つかりますように。

  b.a.g <http://b-a-g.jp/fswp/blog/2017/09/28/post-841>


東京&大阪「Japan Leather Award」審査会<1次審査・大阪>10月9日~10日、<2次審査・東京>10月28日~29日

日本製革製品のコンペティションとして国内最大規模を誇り、すっかりお馴染みとなった「Japan Leather Award(ジャパン・レザー・アワード)」が今年で10周年。本エントリーが終了し、今年度の応募作品がオフィシャルサイトで公開されています。

img_03.jpg
続いて審査会を開催予定。大阪 阪急うめだホールで1次審査(全作品展示/10月9日(月・祝)~10日(火))、東京 マーチエキュート神田万世橋で2次審査(10月28日(土)~29日(日))が行われます。1次審査会を通過した100作品を11名のプロ審査員が厳正に審査。会場は一般公開され、一般来場者による人気投票や「レザークラフトマンミーティング」を開催。業界内外の交流をより深める場として、懇親の場を兼ねた交流会として、好評。今回は東京で行われます。ぜひ、ご注目ください。

  Japan Leather Award 2017 <http://award.jlia.or.jp/2017/>


大阪・大国町周辺「本日は革日和♪ 2017秋 IN 大阪」10月13日~14日

人気のイベント「本日は革日和♪」がこの秋も開催決定。ホームグラウンドである大阪で10月13日(金)からスタートします。

大国町エリア周辺では恒例のアウトレットセールが。箔押しやエナメルなどが得意な<寿屋>、多彩な品ぞろえの<ミヤツグ>、ともに在庫のみの一点ものを大放出! 今回は<山内商事>も仲間入り。一部セールも行います。

さらに革日和セミナーは人気企画「しくじりハンドメイド作家さん」、「4時間ちょいで学ぶコバ講習~量産からマニアックな技法まで」、「Japan Leather Award 2012」レディースバッグ部門賞受賞者 中村保義さん主宰<サンプル師が教えるバッグ教室>による「型紙の基礎part1」「がま口編part1」、「教室見学会」がラインナップ。プログラムごとに日時、場所が異なるのでご注意。詳細は下のリンク先を。

  本日は革日和♪ 2017秋 IN 大阪
   <http://ccrui.sakura.ne.jp/kawabiyori/archives/3169>


東京・浅草橋「革漉所を見学して、かぼちゃのレザーポーチをつくる」10月14日

ファッション雑貨のものづくりが盛んなイースト東京エリアで、ユニークなコラボレーション企画が行われます。

22089228_1401816253270299_7431468116375740129_n.jpg

<浅草橋工房>、<タカラ産業>、<浅原皮漉所>が参加。皮革素材販売店や革漉き所をめぐってレザーポーチを仕上げます。革漉所とは何か? 革を漉くとはどういうことか? 革をどうやって漉くのか? を体験できる貴重な機会ですよ。

  モノマチ 秋のイベント告知情報 <https://www.facebook.com/Monomachi/>


東京・東墨田 爬虫類皮革専門タンナー「藤豊工業所 見学会」10月18日

革・バッグ・人の情報交換サイト「BagYard(バッグヤード)」主催勉強会の最新プログラムとして、爬虫類皮革専門タンナー<藤豊工業所>見学会が10月18日(水)に開催されます。

375744.jpg

高い技術力で知られる老舗タンナー、藤豊工業所を見学させていただける貴重な機会です。日本皮革産業のPRを目的として企業の協力のもとに開催。技術研究、および、情報収集を目的とする同業者は参加できません。ご注意ください。

  BagYard <http://bagyard.jp/>


兵庫・豊岡「カバスト マルシェ」10月22日

かばん産地、兵庫・豊岡の地域活性化イベント「カバストマルシェ」が毎月第4日曜に行われています。

img_mainimage201710.jpg

地場産業を盛り上げるべく、市内の宵田商店街を「カバンストリート」を名づけ、地場産業の鞄をテーマに人やもの、情報が行き交う場所に新たな風が吹き込みました。起業を目指す若い世代をはじめ、クリエイターたちが参加するマーケットも人気です。

  カバンストリート  <http://www.cabanst.com/cabanstreet/>


カテゴリー: 国内革事情

「革製品技能試験 認定証授与式」が8月30日(水)、東京・青山 スパイラルホールで行われました。

授与式17 opヨリ.jpg

皮革産業に従事するかたがたの技術や知識を一定の基準によって検定し、認定する革製品技能認定試験は、昨年度で第10回目となる革靴製造技能試験、第6回目となる鞄・ハンドバッグ・小物技術認定(皮革部門)試験、第4回目となるベルト技術認定試験、そして、手袋製造技能試験により構成。

授与式17 opヒキ.jpg

その試験に合格されたかたがたへの合格証・認定証の授与の場となりました。研鑽を続けるつくり手たちの晴れ舞台ですね。

授与式17 革靴.jpg

授与式17 ハンドバッグ小物.jpg

授与式17 ベルト.jpg

授与式17 手袋.jpg

会場では試験合格作品の展示も。

授与式17 盛況.jpg

来場者も多く、盛況でした。

授与式17 記念撮影.jpg

皆さま、合格おめでとうございます。

授与式17 及川さん.jpg

ハンドバッグ部門1級合格者のオイカワプロダクツ 代表 及川貴史さんは、「これからも努力し、学んだ技術を東北に伝え、発信していきたい」と、ものづくりを通して、復興の槌音が響くエリアの雇用創出、地域振興を牽引。素晴らしい革製品を届けてくださっています。東日本ハンドバッグ工業組合の加盟企業が参画する通販サイト<KAWANOWA>でも展開中。一周年を迎え、ますます好評です。

授与式17 文化.jpg

ハンドバッグ部門3級に合格した文化服装学院 バッグデザイン科の土肥華奈子さん、近藤慶哉さん、リュウ・ピンさん。進路は皆さんさまざまですが、リュウさんは母国、中国や中華圏と日本との架け橋になっていただきたいですね。

授与式17 博庵さん.jpg
小物紳士部門3級合格者の革包司博庵 藤本万弓さんと、革包司博庵 代表 長谷川博司さん。創業明治38年の老舗工房でも女性のつくり手が技術を受け継いでいます。

授与式17 野村さん.jpg

小物婦人部門1級、3級に合格した野村製作所の皆さん。女性陣にお話しを伺うと「女性らしく繊細な仕上がりだねといわれます。これからも技術を磨いていきたい」との抱負がうれしいですね。結婚、出産とライフステージが変わっても、ものづくりを続け、日本製革製品を支えてくださる姿が、後輩たちの目標に。革のものづくりも、女性活躍社会へと・・・そんな兆しを感じました。

授与式17 森さん.jpg

授与式、作品展示に加え、モデルの森泉さんをゲストに招いたトークショーも実施。世界的デザイナー 森英恵さんの孫であり、ファッション界のサラブレッド的な存在の森さん。近年では、DIYに真摯に取り組む姿が若い女性たちから支持を集めています。家族で受け継いでいる、上質な革製品への愛着、自分らしく着こなすハウツーや、コーディネートのヒントを披露。革製品とそのものづくりに携わるひとたちへのリスペクトと愛情があふれるトークに魅了されました。

授与式17 野村さん総評.jpg

このイベントを締めくくる総評として、技術認定委員会の野村俊一委員長から「今日は、ゴールですが、スタート、通過点でもあります。さらに技術を磨き、上へ上へ目指していただきたい」。力強いエールが。華やか且つ、あたたかな雰囲気に包まれ無事終了しました。

授与式17 マイスター.jpg

同日は「第1回 JAPAN LEATHER GOODS MEISTER 認定証授与式」も開催。このたび、日本皮革製品マイスター制度がスタートしました。日本の優れた革製品の技術者を顕彰・広報し、広く世界の消費者等に周知を図ること等により、技術の維持向上と伝承、後進の育成及び皮革産業の発展を図ることを目的として創設。平成29年度から本制度の運用を開始し、マイスターが認定されました。

マイスター 石井さん.jpg

マイスター 土屋さん.jpg

マイスター 矢田さん.jpg

第1回目はマイスター3名が選出。取材パネルとマイスターによる作品が展示。

授与式17 盛況ヨリ.jpg

ご来場の皆さんも熱心にご覧になっています。


日本の革と革のものづくりがしっかりと次世代へ受け継がれ、技術を守り、受け継ぐかたがたが称えられるという場があるということに感謝したいですね。若きつくり手の皆さんの熱意、瞳の輝きに胸が熱くなりました。合格までの道のりが大変なようですが、たくさんのかたにチャレンジしていただきたい! 磨き上げた技術がつくり手の皆さんの誇りとなり、日本製革製品の魅力となりますように。



 革製品技能試験認定証授与式 2017 <http://license.jlia.or.jp/ceremony/


カテゴリー: 国内革事情

今月もジャパンレザー関連イベントが続々開催予定です。地場産業としての皮革産業の魅力を知る体験から、プレゼントキャンペーンまでさまざま。どうぞ参考になさってください。


10月8日・9日「ハンドバッグの日」<Happy Bag Day !キャンペーン>9月15日(金)~

一般社団法人 日本ハンドバッグ協会が主催する、10月8日・9日「ハンドバッグの日」に向け、<Happy Bag Day !キャンペーン>が9月15日(金)からスタートします。

BNR_1_0908.jpg
「Come & Find your best friend」素敵なバッグとの出会いに! をテーマに展開。アンケートに答えるか、写真投稿サイト インスタグラムでの投稿(気分をあげてくれるバッグの写真を「#1089happybag」をつけて投稿)し、抽選で旅行券(5万円分×10名)をプレゼント。


全国の百貨店・マルイ・専門店を中心に、各店舗のハンドバッグ売場でのリーフレットに告知している検索ワードからどなたでも応募できます。10月15日(日)締切です。


 一般社団法人 日本ハンドバッグ協会 <http://www.handbag.or.jp/>


【東京ソラマチ】「すみだ3M運動スペシャルウィーク~すみだものづくり探訪~」9月15日(金)~

東京スカイツリーに隣接した商業施設・ソラマチ内<産業観光プラザ すみだ まち処>で、「すみだ3M運動スペシャルウィーク~すみだものづくり探訪~」が9月15日(金)からスタート。

ev_3m2017_02.jpg

ものづくりのまち すみだの産業や魅力をPRする「すみだ3M運動」が、スペシャルウィークを実施。「すみだまち処」にて職人の逸品と暮らすモデルルーム風の特別展示を行うほか、週末には「革のものづくりと職人の技」をテーマにした工房見学・ものづくり体験ツアーも。革製品では<丸ヨ片野製鞄所><紗蔵>が参加。くわしくはリンク先をご確認ください。


 すみだ まち処 <http://machidokoro.com/event.html>


【北海道・札幌】「本日は革日和♪in札幌」9月16日(土)~

大阪の人気イベント「本日は革日和♪」が今年も札幌で開催決定。札幌市内<オノベカ>で9月16日(土)から行われます。

IMG_20170717_094430.jpg
革素材や工具がそろう展示会、技術を学ぶワークショップ、革や技術の知識が深まるセミナーなど盛りだくさん。「今回の札幌では皮革販売の素材屋さんや工具屋さんが来る展示会、専門技術セミナーから初心者のための皮革セミナーまで開催しますので よろしくお願いします」と代表の村木るいさん。

21317431_1452086194840213_3829604542388778290_n.jpg
「しくじり手づくり作家さん~儲かる儲からないの分かれ道」、「2時間で学ぶコバの考え方。コバ講習概論」、「漉き機を活かすセミナー~こうやれば漉き機はこわれます」ほか、講習・セミナーも充実。ビジネスパーソンはもちろん、ハンドメイドマーケットプレイスに出品しているかたにもおすすめです。


 「本日は革日和♪in札幌」 <http://ccrui.sakura.ne.jp/kawabiyori/>


【東京・代々木】「革のプロフェッショナルが教える! レザーケアセミナー」9月18日(月・祝)開催

日本バッグ技術普及協会主催「革のプロフェッショナルが教える! レザーケアセミナー」が、JR代々木駅にほど近い<バッグアーティストスクールレプレ>新宿校で9月18日(月・祝)に開催されます。

0e8200d37bef7d17f269d41ceb89f5cd_original.jpg

ケア製品のトップメーカー<コロンブス>で45年勤務し独立した、いちかわたかおさんがレクチャー。革のお手入れの仕方や保管方法、革の基礎知識まで幅広い内容。ユーザーからのケアの質問に「どう答えたらいいか...」とお悩みのショップスタッフ、SNS運用担当者のかたにおすすめ! 参加費3,500円(当日会場で支払い)です。


 「革のプロフェッショナルが教える! レザーケアセミナー」
  <http://www.bag-artist.jp/fswp/blog/2017/08/23/post-916>


【兵庫・姫路】「姫路・たつのじばさん皮革まつり」9月22日(金)~

「姫路・たつのじばさん皮革まつり」が9月22日(金)から3日間、兵庫・姫路 JR姫路駅北中央地下通路 にぎわい広場にて開催されます。

hikakumaturi2017.jpg本革天然皮革素材・製品を見て・触れて・感じることができますよ。

13680808_502961433242115_4834252064327014409_n.jpg

DIY派のかたにおすすめです。


 兵庫県皮革産業協同組合連合会 <http://www.hyohiren.or.jp/>


【東京・浅草】「企業ガイダンス」9月22日(金) 開催

毎年恒例の合同就職セミナー、「企業ガイダンス」が、9月22日(金)に開催されます。募集職種は製靴業種全般、企画、生産管理、営業、その他と幅広いのも特長です。学生だけでなく、経験者、OBを含めた30歳くらいまでのかたを対象としているので、転職をお考えのかたにもおすすめします。


 東都製靴工業協同組合 <http://www.tokyo-shoemakers.jp/>


【東京・徒蔵】「ものづくりの街創業祭」9月28日(木)~

イースト東京・徒蔵(カチクラ/御徒町~蔵前~浅草橋/台東区南部)エリアの商業施設<2k540 AKI-OKA ARTISAN>では、開業6周年を記念した「ものづくりの街創業祭」を9月28日(木)から行います。

2k 6th a.jpg

周辺にある上野動物園で生まれたパンダの赤ちゃんにちなみ、パンダをモチーフにした特別アイテムが登場。革製品では、ポーチ、キーホルダー、ブックマークなどをさまざまなショップがリリース。手づくり体験ワークショップも行われる予定です。


 「ものづくりの街創業祭」 <http://2k540.info/6thAnniversary/>


1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

鈴木清之

鈴木清之(SUZUKI, Kiyoyuki)
オンラインライター

東京・下町エリアに生まれ、靴・バッグのファクトリーに囲まれて育つ。文化服装学院ファッション情報科卒業。文化出版局で編集スタッフとして活動後、PR業務開始。日本国内のファクトリーブランドを中心にコミュニケーションを担当。現在、雑誌『装苑』のファッションポータルサイトにおいて、ファッション・インテリア・雑貨などライフスタイル全般をテーマとしたブログを毎日更新中。このほか、発起人となり立ち上げた「デコクロ(デコレーション ユニクロ)部」は、SNSのコミュニティが1,000名を突破。また、書籍『東京おつかいもの手帖』、『フィガロジャポン』“おもたせ”企画への参加など、“おつかいもの愛好家”・”パーソナルギフトプランナー”としても活動中。

rss
facebook witter

このページの一番上へ