欧米ブランドに「負けていないぞ!」

カテゴリー: 国内革事情 の記事

カテゴリー: 国内革事情

新しいクリエイターの祭典「ハンドメイドインジャパンフェス」が、
7月23日(土)~24日(日)、東京・有明 東京ビッグサイトで開催されました。


日本各地で創作活動に取り組むクリエイターが集結し、作品を展示・販売。

日本発のクリエイティブカルチャー<ハンドメイドインジャパン>として
国内外へ発信し、
ものづくりに情熱を傾けるひとたちをサポートしています。

IMG_3757.JPG

ハンドメイドマーケットプレイス<クリーマ>が主催。

全国のつくり手とつかい手がネット上で直接つながり、
作品を売買できる場所として、2010年オープン。

ファッション、インテリア、アクセサリー、アートなど出店作家は約70,000人、
出品数は280万超(2016年7月現在)と日本最大級の規模を誇ります。

ネットとリアルを融合させた新企画を強みとして、
2012年より国内外の百貨店やギャラリーとのコラボレーションイベントをはじめ、
2014年にはルミネ新宿2に常設店舗<クリーマストア>を出店。


「ほんとうにいいものが埋もれてしまうことのない、フェアな世界をつくろう」を
ミッションに、「ものづくりの世界に新しい巨大な経済圏を確立する」ことを
目指して
サービス運営を行っています。


イベント全体では、マーケットエリアの4,500ブース(2日間合計)のほかに、
ワークショップ 51ブース、ライブペインティング 12ブース、
ファーマーズ 43ブース、
フード&カフェ 42ブースが出展。

さらには新進気鋭のアーティスト、人気バンドが出演するライブも開催され、
とても盛り上がりました。


hjf1613.jpg

今回は、国内最大級のレザープロダクトコンペティション
「Japan Leather Award 2016」がブース出展。

IMG_3788.JPG

皮革業界の枠を超え、個人で活動するクリエイターにアピール。

hjf1611.jpg

グランプリ受賞者の紹介に加え、募集要項を記したパンフレットを設置・配布。

hjf1612.jpg

たくさんのかたがたが足を止め、スタッフの説明に耳を傾けました。

IMG_3791.JPG

なかには中国からの来場者も。日本製革製品の新たな試みに関心を示してくれました。

hjf1614.jpg

審査員を務めるバイヤー 鎌倉泰子さんも激励に。今年も厳正に審査が行われますよ。

13418778_911747182286722_4775403653828409341_n.jpg

現在、事前エントリーを受付中。

輝く未来へのドアが開くきっかけになるかもしれません。

ぜひ、ご応募してみてはいかがでしょうか?


 Japan Leather Award 2016

 <http://award.jlia.or.jp/2016/>



このほかにも、ジャパンレザー関連のブースがいっぱい。
そのなかから選りすぐってご紹介します。



AJIOKAのナチュラルレザーブランド<コットーネ>

cws160701.jpg

2014年、よりあたたかみのある作品を届けたい、
と革小物セット「D.I.Y.キット」を発売。

革小物のつくり方、つくる楽しみ楽しみを知ってもらうため
各地でワークショップを開催しています。

hjf1610.jpg

当日もたくさんのかたが参加し、大人気でした。



革の可能性をカタチにするブランド<革* jacobi(カワスタリスク ヤコビ)>の
定番シリーズ
<ぐにゃにゃんこ>も出展。

hjf1616.jpg

「コミックマーケット」などにも出展し、ファンを獲得。

いままでにない販路を開拓しています。

hjf1615.jpg

すっかり人気キャラクターグッズに成長しました。

こちらは金属をなかに配したレザーの指輪。

オリジナリティにあふれていますね。



実力派ブランド<ティルームス>はイースト東京5区のプロジェクト
「第10回TASKものづくり大賞」奨励賞を受賞するなど実力派としても注目されています。

IMG_3835.JPG

新たな技術で皮革素材を活用しながらも
楽しさやかわいらしさを表現した革製品をリリース。

ワッフルや板チョコをモチーフにしたシリーズがブレーク!

hjf16060.jpg

特にミントとストロベリーは絶大な支持があり、ツイッターで商品販売を告知した際、
3,000近いリツイートがついたことも。

hjf1607.jpg

当日も遠方からファンが駆けつけ、デザイナー 徳永さんに
「かわいくて、持っていると元気になります。仕事をがんばれます」と、
熱いメッセージを届けていました。



イースト東京の商業施設<2k540 AKI-OKA ARTISAN>もブース出展。

IMG_3760.JPG

参加店のなかでも個性が際立つ<@griffe東京(アグリトーキョー)>は、
新作のコンパクト財布をリリース。

IMG_3765.JPG

デザイナー 藤井タケヲさんが紹介してくれました。

IMG_3763.JPG

機能的でありながら、内側もレザーにプリント。慌ただしい毎日も和みますね。

IMG_3766.JPG

8月6日(土)から2日間、恒例の夏休みイベントを開催。

ものづくり縁日と題して、手づくり体験ワークショップを同時多発!

DIY派のかたはお見逃しなく。



若い世代を中心に人気復活のカセットテープをモチーフにした
革製品をつくる<ポワン*コムコム>。

hjf1600.jpg

パスケースはリールタイプで伸びるので、自動改札がスムーズになりますね。

hjf1601.jpg

忠実な再現力にあたたかみがあふれるクラフト感を添えて。



プロダクトデザイナー 堀真寿さんが手がける
オリジナルデザイン雑貨ブランド<mhd>。

<デザイン=おもいやり>をテーマに発想されたプロダクトには、
命が吹き込まれているかのような存在感とやさしさが
ぎっしりと詰め込めれているようです。

hjf1605.jpg

なかでも、注目されていたのが
端革からできたリボンブローチ<Re:born(リボーン)>。

財布やバッグなどをつくる際、どうしても出てしまう革の端切れを有効活用。

ネーミングも素敵ですね。



男性に人気を集めていたイヤホンネックホルダー<iHooc>。

hjf1604.jpg

スマートフォンや携帯オーディオ用イヤホンを耳から取り外したとき、
襟もとでのホールドを可能に。

シンプルで機能的なデザインで生活に溶け込むレザーアイテムを提案する
<SKLO>のヒット商品です。



<KONA Leathers>はタンニン鞣しの上質なレザーを用い、手縫いで仕上げています。

IMG_3797.JPG

ICカード乗車券から人気キャラクター ペンギンがのぞくカードケース、
片手でひらくキーケースと、
女性クリエイターらしい繊細なアイディアが光ります。

IMG_3796.JPG

IMG_3794.JPG

ほっこりとした、あたたかな想いがさり気なく伝わりますね。



ハンドメイドイベントならではのニューカマーブランドとの出会いにときめきます。

ジャパンレザーのひろがりを実感でき、胸が熱くなりました。

次回も楽しみです!



■ 参考URL ■


 ハンドメイドインジャパンフェス
 <https://hmj-fes.jp/>


カテゴリー: 国内革事情


イースト東京・すみだエリアを拠点とする
鞄&バッグのつくり手たちの新イベント「新墨田鞄工会 2016」が新たに始動。

6月3日(金)~8日(水)の6日間行われました。

ssh16 000.jpg


会場は東京スカイツリーに隣接した商業施設・ソラマチ内
<産業観光プラザ すみだ まち処>。

ssh1600.JPG

バッグをはじめ、小物、インテリア雑貨など、さまざまなプロダクトを通して
生活のなかに癒しや潤いを感じさせる革とその手仕事の魅力を発信。

展示販売に加え、革小物手づくり体験ワークショップも好評でした。


ssh1601.JPG

作家性が高いクリエイターや若手メンバーが参画し、幅広いメンバーで構成。


ssh1603.JPG

革で花をかたどり、リースにまとめあげた作品やキーカバーなどもラインナップ。


ssh1602.JPG

カテゴリーをミックスし、それぞれの個性を際立たせながらも、
ハンドワークのぬくもりで包み込むような雰囲気が素敵。


ssh1605.JPG

なかでも正円のバッグやメンズのドクターバッグがヒット。


ssh1607.JPG

マルシェや百貨店催事などで積み重ねた接客力、
お客さまのニーズに応えた提案力に磨きがかかり、盛況のまま終了しました。


ssh1608.JPG

観光客が多い立地ですが、付加価値性に納得した大人たちを中心に
根強い支持が集まっているようです。



やはり、ものづくりの魅力がダイレクトに伝わる企画は人気ですね。

この夏も とっておきのプロジェクトがありますよ。


一般社団法人 日本かばん協会による
「日本製かばんの過去・現在・未来 ニッポン かばん展 2016」
キャンペーンがスタート!

header-main-visual01.jpg

キャンペーンサイトが開設され、エース、吉田かばん、衣川産業など
日本を代表するメーカーのかばんを掲載。

header-main-visual02.jpg

匠がつくったビジネスバッグからランドセルまで幅広いアイテムがそろい
抽選でユーザーにプレゼント!


ユーザー参加型イベントが7月23日(土) 名古屋・ナディアパーク、
7月30日(土) 西宮・阪急西宮ガーデンズ 、
8月6日(土) 南船橋・ららぽーとTOKYO BAYで開催。


日本製かばんの魅力を紹介する展示や縫製実演、
ミニかばんづくり体験ワークショップ、
実演でつくられたかばんを賞品とするクイズ大会など、盛りだくさん。

こちらもどうぞお楽しみに。



■ 参考URL ■


 新墨田鞄工会

 <https://www.facebook.com/events/1746409425571705/>

 *

 「日本製かばんの過去・現在・未来 ニッポン かばん展 2016」

 <http://www.kaban.or.jp/2016/>


カテゴリー: 国内革事情


夏休みを前に、全国各地で、

ジャパンレザー関連イベントが続々開催!

大人も楽しめるワークショップをはじめ、
ビジネスセミナー、就職セミナーなどなど、まとめてご紹介します。


***


東都製靴工業協同組合「企業ガイダンス」<7月14日(木) 開催>


東都製靴工業協同組合 第7回「企業ガイダンス」が、
7月14日(木)、浅草・台東区民会館で行われます。

b081e4e427d6969d6a26076a5d9ac5b8.jpgのサムネイル画像

学生だけでなく、経験者、OBを含めた
30代くらいまでのかたを対象とした合同就職セミナーです。

「自己PRできる作品や資料を持参の上、
 自身の魅力をアピールできる服装での参加」を呼びかけています。

当日の飛び込み参加も大丈夫だそうですよ。


<東都製靴工業協同組合>「企業ガイダンス」


 東京都台東区花川戸2-6-5  台東区民会館
 <http://www.tokyo-shoemakers.jp/>


***


「大人もこっそり すみだ図工塾」<7月15日(金)~20日(水) 開催>


東京スカイツリーに隣接した
商業施設・ソラマチ内<産業観光プラザ すみだ まち処>で、
「大人もこっそり すみだ図工塾」が行われます。

ev_stmk2016_07.jpg

<STMK=すみだ東京ものづくり計画>メンバーによるイベントです。

4ジャパンレザーでは<紗蔵>が参加。

16日(土)~18日(月・祝)の3日間、
革小物づくりワークショップ(800円/税込み)を行います。

このほか、参加各社選りすぐりの商品も販売。

ものづくりのまち<すみだ>の技術を肌で感じるチャンスです。


「大人もこっそり すみだ図工塾」


 東京都墨田区押上1-1-2  東京スカイツリータウン・ソラマチ 5F
 <http://machidokoro.com/event.html>


***


「クリエイターの最新インターネット活用法」<7月14日(木) 開催>


インキュベーション施設<台東デザイナーズビレッジ>で、
恒例の「デザビレセミナー」が行われます。

今回は国内最大のハンドメイドマーケット<minne>
作家活動アドバイザー 和田まおさんが、
「クリエイターの最新インターネット活用法」をレクチャー!

minne s.jpg

ここ数年、人気、売上とも急激に成長するハンドメイドマーケットプレイス。

クリエイターとユーザーがダイレクトにつながる
新たな販路として存在感を増しています。

SNS等の普及により、顧客との関係づくりの方法も大きく変化。


「(同サイトでの)成功方法を学ぶことは、
 ネットを活用して売上拡大や顧客獲得を行いたいブランドや
 企業にも参考になるでしょう。考え方に加え、
 豊富で具体的な事例を交えてお話していただきます」と、
台東デザイナーズビレッジ 鈴木村長。

すぐに役立つノウハウを聞くことができそうですね。


「クリエイターの最新インターネット活用法」

 東京都台東区小島2-9-10 台東デザイナーズビレッジ 
 <http://designers-village.com/dezaville/20160714/>


***


「芦原橋アップマーケット」<7月17日(日) 開催>


革のものづくりが盛んなエリアを活性化する街イベント
「芦原橋アップマーケット」が、月に1回開催されています。

13254719_985789588171953_8700466556778798995_o.jpg

革小物をはじめ、ファッションからスイーツまで
さまざまなジャンルのクリエイターが出店し、フードブースも充実。

7月は<Night Up>として、夜の時間帯に開催。

夏まつり、夜店感覚も楽しめそうですね。


「芦原橋アップマーケット」

  阪府大阪市浪速区浪速東1丁目ほか3会場同時開催
 <http://reedjp.org/up/>


***


「革の手作り体験 上質な革で作るがま口ポーチ」<7月23日(土) 開催>


革・バッグ・人の情報交換サイト「BagYard(バッグヤード)」が、
勉強会で好評の
レザーアイテムづくりワークショップの第3弾を開催。

gamaguchi_kawasample-700x471.jpg

今回は五色の革から好みのカラーをチョイスでき、
クラッチバッグ感覚で持てる「大きめのがま口ポーチ」をつくります。

ワークショップ終了後には、
あんこ菓子研究家・遠藤牧子さんによる、
手づくりスイーツとお茶をいただきながらのティータイムも。

レザーファン同士のコミュニケーションで輪が広がりそう。


「革の手作り体験 上質な革で作るがま口ポーチ」

 東京都渋谷区富ヶ谷1-37-2  B1
 <http://www.bagyard.jp/wp/>


***


モノマチ協会セミナー「会社やお店の魅力を伝える情報発信」<7月26日(火) 開催>


イースト東京のビッグイベントとして知られる
「モノマチ」を運営するモノマチ協会が、セミナーを始動。

13592453_1037823022940269_2530422855355357155_n.jpgのサムネイル画像

モノづくりのマチづくりを推進し、
徒蔵(御徒町~蔵前~浅草橋/台東区南部一帯)地域を
もっと盛り上げていくために役立つセミナーを定期的に開催。

同協会に加入した会員のほかにも有料で受講可能です。


初回の内容は、情報発信の最重要ツールである
SNSであるフェイスブックやツイッター、
インスタグラムの活用方法を紹介します。


「モノマチSNS担当者に聞く 会社やお店の魅力を伝える情報発信」

 東京都台東区小島2-9-10 台東デザイナーズビレッジ 
 <https://www.facebook.com/events/1639988176262136/>


***


サンプル師が教えるバッグ教室「型紙講座」<7月29日(金)、30日(土) 開催>


Japan Leather Award 2012
レディースバッグ部門賞受賞者 中村 保義さんが主宰する
<サンプル師が教えるバッグ教室>の「型紙講座」が、
7月29日(金) 神奈川・横浜、7月30日(土) 三重・津で開催されます。

image-2-768x384.jpg

今回はバッグの型紙づくりの基礎講座にあたるパート1と、
ふくらみ具合をコントロールできる ツマミ編。

キレる刃物の確かめ方、直線の切り方、左右対称の型紙の作り方、
縫い代についてといった型紙の基礎講座はビギナーにおすすめです。


「サンプル師が教えるバッグ教室」

 <http://bagsample.net/>


カテゴリー: 国内革事情


一般社団法人 日本皮革産業連合会(JLIA)が主催する
恒例のレザープロダクトコンペティション
「Japan Leather Award(ジャパン・レザー・アワード)」が今年も始動。


7月1日(金)、オフィシャルサイトがオープンしました。

レザークリエイターの登竜門として、注目されています。

13418778_911747182286722_4775403653828409341_n.jpg

「素材×デザイン×ファッション=∞」をコンセプトに、
天然の皮革素材を生かし、
すばらしいデザイン力やファッション性に富んだ作品を広く募集します。


レザープロダクトのコンペティションとしては、国内最大級の規模を誇ります。

年々増える応募作品数に対応すべく審査方法が変わりました。

em_img_01_2.jpg

大阪 阪急うめだホールで1次審査(全作品展示)、
東京 マーチエキュート神田万世橋で2次審査が行われます。

em_img_02_2.jpg

1次審査会を通過した上位100作品を10名のプロ審査員が厳正に審査。

会場は一般公開され、参加型イベントをあわせて行う予定。


「今回は東京でも審査会があるのでうれしい」とのご意見も多く、
待望の東京開催が実現しました。


img_celemony_1.jpg

例年どおり、表彰式は大阪 阪急うめだ本店 9F「祝祭広場」で開催。

その後、同じく 阪急うめだ本店 10F「うめだスーク」にて受賞作品展示を行います。

pr_img_01.jpg

スーク コーナー ヒキ-thumb-600xauto-3375.jpg

グランプリ、ゲスト審査員賞、各部門3位までの計22作品を展示、
受賞8作品を掲載した小冊子も配布します


昨年同様、ドン小西さんをゲスト審査員に迎え、
岩谷 俊和さん(「ドレスキャンプ」デザイナー)、
有働 幸司さん(「ファクトタム」デザイナー)、
中山 路子さん(「ミュベール」デザイナー)が
プロ審査員を担当するのも話題です。


応募部門は7部門。

レディースフットウェア/メンズフットウェア/レディースバッグ/
メンズバッグ/ファッション雑貨※1/生活雑貨※2/学生※3

 ※1...たとえば、レザーウェア、ベルト、手袋、帽子など身につけるもの。
 ※2...たとえば、革小物(財布、名刺入れ)、革製筆箱、革製置物など。
 ※3...大学、専門学校などの学生だけが応募できます。

複数部門でのエントリーも可能です。


日本最大級のオンライン・クリエイターズマーケット
<Creema>とのコラボレーションも決定。

HMJF16.jpg

7月23日(土)、24日(日)に行われる
リアルイベント「HandMade In Japan」にブース出展するほか、
さまざまな取り組みが予定されています。


IMG_2327-thumb-600xauto-3393.jpg

グランプリ受賞者には、副賞として、
以下の3つのPR方法のうち1つを選ぶことができます。

 * プロモーションビデオの制作・WEB配信

 * 「香港APLF2017」 JAPANブースでのグランプリ作品展示

 * 「Creema STORE in ルミネ新宿2」での2週間限定の販売サポート

どれも、貴重な体験となりそうですね。


13418778_911747182286722_4775403653828409341_n.jpg

オフィシャルサイトオープンと同じく、
7月1日(金)から事前エントリーがスタートしました。

輝く未来を切り拓くきっかけとなるはずです。

ぜひ、ご応募してみてはいかがでしょうか?



■ 参考URL ■

 Japan Leather Award 2016

 <http://award.jlia.or.jp/2016/>


カテゴリー: 国内革事情


革と皮革関連資材のトレードショー
「第94回東京レザーフェア2017 S/S Collection」が、
東京・浅草 東京都立産業貿易センターにて、
6月16日(木)から2日間行われ、
合計約6,000人の来場者が訪れました。


なかでも話題となったのは、会期中に開催されたスペシャルイベント。

"次世代を代表する日本のデザイナー"として評価が高い
<ミキオサカベ>デザイナー坂部三樹郎さんと、
出展企業とのコラボレーションプロジェクトがスタート。


坂部さんは、ベルギー・アントワープ王立芸術アカデミー
ファッション科マスターコースを主席で卒業。

シュエ・ジェンファンさんと<ミキオサカベ>を設立し、
東京とパリを軸に
ミラノ、ニューヨーク、バルセロナなどの都市でコレクションを発表。

デザイナー山縣良和さんとともに、<東京ニューエイジ>、
<ファッションモーメントトーキョー(FM.TOKYO)>をプロデュース。

日本で唯一自給できるピッグスキン(豚革)を使った
ファッションショー「TOKYO LEATHER PIGSKIN 2016」に参加するほか、
現代アートの<Chim↑Pom>や
アイドルユニット<でんぱ組.inc>とのコラボレートなど
ジャンルを超えた幅広い活動が人気です。

tlfp001.jpg


次回「東京レザーフェア」で開催予定のレザーファッションショーに向け、
公開コンペティションで企業を選出。

tlfp000.jpgのサムネイル画像

株式会社三越伊勢丹<TOKYO解放区>バイヤー 寺澤さん、
繊研新聞記者 五十君さんとともに選考。


tlfp ニッピフジタさん.jpg

豊富な仕入れソースをもつハイブリット・カンパニー<株式会社ニッピ・フジタ>、


tlfp墨田革漉さん.jpg

革のものづくりが盛んなイースト東京・墨田エリアを拠点とし
高い加工技術が注目を集める<墨田革漉工業株式会社>、


tlfpコロンブスさん01.jpg

tlfpコロンブスさん02.jpg

レザーケア用品、仕上げ材のトップメーカー<株式会社コロンブス>の3社が決定!


tlfd001.jpg

tlfd003.jpg

パネルディスカッションには、選出企業の代表者が登壇。


tlfd000.jpg

プレス関係者、業界関係者をはじめ、レザーファンも駆けつけました。


tlfd002.jpg

今回のプロジェクトを通して
「革への美学や、各出展社が熱い気持ちをもって工夫をし続けていること、
 革を使用した表現の広がりに可能性を感じた」、
新たな市場開拓の課題を抱える皮革業界に対しては
「質のよさや技術力の高さで世界的に認められる日本であっても、
 よいものを懸命につくっていくだけでは、
 その魅力を現代の人びとに伝えていくことは困難。
 その魅力をどのように伝えていくのかを考えることが重要になる」、
との意見が交換されました。


坂部さんは、
「つくり手のみなさんの美学や技術追求に加え、
 デザイナー視点で市場のニーズもとらえたファッション性を
 いかにみせられるか、新しいものに挑戦したい。
 革の固定観念を払拭することで、
 新たな需要を見出し、市場を切り開けるのでは!!」と意欲的。


東京レザーフェアを主催する資材連は、
「いままで、革と皮革関連業界関係者だけでは想像することが難しかった
 ファッション の世界での可能性について、
 新たな気づきを業界関係者へ
 もたらすようなきっかけにしたい」と期待を寄せています。


12月のファッションショーが楽しみですね。


レポートは次回(6月29日(水) 更新予定)に続きます。



■ 参考URL ■


 東京レザーフェア
 <http://tlf.jp>


1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

鈴木清之

鈴木清之(SUZUKI, Kiyoyuki)
オンラインライター

東京・下町エリアに生まれ、靴・バッグのファクトリーに囲まれて育つ。文化服装学院ファッション情報科卒業。文化出版局で編集スタッフとして活動後、PR業務開始。日本国内のファクトリーブランドを中心にコミュニケーションを担当。現在、雑誌『装苑』のファッションポータルサイトにおいて、ファッション・インテリア・雑貨などライフスタイル全般をテーマとしたブログを毎日更新中。このほか、発起人となり立ち上げた「デコクロ(デコレーション ユニクロ)部」は、SNSのコミュニティが1,000名を突破。また、書籍『東京おつかいもの手帖』、『フィガロジャポン』“おもたせ”企画への参加など、“おつかいもの愛好家”・”パーソナルギフトプランナー”としても活動中。

rss
facebook witter

このページの一番上へ