欧米ブランドに「負けていないぞ!」

カテゴリー: 国内革事情 の記事

カテゴリー: 国内革事情

本日からいよいよ12月。冬らしい気候となりましたね。レザーの季節、秋の締めくくりのようなイベントから、来年のレザートレンドを提案する展示会まで、さまざまなトピックをまとめました。参考にしていただけますように。


「ジャパンレザーアワード2021」受賞者インタビュー スペシャルページ公開スタート
file_20211130093741158.jpg
国内最大のレザープロダクトコンペティション「ジャパンレザーアワード」の2021年度グランプリおよび各賞受賞者インタビューをまとめたスペシャルページが公開されました。

つくり手の想いが綴られていることはもちろん、ものづくりの現場の写真もあり、クオリティの高い内容です。ご一読ください。


「ジャパンレザーアワード2021」受賞作品一般公開
img_03_a.jpg
本日12月1日(水)から、「ジャパンレザーアワード2021」受賞作品10作品を東京・新宿 「b8ta(ベータ)新宿マルイ」の特設ブースにて一般公開となります。
img_03_b.jpg
体験型ストアとして人気の「b8ta」は、注目されているショールーミングスペースの先駆け的存在。ご自分のペースで受賞作品とじっくり向き合うことができますよ。こちらも見逃せませんね。


エキゾチックレザー製品が「LEON」に掲載
LEON1月号_表紙.jpg
11月25日発売の「LEON」2022年1月号 (186~187ページ)「小粒でも圧倒的なゴージャス感を誇りますから 艶ありエキゾがリッチに効く!」に、エキゾチックレザー製品が掲載されました。
LEON1月号_広告ページ.jpg
今回は、華やかな色合いを中心にミニバッグ、財布、革小物など幅広いアイテムをご紹介しています。

また、艶クロコ特集(206ページ)、バッグ特集(228ページ)にもエキゾチックレザー製品が掲載されております。クリスマスのギフトや一年頑張った自分へのご褒美にぴったりです。ぜひ、誌面をご覧ください。

全日本爬虫類皮革産業協同組合ホームページでも「LEON」2022年1月号の内容をご紹介します。あわせてご覧ください。

SNSアカウントで順次「LEON」1月号掲載アイテムをご紹介してまいりますので、引き続き、ご注目ください!

「Exotic leather News CLIP by JLIA」 
フェイスブック

ツイッター


「東京レザーフェア」
レザーフェア1112.jpg
協同組合資材連が開催する日本最大規模の皮革・布帛・機能性素材・パーツの展示会「東京レザーフェア」が、本日12月1日(水)から2日間、東京・浅草 都立産業貿易センター 台東館で開催。トレンドセミナー、トークイベントなども充実。今回は新たな試みとしてライブ配信も行われます。

展示関連のトピックとしては、富田興業のブースでのプレゼンテーション。富田興業×ファッション専門職大学の新プロジェクト「ezzaresilience」。D級レザー問題を解決するため、ビジネスプランを社会人&学生の混成チームでアイデアを練り上げました。必見ですね。

人気イベント「浅草エーラウンド」も会場内で行われ、新しいレザームーブメントが生まれます。


「浅草エーラウンド」
エーラウンド2011.png
革靴の生産出荷額日本一を誇る「革のまち」奥浅草エリアの魅力を発信する革とモノづくりの祭典、「浅草エーラウンド(A-round)」が12月1日(水)~4日(土)の4日間行われます。現在、公式SNSアカウントで最新トピックを続々発信中です。参加型ブログラムの予約など、お見逃しなく。

恒例のプロジェクト「TOKYO L」は、今回「東京レザーフェア」会場内で「革の技術の因数分解 展 by TOKYO L」と題して展示を行います。革が商品にたどり着く「細やかな革の技術の組み合わせ」を読み解き、再構成する様子を「因数分解」になぞらえ、『革の技術の因数分解 展』とネーミング。数々の革加工の技術を分解し、進化させた試作品を通した「革を活用した商品開発」や「インテリアへの革の活用」、「メイド イン トーキョーの商品開発」を発表します。

また、当ブログ月イチ連載でお馴染みの村木るいさんによるセミナーも注目です。
「革の話」「鞭の話」「漉き機セミナーハイパー」と、「シュースティリスタ古瀬氏によるプラットフォーム製法のスリッパ型紙制作実演」が行われます。

このほか、村木さん関連イベントは先週投稿分でもお知らせしておりますが、「革にまつわる工具と工法 ~レザークラフトをより楽しむ in すみだ2021冬~」(12月3日~12月4日)、「漉き機・ミシン講習会」(12月5日/東京・大泉 工業用ミシン専門店 ZIT TOOLS(東京 練馬区大泉学園駅)など続々開催。くわしくは下記リンク先をご覧ください。


「組合まつり in TOKYO」
kam banner_text.png
東京と全国の中小企業組合がリアルとオンラインの展示会場に大集結するイベント、「組合まつり in TOKYO」が12月2日(木)~3日(金)の2日間、東京・有楽町 国際フォーラム Eホールで開催。

東京と全国から頑張っている中小企業の組合が出展し、展示と販売を行います。皮革関連では、埼玉皮革関連事業協同組合や東京服装ベルト工業協同組合が参加。

「自分たちの日頃のお仕事を丁寧にお教えします。また、各地の物産が目白押しです!!  私達はレザーの組合ですので、いちおしレザー商品を販売致します。有楽町で逢いましょう」(「彩鞄」フェイスブックアカウント)

ぜひ、ご注目ください!


「ギネス世界記録™に挑戦!」参加のお願い
ギネス1.jpg
日本皮革産業連合会 青年会が推進する新プロジェクト「ギネス世界記録™に挑戦!」を周知・拡散のご協力、何卒よろしくお願いいたします!

12月2日(木)に「日本の革及び革製品のPRを目的」として、ギネス世界記録に公式挑戦することとなりました!

しかしながら、参加者がなかなか集まらず、とても厳しい状況です。12月2日(木) 11:30〜12:30にご協力(ご投稿)を何卒、お願い申し上げます。
なお、前もってイベントページの参加予定をクリックいただけると大変助かります。

日本の皮革産業が団結し、何としてでもギネス世界記録を達成したく、是非とも、皆さまのご参加、重ねて心よりお願い申し上げます!

【挑戦日時】
2021年12月2日(木) 午前11:30~12:30(60分間)
【挑戦内容】
1時間でFacebookに投稿された手書きメモを書く人のビデオの最多数
【目標】
500投稿(世界記録は250投稿で達成)
【参加方法】
〈STEP1〉 予め、このイベントページの「参加予定」ボタンを押して参加表明します。
〈STEP2〉 予め、「革や革製品に対する想いや好きな所」を手書きで紙に書いている動画を撮影しておきます。
〈STEP3〉 挑戦当日12月2日の11:30~12:30の間に、このイベントページにその動画を投稿して参加完了!
【注意事項】
・動画には、常時、書いている人の頭部を含む上半身、手、ペン、紙が映っていることが必須条件です。
・顔出しは必須条件ではありませんが、後方や側面から頭部を含む上半身が映っている必要があります。
・動画は書く前に何も書いていない白紙の紙であることが分かるようにカメラで撮影いただいてから、実際にメッセージを記入しはじめ、書き終わった後は書いた文字が読めるようにカメラに映っている必要があります。
・ご自宅やご勤務先など、どこからでも投稿し、ご参加いただけます!
・誰でもご参加頂けます。ご家族、ご友人などにもお声掛けください!拡散・シェア大歓迎です。
・動画投稿されてからギネス社による集計がありますので投稿した動画はすぐに消さないでください。

詳しい参加方法は↓↓↓こちらのFacebookイベントページをご覧ください!

■投稿用Facebookイベントページ

■投稿参考動画

【公式記録証について】
記録達成となった場合、「公式認定証」、「ギネス世界記録ロゴ入り記念Tシャツ」を参加者限定で購入できます。
※購入費用は希望者のご負担となります。
【メイン会場】
第102回東京レザーフェア内(メイン会場)
※ご自宅やご勤務先など、どこからでも投稿し、ご参加いただけます!
【主催】
日本皮革産業連合会 青年会幹事会
※メディア関係者の取材のご連絡は下記までお願いいたします。
担当:松月/tel. 03-3847-1451  fax. 03-3847-1510


「大江戸はんどばっぐ市」

東日本バッグ工業組合が主催する、冬の恒例イベントが今年は復活。
12月4日(土) 10:30~17:00、販売時間が三部制となり、会場内が密にならないようにするため、会場内の人数が制限されます。
<午前の部/10:30~12:30、お昼の部/13:00~15:00、午後の部/15:00~17:00>

指定時間内では先着順にお並びいただき、販売会場へのご入場となりますが、会場内は人数の上限があるため、すぐにご入場いただけない可能性があります。列にお並びいただき順番にご入場となります。
受付が一度に集中して列に並べない場合は、お時間をずらして再度ご来場いただく可能性もあります。(またご来場者数の状況やお時間によってはお買い物時間を十分に取れない場合があります)ご注意ください。

東京・両国 KFCホール(東京都墨田区横網1-6-1 国際ファッションセンタービル 3F/最寄駅:都営地下鉄大江戸線 両国駅(A1出口)直結 / JR総武線 両国駅 徒歩約7分)
会場はアクセス便利な場所となっています。ギフトをお探しのかたにもおすすめです。
メイドイン東京のファクトリーがダイレクトに、そして、サプライズプライスで提供。さらにおトクで楽しいコンテンツが盛りだくさんです。ご都合が合うかたはぜひ。
このほか、詳細は上記リンク先をご覧ください。

カテゴリー: 国内革事情

「いいレザーの日(11月03日)」を軸としたジャパンレザー関連プロジェクトが目白押しの11月もラストスパート。ユーザー参加型イベントが各地で行われ好評です。開催中のイベントをはじめ、さまざまなトピックをまとめました。参考にしていただけますように。


「LEATHER WORLD」(渋谷スクランブルスクエア)
LW21nno4002s.jpg
レザーの季節・秋の恒例イベント「LEATHER WORLD(レザーワールド)」が前回に続き、東京・渋谷で開催中です。
LW21nno4001 f.jpg
2021年度第四弾は11月16日(火)~23日(火・祝)の8日間開催。渋谷スクランブルスクエアに会場を移し、コンテンツもさらに充実! レザーの街を再現した空間に、日本を代表する数多くのレザーブランドの逸品を展示します。
LW21nno4003.jpg
そんなレザーブランドの定番&新作アイテムを全国各地から厳選し展示。このほか、革小物づくり体験ワークショップ(日替わり/参加無料)、ご自身の革製品のアイテムを持参いただくとメンテナンスができるケアコーナー、クイズに答えて正解するとノベルティのカードケースがもらえるクイズコーナーなど・・・楽しく学べるスペースです。各日夜21:00までとなっていますので、お仕事帰りにもお立ち寄りいただき、ジャパンレザーの魅力でリフレッシュしてください。


「日本革市」(小倉井筒屋)
革市小倉202111.jpg
国産天然皮革の魅力を発信するお馴染みの人気イベント「日本革市」が、小倉井筒屋(本館8階 催場 お歳暮ギフトセンター横)で開催中です。2年ぶりに開催期間を2週間とし、週ごとに出展社が入れ替わります。
「タイム&エフォート」の note 公式アカウントでは前半の参加ブランドからピックアップ。6社の情報のまとめ記事を公開。それぞれをじっくりご覧いただくことで、会場の滞在時間を短縮でき、密を避ける効果につながります。ぜひ、ご活用ください。


「東東京モノヅクリ商店街ポップアップイベント」
話題のプロジェクト「東東京モノヅクリ商店街」が、株式会社CAMPFIREと提携した予約販売を行っています。
第二弾では、株式会社サクラワクス (墨田区)のがまぐちがエントリー。
伝統的なアイテム「がまぐち」を今の暮らしに合わせてスタイルアップした「TOKYO-GAMA」を出品しました。ジェンダーレスで使える「クラッチ&ドキュメントケース」ほか、シンプルかつ個性的なコレクションです。
現在、東京・渋谷PARCO 1F「BOOSTER STUDIO by CAMPFIRE」に特設展示コーナーが登場。ショールーミング的なスペースで、メイドイン東京の革製品を実際に試し、その価値を発見できます。


「TOKYO LEATHER GOODS FACTORY COLLECTION」
工組さん379.jpg
東日本バッグ工業組合 組合員有志メーカーによるプロジェクト「TOKYO LEATHER GOODS FACTORY COLLECTION」のポップアップイベントが11月18日(木)~11月24日(水)、池袋駅構内 南改札外イベントスペース(東武百貨店 B1F 6番地入り口前)で開催予定です。写真は9月開催時撮影させていただきました。
工組さん3760.jpg
上質な革製品をファクトリーからダイレクトにお届け。
「TOKYO LEATHER GOODS FACTORY COLLECTION」.jpg
バッグや財布をはじめ、いますぐに役立つ、デスクまわり小物なども出品。暮らしにレザーを取り入れるきっかけになりそうですね。


「じばさんまつり」
皮革産地、兵庫県姫路市の地場産業12業種の展示、販売や体験・ワークショップ等を実施し、地場産業の普及啓発、活性化を図ることを目的に11月21日(日)~23日(火.祝)、「姫路じばさんまつり」が行われます。アクリエひめじオープニングを記念して、例年は大手前公園で開催されていた姫路食博2021と同時開催。
「皮革も地場産業を盛り上げる産業として、他11業種の皆さんと盛り上げたいと思います。姫路食博も同時開催ですので、ご家族、お友達とお越しください。御着四郷皮革協同組合ブースにてお待ちしております」(「leather cafe」公式アカウントより)
地場産業の歴史や生活の中に生き続ける魅力に触れてみてはいかがでしょうか?


「素材博覧会 -KOBE 2021 秋-」
ハンドメイド素材の未知なる魅力と出会うトキメキの三日間「素材博覧会 -KOBE 2021 秋-」が11月25日(木)~27日(土)、KIITO(デザイン・クリエイティブセンター神戸)で行われます。
糸・布・革・ガラス・石・樹脂・メタル・陶・木・紙・・・さまざまな素材、ハンドワーク関連アイテムの展示販売はもちろん、今回もレザーが充実。
恒例イベント「本日は革日和♪」のブース、セミナーが登場予定。人気ショップ<レザークラフトフェニックス>を中心に皮革関連企業が合同で参加。当ブログ連載でもお馴染みの村木るいさんのセミナーも注目ですよ。


「浅草エーラウンド」
エーラウンド浅草2021.jpg
革靴の生産出荷額日本一を誇る「革のまち」奥浅草エリアの魅力を発信する、革とモノづくりの祭典「浅草エーラウンド(A-round)」が12月1日(水)~4日(土)の4日間行われます。現在、公式SNSアカウントで最新トピックを続々発信中です。参加型ブログラムの予約など、お見逃しなく。
トーキョーエル2021.jpg
恒例のプロジェクト「TOKYO L」は、今回、「東京レザーフェア」会場内で「革の技術の因数分解展 by TOKYO L」と題して展示を行います。
革が商品にたどり着く「細やかな革の技術の組み合わせ」を読み解き、再構成する様子を「因数分解」になぞらえ、『革の技術の因数分解展』とネーミング。数々の革加工の技術を分解し、進化させた試作品を通した「革を活用した商品開発」や「インテリアへの革の活用」、「メイド イン トーキョーの商品開発」を発表します。

カテゴリー: 国内革事情

レザーの季節、秋が深まるこのごろ。11月にはジャパンレザー関連の記念日が続々。最新トレンドを解説する動画、オンラインコンテンツやオンライン展示会なども充実しています。参考にしていただけますように。


「レザーワールド」2021年度第四弾 開催
21LW02.jpg
一般社団法人 日本皮革産業連合会が制定した「いいレザー(11月03日)の日」。わかりやすい語呂合わせですっかりお馴染みになりつつあります。ジャパンレザーの色合い・風合いの素晴らしさや価値をユーザーの皆さまに知っていただくことを目的とし、さまざまなイベントなどを行っています。
21LW0301.jpg
レザーの祭典「LEATHER WORLD」2021年度第四弾が、東京・渋谷 RAYARD MIYASHITA PARK(2F 吹き抜け広場・3F  EQUALAND SHIBUYA)に続き、11月16日(火)から8日間、渋谷スクランブルスクエアで行われます。
news_211109_1.jpg
無料ワークショップのほかクイズ&プレゼント、ケアコーナーなど毎年人気のコンテンツが盛りだくさん!
21LW0302.jpg
21LW0303.jpg
2021年度最後となりますので、どうぞ、お見逃しなく! くわしくは下記リンク先をご覧ください。


「ジャパンレザーアワード」2021年度のグランプリ作品発表
国内最大の革製品コンテスト「ジャパンレザーアワード」2021年度のグランプリ作品が発表されました。
21年度グランプリ作品J21A-6226_a.jpg
フットウェア部門 ベストプロダクト賞
ローカルシューズ2 益子実佳さん(山形県)宮城興業 株式会社

「山形牛の皮革を特別に鞣してもらい、ヌメ革を使用しました。山形県の花、紅花染料で何度も染めております。地元を離れた方にこの靴を履いて山形を思い出して欲しい。山形産でここまでできることを知って欲しい。そして私の山形愛があふれた結果、この靴が出来上がりました」と益子さん。

食肉で消費される山形牛を皮革に、観賞用の紅花を染料に。そして宮城興業にて靴作り。山形県内でSDGs可能な持続可能なデザインです。部門賞はじめ各賞についてはすでに公式サイトで公開されています。ぜひご覧ください。


にかわの日(11月7日)
1963年11月7日、日本にかわ・ゼラチン工業組合の創立総会が開催され、新たな一歩を踏みだしたことを記念し、日本ゼラチン・コラーゲン工業組合により「にかわの日」が制定されました。
ニカワ(膠)とは天然物を原料とする接着剤のこと。化学接着剤が発明されるまで様々な分野で利用されていました。エジプトのピラミッドから出土した調度品や美術工芸品からもニカワが検出されており、古代エジプト文明でも使われていたことが分かっています。また、ニカワの製造風景を描いた壁画も見つかっており、ニカワが当時の文化に深くかかわっていた様子が伺い知れます。
日本でも紙や墨の製造の一部としてもたらされた後に接着剤として寺社の建造に利用されたとする記録が残っています。ニカワが存在していなかったとしたら私たちは壮大な寺社や古代日本文学、歴史書等に触れることができなかったかもしれません。ニカワは現代まで人類の発展を陰ながら支えてきた縁の下の力持ちのような材料なのです。
そして現代、シックハウス症候群や化学物質過敏症が問題となる中、天然素材であるニカワへの注目が再び高まっています。ニカワは私達の暮らしに欠かせない天然素材として、これからも時代を超え幅広い分野で活躍していくことでしょう。
(以上 日本ゼラチン・コラーゲン工業組合 公式サイトより)

この夏、展示会「膠を旅する----表現をつなぐ文化の源流」(5月12日〜6月20日)が武蔵野美術大学 美術館で行われました。アートの視点からみた、にかわとは・・・
関連書籍『膠を旅する』(監修:内田あぐり 発行:国書刊行会)も注目の一冊です。
同書の取材先は・・・

北海道・網走市――動物資源の利用を探る
大阪・浪速区――太鼓づくりの皮革の町を歩く
大阪・貝塚市――太鼓屋嶋村に聞く 精肉店から太鼓屋になる
東京・墨田区――豚革生産の下町を歩く
埼玉・草加市――河合産業株式会社
兵庫・姫路市――大﨑商店 川漬け製法の伝統技術に挑む

ていねいな取材と美しい写真でジャパンレザーの現場をリアルに紹介なさっています。


いいバッグの日(11月8日・9日)
一般社団法人 日本バッグ協会が主催する、HAPPY BAG DAY!! 11月8日・9日は「いいバッグの日」! キャンペーンが10月7日からスタート。
アンケートに回答し公式サイトの専用フォームに入力するだけで簡単です。抽選で商品券やオリジナルバッグをプレゼント。期間は11月14日(日)まで。


コラーゲンペプチドの日(11月12日)
2009年11月12日に日本ゼラチン・コラーゲン工業組合が「第一回 コラーゲンペプチドシンポジウム 」を開催したことを記念して、「コラーゲンペプチドの日」が制定されました。
私たち人間のカラダの多くを占めるコラーゲン。コラーゲンが不足すると「美容」「健康」に深刻な影響があらわれます。そこで注目を集めているのがコラーゲンペプチド。ゼラチンを分解し低分子化した高純度のたんぱく質をコラーゲンペプチドと呼びます。体内に吸収されやすいので効率よく沢山のコラーゲンを摂取することができます。
(日本ゼラチン・コラーゲン工業組合 公式サイトより)

食肉の副産物として、皮革および革製品をはじめ、さまざまなかたちで利活用。生命に感謝し、生命の証を無駄にすることなく、私たちの暮らしに生かす活動で、「サステナブル」につなげています。


「リネアペッレ」トレンド エリアを You Tubeで特別公開!
協同組合 資材連が開催する日本最大規模の皮革・布帛・機能性素材・パーツの展示会、「東京レザーフェア」公式サイトでうれしいニュースを発表しました。
世界最大級の皮革見本市「リネアペッレ」(イタリア・ミラノで年に2回開催)で2021年9月展開された各トレンドエリアの解説動画を、特別に期間限定で公開! 世界のレザートレンドを牽引する「リネアペッレ」の提案、注目ですね。


「リネアペッレ」トレンドセレクション総責任者である、アントネッラ・ベルタニンさんが解説をご担当。日本語の通訳つきなので安心です。11月16日(火)までの期間限定ですので、お見逃しなく。
  ‹https://tlf.jp/


「豊岡鞄®︎」オンライン展示会&「TOYOOKA KABAN 2022SS COLLECTION FAIR」
国内有数の鞄産地として知られる兵庫県豊岡市の地域ブランド「豊岡鞄®︎ 」オフィシャルウェブサイトがリニューアル。より見やすく「豊岡鞄®︎ 」に関する情報を探しやすい構成やデザインに刷新されました。
さらには兵庫県豊岡市についての観光情報なども加わりました。城崎温泉も加えたショッピングツーリズムも人気ですよ。
豊岡鞄2111V.png
「豊岡鞄®︎ 」オフィシャルウェブサイトでは、オンライン展示会 「FOR THE BLUE PROJECT TOYOOKA KABAN Online Exhibition 2022 - Spring & Summer -」もスタート。来シーズンの新作を発表しています。
lezza1.jpg
漁網再生繊維やポマース(ワインの絞りカス)を再活用したレッザボタニカ® ヴィーノ シリーズ、廃棄ロス・ゼロを目指すプロジェクト「豊岡小物」など、サステナブルな取り組みが充実!
豊岡小物01.jpg
豊岡小物02.jpg
オンライン展示会、ぜひ、チェックしてみてください。

なお、「豊岡鞄®︎ 」のフィジカルイベント「TOYOOKA KABAN 2022SSCOLLECTION FAIR」(11月9日~1月11日 10:00~19:00)も開催中! 
会場はJR・東京駅前 KITTE丸の内 B1F 東京シティアイ。サステナブルなプロジェクトをリアルに体感できます。


GUINESS世界記録に挑戦!
一般社団法人 日本皮革産業連合会、青年会幹事会では、この度、日本の革及び革製品のPRを目的として、ギネス世界記録に公式挑戦することとなりました。くわしくは下記リンク先をご覧ください。
挑戦するのは、「1時間でFacebookに投稿された手書きメモを書く人のビデオの最多数(Most videos of people writing a handwritten note uploaded to Facebook in one hour)」となります。挑戦日時は、2021年12月2日(木) 11:30-12:30の60分間です。
本挑戦の趣旨にご賛同いただける方は、どなたでも、この日時に、ご自宅や勤務先など、どこからでもスマホやPCで所定のフェイスブック内イベントページに動画(動画の撮影は、事前にできます。)を投稿し、記録達成にご参加いただけます。

カテゴリー: 国内革事情

前回に続き、展示会レポートを中心に、イベントの告知などのトピックをまとめました。
ウィズコロナ時代のリベンジ消費が盛り上がりつつあるなか、これを商機ととらえ、次のヒットを狙うBtoBの展示会も活況です。参考にしていただけますように。


「ジャパンファッションEXPO」
JLB005.jpg
「ファッション ワールド 東京 秋」<10月18日(月)~20日(水)/東京・有明 東京ビッグサイト西展示棟>がスタートしました。構成展のひとつ、「ジャパンファッションEXPO」では恒例のジャパンレザーブース(日本タンナーズ協会)が登場。

JLB004.jpg
タンナーが手がけるレザーをメーカーが製品化しプレゼンテーション。
JLB02.jpg

JLB03.jpg
レザーの新しい可能性を切り拓く表現が目をひきます。
JLB01.jpg
「日本革市」公式サイトでは今回の取り組みをくわしく紹介。今後レポートもアップされる予定です。

エキゾチックレザーからは堀内貿易株式会社、株式会社太閤染革が出展。
堀内様211001.jpg
世界的に評価の高い、クロコダイルレザーの藍染め(堀内貿易株式会社)。

太閤様211001.jpg
上質なタンパク源、ダチョウ肉需要の高まりによって副産物の利活用が話題の純国産オーストリッチ(株式会社太閤染革)。

どちらも染色加工が非常に難しいそうですが、優れた技術力でクリアしたそうです。下記リンク先、エキゾチックレザー PRアカウントでくわしいレポートを11月中に公開予定です。

栃木レザー様伊藤登様01.jpg
お馴染みの栃木レザー(伊藤登商店)のブースでは床革の利活用を提案。
栃木レザー様伊藤登様02.jpg
オフィスやショップで使えるアイテムが多いので、サステナブルな感覚を顧客によりよく伝えられそうですね。

このほかの注目ブースは・・・
MORITO様豊岡鞄コラボ サステナブル企画.jpg
鞄産地の兵庫・豊岡の地域ブランド「豊岡鞄」の最新プロジェクト、廃棄された漁網のアップサイクル。MORITOとのコラボレーションにより実現。

水野様2110.jpg
水野鞄店が取り扱いブランドをお披露目。ファッションとテクノロジー、デザインの境界線を良い意味で曖昧にしたコレクションが好評。

神戸シューズ2110.jpg
靴の街、神戸の地域ブランド「神戸シューズ」がブース出展。履きやすく歩きやすい快適な靴を提案。


「IFFT/インテリア ライフスタイル リビング」
nhkk211000.jpg
インテリア・デザイン市場のための国際見本市「IFFT/インテリア ライフスタイル リビング」(東京ビッグサイト南展示棟)が開催中です。「日本バッグ工業連合会」がブース出展。

清川商店、まるふく商店、野村製作所、ミヤ・レザークラフト、フルカワ商会、ラモーダヨシダ、筒井...と7社の腕利きメーカーが参加しています。
nhkk2110筒井様02.jpg
nhkk2110筒井様01.jpg
nhkk2110清川様.jpg
インテリアを意識したものづくり、ディスプレイが好評。
nhkk2110ラモーダ様01.jpg
ステイホームでの革製品ニーズの再構築と提案にも注目が集まりました。本日10月20日(水)まで。

三竹産業2110.JPG
なお、老舗ベルトメーカー 三竹産業は単独ブースで出展。新プロジェクト、パターンオーダーのシリーズを発表しました。


「K・n・o・t collection」
21101901大阪バッグ展示会ヒキ.jpg
大阪バッグ協同組合による恒例の合同展示会「K・n・o・t collection」が10月19日(火)からスタート。東京・浅草橋ヒューリックホールで開催中です。

今回は10社が出展。
上西、江山産業、北村パース、ナダヤ、パンクリエーション、ビーイング、袋物なかむら、プラウド、メイク、山川工芸(大阪バッグ協同組合 SNSアカウントより)

カジュアルからエレガンスまで幅広く展開。
21101904北村パース様.jpg
リアルパイソンを贅沢に使用したウォレットシリーズ。シンプルなデザインでレザーの持ち味を生かしています。ユニセックス感覚で仕上げることでアップデイト【北村パース】。

21101902メイク様.jpg
前回の展示会で好評のパッチワークシリーズを拡充。くすみカラーを中心としたラインナップでトレンド性を高めています【メイク】。

21101903ナダヤ様.jpg
アルチザンの熟練された技とアイディアを魂(ソウル)として、ひとつひとつに製品に注ぎ込むファクトリーブランド「S.O.A」から革小物とミニ財布をリリース。シックな色合い、マットなメタリック、豊富なカラーバリエーションが話題です【ナダヤ】。

新たなOEM先を探す関係者が訪れ、活発な商談が行われています。本日10月20日(水)まで。
 

「素材博覧会 -YOKOHAMA 2021 秋-」
横浜素材博top_main-1.jpg
ハンドメイド素材の未知なる魅力と出会うトキメキの3日間、「素材博覧会 -YOKOHAMA 2021 秋-」が10月21日(木)〜23日(土)、神奈川・横浜港大さん橋ホールで行われます。

糸・布・革・ガラス・石・樹脂・メタル・陶・木・紙・・・さまざまな素材、ハンドワーク関連アイテムの展示販売はもちろん、今回もレザーが充実。
体験会shy21f.jpg
人気イベント「本日は革日和♪」のブースが登場予定。<レザークラフトフェニックス>を中心に皮革関連企業が合同で参加するそうです。Lizedの染め体験会や、当ブログの連載でもお馴染み、村木るいさんのセミナーも。
セミナー革日和sny21f.jpg
実際にタンナー、ファクトリー、イベントなどをまわり、たくさんの関係者への取材に基づくリアルな話をはじめ、とても実践的で役立つと大好評! くわしくは下記リンク先をご覧ください。


「LEZZA RESILIENCE PROJECT」進行中!
富田様001.jpg
産学協同の新プロジェクト「LEZZA RESILIENCE PROJECT」がスタート。革のプロフェッショナルが集う富田興業株式会社とファッションビジネスのプロを育てる国際ファッション専門職大学とのタッグによる新プロジェクトが進行中。
富田様002.jpg
皮革産業における資源ロスの問題を解決すべく、D級レザーの利活用をテーマに日々アイディアを練り上げています。年内に第一段階のプレゼンテーションに向け邁進。
革の街、奥浅草を拠点に、革を愛するビジネスパーソンたちの情熱と学生たちのフレッシュな感性とがハイブリッド。新しいムーブメントが生まれそうですね! くわしくは下記公式SNSアカウントをチェックしてください。


「エキゾチックレザーに関する研修会」(11月16日 東京)
エキゾチックレザー研修会2011グループワーク02.jpg
爬虫類等皮革に関する、恒例の研修会(参加無料)が11月16日(火)に開催されます。
エキゾチックレザー研修会2011 グループワーク06.jpg

《エキゾチックレザーに関する研修プログラム》
① ワシントン条約について
② 爬虫類等皮革製品表示について
③ 各種エキゾチックレザーについて
 1) ワニ革について
 2) トカゲ革について
 3) ヘビ革について
 4) オーストリッチ革について
 5) その他のエキゾチックレザーについて
④ 鞣しと染色について
⑤ グループに分かれて素材を見ながらの説明
⑥ 相談事例とその対応・手入れ法
 ※ 商品知識の習得にこの機会をご活用ください。ご参加をお待ちしております。

くわしくは下記リンク先をご覧ください。


「レザーワールド」2021年度第二弾
news_211014.jpg
革の季節、秋の恒例企画「レザーワールド」の次回開催が「タイム&エフォート」公式サイトで発表されました。
第二弾は「rooms43」(東京・西新宿 新宿住友ビル三角広場/10月21日~23日)に出展。各ブランドの新作アイテムの展示をはじめ、無料のワークショップ体験を提供します。
22日~23日の「NIGHT MARKET」では一般ユーザーも参加可能となっています。

「レザーワールド」は、皮革製品だけではなく、国産皮革の良さを知ってもらうために、素材や職人の技術に触れる、ワークショップなどの体験を通して触れる、レザーの魅力に多面的に触れることをコンセプトにしたプロジェクトです。前回のレポートはこちらから。








カテゴリー: 国内革事情

行動制限緩和を控え、旅行や宿泊へのニーズが回復するとともに、旅支度としての鞄、身の回り品としての革製品への関心が高まっています。一方、BtoBの活動も従来どおりに戻りつつある10月中旬。展示会開催、出展のトピックを中心にまとめました。参考にしていただけますように。

「第92回東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2021」
日本最大のパーソナルギフトと生活雑貨の国際見本市「第92回東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2021」が10月13日(水)から15日(金)の3日間、東京・有明 東京ビッグサイト 西展示棟・南展示棟で開催されます。
「第10回LIFE×DESIGN」、「第30回グルメ&ダイニングスタイルショー」を同時開催予定。3展合わせた出展社数は1,239社と、昨年の秋と比較し35%増加しているそうです。

台東ファッションザッカ出展イメージ.jpg
国内有数のファッション雑貨産地、東京都台東区のプロジェクト「台東ファッションザッカ」がブース出展(南展示棟/アクティブデザイン&クラフトフェア ブースNo.南3T17-23)。
シューズ、財布、革小物、ベルトなど6社が参加。革と過ごすライフスタイルを提案します。写真は会場のイメージです。

東急ハンズ梅田店「街とハンズ」&「中崎町博覧会」
街とハンズ2110.jpg
東急ハンズ梅田店10回目のバースデーを記念し、この春開催予定だったイベント「街とハンズ」が現在リベンジ開催中です。
メインイベントは、周辺エリア中崎町の「中崎町博覧会」とのコラボ企画! ものづくりの街、中崎町から革小物ブランド「寛屋」、「バッグアーティストスクール レプレ」ほか、人気ショップが出張し、スペシャルプログラムを続々と行っています。そして、「中崎町博覧会(なかはく)」もリベンジ開催。こちらは10月16日(土)です。お見逃しなく!
 
「東東京モノヅクリ商店街ポップアップイベント」
話題のプロジェクト「東東京モノヅクリ商店街」が株式会社CAMPFIREと提携。予約販売をスタートしました。
第1弾は10社が参加。レザー関連ではフランス製サーモンレザー使用のガジェットポーチ(天野宝国株式会社/台東区)、モチッと新足感!未体験な履き心地でスタイリッシュな新感覚JAZZフラットシューズ(有限会社デコルテ/台東区)、贅沢な分厚い銀メッキをバレル研磨仕上げの特製バックルでつくる「あな」がないベルト(株式会社二宮五郎商店/墨田区)など、意欲作がズラリ。
現在、東京・渋谷PARCO 1F「BOOSTER STUDIO by CAMPFIRE」に特設展示コーナーが登場。今回、企画に参画するプロジェクトの商品のショールーミング的なアプローチも展開し、高感度ユーザーに訴求しています。

「ファッション ワールド 東京 秋」
21032300 .jpg
日本最大のファッション展示会「ファッション ワールド 東京 秋」が10月18日(月)~20日(水)の3日間、東京・有明 東京ビッグサイト西展示棟で開催。
堀内様032302.jpg
構成展のひとつ、「国際生地・素材EXPO」皮革ゾーンに爬虫類等皮革企業から、堀内貿易株式会社、株式会社太閤染革が出展予定。写真は前回の様子です。
太閤様032301.jpg
くわしくは、下記リンク先、エキゾチックレザー PRアカウントで10月16日(金)の投稿分でお知らせ予定です。
「ジャパンファッションEXPO」で展開する、国産天然皮革の魅力を発信するブースも必見です!

「K・n・o・t collection」
大阪ハンドバッグ協同組合による恒例の合同展示会「K・n・o・t collection」が10月19日(火)・20日(水)の両日、東京・浅草橋ヒューリックホールにて行われます。カジュアルからエレガンスまで幅広いコレクションが発表される予定です。

HAPPY BAG DAY!! 11月8日・9日は「いいバッグの日」!
ハンドバッグの日_visual_05.jpg
一般社団法人日本バッグ協会が主催する、HAPPY BAG DAY!! 11月8日・9日は「いいバッグの日」! キャンペーンが10月7日(木)からスタート。
いいバッグの日にちなんで、ユーザーにアンケートを実施。公式サイトの専用フォームに入力するだけで簡単です。抽選で商品券やオリジナルバッグをプレゼント。期間は11月14日(日)まで。

「姫路城 皮革フェスティバル」
姫路城皮革フェス.jpg
国内有数の皮革産地 兵庫・姫路の恒例イベントの開催が御着四郷皮革協同組合「leather cafe」SNS 公式アカウントで発表されました。待ちに待った復活、うれしいですね。
世界遺産に指定された姫路城が会場となり、国際的に高く評価される姫革の魅力に触れる5日間。どうぞお楽しみに。

「Taipei IN Style」10月展にジャパンブース出展
日本の革製品を海外でPRし、海外市場拡大を図るための活動の一環として、10月7日(木)~11日(月)、「Taipei IN Style」10月展(台湾・台北)にジャパンブースを出展しました。
「Taipei IN Style」初出展となる今回は、「コルガ」「hmny」「キイチ」「KIYOKAWA」「ワイルドスワンズ」「ヘルツ」「エム・リップル」などが出品。
SNSアカウント「JLIAJapanLeatherbooth」で会場のようすを連日投稿し、グローバルに情報発信。好評でした。参加ご希望の場合は来年度の募集にもご注目を。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

プロフィール

鈴木清之

鈴木清之(SUZUKI, Kiyoyuki)
オンラインライター

東京・下町エリアに生まれ、靴・バッグのファクトリーに囲まれて育つ。文化服装学院ファッション情報科卒業。文化出版局で編集スタッフとして活動後、PR業務開始。日本国内のファクトリーブランドを中心にコミュニケーションを担当。現在、雑誌『装苑』のファッションポータルサイトにおいて、ファッション・インテリア・雑貨などライフスタイル全般をテーマとしたブログを毎日更新中。このほか、発起人となり立ち上げた「デコクロ(デコレーション ユニクロ)部」は、SNSのコミュニティが1,000名を突破。また、書籍『東京おつかいもの手帖』、『フィガロジャポン』“おもたせ”企画への参加など、“おつかいもの愛好家”・”パーソナルギフトプランナー”としても活動中。

最近のブログ記事

カテゴリー

月間アーカイブ

rss
facebook witter

このページの一番上へ