ニュース | イベントやニュースリリースなどのお知らせのご紹介です。


2010年

ニュースリリース

通常総会・理事会を開催

2010/06/21

6月11日(金) 14時から浅草ビューホテル 3階祥雲の間において、平成22年度 第1回 理事会・通常総会および第2回 理事会を開催しました。
会議では、経済産業省から進藤 紙業生活文化用品課長が「皮産連に期待すること」をテーマに講演されました。
総会では、前年度の事業報告・収支予算、今年度の事業計画・収支予算が原案どおり承認され、また、役員の改選も行われ、会長には大澤 重見(全日本革靴工業協同組合連合会)が再選されました。さらに中長期計画を策定するための特別委員会の設置も承認されました。

○ 大澤会長挨拶要旨
日本経済は、明るさが見えつつあると言われている中で、世界経済は大きく変動しており、日本経済への影響も大きくなっており、皮革産業を取り巻く環境も、グローバル化の進展、流通構造の変革などによって、売り上げが低迷し厳しい経営状況です。
皮産連は国から基金をいただいている公益法人です。皮革産業の振興のために何をなすべきか、中長期的視点から事業戦略を立て、常に計画・実行・評価・改善を行い、効率的・効果的な事業を推進し世間からも高い評価を受ける必要があります。
平成22年度事業計画では、当連合会と会員団体、さらには傘下の企業との連携を図って事業へのご提案をいただきながら、皮革産業界の課題となっている人材育成、市場開拓、商品開発などの事業に積極的に取り組んでゆく所存でございます。

○ 経済産業省 進藤課長講演要旨
「皮産連に期待すること」として、① 国際競争力の強化を通じた皮革産業の自立、② 自立に向けた中長期計画の立案実施、③ 海外展開に向けた連携支援、④ 文化産業支援との連携、の4つの必要性についてご講演をいただきました。

○ 新役員名簿(正副会長)
会 長  大澤 重見 (全日本革靴工業協同組合連合会)
副会長  池上 純平 (全日本爬虫類皮革産業協同組合)
 同   猪瀬 昇一 (社団法人 日本鞄協会)
 同   酒井 豊  (一般社団法人 日本ハンドバッグ協会)
 同   徳永 耕造 (社団法人 日本タンナーズ協会)
 同   川村 洋三 (日本革類卸売事業協同組合)
 同   岩崎 幸次郎(特定非営利活動法人 日本靴工業会)
 同   矢代 裕夫 (日本靴卸団体連合会)
専務理事 今井 哲夫 (社団法人 日本皮革産業連合会)
常務理事 今井 哲夫 (兼務)


facebook witter
このページの一番上へ
皮革に関する素朴な疑問にお答えします 革いい「夢」実現プロジェクト 欧米ブランドには負けていないぞ! 足サイズ計測実行委員会 靴とカラダのとても大切な関係 いつまでも、美しく歩くために!