欧米ブランドに「負けていないぞ!」

カテゴリー: 国内革事情

東京都が23区と6つの市を対象に4月12日から1か月間、「まん延防止等重点措置」適用が行われます。皮革産業では、引き続き、ソーシャルディスタンス、換気などを十分に実施し、可能な部分は非対面化。警戒感を緩めることなく感染対策を行い、社会経済活動を継続しています。
そんな、4月中旬のイベント、トピックをまとめました。参考にしていただけますように。


第6回 国際 生地・素材EXPO 春<皮革ゾーン>レポート
皮革ゾーン2103エキゾ.jpg
日本最大のファッション展示会「ファッション ワールド 東京 春」が3月23日~25日の3日間、東京・有明 東京ビッグサイト 西展示棟で開催。構成展のひとつ、「第6回 国際 生地・素材EXPO」皮革ゾーンに爬虫類等皮革企業から、堀内貿易株式会社、株式会社太閤染革が出展しました。
【株式会社太閤染革】
太閤様032301.jpg
前回の「ファッション ワールド 東京」、展示会初出展した株式会社太閤染革。パイソンを中心としたエキゾチックレザーを、時代にフィットした多様性をとらえ、多彩に展開しました。ファッション業界の大きな流れ、「サスティナブル」にしっかりとフォーカス。天然染料を活かした革づくりの評価が高まっています。
太閤様032303.jpg
藍染、墨染をはじめ、草木染めを「ボタニカルレザー」として打ち出し、バリエーションを拡充。「梔子(くちなし)」「茜(あかね)」「紫根(しこん)」など、原材料の名称とともに植物の写真を添えポップを作成。若い世代の来場者にもわかりやすく伝え、アイキャッチとなりました。
太閤様032304.jpg
このほか、クロムフリー、タンニン鞣しなどでまとめて展示。たおやかな色合い・風合いの存在感が抜群! 2021-22年秋冬コレクションで注目を集めた、1990年代テイスト、「グランジ」「ネオヒッピー」といったキーワードにもマッチし、クリエイターの創作意欲をかきたてました。
163970014_3695177723914277_7459445625345310354_n.jpg
「ボタニカルレザーのシリーズのやさしい色合い、ソフトな風合いがとても好評で発注が増えています。草木染めの特性であるムラ感は、一点もののようなニュアンスであると、革の魅力としてポジティブにとらえてくださっています。お客さまとのコミュニケーションのなかで、パーソナルなニーズの反映、細やかな対応を心がけ、オンリーワンの革づくりにお応えしています」と、大橋マブ社長。アート感覚のハンドペイント、ツヤ感、パール調など、さまざまな加工・カラーの相談も受けています。
s4グループ 太閤様02.png
トレンドのネオンカラー、パステルカラーもラインナップ。レザーとカラーに合わせ染料や染め方をチューニングし、皮革素材の持ち味を最大限に引き出しました。ファッション以外の業種からのオファーも続々。クオリティを追求し磨き上げる技術力と、情熱溢れるチーム力でエキゾチックレザーの可能性を切り拓いています。
太閤様032302.jpg
株式会社太閤染革 公式サイト
【堀内貿易株式会社】
堀内様2104010.jpg
広い会場でひと際存在感を放つ、グローフィニッシュ(蛍光カラー)、パステルカラーのコーナーが来場したバイヤー、ジャーナリスト、関係者に非常に注目されました。
「トレンドとしてのご提案はもちろんですが、ウィズコロナ時代の閉塞感を打破する、ポジティブさ、ハッピーさ、レザーファッションの華やかさによって、皆さまの気持ちを明るく照らす希望の光のような、クロコダイルレザーの新しい魅力をお伝えしたい」と竹原美鶴子代表取締役。
堀内様210303.jpg
代表取締役 就任後初となる、この展示会で、ファッション産業、皮革産業の社会的な役割をクロコダイルレザーで力強く表現。堀内貿易株式会社の歴史の新しい1ページがはじまるタイミングに相応しい、鮮烈なコーポレートメッセージとなりました。
4種のクロコダイルと北米産アリゲーターを常時取り扱い、世界全体の10%のシェアを占める堀内貿易株式会社。コロナ禍により、原皮調達などに影響がみられるなかでも、潤沢な在庫とカラーや加工のバリエーションの豊富さ、圧倒的な対応力は他の追随を許しません。
堀内様210302t.jpg
国内外の優秀なタンナー、ファクトリーとの連携により、多彩な加工、各種二次加工にも対応。先進的な時代感覚にも信頼が寄せられ、前回は世界的な潮流を先取りした「インダストリアル仕上げ」シリーズをお披露目。クロコダイルにヴィンテージ感覚を取り入れた意欲作がとても好評です。
fw20lz 堀内貿易様 インダストリアル・ポップ.jpg
「サスティナブル」にもいち早く取り組み、環境に配慮した革づくりでは日本古来の藍染をクロコダイルで実現。海外メゾンブランドでも採用されるなど、日本の鞣し技術を世界へアピールしています。
堀内様04.jpg
堀内貿易株式会社 公式サイト
また、下記SNSアカウント「Exotic leather News CLIP by JLIA」でも、エキゾチックレザーと同製品に関する情報を定期的に発信しておりますので併せてご覧ください。
「Exotic leather News CLIP by JLIA」
フェイスブック 
ツイッター 


日本橋髙島屋「wisteriafujiwara」オーダーイベント
人気シューズブランド「wisteriafujiwara(ウィステリアフジワラ)」のオーダーイベントが本日4月14日~20日、日本橋髙島屋 S.C. 本館3階 婦人靴売場にて行われます。
新しいデザインを多数お披露目。選ぶ楽しさがうれしいですね。とっておきの一足をあつらえてみてはいかがでしょうか?


福屋広島駅前店「CONNECT」
腕利きファクトリーとして知られる「Alt81」「Flathority」「Le Bonheur」「WILDSWANS」、4社の合同イベント開催(4月15日~21日)が発表されました。
「CONNECT」とは互いの価値を認め合う出店社の集まるイベント。
「日本の良いものは、埋もれがちで見つけにくい。
このイベントをきっかけに、いいものを少しでも多くの人に知ってもらいたい」
というコンセプトで展開。会期中お求めいただいたかたには特別ノベルティを進呈。広島周辺エリアにお住まいの皆さま、ぜひご注目ください。


東靴協会創立70周年記念イベント「東京"街の靴屋さん物語"」
東京街の靴屋さん物語.jpg

東靴協会創立70周年記念イベント「東京"街の靴屋さん物語"」が4月17日~29日の13日間、浅草文化観光センターで行われます。当初3月10日からの予定でしたが、1都3県の緊急事態宣言解除延期に伴い、会期が変更されました。
都内を中心とした靴小売店の集まりである東靴協会が、昭和・平成・令和と、暮らしの移り変わりを足もとから見つめ、支えてきた70年を、職人手製の名靴や懐かしい写真、貴重な資料で振り返ります。イベント内容は、歴史展示、活動紹介・展示、東靴協会事業紹介、会員小売店所蔵の手製靴、道具などの資料も公開。
まん延防止等重点措置に伴い、来場者及びスタッフの安全を考慮し、セミナー、足の計測会は中止となりました。展示会は感染症対策を講じた上で開催されます。最新状況は下記リンク先、SNSアカウントをご参照ください。


梅田ハンズ10周年イベント「街とハンズ」
163372722_3712046395577845_5194362234092588814_n.jpg

東急ハンズ梅田店 10回目のバースデーを記念して、イベントが4月17日~5月9日に行われます。
メインイベントとして、周辺エリア中崎町の「中崎町博覧会」とのコラボ企画が実現! 中崎町に店舗を構えるクリエイター、アトリエショップのワークショップが目白押し。「寛屋」「バッグアーティストスクール レプレ」などレザー関連からも参加しています。革のものづくりの魅力が体感できます。


大阪ハンドバッグ協同組合 合同展示会「K・n・o・t collection」

大阪ハンドバッグ協同組合による恒例の合同展示会「K・n・o・t collection」が4月20日、21日の両日、浅草橋ヒューリックホールにて行われます。お見逃しなく!


東武宇都宮百貨店「ジャパンレザーフェア」
東武宇都宮百貨店で新たなイベント「ジャパンレザーフェア」が初開催。
4月22日~27日の6日間行われます。東日本を代表するタンナー 栃木レザーをはじめ、清川商店、三竹産業ほか、全国からつくり手が参加。期間中には注目の靴磨き職人による靴磨きイベントも実施予定です。


豊岡K-site合同会社 鞄縫製者トレーニングセンター 第19期 生徒募集
鞄産地として知られる兵庫・豊岡の豊岡K-site合同会社では鞄縫製者トレーニングセンター 第19期(6月開講)の生徒を募集してします。
約4か月のカリキュラムによる鞄縫製の基礎・縫製技術訓練、組合加盟企業でのインターン実習など現場に近い環境で技能を修得できるコースです。募集期間は4月26日まで。くわしくは下記のリンク先をご参照ください。

カテゴリー: 国内革事情

4月から新年度。当ブログも12年目を迎えました。ご愛読いただき、ありがとうございます。村木さんの月イチ連載コンテンツともども、引き続き、よろしくお願いいたします。
新型コロナウイルスの感染再拡大を受け、4月5日から1か月間、大阪府、兵庫県、宮城県に「まん延防止等重点措置」の適用が開始されました。皮革産業では、ソーシャルディスタンス、換気などを十分に実施し、可能な部分は非対面化。警戒感を緩めることなく感染対策を行い、社会経済活動を継続しています。
そんな4月上旬のトピックをまとめました。参考にしていただけますように。

日本初・クロコダイルタンナーの直営ストアが百貨店に出店
藤豊様店舗内観01.jpg
「藤豊工業所」直営ストアが2021年3月17日、柏髙島屋本館(百貨店)6Fにオープンしました。
藤豊様店頭正面.jpg
「LIFULL HOME'S」2021年度住みたい街ランキング(首都圏版)において、「借りて住みたい街」9位、「買って住みたい街」7位と、ともにベスト10入りした、柏。リモートワークが浸透しつつあるウィズコロナ時代に注目されている、国道16号エリアでもあり、話題の街です。柏髙島屋は、JR常磐線・東武アーバンパークライン 柏駅に直結。千葉県北西部を代表する百貨店として長年愛されています。
藤豊様財布02.jpg
「藤豊工業所」は日本屈指のエキゾチックレザーを扱うタンナー。世界最高峰のファッション素材見本市「プルミエール・ヴィジョン・パリ」への出展(日本のクロコダイルタンナーとしても初の快挙)や世界的なプレミアム・ライフスタイル・モーターサイクルブランドとのコラボレーションなどを積極的に行い、その技術力が国内外で高く評価されています。
藤豊様バッグ.jpg
原産地からの皮の輸入・なめし・染色、そして縫製まで、同じ敷地の中で一貫生産によって仕上げたクロコダイルレザーを用い、バッグ、財布、革小物をオリジナルブランド「FLEDGE」を中心に展開。
藤豊様クロコ財布.jpg
クロコ、パイソン、オーストリッチなど多彩なエキゾチックレザーを使用したバッグや、イエロー、ゴールドなどのラッキーカラーをはじめ、オーロラに輝くオリジナルクロコを使用した長財布も。厄除けを祈願する「七色財布」でもあります。「春財布」にぴったりですね。
藤豊様財布01.jpg
店内には「藤豊工業所」が運営するPOP-UPスペース「TILLON(ティロン)」も登場。知名度やジャンルを問わず、同社が出会ってきた至高の"メイドインジャパン"製品を期間限定で紹介していく新プロジェクトです。
「TILLON」の語源は、英語で"耕す"の意味を持つ"till on"。「エキゾチックレザー業界をはじめ、日本のものづくり業界を耕し、豊かにしていきたい」(藤城耕一 専務取締役)との熱い想いが込められています。
藤豊様ポップアップ坂本様.jpg
第一弾は、姫路黒桟革で知られる「坂本商店」「COTOCUL(コトカル)」「SEEGER(ゼーガー)」の3ブランドを紹介。姫路黒桟革は日本古来の伝統技法である「なめしの技術」と「漆塗りの技術」を融合させた天然皮革の芸術品。表面の特長から「革の黒ダイヤ」とも称されます。会期は4月25日(日)まで。その後も定期的にさまざまなつくり手たちを紹介予定です。
藤豊様オーダー用サンプル革.jpg
また、パーソナルなサービスも充実。革見本を置き、オーダーメイド・カスタムメイドも実施。「"愛着を持ちながら長く使い続ける"ためのお手伝いができたら」(藤城耕一 専務取締役)という想いから、革小物・バッグのリペア相談窓口も開設予定です。

「藤豊工業所」直営ストア
柏タカシマヤ 百貨店 本館6F(千葉県柏市末広町3-16)
営業時間:10:30 〜 19:30(施設の営業時間に準じる)
メールアドレス:takashimaya_kashiwa@fujitoyo.co.jp
電話:04-7144-1111(柏髙島屋 代表番号)
藤豊工業所へのお問合せは下記リンク先(有限会社藤豊工業所 公式サイト)専用お問合せフォームをご利用ください。


「LEON」5月号にエキゾチックレザー製品掲載
3月25日発売の「LEON」2021年5月号(183ページ)「Dr.コパとLEONが本気で考えた! アナタを導く開運小物」に、エキゾチックレザー製品が掲載されました。今回は、コンパクトウォレット、マルチケースが登場! ぜひ、誌面をご覧ください。
イシカワ様 DSC_0809.JPG
【Item info】
「CEBEC TOKYO(セベックトウキョウ)」
(コンパクトウォレット/ナイルクロコダイル マット仕上げ/マットオレンジ、このほかイエローなど展開)
2021年の風水的なラッキーカラーのひとつ、オレンジ。パントン・カラー・インスティテュートが発表した、2021-22年秋冬ニューヨーク・ファッション・ウイーク・カラートレンド 14色にも選ばれている注目カラーでもあります。春夏のさわやかな時季にもぴったりですが、秋冬のトレンドともマッチするのがうれしいですね。
「ジョイント金具(Dカン)がついているので、ウォレットコードを取り付けてポケットに入れても、ネックストラップで首から下げてお使いいただけます」(ブランドディレクター 石川直生さん)。
コーディネートがシンプルになりすぎてしまう春夏の着こなしに、ポイントとして加えてみてはいかがでしょうか?

セイジョ様 ルフレミント.jpg
【Item info】
「東京クロコダイル」
(シャイニングクロコダイルマルチケースルフレ/シャムクロコダイル シャイニング加工/ライム H7.5xW11xD2.5cm)
「LEON」2021年4月号に続き、5月号でも紹介された話題の逸品。色と仕上げが違うだけでガラッと印象が変わります。
「メノウ石で丹念に磨かれ、さらにボンベ加工により立体的に仕上げられたことによりまさにジュエリーのような輝きをはなつクロコダイル革。ディテールを追求した美しいフォルムとコンパクトながらカード、お札、小銭が収納できる機能性を兼ね備えた品格あふれるマルチケース。目の覚めるような爽やかなライムカラーのクロコダイルはきっと周囲の注目を集めることでしょう。
こちらの発色の美しさは画像で出すのが難しく、現物を見たら"おおっ!"ってなっていただけると思います(笑)。アクセントカラーですのでメンズで使用される場合はガッツリした財布よりミニ財布のサイズ感が日常的に取り入れやすいのではないでしょうか?」(店長 竹本信宏さん)
明るい色の財布は運気のリセット、気分のリフレッシュにも最適ですね。

「Exotic leather News CLIP by JLIA」
フェイスブック 
ツイッター 


「東京産ピッグスキン」がテレビ番組に登場
東京都の新プロジェクト「Buy TOKYO」が情報番組「東京サイト」(テレビ朝日/毎週月曜~金曜 13:45~)で紹介されました。
「Buy TOKYO」では都内中小企業等が実施する東京の特色ある優れた商品(東京都産品)の販売やPR活動を支援。これにより、東京都産品のブランド力を強化し、市場への浸透や海外展開を促進させています。歴史と新しさの融合を軸に、さまざまなジャンルから商品や企業をセレクト。そのひとつとして「東京産ピッグスキン」が(4月1日放送分)でピックアップされました。

放送後、番組の内容がYouTubeで公開されています。

wearableart-1200x1521.jpg
今回はギリシャ出身のデザイナー、ミハイルさんが手がける「ミハイルギニスアオヤマ」の「着るアートストール」が登場。伊勢丹新宿店でのポップアップを経て、自身のアトリエショップ(世田谷区等々力)でイベント開催中です。
予約販売.jpg
ピッグスキン(豚革)は、国内で唯一自給できる素材。東京都墨田区東墨田周辺エリアを中心に、タンナー、ファクトリーが集積し生産。優れたなめし技術によって、白さが際立つ仕上がりに。「着るアートストール」では、ピッグスキンの特性、ソフトな質感や軽さが生かされています。
ピッグスキンの魅力については東京都立皮革技術センター公式サイトで公開中の「TOKYO LEATHER PIGSKIN/東京産の皮革ピッグスキン」(発行:東京都産業労働局商工部)デジタル版(PDF)をご覧ください。


東都製靴工業協同組合 ホームページリニューアル

日本の靴の聖地である浅草にある団体 東都製靴工業協同組合のホームページがリニューアルされました。現在89社の革靴製造業者が加盟しています。腕利きメーカー、ファクトリーの情報をはじめ、各社の自信作も紹介。日本の靴の聖地 浅草(および周辺エリア)でつくられる上質な靴。ぜひ、ご注目ください。


パンプス選びの新基準「マイサイズ」の期間限定イベント開催中

靴の業界Webメディア「Shoes Post Online」で全日本革靴工業協同組合連合会の新たな取り組みを紹介。新しい靴選びの規格「マイサイズ」のポップアップイベントが行われています。
そごう横浜店 B1F 婦人靴売り場(3月16日~常設予定)、京都タカシマヤ 1F 婦人靴売場(4月2日~13日)、大阪タカシマヤ 2F 婦人靴売場(常設展開)。
婦人靴売り場から自分の足に"しっくり"くる履き心地のパンプスとの出会いをサポート。「マイサイズ」を体感してみてはいかがでしょうか。


中小企業等事業再構築促進事業(事業再構築補助金)
file_20210330101524768.png
経済産業省中小企業庁から令和2年度3次補正予算による支援事業、中小企業等事業再構築促進事業(事業再構築補助金)が始動。ポストコロナ・ウィズコロナ時代の経済社会の変化に対応するため、中小企業等の思い切った事業再構築を支援することで、日本経済の構造転換を促すことを目的としています。当連合会ホームページで告知が掲載されておりますので、ぜひ、ご一読ください。


全国皮革振興会「皮革手芸教室」再開
皮革振興会img_about-01.png
当連合会の会員団体のひとつ、全国皮革振興会の「皮革手芸教室」は緊急事態宣言のため休講していましたが、2021年4月から通常の講座を再開しました。今年度4月生は新規の募集を行っておりません。今後の状況についてわかり次第、改めてお知らせします。

カテゴリー: 村木るいさんの「人に話したくなる革の話」

月1回のスペシャルコンテンツ、村木るいさんの「人に話したくなる革の話」。今回は水産皮革(鯨・鰻・鮫・エイ...)利活用の歴史をひもときます。

*   *   *

通常、皮革産業のさまざまなトピック、イベントのレポートなどをお届けしておりますが、人気イベント「本日は革日和♪」を主宰する村木るいさんが月1回スペシャルコンテンツをお届けしています。イベント、セミナーなど精力的に活動する村木さん。皮革に関する確かな見識を有し、幅広い情報発信に支持が寄せられています。
当ブログでは、レザーに関心をもちはじめた若い世代のかたや女性ユーザーにお伝えすべく、わかりやすい解説とともに西日本の皮革産業の現状をご紹介しています。独自の視点・レポートが大好評です。
人気イベント「本日は革日和♪」。今後の予定、スケジュールなどは下記のリンク先をチェックしてください。

  「本日は革日和♪」

*   *   *

毎度です!

「久々のイベント準備でてんてこ舞い」のムラキです。

4月2日(金)~3日(土)に久々の「本日は革日和♪ in大阪」を開催します。今回は革屋さんなどフル出展です。


4/2.3(金土) 本日は革日和♪in大阪  フルメンバーで開催&lized塗料相談会&徒歩ツアー開催 | 本日は革日和♪


で、前回のJLIAblogで紹介したナルトビエイの革ですが、今回は上記イベント出展の会社さんで実際に触れることが可能です。そこらも上記blog をご覧ください。


前回のblog掲載後に、

「鯨の革はどうだったの?」

「以前うなぎの革見たよ」

「鮫の革が刀で使われていた」

といった声をもらいましたので、

じゃぁ、これらの革=水産皮革、と呼ばれる革はどんなものがあり、歴史上どこで使われてきたのか・・・など、資料交えて解説してみましょう。

目次 [hide]

水に住んでいる生き物の革は水産皮革

鮫革とエイ革。隣同士で紛らわしい話

宮城県汽船沼では鮫革を作っている。今も。

宮城県汽船沼の鮫はヨシキリザメ

実際に手元にある鮫革はシボのあるふんわりとした革

戦時中は代用革として靴などに使われていた

鮫の革はゴツゴツ?ふわふわ?

私も見たことがない鯨の革の歴史利用

うなぎの革もあるけど、これもみんなが食べている鰻ではない

厚み0.5mmで幅が10cm弱

鰻の皮って食べるよね?

ただ単に見た目が似ているからって「ウナギ」とつけられたヌタウナギ

日本から 輸出されたヌタウナギは食べて鞣されているのか?

浦上製革所さんのナルトビエイの革がこうなった!ここで触れます!

地層のような表情が出たナルトビエイ

まだ試作品段階ですが、4/2.3の革日和で触れます

水に住んでいる生き物の革は水産皮革

水産皮革、という表現は戦前戦中くらいによく使われており、現在はそれほど見かける単語ではありません。

下記は1973年発行のストックグラフに掲載された昭和13年=1938年の水産皮革の鞣しの写真です。
(ストックグラフはストック小島さんが昔出していた業界紙。100冊ほどは手に入れたんですが、全巻揃えるのは大変だろうなぁ(´Д`)ハァ...)

210301.jpg

210302.jpg

内容としては、「海外からの原皮供給が途絶えてしまったが、日本は島国。おかげで海洋生物が多く取れ、その皮革が使える。クジラや鮫革があるよ!」というものです。

ここらの戦前戦中戦後の革の話をしだすとものすごく長くなりますので、置いておきます。話し出すとここらは長いんですよ(;・∀・)

さて、この写真から水産皮革の話をスタートしましょう。まずは写真にも写っている「鮫」から。


鮫革とエイ革。隣同士で紛らわしい話

宮城県汽船沼では鮫革を作っている。今も。

趣味と実益かねて漫画だろうが小説だろうがTVだろうが映画だろうが、革に関わりそうなものは手当たりしだいに収集しています。

どれだけ「TVよりもネットだよね!」という時代が来ても、TV屋さんが集めている映像資料やツテ、取材に使われる金額などはやはりすごいものがあります。ですが、このTVという媒体は厄介で、収集しそこなうと後日手に入れるのにものすごく苦労します。

個人的に「工場潜入!」「職人探訪!」的な番組は問答無用で録画していますが、数年前にこの宮城県の鮫の加工会社が映し出されました。こちらの会社では鮫を市場で購入後、かまぼこを作ったり、コンドロイチンを取った後に革も自社で鞣している、という説明。えっ!宮城県汽船沼で実際に鞣しまでしているのか!と革関係者で驚いたものです。まさか姫路市やたつの市のタンナーに外注ではなく、内製していたとはなぁ(;・∀・)


宮城県汽船沼の鮫はヨシキリザメ

こちらの鮫はヨシキリザメ、と呼ばれている鮫。
鮫で実際に価値があるのは肉よりもフカヒレ、と呼ばれる部分。ヒレ部分ですね。こちらが一番価値があります。中華料理の高級食材ですから。

210306.jpg

ヨシキリザメ - Wikipedia


実際に手元にある鮫革はシボのあるふんわりとした革

厚みは1.5mm前後。ふんわりとしており、シボ(=シワ)が入っています。引っ張るとシワが伸びるので伸びます。強度的なものは要求しづらいですね。

210310.jpg

210314.jpg

こちらの鮫革、現在は財布やカバンなどに使われていますね。結構カッコいい革ですよ( ´∀`)bグッ!


戦時中は代用革として靴などに使われていた

靴を勉強しようとして検索したら出てくる「靴の話 大岡昇平戦争小説集」という小説があります。

まぁ、靴の技術的な勉強には全くならないのですが、戦時中の靴の重要性を学ぶには最適な話です。

いやぁ、靴がないと戦争なんてできないな、としみじみ思います。この中で鮫の革の記述があります。

それはサイパンの玉砕頃から、前線行きの兵士に渡り出したゴム底鮫皮の軍靴であった。ゴム底は比島「フィリピンのこと」の草によく滑り、鮫皮はよく水を通した。
我々は魚類の皮膚がいかに滑らかに見えようとも、決して水を弾くようにはできていず、彼らの体は周囲の水と不断の滲透状態にあるのだという事実を体得した。駐屯中の討伐や出張、米軍が上陸してからの四日の山中の逃避行で、「植物」たる靴底は「動物」たる上皮と永遠の別れを告げた。

靴の話 大岡昇平戦争小説集 (集英社文庫) 文庫 - 1996/6/20 大岡 昇平 より

おそらく上記のヨシキリザメのような鮫革をつかっていたと思われます。鮫は水性だからといって水に強いわけでもありません。

現在の鮫革は水に強いとのことなので、それだけ鞣し技術が発達した、と言えます。


鮫の皮は刀の柄の滑り止めとして使われていた

下記は正倉院の中に納められている金銀鈿荘唐大刀という刀。「把は鮫皮巻」とあります。

210307.jpg

金銀鈿荘唐大刀 - 正倉院


江戸時代の南蛮貿易のリストを見ると結構な枚数がわざわざ海外から輸入されています。

210309.jpg

近世アジアの皮革 6.日本の皮革貿易より


「宮城県汽船沼で鮫は取れていたのに

わざわざ海外から鮫皮を輸入していたのっておかしくない?」


「鮫肌って言うくらいだから鮫革は

ガサガサゴワゴワしていると思ったのに

ふんわりしているっておかしくない?」


そう、おかしいんです。

でもおかしくない。

理由は、「日本では昔からエイのことを鮫とよんでいた」ということを理解するとわかりやすくなるかと思います。


鮫の革はゴツゴツ?ふわふわ?

日本の歴史書物で革を調べるとちょこちょこと出てくる「鮫革」が、実際は「エイ革」であるケースが多いです。

例えば、、刀の柄=持ち手部分には滑り止めとしてゴツゴツとした鮫革が重宝されました。
これは実際に私達が現在イメージする「鮫」ではなく、「エイ」革です。

把の「鮫皮巻」は鮫皮特有の突起した鱗がなく、粒状の鱗であり、さらに真珠状の大きな粒があるので、噂(エイ)皮と判断する。

把の懸緒は明治の修理の会符がついており、この革はその時に修復された新しい革と見られる。

第28号 正倉院宝物特別調査報告 皮革製宝物材質調査より

下記は私の手持ちの「エイ」革ですが、こちらは刀の柄に巻かれたようなゴツゴツが存在します。この手のエイは日本近海では生息しておらず、南洋に生息しています。そのため刀の柄に使うためにも江戸時代、南蛮貿易で大量に輸入されていました。

210315.jpg

210316.jpg

例えば、、、「わさびをおろすには鮫皮がいいのよ」とよく言われています。ですが、こちらもエイ革です。

210308.jpg

「鮫皮」とは、【皮歯(ひし)】と呼ばれる硬い粒が表面を覆っている、ある種のサメ又はエイの背皮の総称です。そのため原料となる魚が「サメ」である場合も「エイ」である場合もあります。このうち当社が使用する「鮫皮」は皮歯の粒がきれいな凸型をしており、目詰まりがしにくく、山葵などをおろすのに最も適したものを厳選しております。

「鮫皮」と聞くと、映画に出てくる人食ザメのような鮫をイメージする方があるかも知れませんが、この様なサメからは「鮫皮」は採れません。現在当社が使用するのはエイの仲間である「ガンギエイ目、ウチワザメ科」の皮です。

ワールドヴィジョン株式会社 鮫皮おろしについて・鮫皮おろしの歴史・Q&A より

もちろん鮫の中には楯鱗、と呼ばれる鋭い鱗を持つものもいます。ですが、世間一般的にイメージする「ゴツゴツした鮫革」というものは実際には「エイ革」というケースは多いです。

実際前回のblogで紹介したエイ革もゴツゴツはあまりなく、「筋肉質だな!」というのがよく分かる革でした。


村木るいさんの「人に話したくなる革の話」/ナルトビエイの革づくりの現場を見てきた話&皮革業界の動画活用事情

210318.jpg


私も見たことがない鯨の革の歴史利用

手元の文献で調べると鮫革の記述の脇によく並んでいるのが「鯨」革です。

昭和一六年(1941)一二月八日、わが国は日米交渉の打ち切りを通告、太平洋戦争に突入しました。皮革ならびに革製品の民需用は修理用の一部を除いて軍用に組み入れられ、そこで登場したのが「代用革」です。水産皮革と呼ばれるクジラ革、サメ革、あざらし革の他、犬や猫までが使用されました。

「皮革産業を支える人々」 58頁より

で、悔しいことに実物の鯨の革を未だに触ったことがありません。記述では色々見るんですけど、日本では鯨の革は盛んに使われた、とは言えません。食べちゃいますからね、日本人は鮫の皮部分まで。皮まで食べちゃうと革はつくられません。

210319.jpg

戦時中には鯨の革を鞣し、特攻隊の半長靴(半長靴 - Wikipedia くるぶしと膝の中間あたりまでの長さのブーツ)として使われていたようですね。

「日本水産」に在職中の昭和十二年に大東亜戦争に突入しました。
「日本水産」は捕鯨が大きな仕事で鯨の皮を鞣すのですが、これが革屋に入るキッカケになったんです。
(鯨の皮を用いるのは)特攻隊の半長下ですね。鯨の皮っていうのは厚さが六〇センチ位あって上の黒皮を剥いで、その下が全部革になるんですよ。黒皮のすぐ下が一番良い銀面で何層にも剥くわけです。それを鞣して靴・バンド(薬盒)を作ったわけです。それを赤羽にあった陸軍の被服本署に納める担当をしていました。会社に軍から監督官という少佐が来ていて、私は徴兵されたものの三日で呼び戻されました。
(鯨の鞣しは)昭和二八年位までやっていましたよ。戦争が盛んになって軍が静岡に用地を買収してくれて「大洋漁業」と「極洋捕鯨」と「日本水産」と合弁で(=「日産皮革」)三島の大場に工場を建ててそこで鞣していたのですよ。

_木下川地区のあゆみ・戦後編 37頁

この木下川地区では革を鞣すタンナーが存在し、鯨は油も取られていました。脂からは石鹸、グリセリン、硬化油も作られていました。

戦時中には水産皮革として鯨なり鮫が使われましたが、ここらは「優れている素材」だからではなく、単に戦争により海外から原皮を輸入できなくなったから仕方なく使った、という代用品です。

現在も汽船沼のヨシキリザメは使われていますが、もちろん戦時中と異なり、鮫革の良さを活かした革利用となっています。


気仙沼のサメ~Vol.02 サメ革を使ってものづくりにチャレンジ! | 千駄ヶ谷大通り商店街-グリーンモール-(せんだがやおおどおりしょうてんがい)

美しいシボが織りなすKESEMA | 最高級のメンズ革製品 GANZO(ガンゾ)公式WEBサイト


うなぎの革もあるけど、これもみんなが食べている鰻ではない

変わり種として鰻の革を触ってみましょう。

210323.jpg


210320.jpg

厚み0.5mmで幅が10cm弱

210321.jpg


210322.jpg


厚み0.5mmという薄さ。
ぺらんぺらんです。
実際に使う際には下記写真のように何枚も継いで1枚のA4くらいの大きさにしてしまいます。

使い方としては財布以外では見たことないですね。


鰻の皮って食べるよね?

さて、前述している鮫の革は現在も流通しています。鮫のヒレはフカヒレ。身の肉ははんぺんや、かまぼこなどに使われます。で、余った皮が革として有効活用されているわけです。

鯨の皮は日本人は食べちゃいます。ですので革は出回りにくいわけです。

で、鰻。たべちゃうよね、皮ごと。基本的に皮部分ってのは脂が載っているので美味しいんですよ。脂=旨さです(≧∇≦)b

じゃぁ、この鰻の革はどこから来たかというと、ヌタウナギです。


ただ単に見た目が似ているからって「ウナギ」とつけられたヌタウナギ

210324.jpg

ヌタウナギ - Wikipedia


ヌタウナギは単に見た目だけ似ているから「ウナギ」という名称がつけられています。

「鮫≒エイといい、日本人は名称がいい加減だなぁ」とか思ったのですが、海外でもヌタウナギの革は「eel leather」と名付けていたりします。

EEL Leather | DECORATIVE COLLECTIONS | FOGLIZZO 1921. Italian Custom Leather


このヌタウナギ、見た目がウナギに似ているだけで全然ウナギに近くないし、厳密に言うと魚からもちょっと外れています。(;・∀・)
wikipediaを見ていると日本では一部地域以外ではあまり食べられておらず、韓国に輸出されています。

韓国のヌタウナギ料理コムジャンオ・ポックン(꼼장어 볶음) - ヌタウナギをニンニクと炒めコチュジャンで味付けた料理

ヌタウナギの一大消費地は韓国であり、を燃やして丸焼きにしたり、ぶつ切りにして葱やコチュジャンで炒めたり、焼肉風に焼いて食べる。

日本では長崎県新潟県など一部地域で塩焼きや干物などで食用にされるが、全国的にはほとんど食用として流通していない。秋田県の男鹿地方や新潟県においては「浜焼き穴子」「棒アナゴ」という加工食品が作られ、燻製干物も生産されている。なお従来はクロヌタウナギと思われていたがキタクロヌタウナギだったことが判明している[16]

アメリカではヌタウナギを食用とする習慣はなく、漁獲する関係者でも食べる習慣はない。アメリカのヌタウナギ漁業は、その革を目的とする物以外は、すべて韓国への出荷用途である。

ヌタウナギのはイールスキン(eel skin)と呼ばれる。イールスキンは独特の模様を持ち、牛革より強度が有り、かつしなやかである。韓国やアメリカではイールスキンで作った財布などが革製品として流通している。繁殖力はそれほど強くないようで、食用や皮革用に集中的に漁獲すると資源が急速に枯渇してしまった事例が報告されている。

ヌタウナギ - Wikipedia

日本から 輸出されたヌタウナギは食べて鞣されているのか?

wikipediaの料理法を見る限り、韓国ではぶつ切りで炒めている。これ、鞣した状態で0.5mmということは、食用に皮を剥がして、ぶつ切りにしているだろうか?皮を剥がすと食感が変わってしまう。革のためだけに皮はぎとるのは非効率的だから、「皮を剥いだヌタウナギ料理」が存在するのかな??

で、つらつらと調べてみると、、

(4)韓国での市場調査
平成 18 年から毎年、韓国の釜山において、水産物の輸出業者とともに市場調査に行き、現地の ヌタウナギ取扱業者と情報交換を行っている。
韓国には、日本産ヌタウナギの外に、ニュージーランドやアメリカ産(以下、「外国産」という) の安価で大型の冷凍したヌタウナギが大量に輸入されており、主になめし皮の原料として利用され ていることが分かった(図6)。一方、日本産ヌタウナギは、外国産に比べて小ぶりであるものの、 食感が良いことから、食用として需要が高く、そのほとんどが活魚で輸入されていることが分かっ た。
これまでは日本産と外国産ヌタウナギの用途が異なっていたが、最近は外国産ヌタウナギも食用 として活魚で輸入される割合が増えており(図7)、小ぶりの五島産ヌタウナギは料理に手間がかか るため、サイズアップが求められている。

日本の未利用資源、韓国輸出! 長崎県 五島ヌタウナギ会 

ってことは、韓国は食用として日本から輸入しつつ、観光資源なり国内革製品のためにも革素材としてアメリカからヌタウナギを輸入しているのか。なるほどなぁ。上記のPDFは2009年のものですので、12年前のもの。今はまた違うものになっているでしょうから、興味が持てますね。

210323.jpg

つまり私の手元にあるこのウナギ革の財布(勉強のためにバラし済み)はアメリカで採られて、韓国に送られ、日本の観光客が買って日本まで持って帰ってきたと思うと、随分と地球を飛んできたなぁ、と感慨深いものがあります。


浦上製革所さんのナルトビエイの革がこうなった! ここで触れます!

水産皮革についてはまた書いていこうと思います。鮭とか鯉とかブラックバスとかあるのになぁ(´・ω・`) まぁ、おいおいと書いていきます。


さて。前回紹介した浦上製革所さん。


「個人的にはナルトビエイは牛などの既存の革に近づけるのではなく、ナルトビエイらしい荒々しさを出したほうが絶対に需要がある。牛そっくりな革を作るならば、牛を使うもの」と好き勝手前回お伝えしていました。


で、2週間後

浦上製革所さん「ムラキさん!言われたようにシボを出してみたんだけどどうかな?」

おぉ!前向きだ


地層のような表情が出たナルトビエイ

下記は前回お預かりしたナルトビエイの革。

210325.jpg

210326.jpg

で、今回の革。左がヒレの腹側。右がヒレの背中側。

210328.jpg

210329 (1).jpg

おぉ!前回は伸ばされてピン!とした感じだったが、細かな線上のシボが出るようになりました。まるで地球によって万年億年積み重ねたような地層のような表情。 カッコいいやん!

この筋1本1本が筋肉部分かぁ。。さぞかし鞣しづらいだろうに。。これは独特で面白い革ですなぁ。大きさがせいぜい3DS(デシ。1DS=10cm×10cm)弱しかないので、財布くらいにしか使えないですが、使い方で面白いものができると思います。


まだ試作品段階ですが、4/2.3の革日和で触れます

今週末の4/2.3の金.土、革日和in大阪で参加の山内商事さんで実際に触ることができます。10枚ほどしか用意されていないのですが、販売可能です。「4/3 土曜日にいったら売り切れているんちゃうの!?」という方向けに私が預かっているナルトビエイの革も展示してもらっておきます ( ´∀`)bグッ!

4/2.3(金土) 本日は革日和♪in大阪  フルメンバーで開催&lized塗料相談会&徒歩ツアー開催 | 本日は革日和♪

山内商事さん

 210331.jpg

210332.jpg

今回の革日和では8年ぶりに徒歩ツアーをします。

2021/4/2(金) 13時~16時 革日和in大阪 漉き屋とカバンメーカーを見学するてくてくツアー | 本日は革日和♪

以前このblogでも紹介した「割り漉き屋さん」を実際に訪れて紹介します。作業風景や実際の話しをきくと「職人ワザすごい」と唸ってしまいます。

210333.jpg

村木るいさんの「人に話したくなる革の話」 革を薄くする仕事「漉き割り」の世界 | | JLIA 日本皮革産業連合会


カテゴリー: 国内革事情

首都圏1都3県の緊急事態宣言が解除されました。各地で桜が開花し、春本番。新型コロナウイルス感染症の再拡大対策をしつつ、皮革業界も活動しています。展示会やイベントも徐々に再開。そんな、3月下旬のイベント・トピックをまとめました。参考にしていただけますように。

「ファッション ワールド 東京 春」爬虫類等皮革企業が出展
21032300 .jpg

日本最大のファッション展示会「第8回 ファッション ワールド 東京 春」<第6回 国際生地・素材EXPO春>(3月23日~25日/東京・有明 東京ビッグサイト)がスタートしました。皮革ゾーンでは、爬虫類等皮革企業(堀内貿易株式会社、株式会社太閤染革)が出展しています。

堀内様032302.jpg

ワニ革に向き合い、挑戦の中でたどり着いた、世界に選ばれる信頼と技術。堀内貿易株式会社は、世界最大規模の見本市「LINEAPELLE」(イタリア・ミラノ)に毎シーズン出展。日本の鞣し技術を世界へアピールしています。

堀内様032301.jpg

今回は、ネオンカラーやパステルカラーを打ち出しました。インパクト抜群のディスプレイがお出迎え。写真ではわかりにくいのですが、蛍光カラーを放つクロコダイルレザーです。ビビッドな色合いとナチュラルな風合いが見事にハイブリット。

堀内様032303.jpg

日本古来の藍染をクロコダイルで表現することに成功し、海外メゾンブランドからも選ばれています。

太閤様032301.jpg

株式会社太閤染革では爬虫類皮革を知り尽くしたプロフェッショナル達が鞣したレザーを発表。鞣製染色加工工場であり、爬虫類皮革の販売も手がけています。

太閤様032302.jpg

同じくネオンカラーやパステルカラーをリリース。パイソン柄とのコントラストも効果的ですね。パイソンをメインにクロコ、リザード、オーストリッチなど100%国産なめしの各種エキゾチックレザーを展示予定。差別化できる独創的な革を探すビジネスパーソンに向け、「オリジナルデザインパイソン」を提案し、個性派レザーブランドやクリエイターに注目を集めています。

太閤様032303.jpg

好評のボタニカルシリーズ。草木染めの原料となる植物の写真を添えて。たおやかな発色にファンが多いそうです。ウィズコロナ時代、ユーザーを癒す、やさしいレザーの風合い・色合い。ハッピーなエナジー、つくり手の想いを込めています。ご来場予定のかたは会場でチェックしてください。

「ファッション ワールド 東京」は、アパレル、バッグ、シューズ、アクセサリー、OEM企業、生産工場、生地・素材・副資材を扱う企業が一堂に出展します。「商談・受注」を目的とした展示会となっており、前回はコロナ禍にもかかわらず、12,528名の来場(主催者発表)がありました。会場では徹底したコロナ対策が行われているため、安心してご来場いただけます。また、事前登録制となっておりますので、下記リンク先をご参照ください。

  ‹https://www.fashion-tokyo.jp/ja-jp.html


また、下記SNSアカウント「Exotic leather News CLIP by JLIA」でも、エキゾチックレザーと同製品に関する情報を定期的に発信しておりますので併せてご覧ください。

Facebook

  ‹https://www.facebook.com/e.l.newsclip.byjlia/

Twitter

  ‹https://twitter.com/ExoticClip


「wisteriafujiwara 」オーダーイベント開催
人気シューズブランド「wisteriafujiwara(ウィステリアフジワラ)」のオーダーイベントが3月24日~4月6日、玉川タカシマヤ 本館 2F 婦人靴売場にて行われます。
新しいデザインが多数登場するそうです。選ぶ楽しさがうれしいですね。おひとりおひとりのサイズとライフスタイルにフィットする、とっておきの一足をお迎えください。

東京都立城東職業能力開発センター 台東分校 49期生卒業制作展示

tbst2101.jpg

東京都立城東職業能力開発センター 台東分校の卒業制作展示 が、3月22日~23日の2日間行われました。

tbst2102.jpg

ご了解をいただき、会場を一部撮影させていただきました。

tbst2103.jpg

瑞々しい感性と磨き上げた技術。この春から社会へはばたく若き作り手たちが学んだ成果となる作品がズラリ。

tbst2104.jpg

昨年は中止でしたので、今年は開催されてとてもうれしく、見応えのある内容でした。

  ‹https://www.hataraku.metro.tokyo.lg.jp/vsdc/taitou/index.html


「モノづくり名古屋 ランドセルの軌跡展」オンライン展示 

一般社団法人日本鞄協会 ランドセル工業会による「ランドセルの軌跡展」オンライン展示が行われています。時代ごとに移り変わった数々の昔のランドセルや、ランドセル工業会メンバーの「わが社の一品」、コンクール作品などの現代のランドセル...とさまざまなランドセルを紹介しています。

  ‹https://my.matterport.com/show/?m=DGwzneKXyYt


「PR01.TRADE SHOW TOKYO」

PR01TS21FW03.jpg

ファッションの合同展示会「PR01.TRADE SHOW TOKYO 2021FW」が3月17日~19日、渋谷を代表するラグジュアリーホテル"セルリアンタワー東急ホテル"にて行われました。

ジャパンレザーでは「FULLMORE」が出展。サスティナブルをテーマに、農林業への被害軽減のため有害駆除された野生鳥獣の皮革をメインマテリアルとして展開しています。

PR01TS21FW020.jpg

北海道を拠点に2020年デビュー。タンニン鞣しのエゾシカレザー(鞣しからオリジナル)をバッグの本体に使用。手ひも(ショルダーストラップ)は牛革。硬質なパーツを組み合わせることで、鹿革のソフトさを引き立てています。トートバッグをはじめ、「革を纏う」をテーマにした新アイテムも好評です。

  ‹https://granstra.com/ssr/bt/cfd7KksGWL0CY4aq2ucT?ex=undefined


エキゾチックレザーのショップがテレビに登場
前回もお知らせしましたが、人気テレビ番組「ぶらり途中下車の旅」(日本テレビ系/毎週土曜あさ9:25~)3月20日放送分、JR京浜東北線のぶらり旅で、イースト東京のものづくりが紹介されました。秋葉原駅からの寄り道散歩で立ち寄ったのはエキゾチックレザーと財布の「Re-Bone(リボーン)」。爬虫類(ワニ、ヘビ、トカゲ)をはじめ、ゾウ、ダチョウ、サメ、アザラシなど希少なレザーを豊富に扱い好評です。
リボーン様01.jpgのサムネイル画像

番組内で紹介された新作の長財布「リボーンウォレット・改」は、「LEON」2020年11月号・2021年4月号ほか、メディアで数多く紹介され、ロングヒット中。

2017年に50周年を迎えた、エキゾチックレザーの輸入卸会社がプロデュースする「Re-Bone(リボーン)」。専門家ならではの知識、経験、審美眼で皮革素材を厳選。
国内革製品メーカーへ卸される最高品質の最高級皮革の中から、特に革の表情がユニークなものを使用しています。革の特性を活かす腕利き職人に一任。製品企画から製造までこだわり抜いた製品を届けています。
  https://re-bone.tokyo/

番組の内容は放送終了後1週間。無料配信中です。

カテゴリー: 国内革事情

首都圏1都3県の緊急事態宣言解除が、いよいよ3月21日の期限で検討されています。本格的な経済社会活動の再開を期待したいですね。そんな3月中旬のトピックとイベント情報をまとめました。参考にしていただけますように。

日本の靴産業151年 3月15日は「靴の記念日」
3月15日は「靴の記念日」。明治3(1870)年3月15日、後に明治の実業家として活躍する旧佐倉藩士、西村勝三さんが東京・築地入舟町に我が国初めての靴工場、伊勢勝造靴場を開設。日本の靴産業の誕生日といえるその日を、先人への感謝とさらなる業界発展を祈念して昭和7(1932)年、東京靴同業組合が「靴の記念日」に制定したのだそうです。
靴の記念日3-820x560.jpg
日本靴連盟が3月15日、「第88回靴の記念日式典」を神田明神神殿で行い、シューズ専門の総合情報サイト「シューズポストオンライン」で報道されました。(写真:「シューズポストオンライン」より)

2020年は日本における靴産業の150周年。各地で靴づくりをフィーチャーしたイベントが行われました。
小笠原製靴手縫い靴.jpg
「シューシューヒストリー・オブ・ジャパン」(2020年8月18日~30日/東京・浅草 雷門前 浅草文化観光センター)より。東靴協会の所蔵品、小笠原製靴の手縫い紳士靴。昭和28年の「製靴技能競技会」で最優秀賞を獲得した手製紳士靴。物資が潤沢ではない戦後復興期につくられた、靴の歴史に残る戦後最高の名靴です。

革靴の流行 KISSA  ヨリ.jpg
日本の靴産業150年記念イベント「靴ミュージアム」(2020年9月19日~20日/東京・渋谷 渋谷スクランブルスクエア12F)より。日本で初めての靴デザイナーとしてファッションやメディアの世界からも注目を集めた高田喜佐さんの作品。DCブランドブーム当時のシューズムーブメントをけん引。「KISSA」は時代を象徴するシューズブランドのひとつとして知られています。

日航 客室乗務員 制靴.jpg
「西洋靴150年展」(2020年10月2日~12月27日/広島県福山市・松永はきもの資料館<あしあとスクエア>)より。1970年(昭和45年)日本航空客室乗務員の制靴。紺のミニスカートワンピースの制服を着る際、使用されていたものだそうです。同社のユニフォームは時代をけん引する著名なクリエイターにデザイン監修を依頼していますが、当時は、森英恵さんが手がけ、話題になっていたそう。そのニュースに着想を得て、テレビドラマ「アテンションプリーズ」(TBSテレビ系)が放映され、大ヒット。客室乗務員は女性の憧れの職業に。1969年に宇宙船アポロ11号が月に着陸しています。スペース・ルックが注目されたそう。そんな影響も見受けられます。いま見ても、ファッション性が高く、レトロフューチャー感覚が新鮮です。

img_main_shoes.jpg
このほか、「TIME & EFFORT」では、150周年記念、革靴特集ページを公開。さまざまなコンテンツが充実しています。併せてご覧ください。

東靴協会創立70周年記念イベント「東京"街の靴屋さん物語"」
東京街の靴屋さん物語.jpg
東靴協会創立70周年記念イベント「東京"街の靴屋さん物語"」が4月17日~29日の13日間、浅草文化観光センターで行われます。当初3月10日からの予定でしたが、1都3県の緊急事態宣言解除延期に伴い、会期が変更されました。
都内を中心とした靴小売店の集まりである東靴協会が、昭和・平成・令和と、暮らしの移り変わりを足もとから見つめ、支えてきた70年を、職人手製の名靴や懐かしい写真、貴重な資料で振り返ります。イベント内容は、歴史展示、活動紹介・展示、東靴協会事業紹介、会員小売店所蔵の手製靴、道具などの資料も公開。

会期中には特別イベント「足の計測会」を実施予定。予約は下記リンク先のホームページ問い合わせフォームから。当日、空きがある場合は受付可能だそうです。

東京都立城東職業能力開発センター 台東分校 49期生卒業制作展示
東京都立城東職業能力開発センター 台東分校の卒業制作展示の開催が発表されました。3月22日~23日 10:00~16:30(事前連絡・予約不要)、台東分校内で展示。例年「技能祭」(11月開催)でお披露目される自由制作作品も併せて発表されます。

「KOBEくつマルシェ」
ケミカルシューズの産地として知られる、くつのまち ながた(神戸・長田)。そのランドマーク的存在「シューズプラザ」の活性化イベント「KOBEくつマルシェ」が3月13日~14日の2日間開催。靴メーカー、バッグメーカー12社が集結し、在庫品を大放出。フードブースもあり、盛り上がりました。

「MonoMax」恒例企画《財布大賞》&革製品技能試験
モノ雑誌売上No.1! 「MonoMax(モノマックス)」(宝島社)最新号は、恒例企画・財布大賞。皮革業界を代表する財布づくりのレジェンドたちが審査に加わり、厳正に選び抜いた財布を紹介しています。その財布選びのポイントを伝授する企画(26ページ)は必見! 革製品技能試験の情報も掲載しています。

革製品技能試験02.jpg
革製品技能試験は、一般社団法人日本皮革産業連合会(JLIA)・全日本革靴工業協同組合連合会・日本鞄ハンドバッグ協会・日本服装ベルト工業連合会・日本手袋工業組合が主催となって実施している、皮革産業に携わる方々の資格試験です。試験制度を通して皮革技術に対する評価を高め、職人の技術と社会的・経済的地位の向上を図るとともに、ものづくりに興味がある人材を増やし、皮革産業の未来を担う後継者育成につなげることを目的としています。自らのスキルを見える化する、つくり手のライセンス。腕を磨きたいかたにおすすめです。


「サイフの日」プレゼントキャンペーン 3月18日まで
mv_02.jpg
春の恒例企画、「サイフの日(3月12日)」プレゼントキャンペーンが好評開催中。いよいよ3月18日までとなりました。一般社団法人日本ハンドバッグ協会の公式サイト内にスペシャルページが開設されています。賞品は商品券(5万円分/抽選で10名)とオリジナル財布(抽選で30名)。サイト内のアンケートに答え、応募フォームに入力するだけでエントリーができますよ。
3月31日は「天赦日」「一粒万倍日」「虎の日」が重なり、最強幸運日といわれています。「春財布」の新調にぴったりです。この機会にお気に入りをみつけてみてはいかがでしょうか。

台東区立産業研修センター「ファッションマーケティング講座」3月30日開催
台東区立産業研修センター恒例企画「ファッションマーケティング講座」(3月30日18:30~20:00)が行われます。今回は、2021-22年秋冬ニューヨークファッショントレンド&ニューヨーク・ヨーロッパのグッズトレンド速報をレクチャー。布矢千春さん(ファッションジャーナリスト)、鈴木雅子さん(ファッショングッズディレクター)によるくわしくわかりやすいセミナーです。広い会場で密を避け行われるので安心です。
定員30名(先着順)、受講料1,000円(別途資料代300円程度)締切3月23日。
くわしくはリンク先をご参照ください。

カテゴリー: 国内革事情

近年、すっかりお馴染みになった「春財布」。年度の区切り、新生活スタートに合わせ、入学・卒業・就職などの準備、ギフトの時季でもあり、お探しのかたも多いようです。そんな「春財布」に関連するトピックをまとめました。参考にしていただけますように。

「サイフの日」プレゼントキャンペーン 3月18日まで
mv_02.jpg
春の恒例企画、「サイフの日(3月12日)」プレゼントキャンペーンが2月15日からスタート。一般社団法人日本ハンドバッグ協会の公式サイト内にスペシャルページが開設されました。賞品が旅行券から商品券に変更されるなど、時代にフィットした内容へアップデート。サイト内のアンケートに答え、応募フォームに入力するだけでエントリーができます。期間は3月18日まで。


「KAWANOWA」春財布特集 
mainvisual_ft_20210220_sp.jpg
東日本ハンドバッグ工業組合・組合員有志によるサイト「KAWANOWA」で春財布特集ページが公開されました。使いやすさ、色合い、収納力、サイズ感・・・と さまざまな好みに合わせたセレクトポイントを軸にセレクト。腕利きのつくり手たちが丁寧に仕上げた日本製の財布の魅力、発見してください。

「Dakota」サイフの日イベント オンラインで実施中
人気ブランド「Dakota」で、サイフの日イベントが公式サイトで発表されました。3月14日まで実施しています。投稿で紹介された質問「今使っている財布のデザインは?」などに答えて、コメントをつけるだけでエントリー可能。抽選でthanks  giftをプレゼント(当選者は全イベント合計15名)。当選者にのみDMで通知されます。同じくオンラインショップでは、カード収納枚数別に、おすすめのお財布を紹介。併せてチェックしてみてください。

「Japan Leather Award 2020」グランプリ受賞作品は、コインケース
小林さん表彰式.jpg
国内最大規模のレザープロダクトコンペティション「Japan Leather Award(ジャパンレザーアワード)2020」グランプリを、小林仁太さん(CONCUSSION/ウェア&グッズ部門 ベストプロダクト賞)の「Techno Leather Craft Project」コインケースが受賞しました。同アワードで財布がグランプリを獲得したのは史上初! キャッシュレス決済が普及し、新型コロナウイルス対策で、レジでの支払いの状況などが大きく様変わりしてしまった今、財布の在り方を問い直す、とてもいいきっかけになったのではないかと思います。
2020グランプリ作品.jpg
「Techno Leather Craft Project」は、オリジナルのレザー加工技法によるものです。3D CADと3Dプリンタを活用し、コンピューター上で設計した型を3Dプリンタで出力。タンニン鞣しのレザーにプレス加工を施すことで立体的な形状が生まれました。
丸みを帯びたフォルムは手のひらに馴染みがよく、凹凸がフィンガーレスト的な役割も。新型コロナウイルス対策として日々除菌剤をすりこんでいる手指は乾燥しがちで、スマートフォンなどを落としやすいとお悩みのかたにおすすめです。

「カラーミーショップ大賞2020」大賞 財布ブランドが獲得
全国のネットショップの中から最も優れたショップを表彰する、年に一度のイベント「カラーミーショップ大賞2020」。7回目となる2020年度は初のオンラインでの開催となり、革製品ブランドが栄冠を獲得。オリジナルの革財布を製作・販売する「小さいふ。クアトロガッツ」が大賞に選出されました。
10年以上前から小さめの財布の製造販売に取り組んできた同社。豊富な製品バリエーションはもちろん、旅などをテーマにしたオリジナルコンテンツにも注力。公式サイト、ECサイトの枠を超えた総合力、発信力が圧倒的! ブランドレザーとして知られる「栃木レザー」とのコラボレーションでも話題を集めています。

「TIME&EFFORT」ギフト提案ページは春財布にも
22_yumeshishu.jpg
日本の革と革のものづくりの魅力を発信する「TIME&EFFORT」でスペシャルページが2020年末に公開され、好評です。人気ブランドをはじめ、様々なジャパンレザー製品を厳選しご紹介。
23_coquette-1024x1024.jpg
国内外のデザイン賞受賞作品や、高感度セレクトショップの別注カラーなど、レアなアイテムをピックアップ。性別年齢を問わず、レザー好きの皆さまのアンテナを刺激するラインナップとなっています。
25_jinmon.jpg
特に、財布のセレクトが充実。クリスマスギフトだけでなく、春財布をお探しのかたにもぴったりです。

厳選エキゾチックレザー製品がメディアで紹介され話題
ファッション誌「LEON」のWEB版「LEON.jp」12月28日更新分<Dr.コパの風水>財布企画「2021年の金運をアップさせる財布はコレ!」という記事にて、「LEATHER JEWELS」、「CEBEC TOKYO」の財布が紹介されました。
「2021年のラッキーカラーであるベージュが本命。加えて使うほどに味が出ることから、臨機応変な対応力が養われるヌメ革も時勢的にオススメです。
また、21世紀を通じてラッキーカラーの金色や、お金を守るという意味合いをもつブルーも金運アップに繋がるでしょう」(Dr.コパさん)。レザーの最強金運財布にチェンジして運命を切り拓く準備に。眩い光に包まれるような一年になりますように。アイテムの詳細は下記のリンク先でも紹介しています。ぜひ、チェックしてください。
タイコウ様レオン掲載ゴールド長財布.jpg
「LEATHER JEWELS」
イシカワ様 ツヤ加工ブルー長財布.pngのサムネイル画像
「CEBEC TOKYO」

リボーン様01.jpg
リボーン様02.jpg
2月25日発売の「LEON」2021年4月号 (156~157ページ)「チラッと見えるリッチな斑が◎ 手ぶらなエキゾがラグジュアリーの極み」でも、エキゾチックレザー製品が掲載されています。
今回はウォレットバッグ、財布まで新しい生活様式にぴったりのアイテムをご紹介。ぜひ、誌面をご覧ください。
210203_KS_007.jpg
「エキゾチック × ビューティー」特設サイトでも「LEON」4月号の内容を紹介します。
併せてご覧ください。
また、下記SNSでもエキゾチックレザーと同製品に関する情報を定期的に発信しておりますので併せてご覧ください。
Facebook
twitter

墨田区ものづくり発信拠点「SHOP&WORKSHOP すみずみ」で財布が好評
すみずみヒキ.jpg
東京都墨田区のものづくり発信拠点「SHOP&WORKSHOP すみずみ」が、東京・池袋 東武百貨店池袋店 2F 3番地 イベントスペース「ステージT-2」に3月4日~10日、ポップアップ出店しています。
今回のポップアップでは、幅広いユーザーに「メイドインすみだの魅力を伝えたい、すみずみを知っていただきたい・・・」という想いをこめて、墨田区内のものづくり事業者11社が参加。
東屋さん.jpg
レザー関連では、創業100年を超える東屋が出店。メディアに数多く取り上げられている 注目メーカーです。創業100年を記念してオリジナルブランドをスタート。こちらのがまぐちは、同社の顔ともいえる存在感。きらきらした光、雨のしずく、朝もやなど、「すみだ」の川面に映り行く美しい表情をイメージしているのだそう。タイムレスかつモダンな印象が素敵。すっきりとしたフォルムですが収納力もあり、財布だけでなく、マルチケースとしても活用できそうですね。

カテゴリー: 国内革事情

新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく緊急事態宣言は、大阪、兵庫、 京都の関西3府県と、愛知県、岐阜県、福岡県の合わせて6つの府県で、2月28日をもって解除されました。
首都圏でも解除の検討がなされているなか、皮革産業もこれまで通り慎重に対処し、新しい日常に寄り添い、活動しています。そんな3月上旬のトピックとイベント情報をまとめました。参考にしていただけますように。


「LEON」4月号爬虫類皮革製品の紹介記事を掲載
LEON4月号_表紙.jpg
2月25日発売の「LEON」2021年4月号 (156~157ページ)「チラッと見えるリッチな斑が◎ 手ぶらなエキゾがラグジュアリーの極み」に、エキゾチックレザー製品が掲載されました。
LEON4月号_掲載面.jpg
今回は、ショルダーバッグからウォレットバッグ、財布まで新しい生活様式にぴったりのアイテムをご紹介。
地域によっては、すでに初夏のような陽気の日があり、春夏のワードローブへの準備をお考えだと思います。ラグジュアリーをひと匙加えるような感覚のエキゾチックレザーのアイテムで着こなしをさりげなくブラッシュアップし、ライフスタイルを豊かに。ぜひ、誌面をご覧ください。

「エキゾチック × ビューティー」特設サイトでも「LEON」4月号の内容を紹介します。併せてご覧ください。

また下記SNSでもエキゾチックレザーと同製品に関する情報を定期的に発信しておりますので併せてご覧ください。
Facebook
twitter


「wisteriafujiwara」オーダーイベント(銀座三越)開催
人気シューズブランド「wisteriafujiwara(ウィステリアフジワラ)」のオーダーイベントが3月3日(水)~16日(火)、銀座三越本館 2F 婦人靴売場にて行われます。新しいデザインを多数お披露目。選ぶ楽しさがうれしいですね。おひとりおひとりのサイズとライフスタイルにフィットする、とっておきの一足をお迎えしてみては。


全国皮革振興会 皮革手芸教室 4月生募集見合わせ
全国皮革振興会 展示pic.jpg
一般社団法人 日本皮革産業連合会の会員団体のひとつ、全国皮革振興会が皮革手芸教室(東京・蔵前)の新規募集見合わせを公式サイトで発表しました。
全国皮革振興会は、皮革の楽しさや美しさをユーザーに広く周知すべく設立された任意の団体。1966年より皮革手芸教室を開講し、現在までに延べ3,400名が参加。通常、年二回新規募集していましたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響を鑑み、休講が続く状況のなか、苦渋の決断となったようです。今秋以降、新規募集にご期待ください。


Toyooka KABAN Artisan School 卒業制作展
かばん産地 兵庫・豊岡でつくり手を養成するToyooka KABAN Artisan Schoolが、第7期生 卒業制作展の開催を発表しました。日程は3月1日(月)~3月7日(日)。豊岡市役所の豊岡稽古堂にて展示されています。お見逃しなく。


NPO法人TATSUNO LEATHER オンラインセミナー
タツノレザー.jpg
皮革産地として知られる兵庫県たつの市の皮革産業の魅力を発信するNPO法人 TATSUNO LEATHERがオンラインセミナーを行っています。
地場産業としての皮革産業のブランディングに成功している事例を国内外からピックアップ。「土地のブランディングをつくる要素とは?」に続き、「ポスト・コロナ禍時代の皮革産業を考える」の第二回が3月9日(火) 17:00~18:00に配信。
今回は、マイク・レッドウッドさん(オンラインマガジン「Leather naturally」編集長)が登壇なさいます。コロナ禍のいま、皮革産業のグローバルのゆくえは? 海外のマーケットにもくわしいエキスパートによる、貴重なセミナーをお見逃しなく。
エントリーなどくわしくは、NPO法人 TATSUNO LEATHER公式サイトをご覧ください。


「Leather cafe」チャリティ・プロジェクトに参加
兵庫県姫路市の御着四郷皮革協同組合が運営する「Leather cafe」公式アカウントでチャリティファクトリー「TETOTETO FACTORY」への参加が発表されました。子どもの虐待防止を願うチャリティブレスレット「TETOTETO BAND」のリリース、楽しみですね。


「まちのかばんやさん」開催中
まちのかばんやさん21年春.jpg
ものづくりが盛んな東京都墨田区の皮革製品製造者の交流から生まれた期間限定の販売会「まちのかばんやさん ~すみっこすみだのものづくり~」がスタートしました。
「丸ヨ片野製鞄所」「HIS-FACTORY」「ATELIER YAUYAUなど計6ブランドが参加する2021年の春の会は、コロナ禍の今だからこそ、つくり手が提案したい、新しい生活に寄り添うアイテムが登場。あたたかな思いとともに、お気に入りをお迎えしてみてはいかがでしょうか?


手袋産地 東かがわ市がテレビ番組に登場予定
経済情報番組「応援!日本経済 がっちりマンデー」(毎週日曜朝7:30~/TBSテレビ系)、次回(3月7日放映予定)「おらが市町村こそ輝くNo.1」に、手袋産地として知られる東かがわ市が登場予定。そのほかは山形県河北町(スリッパ生産日本一)の2万円の高級スリッパを紹介予定。地場産品ブランディングの参考になりそうですね。ぜひ、録画のご準備を。


大阪靴メ-カ-協同組合「2021年秋冬もの靴見本市」
大阪靴メ-カ-協同組合が「2021年秋冬もの靴見本市」(3月5日10:00~17:00)を開催。会場は、JR難波駅直結 ホテルモントレ グラスミア大阪 21F スノ-ベリ- (大阪市 浪速区湊町1丁目2−3)。6社が参加し、2021年秋冬シーズンの最新作を発表します。
大阪靴メ-カ-協同組合の地域ブランド「COSAEMA(コサエマ)」も好評! 東京では、「PROJECT TOKYO」(3月10日~11日 渋谷ヒカリエ9F ホールB 18番、20番ブース)でお披露目。組合員企業12社が合同で出展します。こちらもどうぞお見逃しなく。

「姫路 革の市」3月の開催を発表
毎月第1日曜恒例の「姫路 革の市」。国内有数の皮革産地・姫路のなかでもタンナー(皮革製造工場)が多く集積する高木地区で直売市を行っています。非常事態宣言解除により、3月は開催するそうです。
「姫路で生み出された高品質な皮革を知っていただき、日本のものづくり文化の発展に寄与したい」との想いが込められた、地場産業である皮革を用いた革製品(鞄/靴/小物)を出品。革素材、副資材が豊富にそろい、DIY派ユーザーに人気を集めています。




カテゴリー: 村木るいさんの「人に話したくなる革の話」

月1回のスペシャルコンテンツ、村木るいさんの「人に話したくなる革の話」。
2021年第二弾は、ナルトビエイの革を見て エイヒレと同じだと感心した話と、動画の敷居が下がっている、という話。皮革産地としてお馴染みの兵庫県たつの市で注目の革づくりをレポート(村木さんは兵庫県在住なので、県内の移動で取材しました)。
さらには、動画での情報発信、WEBセミナー(ウェビナー)の最新トピックも紹介しています。

*   *   *

通常、皮革産業のさまざまなトピック、イベントのレポートなどをお届けしておりますが、人気イベント「本日は革日和♪」を主宰する村木るいさんが月1回スペシャルコンテンツをお届けしています。イベント、セミナーなど精力的に活動する村木さん。皮革に関する確かな見識を有し、幅広い情報発信に支持が寄せられています。
当ブログでは、レザーに関心をもちはじめた若い世代のかたや女性ユーザーにお伝えすべく、わかりやすい解説とともに西日本の皮革産業の現状をご紹介しています。独自の視点・レポートが大好評です。
人気イベント「本日は革日和♪」。今後の予定、スケジュールなどは下記のリンク先をチェックしてください。

  「本日は革日和♪」

*   *   *

毎度です!「ちょっとアフターコロナの動きが見えてきているなぁ」と気配を感じているムラキです。

普段のお仕事は請負職人なので景気に左右される側面があります。で、ちょっとだけコロナ収束後の反動景気に備えた動きが始まっている気配がしてきましたね。

今回は

・兵庫県たつの市の浦上製作所でナルトビエイの革を見た

・NPO法人たつのレザーさんのZOOMセミナーを聞いたり、 東都製靴工業協同組合がセミナーをネット視聴して考えた

という2本です。

2102urakami10.jpg

2102urakami05.jpg

目次 [hide]

浦上製作所のナルトビエイ

前から気になっていたナルトビエイの革

で、実際に行ってみた

浦上製革所ってどんな革作っているか?

ここが大変だよ、ナルトビエイ

ここが面白いよ、ナルトビエイ

この革がほしい!と思ったら

コロナ禍だからこそ、動画でセミナーが見やすくなってきている

NPO法人たつのレザーのZOOMセミナーを聞いてみた

最近東都製靴工業協同組合がセミナー動画を公開している

動画の敷居がものすごく下がっている

浦上製作所のナルトビエイ

前から気になっていたナルトビエイの革

昨年秋のジャパンレザーアワードの応募作品一般公開で靴コーナーに展示されていたのが、このナルトビエイで作られた靴でした。見たときに「あ、これはアワードをこの革のお披露目会場として使っているな」と感心しました。

2102urakami19.jpg

応募作品 | Japan Leather Award 2020 | ジャパン レザー アワード 2020

応募作品の会社名が「たつの市商工会」という名義だったのも印象的でした。
(以前アワードのblogでも書きましたが、作品紹介のポストカードは 絶対作っておいたほうが将来的に繋がります。この応募者はそこら辺を理解して、アワードを割り切って宣伝の場として利用していましたね。良いことだと思います( ´∀`)bグッ!>村木るいさんの「人に話したくなる革の話」/「ジャパンレザーアワード2020」を解説してみる  | JLIA 日本皮革産業連合会

下記動画でも紹介しています。

で、今年1月にJLIAのHPでも告知が載っており、気になったので連絡。

世界初の皮革素材 !  Mitsu Eagray (ナルトビエイ革)

2102urakami16.jpg

で、実際に行ってみた

JLIAの皮革企業大図鑑で住所と電話番号調べて。。実際に電話して予約取り付け。2月の下旬、春間近な温かい日を選んで来訪しました。

2102urakami20.png

2102urakami09.jpg

2102urakami12.jpg

浦上製革所ってどんな革作っているか?

当社は、日本最大の牛革産地、兵庫県たつの市で半世紀にわたり成牛革を製造しております。

軽くソフトな鞣しを、基本とし、仕上げ加工は、主に染料によるアニリン仕上げです。

エコレザーである、植物性タンニン鞣しや、素材の魅力を引き出せる様にオイル、ワックス仕上げの研究、開発に日々取り組んでおります。

袋物 婦人靴 小物 家具 ライダースーツ 野球グローブ用 成牛革の製造 販売 加工植物性タンニン鞣し革(ヌメ革) クロム鞣し革

浦上製革所 | 皮革企業大図鑑 より


2102urakami15.jpg

2102urakami14.jpg

タンニン鞣し・クロム鞣しで鞄用革やグローブ用革などが多く、タンニン鞣しにしてもドラムタンニンでソフトな風合いが多めでした。

で、ナルトビエイ。

ここが大変だよ、ナルトビエイ


ーーーーーーー浦上製革所さん、そもそもなんでナルトビエイ始めたの?

浦上製革所さん「ナルトビエイって害獣なんですよ。たつの市は漁港があり、アサリや牡蠣が取れるんですが、このナルトビエイはそれら貝類をバリバリと食べちゃうんですよ。潮干狩りのためにアサリをばらまきますが、奴らは薄いので浅瀬までやってきます。場合によっては浅瀬に埋まっています」

ーーーーーーー浅瀬に埋まっているなんてやつらにしたら潮干狩りのアサリは上から降ってくる餌でしかないですやん(´・ω・`)

浦上製革所さん「そうなんですよね。で、害獣駆除の一環でナルトビエイを捕獲して、缶詰まではできたんですよ。たつの市商工会が『皮が取れるが、これをタンナーサイドで革に鞣せないか』という呼びかけがあったんですよ。そのときに手を上げました」

ーーーーーーー ん?でも、今までやってきたのはタンニン鞣しが多かったし、牛中心でしょ?魚であるエイって全然違う世界なのによく手を上げましたね。

浦上製革所さん「今まで通りのことをやっていても面白くないし、違うことをやっておかないと将来怖いじゃないですか!それに魚でノウハウ積めたら爬虫類などもできるようになるかな、と思ったんですよ」

ーーーーーーー爬虫類と魚、、、全然違うだろうなぁ(;・∀・)

浦上製革所さん「爬虫類は鞣したことないから明確に違いはわからないですが、牛とエイは全然違いましたね。まず熱に弱いですから気を使います。ドラムで回すときに摩擦により熱が発生します」

ーーーーーーーあぁ、魚介類は常時水温の世界にしか行きていないから、皮が40度以上になると収縮なりするでしょうねぇ。厄介だな。。

肉は水産加工会社がとるでしょうけど、エイでしょ?今まで皮を有効活用するためにきれいにとる、という経験値が溜まっていないだろうから、大変だろうになぁ。

浦上製革所さん「そうです。うちに来た時点で10kgの重さがある原皮がシェービング(皮の裏側の付着している不要な肉部分除去)で5kgになります」

ーーーーーーー半分を手作業でシェービング!? それはきっついなぁ

浦上製革所さん「わかってくれますか!小さいし、エイってなんか筋があるんですわ。それがあるから余計に剥がしにくい。この画面右下部分のモシャモシャ舌部分が筋ですね」

2102urakami13.jpg

ーーーーーーー あぁ、なるほど、エイヒレだから、居酒屋で食べるエイヒレ炙りと同じですね。端っこの部分の方が筋が硬いんでしょうな。下記動画はナルトビエイではないですが、基本的な構造は同じですね。このエイヒレ部分が硬いでしょうなぁ

浦上製革所さん「あと、背中と胴体部分で表情が微妙に異なりますね。こちらは実際に財布を仕立てたものです」

2102urakami08.jpg

2102urakami07.jpg

2102urakami06.jpg

ーーーーーーー製品になった状態で見てもわかりますが、エイヒレの炙りに似ていますねぇ。

浦上製革所さん「そうですね。大きなナルトビエイは50kg、大きさ150cmまで行くんですが、取り都合は悪いです。鞣すとどうしても大きさが小さくなりますから」

ーーーーーーー水産皮革は水分が多いので、なめしたときに収縮率も高そうですなぁ。だから財布や靴を仕立てる際にもパッチワーク的に使うしかないでしょうなぁ。

浦上製革所さん「試験所で検査しましたが、引張強度は牛の2倍ほどは有りました」

ーーーーーーーそれだけあるなら靴にも使えますねぇ。害獣駆除なので養殖できるわけじゃないから爆発的に需要高まっちゃうと大変なことになりますね(;・∀・)

浦上製革所さん「それだけ売れたら良いんですけどねぇ。どうしても手間暇考えると値段は高くなりますね。DS単価で考えると1000円~2000円の間になります」

ーーーーーーーん~、良いんちゃいます、それでも。仮にDS単価500円でも買わない人は絶対買わないし、欲しい人はいくらでも買う。そういう素材でしょ、これは。

ここが面白いよ、ナルトビエイ


革としてはシボはなく、厚み1.4mm弱。エイヒレの様に平行四辺形のモザイク状の繊維が連なっています。

タンニン鞣し、かつ、繊維が不均衡なためヘリ返しに向きません。
また、大きさが不均一なため1枚革として使うならばオーダーメイドなどの1点物の使い方がオススメです。量産品で使うならば、パッチワーク的な使い方を考えないと難しい素材です。大きさが30cm×20cm程度しか有りません。

「きれい」という革では有りませんが、海の荒々しさが感じられる面白い革だと思います。

「エイヒレの炙り食べたことある?あの革」と言われて見てみると確実に「あ、ほんとだ!」というのはわかります。

2102urakami03.jpg

2102urakami04.jpg

2102urakami10.jpg

ナルトビエイを素材として使いたいならば、ナルトビエイを取り巻く背景を知っておいたほうが良いと思いますので、下記サイトあたりオススメです。

漁師の敵?「ナルトビエイ」をおいしく食べたい :: デイリーポータルZ

2102urakami21.png

ナルトビエイ | WEB魚図鑑

2102urakami22.png


2102urakami18.jpg

有害魚「ナルトビエイ」を"エイっ"と加工 「御津の大根」も"ダイタン"に利用 兵庫・たつの市の新名産品 | ラジトピ ラジオ関西トピックス (jocr.jp)

「神戸新聞」(2月18日)

2102urakami01.jpg

この革がほしい!と思ったら


現状では浦上製革所さんに直接お問い合わせください。
ただ、背中とお腹、1枚1枚で表情が非常に異なる革ですので、気楽に通販で買える、という革では有りません。また、手間暇のかかっている革ですので決して安い革では有りません。

浦上製革所さんが「販売の手間かかりすぎている!」と思ったら懇意にしている革屋さんが販売すると思います。その際はこちらの情報も書き換えます。

浦上製革所 | 皮革企業大図鑑


2102urakami20.png


コロナ禍だからこそ、動画でセミナーが見やすくなってきている


NPO法人たつのレザーのZOOMセミナーを聞いてみた。


龍野レザー - TRADITIONAL龍野

たつのレザーさんは兵庫県たつの市にあるタンナーさんで作られたNPO法人です。

たつのレザーさん「ムラキさん、今度『皮革産地のブランディングについて考える』というセミナーをzoomで行うんですが聞かれます? 講師は西村祐子さんで、、」

ーーーーーーーーー西村祐子さん! タンナーに取材して「革を作る人々」という本書いた人やん。それは面白そうだなぁ

ということで、浦上製革所さんの取材のあとに姫路駅近辺でZOOM受講。

2102seminer01.jpg

2102seminer02.jpg

2102seminer03.jpg

こちらの内容、大学の先生らしく、途中受講生同士のミーティングなども行われます。

2月26日には後期が行われますが、22日のセミナーを受講した人じゃないとちょときついです。

3月2日、3月9日のセミナーはたつのレザー以外の人も受講可能ですので、興味ある方は下記からどうぞ

セミナー申込 - TATSUNO LEATHER


最近東都製靴工業協同組合がセミナー動画を公開している



東都製靴工業協同組合さんが最近行っているセミナーをYouTubeにて外部に公開しています。

Tokyo ShoeMakers - YouTube

「withコロナ時代」を生き抜く企画のヒントとトレンド分析、や、「売れているモノのかたち」など面白い話題も多いので興味ある方はぜひ。

動画の敷居がものすごく下がっている


コロナによってステイホーム=家での滞在時間が増えたこと、や、接触回避により「動画を見る」「動画で発信する」という行為の敷居が急激に下がっているように感じます。

ちょっと前は「当社がやるならば、かっちょいいプロの動画を!」「金かけなきゃ!」という風潮だったのですが、「お金かけるよりもとにかく発信を」という方向にシフトしているように感じます。

年々個人が発信する動画の質は高くなっているように感じます。撮影機材にせよ、技術にせよ、動画編集にせよ、です。その一方で視聴者の「プロ並みの動画じゃないと見れないよ」という層が「機材や編集がプロ並じゃないけど、内容が興味そそられるものならば見よう」というように「視聴者が動画に求めるレベル」も下がっているように感じます。(客観的なデータとしては世界的な視聴時間の変化、とか、YouTubeサーバーの負荷などがあげられますが、そのデータから「視聴者が動画に求めるレベルが下がっている」という結論はちょと導きづらいですけどね)


コロナにより「以前と同じ世界」は失われているように思えます。
いろいろな人が「今の自分達にできること」を模索して、Try&Error&ReTryしているのは見ていてワクワクしますねぇ。つくづく面白い時代です。


カテゴリー: 国内革事情

13日深夜に発生した令和3年東北福島県沖地震により、被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。心穏やかにお過ごしいただけるよう願うばかりです。
また、新型コロナウイルスが特例承認され、医療従事者を中心とした接種が開始となるとの報道もありました。
「経済を止めない」「ジャパンレザーのものづくりを止めない」そんな思いを込め、皮革産業も活動を続けております。
今回は2月から3月にかけてのキャンペーン、オンラインイベントに加え、リアルイベントなどの開催状況をまとめました。参考にしていただけますように。

エキゾチックレザー×人気ユーチューバースペシャル動画 最新回公開
お財布のパターンオーダー体験してみた.jpgのサムネイル画像
人気ユーチューバーとしてお馴染みの靴磨き芸人・奥野奏さんがエキゾチックレザーを徹底取材。スペシャル動画の最新回が完成し公開となりました。
今回は、「クロコ財布製造現場に潜入!革の裁断から縫製まで!」と題して奥野さんがクロコダイル財布のパターンオーダーをわかりやすく紹介してくださいました。
「普段みなさんが使っているクロコダイルのお財布ってどうやって作られているのか知っていますか? 普段何気なく使っているワニ革製のお財布ですが、その作られている工程を目にすることはなかなかないと思います。
今回はクロコのお財布のパターンオーダーの体験をさせて頂き、お財布の作られる工程を覗いてみたいと思います!」と奥野さん。ぜひ、ご覧ください。

「wisteria fujiwara」オーダーイベント開催
人気シューズブランド「wisteria fujiwara(ウィステリアフジワラ)」のオーダーイベントが、2月17日(水)から大阪タカシマヤ 2F 婦人靴売り場で開催決定! 新作パンプスなど、4デザインがそろいます。オンリーワン&ベストフィットの一足と出会ってください。

「ひょうごレザー」×ビームス コラボ始動 東京&神戸でイベント開催
ひょうごレザー ロゴ.png
兵庫県皮革産業協同組合連合会のプロジェクト「ひょうごレザー」をビームスがプロデュースすることが発表されました。
「ひょうごレザー」のブランドロゴを新たに開発するとともにプロモーション動画を制作。さらにはポップアップショップ「HYOGO is LEATHER!」を、2月16日(火)から2月28日(日)までビームス ジャパン(新宿)で開催します。
革のれんを配した<ひょうごレザー>の世界観を体感できる空間演出、<BEAMS GOLF>が開発した限定オリジナルアイテム8種の受注販売など、<ひょうごレザー>の新たな幕開けとなるこのポップアップショップは、3月以降、「ビームス & ウィンズ 有楽町」「ビームス ゴルフ 神戸」にも巡回するそうです。

仙台三越「いろイロ色な雑貨」日程変更し開催
清川商店さんトップ画像.jpg
さまざまなアイテムがそろうイベント「いろイロ色な雑貨」が宮城・仙台 仙台三越 定禅寺通り館 1F 光の広場で行われています。当初、2月15日(月)からの予定でしたが、2月13日(土)の地震の影響により、会期が変更。2月17日(水)~2月23日(火・祝)となりました。
「毎日の暮らしに、彩り広がるアイテムが大集合。個性豊かなウェア、雑貨などご用意してお待ちしております」(仙台三越 公式サイトより)。

革製品では、イースト東京を拠点とする老舗メーカー 清川商店が参加予定です。アフターバレンタイン、ホワイトデーや卒業・就職・昇進などのギフトにぴったり。ソーシャルディスタンスを保ちながら、店頭展開、対応が行われます。

「日本革市」広島で初開催!
img-main-r2-fukuya.jpg
国産天然皮革の魅力を発信する「日本革市」が2月18日(木)~23日(火・祝)、福屋広島駅前店 6F マルチの広場で行われます。
出展社は8社。日本各地の腕利きファクトリーが参加。広島初開催を盛り上げます。新型コロナウイルス感染症対策を徹底。ご安心いただける環境です。

「革きゅん」特別展示(東京・代官山)
2020年、リニューアルし話題のサイト「革きゅん」の特別展示が2月22日(月)より、代官山T-SITE 蔦屋書店内「ファッション写真」エリアにて実施されます。
「革きゅんのSTORYに出演する篠原ともえさんが手がけた革の作品およびビジュアルを展示するとともに、各日先着50名様に"革製スマートフォン拭き"をプレゼントします。概要を参照のうえ、ぜひご来場ください」(「革きゅん」公式SNSアカウントより)。
展示会(「SHIKAKU」展 -シカクい生地と絵から生まれた服たち-)、 ロングヒット中の書籍「ザ・ワンピース」をはじめとした洋裁シリーズ(文化出版局)など、ファッションに対し誠実に向き合う真摯なクリエイティブに信頼が寄せられる篠原さん。今回の作品、ビジュアルにも注目ですね。

「サイフの日」プレゼントキャンペーン実施スタート
mv_02.jpg
春の恒例企画、「サイフの日(3月12日)」プレゼントキャンペーンが2月15日(月)からスタート。一般社団法人日本ハンドバッグ協会の公式サイト内にスペシャルページが開設されました。
賞品が旅行券から商品券に変更されるなど、時代にフィットした内容へアップデート。サイト内のアンケートに答え、応募フォームに入力するだけでエントリーができます。期間は3月18日(木)まで。

姫路の恒例イベント「皮革フェア」 今年度の予定を発表
レザーの聖地、姫路の恒例イベント「皮革フェア」のお知らせが、御着四郷皮革協同組合、および、「leather cafe」公式SNSアカウントで投稿されました。
「昨年中止になったイベントですが、今年は開催されるようです。御着四郷皮革協同組合(Leather cafe)は上鈴総合センター、駐車場にて革素材の販売を致します。開催時間は短いですが...ググッと凝縮して、お買い物をお楽しみ下さい。お待ちしております」(「leather cafe」公式SNSアカウントより)。どうぞご期待ください。

カテゴリー: 国内革事情

東京をはじめ、関東地方以南の各地でスギ花粉の飛散が本格化し、春のきざしを感じるなか、引き続き、非接触・非対面への対応を徹底し、皮革産業でも新様式での活動が促進されています。
そんな2月中旬の最新トピックをまとめました。お役立ていただけますように。

WEB展示会「YKK FASTENING CREATION for 2021」
ykk-fastening-creation-for-2021.jpg
世界的ファスニングメーカー YKK のWEB展示会「YKK FASTENING CREATION for 2021」の開催について、鞄・バッグの専門誌が発信する情報サイト「Bagazine bit」で掲載されました。
「YKK FASTENING CREATION for 2021」ではファスナー、バックル、面ファスナーなどの新商品を中心としたファスニング商品26点をオンラインで紹介。
サステナブル、アパレル、バッグ、産業資材の4カテゴリーに分け、商品紹介動画を配信。
オープニングムービーでは、過去に開催された実展示会の「YKK FASTENING CREATION」や、日本最大級の学生対象ファッションコンテスト「YKK ファスニングアワード」の映像をまとめて紹介。また、各ブースでは約30秒から1分30秒の短い時間で構成した商品紹介動画とWEBコンテンツ(商品画像、特徴、仕様など)により、商品をわかりやすく説明しています。
開催期間中(1月22日~4月30日)は何度でも見ることができるのがうれしいですね。

「サイフの日」キャンペーン 開催発表
mv_01.jpg
春の恒例企画「サイフの日」(3月12日)キャンペーンの実施が、一般社団法人日本ハンドバッグ協会の公式サイトで発表されました。スタートは2月15日から。どうぞお楽しみに。

エキゾチックレザー関連企業 新作レザー紹介記事公開

日本製エキゾチックレザー製品のトピックを発信するSNSアカウント「Exotic leather News CLIP by JLIA」で、新シリーズ「2021年春の旬カラーの注目アイテム」がスタートしました。

カラートレンド予測として幅広いジャンルで指標とされる「パントン・カラー・オブ 2021」が発表されました。今年のカラートレンドは、自然に基づいたもの、明るさのなかにも落ち着いた印象の色が多数選出。新しい年に希望や明るさ、リフレッシュの感覚を求める人々のニーズに寄り添っているそう。
この春は、淡くやさしいトーンの「セルーリアン」と、鮮やかな「フレンチブルー」に注目だそうですよ。
さらには日本流行色協会(JAFCA)では、「フレッシュブルー」として2021年、白を組み合わせるアソートカラーに選出されました。
そんな「ブルー」のエキゾチックレザー製品を人気ブランドから厳選してご紹介します。
枡儀様折財布.jpg
「Second Effort(セカンドエフォート)」
(クロコダイル二つ折り財布/スモールクロコダイル パール仕上げ/ブルーパール このほか、グレイグリーン、ブラック、グリーン、グレー、ブルーを展開)

タイコウ様 パイソンブルー.jpg
「LEATHER JEWELS(レザージュエルズ)」
(パイソンフリンジトートバッグ/パイソン マット仕上げ/ブルー このほかレッド、ブラウンを展開)

セイジョ様 NO.1.jpg
「東京クロコダイル」
(ナイルクロコダイル ラウンド長財布藍染「蒼 あおい」/ナイルクロコダイル 藍染/蒼)
 
セイジョ様 NO.2.jpg
「東京クロコダイル」
(ナイルクロコダイル L字ファスナーミニ財布藍染/ナイルクロコダイル 藍染/蒼)

人気ユーチューバーとしてお馴染みの靴磨き芸人・奥野奏さんとのコラボレーション企画が大好評! エキゾチックレザーを徹底取材するスペシャル動画が公開されています。今週末、新作動画公開予定です。どうぞ、お楽しみに。くわしくはこちらから。
「Exotic leather News CLIP by JLIA」
フェイスブック 
ツイッター 

「イツモノクラシニ革ヒトツ」(兵庫・加西)

「純米蔵 富久錦」のフラッグシップショップ「ふく蔵」(兵庫・加西)ギャラリーで、展示イベント「イツモノクラシニ革ヒトツ」が2月2日から行われています。
兵庫・姫路の地場産業である皮革産業のプロジェクト「姫革」の魅力を発信する「leather cafe」をはじめ、宍粟のニホンジカを利活用した「洋飾店sagua」など、レザークラフトを手がける作家・プロジェクト4組が参加。
「お気に入りを末長く愛用したい思いを手仕事で形に」をテーマに、多彩な作品を発表しています。会期は2月14日まで。最新情報は「leather cafe」公式SNSアカウントをご覧ください。

サンプル師が教えるバッグ教室 ライブ配信
147407503_3650783338352111_8919865137029055961_o.jpg
「サンプル師が教えるバッグ教室」によるライブ配信」が好評です。次回のLINEライヴ講習は2月28日配信「ハルハラ職業用ミシン講習」。
職業用ミシンのテクニックやメンテナンスなどをわかりやすくレクチャー。テキスト・見直し動画付きなので何度でも復習できるのがうれしい。あたたかいお部屋でレッスンを楽しめそう。受付締切は2月16日です。

「栃木レザーアンテナショップ 1周年記念感謝フェア」

お馴染みの「栃木レザー」がアンテナショップを昨年オープン。2月22日で1周年を迎えます。
そんなバースデーを記念したフェアの開催が発表されました。2月20日~28日の9日間にお買い上げのかたに、特製ノベルティをプレゼント。どうぞお見逃しなく。

仙台三越「いろイロ色な雑貨」
清川商店さんトップ画像.jpg
さまざまなアイテムがそろうイベント「いろイロ色な雑貨」が、2月15日から宮城・仙台 仙台三越 定禅寺通り館 1F 光の広場で行われます。
イースト東京を拠点とする老舗メーカー 清川商店をはじめ、実力派ファクトリーが参加予定です。アフターバレンタイン、ホワイトデーや卒業・就職・昇進などのギフトにぴったり。ソーシャルディスタンスを保ちながら、店頭展開、対応が行われます。

プロフィール

鈴木清之

鈴木清之(SUZUKI, Kiyoyuki)
オンラインライター

東京・下町エリアに生まれ、靴・バッグのファクトリーに囲まれて育つ。文化服装学院ファッション情報科卒業。文化出版局で編集スタッフとして活動後、PR業務開始。日本国内のファクトリーブランドを中心にコミュニケーションを担当。現在、雑誌『装苑』のファッションポータルサイトにおいて、ファッション・インテリア・雑貨などライフスタイル全般をテーマとしたブログを毎日更新中。このほか、発起人となり立ち上げた「デコクロ(デコレーション ユニクロ)部」は、SNSのコミュニティが1,000名を突破。また、書籍『東京おつかいもの手帖』、『フィガロジャポン』“おもたせ”企画への参加など、“おつかいもの愛好家”・”パーソナルギフトプランナー”としても活動中。

最近のブログ記事

カテゴリー

月間アーカイブ

rss
facebook witter

このページの一番上へ