欧米ブランドに「負けていないぞ!」

カテゴリー: ジャパンレザー トピック&イベント まとめ

1都12県にまん延防止等重点措置を適用する方針が発表されましたが、皮革業界では感染対策を万全にし、経済を止めることなく活動しております。
今回もさまざまなトピック、イベントをまとめました。参考にしていただけますように。


「PINK RIBBON LEATHER PROJECT」
丸喜様01.jpg
レザートレンドを牽引する皮革卸「丸喜」が新プロジェクト「PINK RIBBON LEATHER PROJECT」を始動。乳がん・がんと向き合う人やその家族・友人を「皮革を扱う仕事」を通して、病気に打ち勝ち笑顔を増やす応援をするチャリティープロジェクトです。
丸喜様02.jpg
本社(東京・奥浅草)ショールームには、「LEATHER ART THERAPY」企画第一弾から「がん細胞」や「乳房」をイメージした試作レザーを展示。当事者のかたのイメージやアイディアをベースに、プロジェクトチームと賛同するつくり手たちが連携し、アート性の高い手染め革を仕上げました。
丸喜様03.jpg
テーマを知らずに見た人は、かわいらしくて華やかな印象を感じることが多いそう。病気に打ち勝つポジティブな想い、メッセージが、レザーを媒介として伝わっていくのがうれしい。「乳がん・がんに関わるかたの心の癒しとなりますように、活動してまいります」と語る藤田晃成社長をはじめ、スタッフ一丸となってプロジェクトを推進。今度の動向が楽しみですね。


令和4年度 税制改正案「中小企業向け賃上げ促進税制」

令和4年度 税制改正案「中小企業向け賃上げ促進税制」(中小企業関連)についてのアナウンスが一般社団法人 日本皮革産業連合会ホームページのニュースリリースで紹介されました。
中小企業向け「賃上げ促進税制」は、青色申告書を提出している中小企業者等が、一定の要件を満たした上で、前年度より給与等の支給額を増加させた場合、その増加額の一部を法人税(個人事業主は所得税)から税額控除できる制度です(中小企業庁ホームページより)。くわしくは下記リンク先をご覧ください。


「FOZA STYLE」にエキゾチックレザー製品掲載
坂本様 IMG_3155.JPG
ウェブメディア「FOZA STYLE」12月22日更新分、【オトコを磨く100の方法】「ビジネス仕様の財布はやっぱり貫禄の薄マチエキゾチック! 」に、エキゾチックレザー製品「S.sakamoto(エス・サカモト)」の財布が紹介されました。
坂本様 IMG_3167.JPG
上質なクロコダイル革を使用し、薄さを追求したマチなし長財布。シンプルな仕様でクロコの魅力を最大限に引き出した存在感は圧倒的! 紙幣と必要なカードだけ収めるスマートなスタイルに最適です。ジャケットの内ポケットにも収納しやすく、シャープなシルエットを乱すことなく、洗練された着姿へと導きます。くわしくは下記リンク先をご覧ください。


「wisteriafujiwara」マイサイズオーダーメイドフェア 

人気シューズブランド「wisteriafujiwara(ウィステリアフジワラ)」マイサイズオーダーメイドフェアが、1月26日(水)から東京・日本橋 日本橋髙島屋SC 本館3F シューワールドで開催されます。おしゃれは足もとから。わたしだけの一足に出会うミラクルを体感してください。


「タイム&エフォート」革鞄・ハンドバッグ特集 更新
news_220115.jpg
2021年度の年間テーマ、革鞄・ハンドバッグ特集、テーマ2「業界の有識者&博物館担当者に聞く 日本の鞄・バッグの 現在過去未来」最新回、 「リアルな現場と直結した、プロの革バッグ職人を育成する学校<バッグクラフトマスタースクール> -前編-」を公開しました。ぜひ、ご覧ください。


草加商工会議所 ポップアップイベント

埼玉県草加市 草加マルイ1F 草加マルシェにて、「&プロジェクト」ポップアップイベントが行われています。
「&プロジェクト」は、草加市内の障害福祉サービス事業所が連携して就労支援向上を目指すプロジェクトチーム。草加商工会議所の呼びかけで「買い手よし・売り手よし・世の中よし」の三方よしの草加の"いいもの"を日替わりで紹介しています。
草加商工会議所公式フェイスブックアカウントで投稿された画像によると、皮革産地・草加を代表するアイテムの展示もされているようです。会期は1月23日(日)まで。


「TOKYO LEATHER GOODS FACTORY COLLECTION」
tlgfc220102.jpg
東日本バッグ工業組合 組合員有志メーカーによるプロジェクト「TLGFC/TOKYO LEATHER GOODS FACTORY COLLECTION」ポップアップイベントが1月24日(月)~2月9日(水)、東急プラザ銀座 B2エントランススペースで開催されます。バッグをはじめ、財布、小物など幅広く展開予定。前期・後期に分かれて出展ブランドも入れ替わりがあります。くわしくは下記リンク先をご覧ください。


「東東京モノヅクリ商店街」ポップアップイベント

話題のプロジェクト「東東京モノヅクリ商店街」のポップアップイベントが、1月28日(金)から東京スカイツリータウン 東京ソラマチ内 すみだまち処で行われます。
墨田、台東、荒川、葛飾、足立など、東東京の町工場による"架空の商店街"「東東京モノヅクリ商店街」。下町のオンリーワン商品を厳選して紹介。今回は皮革産業から大関鞄工房、駒屋、二宮五郎商店が参加するそうです。近隣にお出かけの際は立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

カテゴリー: ジャパンレザー トピック&イベント まとめ

新型コロナウイルス オミクロン株の影響がじわりと広がりつつありますが、皮革業界では感染対策を万全にし、経済を止めることなく活動しております。
業界内での恒例スケジュールをはじめ、イベント、トピックをまとめました。参考にしていただけますように。


「ジャパンレザーアワード2021」受賞作品一般公開 無事終了
受賞作品一般公開01.jpg
国内最大の革製品コンテスト「ジャパンレザーアワード2021」受賞作品一般公開が、1月8日(土)まで開催されました。
プロダクトとファッション、両分野の第一線で活躍するクリエイター、ビジネスパーソンが厳正に審査し選出された受賞作品10作品の展示、受賞者のインフォメーションをご紹介。実際に触ったり、座ったり、試したりできる貴重な機会でした。
会場となった「b8ta(ベータ)新宿マルイ」(新宿マルイ本館)は東京メトロ丸の内線・副都心線 新宿三丁目駅 A1口から直結で便利。東京23区内では4年ぶりの積雪となりましたが、安心してお客さまをお迎えできました。写真は最終日に撮影したものです。
受賞作品一般公開0108.jpg
新宿三丁目駅の真上にあり、東京メトロ副都心線と相互乗り入れを実施している東急東横線・みなとみらい線・東武東上線・西武池袋線沿線をはじめ、広域エリアとつながり、アクセス抜群の場所にも恵まれました。
また、受賞者のインタビューページやプロモーション動画などの取り組みは、レザーファン、クリエイター、受賞者など、多くの関係者に好評でした。
ご来場くださった皆さま、ほんとうにありがとうございました。来年度もどうぞお楽しみに!


22年23年秋冬レザーコレクション個展 開催中
皮革卸などの企業が2022年23年秋冬レザーコレクション個展を本日1月12日(水)から行います。バッグの専門誌「バガジン」(11月15日号)によると、「吉比産業」「丸喜」「ブティックヤマダ」「相川商事」が1月12日(水)~14日(金)の日程を予定しているようです。
タテマツ様01.jpg
浅草で100年以上の歴史を誇る皮革卸売販売の「タテマツ」では、2021年12月からスタートし、1月末まで開催。
タテマツ様03.jpg
リベンジ消費に向けニーズが高まる、華やぎ・煌めきを表現したレザーをはじめ、多彩なラインナップで最新トレンドを発信。
タテマツ様05.jpg
個人事業者の対応も可能となり、クリエイターから支持が寄せられています。


「タイム&エフォート」革鞄・ハンドバッグ特集 更新
富田興業様ブース02.jpg
日本の革と革のものづくりの魅力を発信する「タイム&エフォート」の2021年度年間テーマ「革鞄・ハンドバッグ特集」の新コンテンツとして、「Z世代のものづくりと革鞄・バッグに対する意識の変化(1) 現役大学生に聞く、革鞄・バッグ、私たちのいままでとこれから」が公開されました。
富田興業様ブース05.jpg
スマートフォンとSNSをネイティブ感覚で使いこなし、それらを起点に生まれるトレンドを発信し拡散するZ世代が考える革鞄、レザーバッグとは何か? 彼らが育んだファッションの歴史、感覚を探るべく、国際ファッション専門職大学 国際ファッション学部 平井秀樹先生と、平井ゼミの学生の皆さまにヒアリングのご協力をいただきました。
富田興業様ブース04.jpg
ファッションビジネスのプロを育てる国際ファッション専門職大学は、2021年、革のプロフェッショナルが集う富田興業株式会社が産学連携プロジェクトとして「LEZZA RESILIENCE PROJECT」を始動。 皮革産業における資源ロスの問題を解決することを目的とし、ビジネスモデルをデザインするという実践的な取り組みです。
富田興業様ブース03.jpg
第一弾として、D級レザーをテーマに展開。 キズなどがあり、グレードの評価が低いため、製品づくりに使用することが難しいとされてきたデットストックの有効活用を目指します。 こちらも併せてご注目ください。


「ファッション・マーケティング講座」
台東区立産業研修センター(東京・奥浅草)が恒例企画「ファッション・マーケティング講座」を1月26日(水)に行います。
トレンドラボ2112ヒキ.jpg
「東京レザーフェア」の人気ブース「トレンドラボラトリー」のディレクションをご担当のジャルフィック 代表 池田正晴さんが登壇。 2022年23年秋冬トレンド・カラー&レザーを徹底レクチャーなさいます。 定員30名(先着順)、受講料1,000円。
台東区内在住・在勤・在学のかたが対象となっていますので、くわしくは下記リンク先をご覧ください。


第3回 皮革関連セミナー「紳士靴の基礎知識」
東京都立皮革技術センター 台東支所(東京・浅草)の恒例企画、令和3年度 第3回 皮革関連セミナーを1月28日(金)に予定しています。 東京都の方針に基づき、新型コロナウィルス感染症拡大防止対策に十分に配慮し行われます。
今回は「紳士靴の基礎知識」をテーマとし、株式会社リーガルコーポレーション 製造部部長 石原邦生さんが登壇します。
紳士靴について、グッドイヤー・ウェルト製法等を始めとした基礎的な知識にとどまらず、靴底の素材やつくりなどについて、紳士靴の魅力について解説なさいます。 くわしくは下記リンク先をご覧ください。

カテゴリー: ジャパンレザー トピック&イベント まとめ

あけましておめでとうございます。本年も進化し続けるジャパンレザーのトピックをお知らせしてまいります。引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。
今回もさまざまなトピック、イベントをまとめました。参考にしていただけますように。


「ジャパンレザーアワード2021」受賞作品一般公開
新宿02.jpg
国内最大規模の革製品コンテスト「ジャパンレザーアワード2021」の受賞作品一般公開が、「b8ta(ベータ)新宿マルイ」の特設ブースで2022年も継続して開催中。
新宿03.jpg
会期はいよいよ1月8日(土)までとなりました。
新宿01.jpg
いままでにない新しいジャパンレザーと出会えます。どうぞお見逃しなく。


「レザーソムリエ」皮革講座 Professional(中級)再始動を発表

皮革および革製品の正しい知識をもとに、レザーライフを楽しんでもらうための資格制度「レザーソムリエ」。一般社団法人日本皮革産業連合会と日本革類卸売事業協同組合が主催しています。
2022年は「皮革講座 Professional(中級)」の再始動を発表。東京と大阪の2か所で開催予定です。3月12日(土) 大阪会場、4月20日(水) 東京会場で開催され、6月にはもう一度、大阪会場での開催を準備しているそうです。くわしくは下記リンク先、「レザーソムリエ」公式サイトをご覧ください。


日本タンナーズ協会 公式YouTube最新動画公開
タンナーズ協会チャンネル動画02.jpg
日本タンナーズ協会が開設した公式YouTubeチャンネルが最新投稿を公開。"革だからこそできる"リメイクを靴職人の技でショートブーツに生まれ変わらせました。
「革は畜産副産物を有効活用したエコでサステナブルな素材です。」レザーファンはもちろん、多くのエンドユーザーに届けたいとのメッセージが込められています。ぜひ、ご覧ください。


「LEON」&「LEON.jp」にエキゾチックレザー製品が掲載されました
レオン202202.jpg
12月24日発売の「LEON」2022年2月号(162ページ)に、エキゾチックレザー製品が掲載されました。
今回は、ナイルクロコダイルを使用したアイテム2点(株式会社ヤマギワ/ナイルブリーフケースと大判ナイルソフトトートバッグ)が登場しました。自社で原皮の買い付けから染色、製品製作まで一貫してものづくりにこだわった逸品です。ナチュラルな風合い・色合いを生かし、クロコダイルの魅力を最大限に引き出しています。ぜひ、誌面をご覧ください。

ファッション誌「LEON」のWEB版「LEON.jp」1月2日更新分、 「モテる大人のバッグと財布」特集<リッチな大人のエキゾチックなバッグと財布>にてエキゾチックレザー製品、「YAMAMOTO SEIHO」のトートバッグが紹介されました。

製品情報につきまして、くわしくはこちらをご参照ください。


防寒アイテム 革手袋を知る、おすすめコンテンツ
革手袋コンテンツまとめ.png
「タイム&エフォート」note公式アカウントの最新投稿で、革手袋に関するまとめ記事が公開されました。
防寒対策の革製品について。東京都心では45年ぶりの寒さといわれるこの冬、ほしいのが、手袋ですよね。「冬本番に向けて、手袋を探したい」そんなときに参考にしていただきたいコンテンツを、「タイム&エフォート」公式サイトColumn<革の基礎知識>からご紹介。
国内生産シェアの90%を占める日本の手袋産地、香川県東かがわ市。日本手袋工業組合、地域ブランド「香川手袋」関連のアカウントなども加えています。ぜひ、お役立てください。


エスペランサ靴学院 第48期生(2022年4月開講)募集開始

2021年度(第47期)から大阪へ拠点を移したエスペランサ靴学院が、第48期生(2022年4月開講)の生徒募集開始を発表しました。
エスペランサ靴学院では、靴文化の創造・発信、新たな靴ビジネスの拠点になることを目指しています。靴づくりはもちろん、商品企画やデザイン、マーケティング、ブランディング、販路開拓、開業、経営、金融など、事業や仕事に直結する内容を幅広く学びます。くわしくは下記リンク先をご覧ください。


「姫路 革の市」 2022年第一弾

毎月恒例の「姫路 革の市」。 2022年第一弾となる、1月の開催について公式ウェブサイトで発表。1月9日(日)に行われます。
国内有数の皮革産地・姫路のなかでもタンナー(皮革製造工場)が多く集積する高木地区を拠点とした直売市。「姫路で生み出された高品質な皮革を知っていただき、日本のものづくり文化の発展に寄与したい」との想いが込められ、地場産業である皮革を用いた革製品(鞄/靴/小物)を出品。天然皮革素材、副資材が豊富にそろい、DIY派ユーザーに人気を集めています。

カテゴリー: 村木るいさんの「人に話したくなる革の話」

月1回のスペシャルコンテンツ、村木るいさんの「人に話したくなる革の話」。今回は、皮革産地として知られる姫路の新しいレザー×コミュニケーションスポットで行われたファッションショーのレポートと、「買い物は投票」という言葉の重さ、について。

新しい生活様式へとシフトする新しい時代に向けて、ものづくり産地、姫路の新しい取り組みを探ります。2021年の最終更新です。ぜひ、ご覧ください。

*   *   *

通常、皮革産業のさまざまなトピック、イベントのレポートなどをお届けしておりますが、人気イベント「本日は革日和♪」を主宰する村木るいさんが月1回スペシャルコンテンツをお届けしています。イベント、セミナーなど精力的に活動する村木さん。皮革に関する確かな見識を有し、幅広い情報発信に支持が寄せられています。

当ブログでは、レザーに関心をもちはじめた若い世代のかたや女性ユーザーにお伝えすべく、わかりやすい解説とともに西日本の皮革産業の現状をご紹介しています。独自の視点・レポートが大好評です。

人気イベント「本日は革日和♪」。今後の予定、スケジュールなどは下記のリンク先をチェックしてください。

  「本日は革日和♪」

*   *   *

毎度です!

「これ書いている時点でコロナオミクロン株が日本で151人突破したなぁ」ムラキです。

10月に緊急事態宣言が解除されてからイベントが連続で開催され、ぐったりです。さて、来年はどうなることやら・・・。

イベント連発祭りが終わった矢先に、先日行われた姫路ペレテリアのレザーファッションショーを見てきました。

今回のblogでは、

・ペレテリアレザーファッションショー「レザーワールド」紹介
・タンナーをファッションショーで紹介する、という意味
・買い物は投票だ、という言葉の時代

というような流れで書いていきます。

2112jlia019.jpg


目次 [hide]

兵庫県姫路市高木にあるペレテリアという場所
高木地区にはタンナーさんが集積している
レザーワールド2021 by PELLETTERIA、というファッションショー
事前の様子
当日の様子
今からでも見られる「レザーワールド2021」
ユニタスファーイーストがこのイベントをやった、という意味合い
タンナーをファッションショーで紹介する、という意味
表に出てこないタンナー業が出てこざるえなくなってきているのかな、と。
買い物は投票、という言葉の祝福と呪い
2021年もありがとうございました&来年の予定


兵庫県姫路市高木にあるペレテリアという場所

高木地区にはタンナーさんが集積している

兵庫県の姫路市たつの市には日本全国のタンナーの7~8割が集まっています。その数は日本皮革産業連合会に登録されている数として130くらいはあると思います。

そのタンナー集積地のひとつである姫路市の高木地区でペレテリアは今年オープンしました。

姫高皮革事業協同組合

ペレテリア(Pelletteria)

村木るいさんの「人に話したくなる革の話」/革の新施設 ペレテリアを見てきた話&姫路の革イベントを紹介| JLIA 日本皮革産業連合会

過去に紹介blog書いていますので、またご覧ください。通常はカフェ、レザークラフト作業スペース、ギャラリースペースを運営している施設です。
2112jlia001.JPG


レザーワールド2021 by PELLETTERIA、というファッションショー

ペレテリアでファッションショーが開催されました。
2112jlia016.jpg


ペレテリアでファッションショー? ユニタスファーイーストさんが経営されているから、「革の手入れ剤をより知ってもらうためにやるのかな」と思ったのですが、180度違いました。


事前の様子

インスタグラムを見てみると、ファッションショー「レザーワールド2021」に参加するタンナーさんの紹介動画が作られていました。


2112jlia024.png
えっ、1社1社の紹介動画を作ったのか!
これってファッションショーというのにタンナーさんがほんとに主役なんだな!


当日の様子

12月19日の日曜日、2回公演で開催されました。行ってみると満席状態で立ち見もあるという状況。
2112jlia018.jpg

オープニングは自社で作ったタンナー紹介動画が流れました。

2112jlia004.jpg
タンナーさんを知ってもらう、というファッションショーというだけあり、実際に12社のタンナーさん社長に自社の革の紹介をしてもらっていました。「えっ、ほんとに全員社長が来ているやん! すごいな」と唖然としました。
2112jlia021.jpg
ファッションショーでは、神戸ファッションデザイン専門学校さんや姫路県立工業高等学校による姫路レザー使用の衣料も紹介されていました。

姫路県立工業高等学校さんは2019年のジャパンレザーアワード学生部門最優秀賞を受賞され、その作品も展示されていました。

2112jlia014.jpg


今からでも見られる「レザーワールド2021」

ファッションショーは盛況で無事に終了。インスタライブで生中継もされていました。

ユニタスファーイーストがこのイベントをやった、という意味合い

ペレテリアを作ったユニタスファーイーストは、東京レザーフェアにも参加している革のリペアの会社です。


このJLIAblogでペレテリアオープン時に社長にインタビューをしました。


下記の弁のまんまのイベントだな、と感心しました。ファッションショー内では自社のケア用品の宣伝とか一切ありませんでしたわ。

社長 「ペレテリアはイタリア語で革製品、という意味ですね。
この建物を作ったのは
革業界の交流の場として使っていただきたいからですね」

‐‐‐ 交流の場ってのは??

社長 「当社はご存知のように革の手入れ剤を販売しています。
この姫路の地で商売をしてきましたが、
姫路の地は革の生産地として知られていますが、
交流の場が存在しません。

この場合の交流の場は革の専門家であるタンナーさんだけではなく、
消費者や販売者、革の専門家、革製品のつくり手など、
いろいろな方々に交流してほしい。

当初は、まず姫路地域だけにしてもらっています」

 
タンナーをファッションショーで紹介する、という意味

このショーは、革の生産という意味では川上に位置するタンナーを打ち出したものでした。
2112jlia002.jpg
タンナーは、鞄職人や靴職人よりも人数が少なく、表に出てこない職種です。今回のファッションショーでは、よくまぁ、ここまで引っ張り出せたな、と驚きました。


表に出てこないタンナー業が出てこざるえなくなってきているのかな、と。

話変わりますが・・・
この高木のそばにヤマダストアー、というスーパーがあります。ちょっとお値段お高めなんですが、良い品を多く置いています。この10年で随分と増えたな、と思うのは生産者の顔が見えるようにした野菜が増えたものです。

このヤマダストアーでは積極的に生産者の顔が見えるようにしています。積極的に店内ポップで生産者の顔を本当に印刷して出しています。生産者の顔を見せたほうがメリットがでかい、とこのスーパーは判断しているってことですね。
上記の農家さんと同じようにタンナーさんの名前が消費者の間で高まれば、製品時のコピーのひとつにはなるわなぁ、とは思います。

前回紹介したニューレザーコンテストなんかもその一環といえるわけです。


革屋さんにせよタンナーさんにせよ、メーカーさんにせよ、職人さんにせよ、従来のやり方をより強く進めるのか、それとも新しいやり方を模索するのか。

維持をするにせよ、新しくするにせよ、大きな決断をしなきゃいけないんだろうなぁ、今の時代は・・・と思います。


「買い物は投票」という言葉の祝福と呪い

ペレテリアのファッションショーを見た帰りにヤマダストアーに立ち寄りました。だいたい姫路のタンナーさんに行った帰りはここで買い物しています。

前述しているようにこのヤマダストアー、良い品を良い値段で売っているスーパーです。いつも感心するのは良い品はこれだけ良いんだよ! と積極的にポップ書いて告知しているんですよね、この会社。

SNSやblog、YouTubeでバンバン!ではなくて、店内のポップやオリジナル製品のキャッチコピーなどがものすごく目を引きます。いつも買い物しながら勉強させてもらっていますわ。
2112jlia007.jpg

2112jlia025.jpg
今回購入したのは、「姫路市の喫茶店「ムッシュさん」監修の茹で時間が13分もかかるパスタ(喫茶店ナポリタン用)」というものです。

「なんちゅう商品名つけるんだ・・・」と思いつつも、手にとっている時点でもうヤマダストアーの戦略にハマっています。自社ブランドで商品開発も行っているのですが、このポップと商品コピーの連動がほんとによく考えられているな、と感心します。

このパスタの裏面を見ると・・・。
2112jlia010.jpg


買い物は投票です。

という文字が。説明として下記が書かれています。

「労働集約産業である地域の喫茶店は労働人口減少の影響を受けやすく、持続可能な経営の維持のために、私達は地域の喫茶店の味を積極的に販売し応援することで地域の食の多様性を守っていきたいと考えています」

あぁ、なるほどなぁ。何を買うか。どこで買うか、ってのは投票行為なんだな、と。

その店が残ってほしいか。その商品の生産元が残ってほしいか、という意思の表明。SNSに写真を載せるための買い物、じゃなくて、意思を表明するための投票としての買い物。

相変わらずすごいな、このスーパー、と感心しました。とんでもない祝福と呪いをお客に投げかけてくるなぁ。


2021年もありがとうございました&来年の予定

今年も無事に書き終わりました。書く場をいただきありがとうございました。締め切りがないと動かない。来年の予定は、とりあえず今決まっているのはこれくらいですが、多分増えます。

2022 2/17-19

カテゴリー: 国内革事情

激動の2021年もいよいよラストスパート。コロナ禍の反動によるリベンジ消費が期待され、クリスマス商戦が盛り上がっています。ものづくり産地では、さまざまなイベントを開催予定です。
そのほか、皮革産業の取り組みを加え、まとめました。参考にしていただけますように。


「日本革市」(新潟伊勢丹)

国産天然皮革の魅力を発信する人気イベント「日本革市」が、12月15日(水)から新潟県新潟市 新潟伊勢丹(6F 催物場)で行われます。
「パーリィー」「清川商店」「野村製作所」など10社が参加し、タンナーとクリエイターのコラボレーションによる特別な製品を展示発表予定です。


12月10日は「ベルトの日 / クイズに答えてベルトプレゼント」

日本服装ベルト工業連合会、大阪服装ベルト工業協同組合が12月10日は「ベルトの日」にあわせたPR活動を展開。現在、「クイズに答えてベルトプレゼント」企画を実施中です。 
簡単なクイズ&アンケートに答えると抽選で100名に上質なベルトをプレゼント。応募締め切りは、本日12月15日(水)まで。ぜひ、ご参加ください。


「したまち小粋マーケット」
小粋マーケット2021.12タテ.jpg
ものづくりが盛んな東京都台東区のプロジェクト、台東ファッションザッカフェアがポップアップイベント「したまち小粋マーケット」を12月16日(木)~19日(日)、JR上野駅 中央改札前のグランドコンコースで開催。当ブログでもお馴染みのファクトリー、「猪瀬」「清川商店」「ヴァープクリエイション」をはじめ、台東区と周辺エリアのつくり手たちが自信作を出品します。

また、台東区・荒川区・足立区・葛飾区の4区合同プロジェクト「東京TASK」が行う「ものづくりアワード」で、過去に大賞などを受賞したメーカーも出店。ライフスタイル雑貨を販売。7月開催時とは出展ブランドが一部変わりますので、新しい出会いにご期待ください。


そうか革職人会「そうかレザーフェスタ2021 WINTER」
そうかレザーフェスタ21w.png
皮革産地、埼玉県草加市の草加市文化会館内のアンテナショップ「ぱりっせ」で、12月19日(日)~25日(土)、年末特別セール「そうかレザーフェスタ2021 WINTER」が開催されます。
そうか革職人認定オリジナル製品のキャッシュバックや来店プレゼント企画(期間中各日先着150名)など盛りだくさん。


「TOKYO LEATHER GOODS  FACTORY COLLECTION」
工組さんイベント.jpg
東日本バッグ工業組合 組合員有志メーカーによるプロジェクト「TLGFC/TOKYO LEATHER GOODS FACTORY COLLECTION」ポップアップイベントが、12月26日(日)~29日(水)、池袋駅構内 南改札外イベントスペース(東武百貨店 B1F 6番地入り口前)で開催されます。
バッグをはじめ、財布、小物など幅広く展開予定。ひと足早く春財布を探したいひとにもおすすめです。


「姫路の日本酒大好きキャンペーン」

姫路酒販組合「姫路の日本酒大好きキャンペーン」の景品に姫革コースターが選ばれました。姫路のブランドレザー「姫革」のヌメ革に姫路城のイラストを焼印。色鮮やかなカラーバリエーションもあり高級感が漂います。準備数がなくなり次第終了となるそうですので、お早めに。


2022‐23年秋冬個展スタート 「富田興業」「タテマツ」
富田様展示会211202.jpg
2022‐23年秋冬シーズンの個展が皮革関連企業の一部で開催。「富田興業」は本日12月15日(水)~17日(金)、東京・奥浅草の本社ショールームで行います。
富田様展示会211201.jpg
今回のコレクションのテーマは「with leather」。さまざまなつくり手、ビジネスパーソンとともに「with」、食肉の副産物をアップサイクルした素材「leather」によってサステナブルな社会を目指していきたい、との願いが込められています。
富田様展示会211204.jpg
2020年度グッドデザイン賞を受賞し話題の「LEZZA BOTANICA(レッザボタニカ)」は、鞣しや染色に植物由来の副産物(ポマース)を再活用するサステナブルな革づくりが高く評価されています。
富田様展示会211203.jpg
このほか、サステナブルな製法のレザーを続々と発表。製品サンプルが多いので、イメージしやすいのも好評です。
富田様展示会211205.jpg
来場は予約制となっていますので、下記リンク先、お問い合わせフォームをご活用ください。

「タテマツ」では本日12月15日(水)から個展がスタート。
タテマツ様2112個展ご案内.jpg
靴づくりのプロフェッショナルたちが信頼を寄せる同社の新作コレクションでは、差別化を図るための最新トレンド、個性派レザーも充実の予定。こちらもご注目を。


「アトリエフォルマーレ バッグクラフトマスタースクール」2022年度4月期基礎コース生徒募集中
フォルマーレ外観.jpg
手縫いから始めるバッグ職人への道。バッグブランド「SAN HIDEAKI MIHARA」プロデュースのバッグ職人育成学校「アトリエフォルマーレ バッグクラフトマスタースクール」が、2022年度4月期基礎コース入学希望者を募集しています。
フォルマーレ教室.jpgのサムネイル画像
バッグづくりをはじめて約60年という大月先生(ハンドバッグ技術認定 皮革部門1級)をはじめ、同校卒業生などが講師となり、丁寧でわかりやすい実践的な授業が人気です。
大月先生bu2112.jpg
資料請求、無料見学説明会への参加、お問合せなど、くわしくは下記リンク先をご覧ください。

カテゴリー: 国内革事情

イルミネーションの煌めきとともにクリスマスムードが高まり、街に華やぎが戻りつつあるこの冬。ジャパンレザーの魅力を発信する、さまざまなプロジェクト、イベントなどが行われています。そんな取り組みをまとめました。参考にしていただけますように。


「ジャパンレザーアワード2021」受賞作品一般公開スタート
ベータ新宿1201.jpg
前回もお知らせしましたが、12月1日(水)から、国内最大のレザープロダクトコンペティション「ジャパンレザーアワード2021」受賞作品10作品が東京・新宿 「b8ta(ベータ)新宿マルイ」の特設ブースにて一般公開となりました。

東京メトロ丸の内線、副都心線 新宿三丁目駅直結、新宿通りを挟んで伊勢丹新宿店の向い、という最高のロケーション。

店内の特設ブースは通路などには面しておらず、奥まった位置となっていますので、じっくりと受賞作品や受賞者の映像を見たりすることができますよ。

体験型ストアとして人気の「b8ta」は、注目されているショールーミングスペースの先駆け的存在。人気テレビ番組「ガイアの夜明け」(テレビ東京系/毎週金曜21:00~)で紹介され、話題となりました。新宿にお出かけの際はぜひ、お立ち寄りください。


「JFW JAPAN CREATION 2022」
265255930_4468772269888148_8937109871014349267_n.jpg
マテリアルの総合見本市「JFW JAPAN CREATION 2022」が、12月7日(火)から東京・有楽町 東京国際フォーラムで開催中です。高感度、高品質、高機能など、高付加価値な日本製素材・製品が全国の産地から集結しました。 

265309244_4468771203221588_1533687098088696624_n.jpg

264901716_4468771346554907_7546125121218976710_n.jpg

皮革産業からは、東京都・東京皮革製品展示会実行委員会、東京都・東京製革産地振興協議会、姫路プレミアムレザー、和歌山県製革事業協同組合が出展しています。
264942412_4468770693221639_5094904496072080444_n.jpg

265061230_4468770583221650_2704622241131357_n.jpg

264843258_4438454496282622_6724022964975168485_n.jpg

「ジャパンレザーアワード2021」グランプリ受賞 宮城興業、歴代の特別賞受賞 野村製作所も出品。
265079601_4438454592949279_3108044456432799202_n.jpg

各社の自信作・意欲作を出品し、活発な商談が行われています。本日12月8日(水) 18:00まで。


「Leather Gift for Christmas」公開スタート
クリスマスギフト提案.jpeg
ジャパンレザー製品を厳選し、クリスマスギフトにぴったりの逸品をご紹介する「Leather Gift for Christmas」が、この冬も公開スタートしました。

個性豊かなレザーアイテムから高感度セレクトショップの別注カラーなど、レアなアイテムも充実。性別年齢問わず、レザー好きの皆さまのアンテナを刺激するラインナップとなっています。ギフトだけでなく、自分へのご褒美にもおすすめです。


「ギネス世界記録™に挑戦!」無事達成
ギネス記録達成1202.jpeg
日本皮革産業連合会 青年会が推進する新プロジェクト「ギネス世界記録™に挑戦!」が、12月2日、皆さまのご協力により、無事、ギネス世界記録™を達成することができました。

記録名は「1時間でFacebookに投稿された手書きメモを書く人のビデオの最多数」です。目標数250に対して253投稿でした。日本皮革産業連合会 青年会幹事会のメンバー一同、ご協力いただきました皆さまに深く御礼申し上げます。

微力ではございますが、今回、世界中から集まった革への想いが国内外に広がり、日本の革と革製品のPRになることを祈っております。このたび、ご協力いただき、誠にありがとうございました。

そのほか、くわしくは下記リンク先(日本皮革産業連合会 公式フェイスブックアカウント)12月3日投稿分ををご覧ください。


12月10日は「ベルトの日」PRプロジェクト 実施中

日本服装ベルト工業連合会、大阪服装ベルト工業協同組合が、12月10日は「ベルトの日」にあわせたPR活動を展開中。近畿日本鉄道 近鉄奈良駅~三宮駅間 6両1編成に広告の集中掲載を行っています(12月8日まで)。

ベルトの日(12月10日)は、奈良の正倉院に収蔵されている日本最古のベルトの本体に、紺玉の飾りが付けられており、紺玉は12月の誕生石のラピスラズリのことなので12月。12月に流れるクリスマスソングの「ジングルベル」の「ベル」に、10日の「ト」を組み合わせて「ベルト」とする語呂合わせからネーミング。

実用性、ファッション性、そしてギフト製品としても需要の高いベルトの良さをアピールすることを目的とし、2018年(平成30年)に一般社団法人 日本記念日協会により認定・登録されました。
  ‹https://belt.or.jp/›

また、「クイズに答えてベルトプレゼント」企画を実施中! 簡単なクイズ&アンケートに答えると、抽選で100名に上質なベルトをプレゼント。ご応募締め切りは12月15日(水)まで。ぜひ、ご参加ください。

カテゴリー: 国内革事情

本日からいよいよ12月。冬らしい気候となりましたね。レザーの季節、秋の締めくくりのようなイベントから、来年のレザートレンドを提案する展示会まで、さまざまなトピックをまとめました。参考にしていただけますように。


「ジャパンレザーアワード2021」受賞者インタビュー スペシャルページ公開スタート
file_20211130093741158.jpg
国内最大のレザープロダクトコンペティション「ジャパンレザーアワード」の2021年度グランプリおよび各賞受賞者インタビューをまとめたスペシャルページが公開されました。

つくり手の想いが綴られていることはもちろん、ものづくりの現場の写真もあり、クオリティの高い内容です。ご一読ください。


「ジャパンレザーアワード2021」受賞作品一般公開
img_03_a.jpg
本日12月1日(水)から、「ジャパンレザーアワード2021」受賞作品10作品を東京・新宿 「b8ta(ベータ)新宿マルイ」の特設ブースにて一般公開となります。
img_03_b.jpg
体験型ストアとして人気の「b8ta」は、注目されているショールーミングスペースの先駆け的存在。ご自分のペースで受賞作品とじっくり向き合うことができますよ。こちらも見逃せませんね。


エキゾチックレザー製品が「LEON」に掲載
LEON1月号_表紙.jpg
11月25日発売の「LEON」2022年1月号 (186~187ページ)「小粒でも圧倒的なゴージャス感を誇りますから 艶ありエキゾがリッチに効く!」に、エキゾチックレザー製品が掲載されました。
LEON1月号_広告ページ.jpg
今回は、華やかな色合いを中心にミニバッグ、財布、革小物など幅広いアイテムをご紹介しています。

また、艶クロコ特集(206ページ)、バッグ特集(228ページ)にもエキゾチックレザー製品が掲載されております。クリスマスのギフトや一年頑張った自分へのご褒美にぴったりです。ぜひ、誌面をご覧ください。

全日本爬虫類皮革産業協同組合ホームページでも「LEON」2022年1月号の内容をご紹介します。あわせてご覧ください。

SNSアカウントで順次「LEON」1月号掲載アイテムをご紹介してまいりますので、引き続き、ご注目ください!

「Exotic leather News CLIP by JLIA」 
フェイスブック

ツイッター


「東京レザーフェア」
レザーフェア1112.jpg
協同組合資材連が開催する日本最大規模の皮革・布帛・機能性素材・パーツの展示会「東京レザーフェア」が、本日12月1日(水)から2日間、東京・浅草 都立産業貿易センター 台東館で開催。トレンドセミナー、トークイベントなども充実。今回は新たな試みとしてライブ配信も行われます。

展示関連のトピックとしては、富田興業のブースでのプレゼンテーション。富田興業×ファッション専門職大学の新プロジェクト「ezzaresilience」。D級レザー問題を解決するため、ビジネスプランを社会人&学生の混成チームでアイデアを練り上げました。必見ですね。

人気イベント「浅草エーラウンド」も会場内で行われ、新しいレザームーブメントが生まれます。


「浅草エーラウンド」
エーラウンド2011.png
革靴の生産出荷額日本一を誇る「革のまち」奥浅草エリアの魅力を発信する革とモノづくりの祭典、「浅草エーラウンド(A-round)」が12月1日(水)~4日(土)の4日間行われます。現在、公式SNSアカウントで最新トピックを続々発信中です。参加型ブログラムの予約など、お見逃しなく。

恒例のプロジェクト「TOKYO L」は、今回「東京レザーフェア」会場内で「革の技術の因数分解 展 by TOKYO L」と題して展示を行います。革が商品にたどり着く「細やかな革の技術の組み合わせ」を読み解き、再構成する様子を「因数分解」になぞらえ、『革の技術の因数分解 展』とネーミング。数々の革加工の技術を分解し、進化させた試作品を通した「革を活用した商品開発」や「インテリアへの革の活用」、「メイド イン トーキョーの商品開発」を発表します。

また、当ブログ月イチ連載でお馴染みの村木るいさんによるセミナーも注目です。
「革の話」「鞭の話」「漉き機セミナーハイパー」と、「シュースティリスタ古瀬氏によるプラットフォーム製法のスリッパ型紙制作実演」が行われます。

このほか、村木さん関連イベントは先週投稿分でもお知らせしておりますが、「革にまつわる工具と工法 ~レザークラフトをより楽しむ in すみだ2021冬~」(12月3日~12月4日)、「漉き機・ミシン講習会」(12月5日/東京・大泉 工業用ミシン専門店 ZIT TOOLS(東京 練馬区大泉学園駅)など続々開催。くわしくは下記リンク先をご覧ください。


「組合まつり in TOKYO」
kam banner_text.png
東京と全国の中小企業組合がリアルとオンラインの展示会場に大集結するイベント、「組合まつり in TOKYO」が12月2日(木)~3日(金)の2日間、東京・有楽町 国際フォーラム Eホールで開催。

東京と全国から頑張っている中小企業の組合が出展し、展示と販売を行います。皮革関連では、埼玉皮革関連事業協同組合や東京服装ベルト工業協同組合が参加。

「自分たちの日頃のお仕事を丁寧にお教えします。また、各地の物産が目白押しです!!  私達はレザーの組合ですので、いちおしレザー商品を販売致します。有楽町で逢いましょう」(「彩鞄」フェイスブックアカウント)

ぜひ、ご注目ください!


「ギネス世界記録™に挑戦!」参加のお願い
ギネス1.jpg
日本皮革産業連合会 青年会が推進する新プロジェクト「ギネス世界記録™に挑戦!」を周知・拡散のご協力、何卒よろしくお願いいたします!

12月2日(木)に「日本の革及び革製品のPRを目的」として、ギネス世界記録に公式挑戦することとなりました!

しかしながら、参加者がなかなか集まらず、とても厳しい状況です。12月2日(木) 11:30〜12:30にご協力(ご投稿)を何卒、お願い申し上げます。
なお、前もってイベントページの参加予定をクリックいただけると大変助かります。

日本の皮革産業が団結し、何としてでもギネス世界記録を達成したく、是非とも、皆さまのご参加、重ねて心よりお願い申し上げます!

【挑戦日時】
2021年12月2日(木) 午前11:30~12:30(60分間)
【挑戦内容】
1時間でFacebookに投稿された手書きメモを書く人のビデオの最多数
【目標】
500投稿(世界記録は250投稿で達成)
【参加方法】
〈STEP1〉 予め、このイベントページの「参加予定」ボタンを押して参加表明します。
〈STEP2〉 予め、「革や革製品に対する想いや好きな所」を手書きで紙に書いている動画を撮影しておきます。
〈STEP3〉 挑戦当日12月2日の11:30~12:30の間に、このイベントページにその動画を投稿して参加完了!
【注意事項】
・動画には、常時、書いている人の頭部を含む上半身、手、ペン、紙が映っていることが必須条件です。
・顔出しは必須条件ではありませんが、後方や側面から頭部を含む上半身が映っている必要があります。
・動画は書く前に何も書いていない白紙の紙であることが分かるようにカメラで撮影いただいてから、実際にメッセージを記入しはじめ、書き終わった後は書いた文字が読めるようにカメラに映っている必要があります。
・ご自宅やご勤務先など、どこからでも投稿し、ご参加いただけます!
・誰でもご参加頂けます。ご家族、ご友人などにもお声掛けください!拡散・シェア大歓迎です。
・動画投稿されてからギネス社による集計がありますので投稿した動画はすぐに消さないでください。

詳しい参加方法は↓↓↓こちらのFacebookイベントページをご覧ください!

■投稿用Facebookイベントページ

■投稿参考動画

【公式記録証について】
記録達成となった場合、「公式認定証」、「ギネス世界記録ロゴ入り記念Tシャツ」を参加者限定で購入できます。
※購入費用は希望者のご負担となります。
【メイン会場】
第102回東京レザーフェア内(メイン会場)
※ご自宅やご勤務先など、どこからでも投稿し、ご参加いただけます!
【主催】
日本皮革産業連合会 青年会幹事会
※メディア関係者の取材のご連絡は下記までお願いいたします。
担当:松月/tel. 03-3847-1451  fax. 03-3847-1510


「大江戸はんどばっぐ市」

東日本バッグ工業組合が主催する、冬の恒例イベントが今年は復活。
12月4日(土) 10:30~17:00、販売時間が三部制となり、会場内が密にならないようにするため、会場内の人数が制限されます。
<午前の部/10:30~12:30、お昼の部/13:00~15:00、午後の部/15:00~17:00>

指定時間内では先着順にお並びいただき、販売会場へのご入場となりますが、会場内は人数の上限があるため、すぐにご入場いただけない可能性があります。列にお並びいただき順番にご入場となります。
受付が一度に集中して列に並べない場合は、お時間をずらして再度ご来場いただく可能性もあります。(またご来場者数の状況やお時間によってはお買い物時間を十分に取れない場合があります)ご注意ください。

東京・両国 KFCホール(東京都墨田区横網1-6-1 国際ファッションセンタービル 3F/最寄駅:都営地下鉄大江戸線 両国駅(A1出口)直結 / JR総武線 両国駅 徒歩約7分)
会場はアクセス便利な場所となっています。ギフトをお探しのかたにもおすすめです。
メイドイン東京のファクトリーがダイレクトに、そして、サプライズプライスで提供。さらにおトクで楽しいコンテンツが盛りだくさんです。ご都合が合うかたはぜひ。
このほか、詳細は下記リンク先をご覧ください。

カテゴリー: 村木るいさんの「人に話したくなる革の話」

月1回のスペシャルコンテンツ、村木るいさんの「人に話したくなる革の話」。今回は、「姫路城皮革フェスティバル」と「ニューレザーコンテスト」を見てきた話です。

皮革産地、兵庫県姫路市&たつの市の恒例イベントを村木さんが現地レポート。

恒例イベント「姫路城皮革フェスティバル」と「ひょうご皮革総合フェア&たつの市皮革まつり」の一環として行われている「ニューレザーコンテスト」。今年は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を鑑み、「ひょうご皮革総合フェア&たつの市皮革まつり」は中止となりましたが、「ニューレザーコンテスト」は行われました。コロナ禍での開催状況は? ぜひ、ご覧ください。

*   *   *

通常、皮革産業のさまざまなトピック、イベントのレポートなどをお届けしておりますが、人気イベント「本日は革日和♪」を主宰する村木るいさんが月1回スペシャルコンテンツをお届けしています。イベント、セミナーなど精力的に活動する村木さん。皮革に関する確かな見識を有し、幅広い情報発信に支持が寄せられています。
当ブログでは、レザーに関心をもちはじめた若い世代のかたや女性ユーザーにお伝えすべく、わかりやすい解説とともに西日本の皮革産業の現状をご紹介しています。独自の視点・レポートが大好評です。
人気イベント「本日は革日和♪」。今後の予定、スケジュールなどは下記のリンク先をチェックしてください。
  「本日は革日和♪」

*   *   *

毎度です!
「ちょっとイベントと仕事たてこんでいて・・・」のムラキです。

緊急事態宣言が解除されて、仕事とイベント山積みです。イベントは自分が参加するものもあるし、視察に行くものもあるし、動画とらなきゃいけないものもあるし・・・普段の請負職人の仕事と自分の抱えているほかの仕事ってのはつくづく相性が悪いものです。

今回のblogでは毎年行っている2つのイベント、「姫路城皮革フェスティバル」と「ニューレザーコンテスト」の紹介です。


目次 [hide]

「姫路城皮革フェスティバル」10/30~11/3
駅からはレンタサイクルが便利
イベントのコロナ対策
皮革フェスティバル会場風景
どこでこの情報は得られるの?
今年もやってきた「ニューレザーコンテスト」
「ニューレザーコンテスト」ってなに?
毎回自己紹介が大変だけど、今回は楽だった
今年は相方連れていきました。
動画での私のコメントは「私が勝手に思った感想」です
これから先のイベントは・・・
11/25~27は「神戸素材博覧会」で革日和ブース出展します
12/1~5は東京で3つのイベントに出ます


「姫路城皮革フェスティバル」10/30~11/3

毎年11月の連休中に開催されている姫路城皮革フェスティバル。日本全国の窯元が出展する「陶器市」や「姫路菓子まつり」と一緒に開催される このイベント、昨年は中止となり、2年ぶりの開催です。
2111JLIA001.jpg


駅からはレンタサイクルが便利
2111JLIA003.jpg

2111JLIA002.jpg
姫路周辺には「駅ちゃり」というレンタサイクルシステムがあります。電動自転車ではありませんが、60分以内利用ならば1日使い放題で100円という格安さ。クレジットカード登録も不要です。その場でチャリンと100円払って終わりです。


これを借りて駅から会場まで5分ほど運転しました。会場は姫路城大手前公園です。


イベントのコロナ対策
2111JLIA005.jpg

2111JLIA0160.jpg
会場入口で検温をしてもらい、問題なければ手首に黄色のバンドを巻いてもらえます。これを巻いている限り他のイベントに行っても検温なしで出入りできます。

このため、皮革フェスティバルにせよ、陶器市にせよ、すべてのイベント会場が柵で覆われていました。このイベント会場には期間中、20万人以上の来場客を想定しているそうなので、コロナ対策どうするんだろう、と思ったら、柵で全部覆ったのか。大変だったろうになぁ・・・。


「姫路城皮革フェスティバル」会場風景
2111JLIA014.jpg

2111JLIA011.jpg

2111JLIA010.jpg

2111JLIA008.jpg

2111JLIA006.jpg
会場ではタンナーさんや組合による革の販売、作家さんによる作品販売なども行われていました。比率的、革素材販売のほうが多いですね。革素材販売が60%かな、というところです。私から見ても「あ、これは珍しい革だな」というものもあります。

2111JLIA012.jpg
子ども向けのワークショップなども開催されており賑わっていました。


どこでこの情報は得られるの?

御着の皮革組合さんがSNSアカウントでイベント前に告知してくれるので、興味ある方はフォローしておいてください。



今年もやってきた「ニューレザーコンテスト」

例年楽しみにしている「ニューレザーコンテスト」を今年も見てきました。

今年も動画にまとめてきました。会場で見た革がどれだけ良くても、「実際見て触ってほしい!」としか言いようがないんですよねぇ。ネットがどれだけ進化してもここらの手触りや匂い、ってのは伝えきれないのがもどかしいです。
2111JLIA032.jpg

2111JLIA035.jpg

2111JLIA029.jpg

2111JLIA039.jpg


「ニューレザーコンテスト」ってなに?

タンナーさんが革素材を出しているコンテストです。従来は毎年11月に開催される「ひょうご皮革総合フェア&たつの市皮革まつり」にあわせて会場で出展されていました。


今年は、「ひょうご皮革総合フェア&たつの市皮革まつり」が8月の時点で開催中止が発表されていました。「じゃ、コンテスト中止かぁ」と思っていたのですが、昨年に続いて今年も開催してくれました! 主催・運営してくれた方、ほんとにありがとう! 昨年見てきた様子は下記blogにて。


毎回自己紹介が大変だけど、今回は楽だった
2111JLIA045.jpg
これまでは「ひょうご皮革総合フェア&たつの市皮革まつり」会場で展示されているものを見て、こっそりと動画を撮っていました。

昨年は受付で「動画撮りたいんですが・・・」と挨拶しますが、「えっ、それやってなんのメリットあるの? そもそも動画撮影する人が来るなんて思ってなくて・・・」というような、てんやわんやがあったりなかったり。

今回も自己紹介大変だよなぁ・・・と思いつつ受付に行くと、「あ! YouTuberの方ですよね! 昨年はありがとうございました!」と。

いえいえ、YouTuberじゃないんです・・・普段は単なる請負職人なんです・・・


今年は相方連れていきました

「ジャパンレザーアワード」にせよ、「ニューレザーコンテスト」」「にせよ、動画撮るときに相方がほしいな、と思いました。「これはここがすごいんだよ!!」「これはここが面白い!!!」という私が話す相手がほしいわけです。また、相方じゃないと気づかない私以外の視点もほしかったわけで。

この秋の「ジャパンレザーアワード」審査会の際は、染料屋のLized さんを連れて行って動画撮影しました。

今回は レザークラフトフェニックス の革担当 横井氏を連れて行って二人で好き勝手に見ていきコメントしました。これだけ多種多様な革が見ることができるイベントはほんとに貴重です。


動画での私のコメントは「私が勝手に思った感想」です

「なんでうちの革、褒めてくれないんだ!」「この良さがわからないのか」と言われたりしますが、あくまで触って、見た上での感想です。すみません、知り合いだから、とか、おごってもらったから、とか、取引あるから、などの忖度は一切していません。オモシロイと思ったかどうか、だけです。

実際、「ジャパンレザーアワード」の感想にしても、受賞した作品にコメントしているわけでもないので、私の視点は審査員とは全然違う視点ですよ。


これから先のイベントは・・・
11/25~27は「神戸素材博覧会」で
革日和ブース出展します


村木は3日間セミナーを行います。新作セミナー「眼の前で手縫いでラウンドコインケースを作りながら、工具や革、技法の解説をする」というものや、「3Dプリンターは自分が楽するための些細な道具を作るための工具。じゃぁ、データどう作るの? 運用コストはいくら? などを解説します」といったコンテンツを3日間行っています。

革日和ブースでは染料のLized さんによる革の染色体験・抜き型工房かわさき による刃型相談(26,27日のみ)、レザークラフトフェニックス による販売を行う予定です。
21112301.jpg


12/1~5は
東京で3つのイベントに出ます


「浅草エーラウンド」セミナー開催

12/1~2「東京レザーフェア」会場の東京都立産業貿易センター台東館 9Fにて 「浅草エーラウンド」 が開催されます。この会場にてセミナーを2日間行います。「東京レザーフェア」会場では前述の「ニューレザーコンテスト」受賞作品も展示されています。

セミナーは「革の話」「鞭の話」「漉き機セミナーハイパー」と、「シュースティリスタ古瀬氏によるプラットフォーム製法のスリッパ型紙制作実演」が行われます。

「鞭の話」は下記動画の派生セミナーです。動画内では見せられなかった資料なども持っていきます。「革メーカーに役立つ3Dプリンタの話と鞭の話、どっちがいい?」とおえらいさんに聞いたら「そりゃ鞭のほうがいいだろ!」と・・・いいのか、ほんとに。

「シュースティリスタ 古瀬氏によるプラットフォーム製法のスリッパ型紙制作実演」は、古瀬シュースティリスタ研究会の古瀬さんを招いてプラットフォーム製法によるスリッパの型紙を木型から作成していただきます。4時間のセミナーとなります。当日撮影しておき、後日動画もVimeoにて会場受講者のみに配信予定です。くわしくはこちら をご覧ください。
21112302.jpg


12/3~4は墨田区八広

革にまつわる工具と工法~レザークラフトをより楽しむinすみだ2021冬~セミナー

革にまつわる工具と工法~レザークラフトをより楽しむinすみだ2021冬~ 2021年12月3日〜2021年12月4日(東京都) - こくちーずプロ

こちらは人に呼ばれてのセミナーや、ただ漠然と喋ったりしています。レザークラフトをはじめた人向けの解説やセミナー主体となります。革で興味あることや歴史的なことなども喋れると思いますので遊びにまた来てくださいな。多分この2日間が一番自由に喋ったりしています。

12/5は

 Zittools in 練馬区 漉き機講習会

工業用ミシン専門店 - ZIT TOOLS | TAKING 工業用ミシン さんの ショールーム (東京 練馬区大泉学園駅)にてミシン漉き機講習を行います。

革用ミシンを買おうか迷っている人向けのミシンでかんたんなものを作る講習会です。「漉き機講習ハイパー」(セミナーと同じ内容)、「漉き機の押さえ加工講習」(漉き機講習を受講された方・普段から漉き機を使っている人向けの講習)を予定しています。「漉き機の押さえ加工講習」は今回初開催です。グラインダーを使いつつ漉き機の押さえの加工と考え方を学んでいただきます。


カテゴリー: 国内革事情

「いいレザーの日(11月03日)」を軸としたジャパンレザー関連プロジェクトが目白押しの11月もラストスパート。ユーザー参加型イベントが各地で行われ好評です。開催中のイベントをはじめ、さまざまなトピックをまとめました。参考にしていただけますように。


「LEATHER WORLD」(渋谷スクランブルスクエア)
LW21nno4002s.jpg
レザーの季節・秋の恒例イベント「LEATHER WORLD(レザーワールド)」が前回に続き、東京・渋谷で開催中です。
LW21nno4001 f.jpg
2021年度第四弾は11月16日(火)~23日(火・祝)の8日間開催。渋谷スクランブルスクエアに会場を移し、コンテンツもさらに充実! レザーの街を再現した空間に、日本を代表する数多くのレザーブランドの逸品を展示します。
LW21nno4003.jpg
そんなレザーブランドの定番&新作アイテムを全国各地から厳選し展示。このほか、革小物づくり体験ワークショップ(日替わり/参加無料)、ご自身の革製品のアイテムを持参いただくとメンテナンスができるケアコーナー、クイズに答えて正解するとノベルティのカードケースがもらえるクイズコーナーなど・・・楽しく学べるスペースです。各日夜21:00までとなっていますので、お仕事帰りにもお立ち寄りいただき、ジャパンレザーの魅力でリフレッシュしてください。


「日本革市」(小倉井筒屋)
革市小倉202111.jpg
国産天然皮革の魅力を発信するお馴染みの人気イベント「日本革市」が、小倉井筒屋(本館8階 催場 お歳暮ギフトセンター横)で開催中です。2年ぶりに開催期間を2週間とし、週ごとに出展社が入れ替わります。
「タイム&エフォート」の note 公式アカウントでは前半の参加ブランドからピックアップ。6社の情報のまとめ記事を公開。それぞれをじっくりご覧いただくことで、会場の滞在時間を短縮でき、密を避ける効果につながります。ぜひ、ご活用ください。


「東東京モノヅクリ商店街ポップアップイベント」
話題のプロジェクト「東東京モノヅクリ商店街」が、株式会社CAMPFIREと提携した予約販売を行っています。
第二弾では、株式会社サクラワクス (墨田区)のがまぐちがエントリー。
伝統的なアイテム「がまぐち」を今の暮らしに合わせてスタイルアップした「TOKYO-GAMA」を出品しました。ジェンダーレスで使える「クラッチ&ドキュメントケース」ほか、シンプルかつ個性的なコレクションです。
現在、東京・渋谷PARCO 1F「BOOSTER STUDIO by CAMPFIRE」に特設展示コーナーが登場。ショールーミング的なスペースで、メイドイン東京の革製品を実際に試し、その価値を発見できます。


「TOKYO LEATHER GOODS FACTORY COLLECTION」
工組さん379.jpg
東日本バッグ工業組合 組合員有志メーカーによるプロジェクト「TOKYO LEATHER GOODS FACTORY COLLECTION」のポップアップイベントが11月18日(木)~11月24日(水)、池袋駅構内 南改札外イベントスペース(東武百貨店 B1F 6番地入り口前)で開催予定です。写真は9月開催時撮影させていただきました。
工組さん3760.jpg
上質な革製品をファクトリーからダイレクトにお届け。
「TOKYO LEATHER GOODS FACTORY COLLECTION」.jpg
バッグや財布をはじめ、いますぐに役立つ、デスクまわり小物なども出品。暮らしにレザーを取り入れるきっかけになりそうですね。


「じばさんまつり」
皮革産地、兵庫県姫路市の地場産業12業種の展示、販売や体験・ワークショップ等を実施し、地場産業の普及啓発、活性化を図ることを目的に11月21日(日)~23日(火.祝)、「姫路じばさんまつり」が行われます。アクリエひめじオープニングを記念して、例年は大手前公園で開催されていた姫路食博2021と同時開催。
「皮革も地場産業を盛り上げる産業として、他11業種の皆さんと盛り上げたいと思います。姫路食博も同時開催ですので、ご家族、お友達とお越しください。御着四郷皮革協同組合ブースにてお待ちしております」(「leather cafe」公式アカウントより)
地場産業の歴史や生活の中に生き続ける魅力に触れてみてはいかがでしょうか?


「素材博覧会 -KOBE 2021 秋-」
ハンドメイド素材の未知なる魅力と出会うトキメキの三日間「素材博覧会 -KOBE 2021 秋-」が11月25日(木)~27日(土)、KIITO(デザイン・クリエイティブセンター神戸)で行われます。
糸・布・革・ガラス・石・樹脂・メタル・陶・木・紙・・・さまざまな素材、ハンドワーク関連アイテムの展示販売はもちろん、今回もレザーが充実。
恒例イベント「本日は革日和♪」のブース、セミナーが登場予定。人気ショップ<レザークラフトフェニックス>を中心に皮革関連企業が合同で参加。当ブログ連載でもお馴染みの村木るいさんのセミナーも注目ですよ。


「浅草エーラウンド」
エーラウンド浅草2021.jpg
革靴の生産出荷額日本一を誇る「革のまち」奥浅草エリアの魅力を発信する、革とモノづくりの祭典「浅草エーラウンド(A-round)」が12月1日(水)~4日(土)の4日間行われます。現在、公式SNSアカウントで最新トピックを続々発信中です。参加型ブログラムの予約など、お見逃しなく。
トーキョーエル2021.jpg
恒例のプロジェクト「TOKYO L」は、今回、「東京レザーフェア」会場内で「革の技術の因数分解展 by TOKYO L」と題して展示を行います。
革が商品にたどり着く「細やかな革の技術の組み合わせ」を読み解き、再構成する様子を「因数分解」になぞらえ、『革の技術の因数分解展』とネーミング。数々の革加工の技術を分解し、進化させた試作品を通した「革を活用した商品開発」や「インテリアへの革の活用」、「メイド イン トーキョーの商品開発」を発表します。

カテゴリー: 国内革事情

レザーの季節、秋が深まるこのごろ。11月にはジャパンレザー関連の記念日が続々。最新トレンドを解説する動画、オンラインコンテンツやオンライン展示会なども充実しています。参考にしていただけますように。


「レザーワールド」2021年度第四弾 開催
21LW02.jpg
一般社団法人 日本皮革産業連合会が制定した「いいレザー(11月03日)の日」。わかりやすい語呂合わせですっかりお馴染みになりつつあります。ジャパンレザーの色合い・風合いの素晴らしさや価値をユーザーの皆さまに知っていただくことを目的とし、さまざまなイベントなどを行っています。
21LW0301.jpg
レザーの祭典「LEATHER WORLD」2021年度第四弾が、東京・渋谷 RAYARD MIYASHITA PARK(2F 吹き抜け広場・3F  EQUALAND SHIBUYA)に続き、11月16日(火)から8日間、渋谷スクランブルスクエアで行われます。
news_211109_1.jpg
無料ワークショップのほかクイズ&プレゼント、ケアコーナーなど毎年人気のコンテンツが盛りだくさん!
21LW0302.jpg
21LW0303.jpg
2021年度最後となりますので、どうぞ、お見逃しなく! くわしくは下記リンク先をご覧ください。


「ジャパンレザーアワード」2021年度のグランプリ作品発表
国内最大の革製品コンテスト「ジャパンレザーアワード」2021年度のグランプリ作品が発表されました。
21年度グランプリ作品J21A-6226_a.jpg
フットウェア部門 ベストプロダクト賞
ローカルシューズ2 益子実佳さん(山形県)宮城興業 株式会社

「山形牛の皮革を特別に鞣してもらい、ヌメ革を使用しました。山形県の花、紅花染料で何度も染めております。地元を離れた方にこの靴を履いて山形を思い出して欲しい。山形産でここまでできることを知って欲しい。そして私の山形愛があふれた結果、この靴が出来上がりました」と益子さん。

食肉で消費される山形牛を皮革に、観賞用の紅花を染料に。そして宮城興業にて靴作り。山形県内でSDGs可能な持続可能なデザインです。部門賞はじめ各賞についてはすでに公式サイトで公開されています。ぜひご覧ください。


にかわの日(11月7日)
1963年11月7日、日本にかわ・ゼラチン工業組合の創立総会が開催され、新たな一歩を踏みだしたことを記念し、日本ゼラチン・コラーゲン工業組合により「にかわの日」が制定されました。
ニカワ(膠)とは天然物を原料とする接着剤のこと。化学接着剤が発明されるまで様々な分野で利用されていました。エジプトのピラミッドから出土した調度品や美術工芸品からもニカワが検出されており、古代エジプト文明でも使われていたことが分かっています。また、ニカワの製造風景を描いた壁画も見つかっており、ニカワが当時の文化に深くかかわっていた様子が伺い知れます。
日本でも紙や墨の製造の一部としてもたらされた後に接着剤として寺社の建造に利用されたとする記録が残っています。ニカワが存在していなかったとしたら私たちは壮大な寺社や古代日本文学、歴史書等に触れることができなかったかもしれません。ニカワは現代まで人類の発展を陰ながら支えてきた縁の下の力持ちのような材料なのです。
そして現代、シックハウス症候群や化学物質過敏症が問題となる中、天然素材であるニカワへの注目が再び高まっています。ニカワは私達の暮らしに欠かせない天然素材として、これからも時代を超え幅広い分野で活躍していくことでしょう。
(以上 日本ゼラチン・コラーゲン工業組合 公式サイトより)

この夏、展示会「膠を旅する----表現をつなぐ文化の源流」(5月12日〜6月20日)が武蔵野美術大学 美術館で行われました。アートの視点からみた、にかわとは・・・
関連書籍『膠を旅する』(監修:内田あぐり 発行:国書刊行会)も注目の一冊です。
同書の取材先は・・・

北海道・網走市――動物資源の利用を探る
大阪・浪速区――太鼓づくりの皮革の町を歩く
大阪・貝塚市――太鼓屋嶋村に聞く 精肉店から太鼓屋になる
東京・墨田区――豚革生産の下町を歩く
埼玉・草加市――河合産業株式会社
兵庫・姫路市――大﨑商店 川漬け製法の伝統技術に挑む

ていねいな取材と美しい写真でジャパンレザーの現場をリアルに紹介なさっています。


いいバッグの日(11月8日・9日)
一般社団法人 日本バッグ協会が主催する、HAPPY BAG DAY!! 11月8日・9日は「いいバッグの日」! キャンペーンが10月7日からスタート。
アンケートに回答し公式サイトの専用フォームに入力するだけで簡単です。抽選で商品券やオリジナルバッグをプレゼント。期間は11月14日(日)まで。


コラーゲンペプチドの日(11月12日)
2009年11月12日に日本ゼラチン・コラーゲン工業組合が「第一回 コラーゲンペプチドシンポジウム 」を開催したことを記念して、「コラーゲンペプチドの日」が制定されました。
私たち人間のカラダの多くを占めるコラーゲン。コラーゲンが不足すると「美容」「健康」に深刻な影響があらわれます。そこで注目を集めているのがコラーゲンペプチド。ゼラチンを分解し低分子化した高純度のたんぱく質をコラーゲンペプチドと呼びます。体内に吸収されやすいので効率よく沢山のコラーゲンを摂取することができます。
(日本ゼラチン・コラーゲン工業組合 公式サイトより)

食肉の副産物として、皮革および革製品をはじめ、さまざまなかたちで利活用。生命に感謝し、生命の証を無駄にすることなく、私たちの暮らしに生かす活動で、「サステナブル」につなげています。


「リネアペッレ」トレンド エリアを You Tubeで特別公開!
協同組合 資材連が開催する日本最大規模の皮革・布帛・機能性素材・パーツの展示会、「東京レザーフェア」公式サイトでうれしいニュースを発表しました。
世界最大級の皮革見本市「リネアペッレ」(イタリア・ミラノで年に2回開催)で2021年9月展開された各トレンドエリアの解説動画を、特別に期間限定で公開! 世界のレザートレンドを牽引する「リネアペッレ」の提案、注目ですね。


「リネアペッレ」トレンドセレクション総責任者である、アントネッラ・ベルタニンさんが解説をご担当。日本語の通訳つきなので安心です。11月16日(火)までの期間限定ですので、お見逃しなく。
  ‹https://tlf.jp/


「豊岡鞄®︎」オンライン展示会&「TOYOOKA KABAN 2022SS COLLECTION FAIR」
国内有数の鞄産地として知られる兵庫県豊岡市の地域ブランド「豊岡鞄®︎ 」オフィシャルウェブサイトがリニューアル。より見やすく「豊岡鞄®︎ 」に関する情報を探しやすい構成やデザインに刷新されました。
さらには兵庫県豊岡市についての観光情報なども加わりました。城崎温泉も加えたショッピングツーリズムも人気ですよ。
豊岡鞄2111V.png
「豊岡鞄®︎ 」オフィシャルウェブサイトでは、オンライン展示会 「FOR THE BLUE PROJECT TOYOOKA KABAN Online Exhibition 2022 - Spring & Summer -」もスタート。来シーズンの新作を発表しています。
lezza1.jpg
漁網再生繊維やポマース(ワインの絞りカス)を再活用したレッザボタニカ® ヴィーノ シリーズ、廃棄ロス・ゼロを目指すプロジェクト「豊岡小物」など、サステナブルな取り組みが充実!
豊岡小物01.jpg
豊岡小物02.jpg
オンライン展示会、ぜひ、チェックしてみてください。

なお、「豊岡鞄®︎ 」のフィジカルイベント「TOYOOKA KABAN 2022SSCOLLECTION FAIR」(11月9日~1月11日 10:00~19:00)も開催中! 
会場はJR・東京駅前 KITTE丸の内 B1F 東京シティアイ。サステナブルなプロジェクトをリアルに体感できます。


GUINESS世界記録に挑戦!
一般社団法人 日本皮革産業連合会、青年会幹事会では、この度、日本の革及び革製品のPRを目的として、ギネス世界記録に公式挑戦することとなりました。くわしくは下記リンク先をご覧ください。
挑戦するのは、「1時間でFacebookに投稿された手書きメモを書く人のビデオの最多数(Most videos of people writing a handwritten note uploaded to Facebook in one hour)」となります。挑戦日時は、2021年12月2日(木) 11:30-12:30の60分間です。
本挑戦の趣旨にご賛同いただける方は、どなたでも、この日時に、ご自宅や勤務先など、どこからでもスマホやPCで所定のフェイスブック内イベントページに動画(動画の撮影は、事前にできます。)を投稿し、記録達成にご参加いただけます。

プロフィール

鈴木清之

鈴木清之(SUZUKI, Kiyoyuki)
オンラインライター

東京・下町エリアに生まれ、靴・バッグのファクトリーに囲まれて育つ。文化服装学院ファッション情報科卒業。文化出版局で編集スタッフとして活動後、PR業務開始。日本国内のファクトリーブランドを中心にコミュニケーションを担当。現在、雑誌『装苑』のファッションポータルサイトにおいて、ファッション・インテリア・雑貨などライフスタイル全般をテーマとしたブログを毎日更新中。このほか、発起人となり立ち上げた「デコクロ(デコレーション ユニクロ)部」は、SNSのコミュニティが1,000名を突破。また、書籍『東京おつかいもの手帖』、『フィガロジャポン』“おもたせ”企画への参加など、“おつかいもの愛好家”・”パーソナルギフトプランナー”としても活動中。

最近のブログ記事

カテゴリー

月間アーカイブ

rss
facebook witter

このページの一番上へ