欧米ブランドに「負けていないぞ!」

カテゴリー: 国内革事情

東京オリンピック開幕を目前に控え、各地で公立小学校の夏休みもスタートしています。
そんななか、ジャパンレザー関連のイベントなども順次開催中。イベントのレポート、今後開催予定のイベントのお知らせなどをまとめました。参考にしていただけますように。


「かばんフェス2021」レポート
309.jpg
一般社団法人日本かばん協会「信頼のマーク」PRキャンペーンの一環として行う夏休みイベント、「かばんフェス2021」が横浜・みなとみらい クイーンズスクエア横浜で7月17日(土)に開催されました。
291.jpg
当日ご来場してくださった皆さまには手指の消毒をお願いし、ちいさなおともだちも、しっかりとご協力してくださいました。
288.jpg
来場者を入れ替えるたびに、座席の消毒実施など、新型コロナウィルス感染対策を徹底。
302.jpg
会場では日本製かばん、日本製ランドセルの展示をはじめ、日本製かばんの魅力を発信!
317.jpg
お気に入りのランドセルを真剣に選んでくださる姿、うれしいですね。
266.jpg
世界的ファスニングメーカー YKKの特別展示では、サステナブルを意識した製品が登場。時代性を色濃く表現されています。
334.jpg
当日、ステージ上で6回行うメインプログラム「じゃんけん大会」では、縫製実演で完成した出来立てほやほやの日本製かばんをその場でプレゼント。
295.jpg
282.jpg
ソーシャルディスタンスを確保しつつ、今年度も盛り上がりましたよ。
323.jpg
鞄・ハンドバッグ・小物技術認定(皮革部門)試験1級合格者である職人の縫製実演にも注目が集まり、ものづくりをリアルに感じて、知っていただく貴重な機会となったようです。
299.jpg
8月9日は「かばんの日」。
日本製かばんの品質や技術力を広く認知されることを目指し、日本記念日協会認定のもと、バッグの語呂合わせの日付である8月9日を「かばんの日」と制定しました。

一般社団法人日本かばん協会 会員企業が日本で生産したものに付けられる「信頼のマーク」とは、旅行用かばんからビジネス・ファッションバッグ、ランドセルまで、日本かばん協会 会員企業が国内生産したものにつけられるシンボル。
327.jpg
日本製で、優れたデザイン・品質を誇る信頼の証であるとともに、独自に定められた「鞄づくり 信頼3か条」(1. 鞄づくりにプライドを持ち、信頼を守り続ける/2. 常に挑戦し続ける、革新の姿勢を忘れない/3. 日本製品として、世界に誇れる鞄づくりに取り組む)をクリアしていることを 意味しています。こちらもぜひチェックしてください。

かばんの日イベント2021.jpg
現在、信頼のマーク付き日本製かばんで、おでかけしようキャンペーンを実施中! かばんの達人たちがつくった日本製かばん(名古屋鞄協会)を抽選で10名様にプレゼント。

くわしくは下記リンク先をご覧ください。


「ジャパンレザーアワード2021」事前エントリー受付中!
JLA21 ヴィジュアル.jpg
国内最大のレザープロダクトコンペティション「ジャパンレザーアワード2021」が始動。天然の皮革素材を生かし、素晴らしいデザイン力や新たなデザイン性に富んだ作品を、2つのカテゴリーと学生部門で募集しています。

5つの「部門」と2つの「カテゴリー」から構成。

[ フットウェア部門 ]
靴やスリッパなど足に履くもの

[ バッグ部門 ]
かばんおよびハンドバッグ(ポシェット、ポーチ、サコッシュなどを含む)

[ ウェア&グッズ部門 ]
ウェア、ベルト、手袋、帽子、財布など身に着けるもの

[ フリー部門 ]
家具、インテリア、文具、玩具、その他(上記3部門に該当しないもの)

[ 学生部門 ]
高等学校、専門学校、大学などの学生証を有する学生が上記4部門に該当する作品の応募が可能です。

JLA21 01.jpg
カテゴリー

[ ベストプロダクト ]
日常生活で使用する「革製品」で、デザイン力があり、素材の選択や加工、縫製技術などに優れた作品

[ フューチャーデザイン ]
これからの「革製品」の発展および向上に向けて、新たなデザイン性を提案する作品

応募の際は、作品1点ごとにご希望の「部門」と「カテゴリー」をお選びください。
ただし、「学生部門」には「カテゴリー」の設定はありません。

今年度は、「持続可能なデザイン」を提案する作品に特別賞が!

受賞作品展示は二子玉川から新宿に変更。
体験型店舗「b8ta(ベータ)新宿マルイ」の特設ブースにて、2021年12月1日から翌年1月8日までの間、展示します。
img_03_a.jpg
このほか、公式ウェブサイトの作品紹介ページに、ご自身で撮影した写真を掲載可能となりました。
今年も応募いただいた全作品を撮影し、ウェブサイトで紹介。初めての試みとして、ご自身で撮影された応募作品の画像も1枚追加で掲載することができます。作品のPRとなる写真を撮って、インスタグラムに投稿してください。もちろん、スマートフォンなどでお撮りいただいたものでも大丈夫です。
新しい時代に合わせ、アップデイトする「ジャパンレザーアワード2021」。今年こそ挑戦しようという皆さま、ぜひご応募ください!


「ジャパンレザーアワード2021」パンフレット配布
263.jpg
「レザーマニア東京」(東京・押上)で、「ジャパンレザーアワード2021」のパンフレットを店頭(1F/エントランス前レジ脇)に設置・配布中です。ご希望のかたはどうぞお持ちください。
公式サイトでも閲覧可能です。

「レザーマニア東京」では、牛革をはじめ、各種エキゾチックレザーなどバリエーション豊富にレザーを販売。
レザーマニア東京さま02.jpg
レザーマニア東京さま006.jpg
ECサイトでの通販、LINEを活用した問合せ(皮革素材の色合い・風合いチェックをリクエスト可能)にも動画で対応し好評。
漉き 仲野様.jpg
東京まで出かけずに安心して購入できます。漉きやカットもしてくれる(有料)ので相談してみてください。
現在、サイトリニューアル準備中。近々にオープンするそうですので、どうぞお楽しみに。


「タイム&エフォート」革鞄・ハンドバッグ特集 最新回公開
02_img_01.jpg
「タイム&エフォート」2021年度の年間テーマ、革鞄・ハンドバッグ特集が始動。
テーマ2「業界の有識者&博物館担当者に聞く 日本の鞄・バッグの 現在過去未来」第一弾 旭日章受章 猪瀬昇一さんにインタビュー。前編に続き、後編が公開されました。
今回は「自社オリジナルブランドについて」、「これからものづくりをする人に伝えたいこと」など、熱いメッセージがいっぱい! ぜひ、ご覧ください。


雑誌「LEON」広告出稿 希望企業募集
エキゾチックレザー製品のPRを目的として、一般社団法人日本皮革産業連合会 CITES推進委員会 啓発普及・人材養成分科会では、雑誌「LEON」2022年1月号に広告出稿を決定。その広告(編集タイアップ)ページに製品掲載を希望する企業を募集しています。申込締切は8月5日(木) 12:00(必着)。くわしくは掲載ページをご覧ください。


「東東京モノヅクリ商店街」ポップアップイベント
先日もお知らせしましたが、ものづくりが盛んなイースト東京エリアの腕利きメーカーが参画する話題のプロジェクト「東東京モノヅクリ商店街」のポップアップイベントがいよいよ本日最終日となりました。
革バッグの「KIYOKAWA」としてお馴染みの有限会社清川商店、株式会社二宮五郎商店が出品。お見逃しなく。

カテゴリー: 国内革事情

全国各地で緊急事態宣言、まん延防止等重点措置が延長となりましたが、自粛疲れによるリベンジ消費のニーズがじわじわと盛り上がっているようです。
商業施設ではクリアランスセールに加え、カード会員向けのキャンペーンも行うなど対応の変化が見られます。
現在、ジャパンレザー関連のイベントなども順次開催中。そんなイベントのレポート、今後開催予定のイベントのお知らせなどをまとめました。参考にしていただけますように。


「したまち小粋マーケット」レポート
235.jpg
台東ファッションザッカフェア主催「したまち小粋マーケット」が7月8日(木)〜11日(日)の4日間、JR上野駅構内(改札外)で行われました。
会場となった中央改札前のグランドコンコース。天井が高く広々として開放感のある、密になりにくい場所です。
236_0.jpg
台東区周辺のつくり手たちの自信作・意欲作をお披露目。アクセス便利な駅ナカで店舗同様の情熱接客。つくり手たちが丁寧に説明し、幅広いユーザーに好評でした。
出店社をジャパンレザー中心に一部ご紹介します。

猪瀬
258.jpg
国内最大のレザープロダクトコンペティション「ジャパンレザーアワード」各賞の受賞実績をはじめ、ものづくりの実力で知られる老舗 鞄メーカー。
259.jpg
革小物、ポーチ、ステイショナリーも充実。近年では、人気レザーブランドとのコラボレーションにより、全国各地にイベント出店するなど、積極的な取り組みでも注目されています。

VERB CREATION
251.jpg
お洒落で履きやすいシューズが充実。厚底スニーカーからサンダルまで、カジュアルなシューズをラインナップ。東京でつくられている、という安心感に、支持が広がります。
250.jpg
千駄木の直営店から腕利きスタッフが出張。店舗同様のサービスでおもてなししました。

三竹産業
248_0.jpg
1925年創業の老舗ベルトメーカー。オリジナルブランドの立ち上げも早く、革の味わいを生かした定番コレクションのほか、シルバーメタリックレザーのシリーズもヒット中。
249.jpg
ピンクシルバーと称される、やさしい色合いと、裏地のない一枚仕立ての組合せにぬくもりが漂い、ファッション好きのユーザーに愛されています。

山藤
245.jpg
老舗財布ファクトリーがオリジナルブランドの財布、革小物を幅広く出品。ユーザーの困りごとを解消する、心遣いをものづくりに反映。
243.jpg
使いやすさはもちろん、カラーバリエーションの豊富さも魅力です。スタッフははっぴを着て接客。下町風情の演出がアイキャッチになっていました。

ミヤレザークラフト
254.jpg
オリジナルブランド「スインリー」をはじめ、薄い財布のバリエーションが豊富。アイディア製品も続々リリースし、固定ファンを獲得しているそうです。
256.jpg
繊細な感性、確かな技術力に定評がある女性職人中心のファクトリーで生産。皮革業界を女性活躍社会へと導く社風に信頼が寄せられます。

きくひろ
252.jpg
1970年創業の高級ハンドバッグメーカー。エレガンス主体のものづくりですが、カジュアルなトートバッグやメンズにも対応した製品を展開しています。
253.jpg
裏地なしの一枚仕立てのビッグトートは軽さと丁寧な縫製が際立ち、大人世代の男性にも人気です。

三和袋物 
240.jpg
天然染料で染め上げたレザーを使用した財布&革小物が人気を集めました。
238.jpg
このほか、タブレットケースやショルダーバッグなど、次世代を担うキーマンの加入により、新作アイテムも次々と開発。
新作のマスクケースは、タテ半分に折って収納するタイプ。マグネットの留め具を配し開閉スムーズで便利なアイテム。レザーバージョンのリリースも期待したいですね。


東日本バッグ工業組合 組合員有志メーカーによるポップアップイベント「TOKYO LEATHER GOODS FACTORY COLLECTION」の公式アカウントで、三和袋物、きくひろ、ミヤ・レザークラフトの最新トピック、商品情報をご確認ください。
 

「新喜皮革 presents レザーフェスティバル 2021」
lfhp.jpg
世界屈指の馬革タンナーとして知られる、新喜皮革が7月17日(土)~18日(日)の2日間、恒例のイベントを行います。3月ではなく7月に開催。昨年は中止でしたので、心待ちにしているレザーファンも多いですよね。
節目となる10回目の今年は、会場が2か所となりパワーアップ。新喜皮革のコードバンに加え、他のタンナーや革卸問屋選りすぐりのレザー販売会、ワークショップやフードコーナーも登場するそうです。

村木さんによる事前レポートもご覧ください。


「ゼラチンの日」&「ゼリーの日」
(日本ゼラチン・コラーゲン工業組合)7月14日

食用をはじめ、工業用、医療用、写真業界など、幅広く利用されているゼラチン。「ゼラチンのことをもっと知ってもらいたい」「たくさんのかたに親しんでいただきたい」そんな想いを込め、制定された記念日です。
1700年ごろよりヨーロッパで工業的生産が開始されて以降、さまざまな用途で使われてきたゼラチン。私たちの生活をより豊かにしてくれる『ゼラチン』をもっと身近に感じていただけるよう、日本ゼラチン・コラーゲン工業組合が「ゼラチンの日」を制定。同じく「ゼリーの日」も「ゼラチンの日」にちなんで日本ゼラチン・コラーゲン工業組合により制定されました。
日本ゼラチン・コラーゲン工業組合は、一般社団法人 日本皮革産業連合会の会員団体のひとつです。ゼラチン、コラーゲンペプチド、コラーゲンケーシング、にかわ又はそれらに類する製造業の中小企業者及び一部大企業の改善発達を図るため、市場拡大、発展をもって国民生活の向上に貢献するための必要な事業を行っています。(日本ゼラチン・コラーゲン工業組合 公式サイトより)


「東東京モノヅクリ商店街」ポップアップイベント
HMSPU.jpg
ものづくりが盛んなイースト東京エリアの腕利きメーカーが参画する話題のプロジェクト、「東東京モノヅクリ商店街」のポップアップイベントが7月9日(金)からスタート。
東京スカイツリーに隣接した商業施設 東京ソラマチ 5F 産業観光プラザ すみだまち処で開催中です。
ジャパンレザー関連では、革バッグの「KIYOKAWA」としてお馴染みの清川商店、二宮五郎商店が出品。バッグ、財布、革小物をお披露目しています。


「かばんフェス」
人気イベント「かばんフェス2021」が横浜・みなとみらい クイーンズスクエア横浜で7月17日開催されます。一般社団法人 日本かばん協会 「信頼のマーク」PRキャンペーンの一環として行う同イベントは夏休み企画としてお馴染み。かばん職人による縫製実演や日本製かばんのプレゼントなど、盛りだくさんの内容です。

8月9日は「かばんの日」。
日本製かばんの品質や技術力を広く認知されることを目指し、日本記念日協会認定のもと、バッグの語呂合わせの日付である8月9日を「かばんの日」と制定しました。

一般社団法人日本かばん協会会員企業が日本で生産したものに付けられる「信頼のマーク」の紹介も。「信頼のマーク」とは、旅行用かばんからビジネス・ファッションバッグ、ランドセルまで、日本かばん協会 会員企業が国内生産したものにつけられるシンボル。
日本製で、優れたデザイン・品質を誇る信頼の証であるとともに、独自に定められた「鞄づくり 信頼3ヵ条」(1. 鞄づくりにプライドを持ち、信頼を守り続ける / 2. 常に挑戦し続ける、革新の姿勢を忘れない/ 3. 日本製品として、世界に誇れる鞄づくりに取り組む)をクリアしていることを意味しています。こちらもぜひチェックしてください。

現在、信頼のマーク付き日本製かばんで、おでかけしようキャンペーン実施中です。


丸善・丸の内本店「Arts&Crafts 革職人展」

恒例イベント「Arts&Crafts 革職人展」が丸善・丸の内本店 4F イベントスペースで開催しています。
前半後半の2期に分け、バッグ、財布、革小物を手がける19ブランドが参加。展示販売をはじめ、実演や各種オーダーも行い好評です。
 

「革にまつわる工具と工法
 ~レザークラフトをより楽しむ in すみだ 2021夏~」
革日和参加イベントすみだ2107.jpg
革に興味がある初心者から経験者、クリエイター、ビジネスパーソンまで幅広く参加できるイベント「革にまつわる工具と工法 ~レザークラフトをより楽しむ in すみだ 2021夏~」が7月30日(金)~31日(土)、東京スカイツリーのおひざもと、東京都墨田区八広 八広地域プラザ「吾嬬の里」で開催。
"ものづくり"にヒントになることを目指す、このイベントでは革に関わる工具・金具・塗料・ミシンなどの活用方法から意図や意味まで深く追求できます。
展示された皮革サンプルや器具を実際に手に取って、出展各社の担当者から、実際に話が聞けるのもうれしいですね。
感染予防対策を実施するのにあたり定員制限を設定。費用は2時間滞在して1,500円となっています。ご注意ください。
今回は、大阪のレザータウン、大国町周辺・奥なんばエリアで恒例のイベント「本日は革日和♪」が東京にやってきます。
前述の村木るいさん(「本日は革日和♪」主宰)のセミナーは「人に話したくなる革の話」革の買い方や歴史編、買い物や騒音対策編の2本立て。
これからレザークラフトをはじめたいひとにぴったり。質疑応答もできますので、お悩みや不安を一気に解消してみてはいかがでしょうか?


「タイム&エフォート」革鞄・ハンドバッグ特集
<日本の鞄・バッグの 現在過去未来>後編 近日公開
猪瀬さんインタビュー.jpg
「タイム&エフォート」2021年度の年間テーマ、革鞄・ハンドバッグ特集が始動。テーマ2「業界の有識者&博物館担当者に聞く 日本の鞄・バッグの 現在過去未来」第一弾、旭日章受章 猪瀬昇一さんにインタビュー。前編に続き、後編が近日公開予定です。
ぜひ、ご覧ください。

カテゴリー: 国内革事情

7月を迎え、2021年も後半に突入。まん延防止等重点措置の延長が検討されていますが、商業施設ではクリアランスセールの本格化とともに、催事に対する制限を緩和。ジャパンレザー関連のイベントなども順次開催されています。
そんなイベントのレポート、今後開催予定のイベントのお知らせなどをまとめました。参考にしていただけますように。


「レザーワールド2021」 第一弾終了
LW21 UH01.jpg
レザーの祭典「LEATHER WORLD 2021」第一弾が、大阪・梅田 阪急うめだ本店 9Fで 7月1日(木)~5日(月)の5日間行われました。
LW21 UH17.jpg
革の「種類」「大きさ」「質感」「色合い」の体験、レザーの魅力に多面的に触れていただくことを目的とした同イベントでは、驚きと感動を今年もユーザーに提案しました。
LW21 UH04.jpg

LW21 UH13.jpg
百貨店での開催ということもあり、製品と皮革素材サンプルのスペースが近く、ミックスされた展示が新鮮。革と革製品の関連性をより身近に感じることができますね。
LW21 UH12.jpg

LW21 UH14.jpg
鞄・バッグ・財布など革製品はもちろん、靴の注目度も高かったのも特長です。
LW21 UH30.jpg
日本を代表するシューズブランド「リーガル」の注目ラインは「エコレザー」と「エコペット」のシリーズ。サステナブルな素材使いが話題です。
LW21 UH22.jpg
履き心地の良さに定評のある「エマフランシス」。靴の街 神戸から発信! 神戸牛を使用したシリーズでファッションの"地産地消"を提案し支持を集めています。

プレフォールコレクションをチェックして、気分が秋にスイッチしたら、靴からチェンジしてひと足早い秋支度を。上質なジャパンレザーの靴でカジュアルになりがちな夏服の着こなしを引き締めて。時代性・社会性のある靴で足もとをアップデイトしてみてはいかがでしょうか?
LW21 UH05.jpg
毎回大人気のワークショップも充実。本格的な革製品の手づくりにトライできます。
LW21 UH03.jpg
クリエイター&つくり手による丁寧な指導でDIY ビギナーをしっかりサポート。
LW21 UH07.jpg
会場はソーシャルディスタンスに配慮した設営・運営となっており、ワークショップなども、1回ごとの参加人数を調整し、密にならない状況を徹底。レザーを愛するひとも、レザーに興味があるひとも、レザーを知りたいひとも、幅広く楽しめる場となりました。次回開催もどうぞお楽しみに。


「皮革講座」今年度もスタート
LST0101.jpg
「皮革講座 Basic(初級)」がスタート。2021年は東京・大阪・仙台・福岡・名古屋の5都市にて計7日、しかも各日それぞれ2回の全14回開催予定です。
LST0105.jpg
7月4日(日)の東京開催分が無事終了。その様子が「レザーソムリエ」公式SNSアカウントで投稿されました。15:15~の第2回開催分には席に余裕があるそうですので、次回以降、参加ご検討なさっているかたはご注目を。


「タイム&エフォート」革鞄特集<鞄の街 豊岡の歴史>公開
豊岡鞄の歴史.jpg
「タイム&エフォート」2021年度の年間テーマ、革鞄特集が始動。テーマ1「日本の鞄・バッグ プレイバック第二弾、<鞄の街 豊岡の歴史>が公開となりました。
豊岡鞄会場201102.jpg
千年の伝統をもつ産地のものづくり、ぜひご覧ください。


エスペランサ靴学院が「おはよう関西」(NHKテレビ)に登場

エスペランサ靴学院が「おはよう関西」(NHKテレビ)で「伝えたい! "靴作り"の魅力」と題し紹介されました。放送内容が NHK関西ブログで公開されています。大阪に移転した同校のリスタート、ご注目を。


「ジャパンレザーアワード2021」公式サイトオープン
JLA21.png
国内最大のレザープロダクトコンペティション「ジャパンレザーアワード」が今年度も始動。
いよいよ6月28日(月)から事前エントリー申込が開始されました。
ベータパース.jpg
受賞作品の展示が東京・新宿に。"体験を売る店舗"「 b8ta(ベータ)」を活用し、「売れる商品づくり」をお手伝い。時代の変化に合わせアップデイトし、皮革関連企業・事業者・クリエイター・学生・・・とさまざまな立場に寄り添い、サポートします。くわしくは公式サイトをご覧ください。


「したまち小粋マーケット」
したまち小粋.jpg
台東ファッションザッカフェア主催ポップアップイベント「したまち小粋マーケット」が7月8日(木)〜11日(日)の4日間行われます。
会場はファッションザッカの産地・台東区の玄関口のひとつ、JR上野駅中央改札前のグランドコンコース。台東区周辺のつくり手たちの自信作・意欲作がそろいます。

腕利きファクトリーとしてお馴染みの猪瀬、三和袋物、キクヒロ、山藤、ヴァ―ブクリエイションをはじめ、台東区周辺のつくり手たちの自信作・意欲作がそろいます。
東日本バッグ工業組合 組合員有志メーカーによるポップアップイベント「TOKYO LEATHER GOODS FACTORY COLLECTION」の公式アカウントで、三和袋物、キクヒロの最新トピック、商品情報をご確認ください。


「教えるフェスタ2021夏」<プロの仕事術>ライブ配信
教えるフェスタ.jpeg
サンプル師が教えるバッグ教室の恒例プロジェクト「教えるフェスタ」が7月25日(日)に実施予定。10:00~12:00の12時間 LINEライヴ配信を行う大型企画です。
同教室の人気講師はもちろん、当ブログ月イチ連載でお馴染みの村木さんも登壇。村木さんは3Dプリンターのレザークラフトでの活用例を徹底レクチャーします。
すべての回で見逃し配信付きなので、何度でも視聴できるのがうれしいですね。エントリーは7月18日(日)までとなりますので、お早めに。くわしくは下記リンク先をご確認ください。

カテゴリー: 村木るいさんの「人に話したくなる革の話」

月1回のスペシャルコンテンツ、村木るいさんの「人に話したくなる革の話」。
今回は、姫路の最新トピック2本立て。新施設 ペレテリアを見てきた話と、恒例イベント「レザーフェスティバル」のご紹介。
皮革産地、兵庫・姫路で取材をし、村木さんが独自の視点でレポートします。
(兵庫県在住の村木さんが県内のみの移動で感染対策を万全に行いました)

*   *   *

通常、皮革産業のさまざまなトピック、イベントのレポートなどをお届けしておりますが、人気イベント「本日は革日和♪」を主宰する村木るいさんが月1回スペシャルコンテンツをお届けしています。イベント、セミナーなど精力的に活動する村木さん。皮革に関する確かな見識を有し、幅広い情報発信に支持が寄せられています。
当ブログでは、レザーに関心をもちはじめた若い世代のかたや女性ユーザーにお伝えすべく、わかりやすい解説とともに西日本の皮革産業の現状をご紹介しています。独自の視点・レポートが大好評です。
人気イベント「本日は革日和♪」。今後の予定、スケジュールなどは下記のリンク先をチェックしてください。

  「本日は革日和♪」

*   *   *

毎度です!

「さて、夏や秋の予定がドタバタと決まってきました」ムラキです。

コロナ前は、秋はイベントが毎週のごとく何かしらあるレベルでしたが、すでに2年弱、イベントで話していません。同業者とも喋っていましたが「イベント体力」「ワークショップ体力」が低下しているなぁ、と。ハァ...

さて、今回のblogでは、姫路で7/17.18(土.日)に行われる新喜皮革のレザーフェスティバルと、それにあわせてオープンされる「ペレテリア」という革の施設の紹介です。

目次 [hide]


新喜皮革のレザーフェスティバル

コミュニケーションスポット「ペレテリア」を紹介

1Fはカフェ

1Fは作業スペースと展示ブースの意味がある

2Fは飲食スペースと資料陳列

金唐革、とは、、

さて、ペレテリアをなぜ作ったの?

ペレテリアってどういう意味?なんでこういう建物を作ったんですか?

1Fの革の展示は販売もするの?

ペレテリアと新喜皮革の場所やイベント日程

最近と今後の村木の話

新喜皮革のレザーフェスティバル

2106JLIA16.jpg

2021年レザーフェスティバル | 馬革専業タンナー 新喜皮革|コードバン・ホースハイド・馬革


以前当ブログでも紹介した新喜皮革さんが毎年開催されているイベントですね。

村木るいさんの「人に話したくなる革の話」/新しいタイコとブラックバスとランドセルのミュージアムの話


例年は3月頃に開催されていましたが、今年は7月に開催されます。
新喜皮革さんによるイベントで革の販売や革製品販売、ワークショップなどが開催されます。

★以下の写真は2019年開催時に撮影したものです。

マスクを着用なさっていない来場者や

スタッフの皆さんもいらっしゃいます。

また、会場の収容人数に関しましても、

ソーシャルディスタンスの概念がない、

コロナ前の状況ですので、ご了承ください。

2106kako04.jpg

2106kako14.jpg

2106kako01.jpg

2106kako02.jpg

2106kako13.jpg

2106kako15.jpg

2106kako16.jpg

2106kako20.jpg

当日は新喜皮革のタンナー工場見学も行われますが、例年速攻で予約が売り切れます。(今年も早々になくなりました)


新喜皮革「コードバンファクトリーツアー」& ペレテリア「姫路レザーヒストリーツアー」 | 馬革専業タンナー 新喜皮革|コードバン・ホースハイド・馬革


車で行くのはオススメできないです。車がないと困る場所ではあるのですが、駐車場スペースが少ないんですよねぇ。例年それで「駐車できない!」「工場見学していたのに車止められなくて入れなかった!」という声もチラホラと。

コミュニケーションスポット「ペレテリア」を紹介

ペレテリアは靴の手入れ剤のユニタスさんが作った施設で、今回のレザーフェスティバルの7月17日にオープンします。

で、6月の建設真っ最中の状態で見に行きました。

2106JLIA50.jpg

2106JLIA54.jpg

Pelletteria(ペレテリア)- UNITERS Far East CO.,LTD

※グーグルマップでもまだ登録されていませんが、下記の場所で間違いなしです。

わぉ、金かかっている設備だなぁ!ってのが大阪人らしい第一声です。
事前にアポをとっておき、取材名目で伺いしました。当日はビックリなことにユニタス社長さんに直接ご案内いだきました。社長、ありがとうございました。


1Fはカフェ 

2106JLIA44.jpg

2106JLIA04.jpg

1Fはカフェスペースと、作業スペースとなっています。
なんせまだ建設真っ最中。箱ができた状態でカフェスタッフさんが研修中でした。

2106JLIA11.jpg

2106JLIA15.jpg

 

1Fは作業スペースと展示ブースの意味がある

上記写真の反対側は、下記写真のようにミシンなどがおかれたワークショップスペースとなります。

2106JLIA01.jpg

2106JLIA05.jpg

うわ!バンドマシンまであるやん、、

‐‐‐ このスペースはどう使われるんですか?

社長 「月額支払っていただいたら、使い放題な作業スペースとなります。

また、常駐の講師がいて、ワークショップなどができるようにします。

すでにその手配も済んでいます」

‐‐‐ このスペースを月額払って商品作る、という使い方してもいいの?

社長 「それも構いませんよ。

ミシン漉き機もあるので、その使い方をきちんと熟知されているなら、

そのような使い方も大丈夫です」

2106JLIA03.jpg

‐‐‐   これはなんですか??

社長 「これは1つの棚が1社の展示ブースです。

このように革を陳列します」

2106JLIA06.jpg

‐‐‐ あ~なるほどなぁ。こりゃまた小洒落た見せ方やねぇ。

このスペースは常設展示なんですか?

社長 「ペレテリアの趣旨に賛同していただき、

月額を支払っていただいたら

このスペースを陳列として使ってもらって構いません」

‐‐‐ じゃぁ、革関係だったら姫路高木地域じゃない所や

革に関する工具なども陳列していいんですか?

社長 「スタートした当初はまずは姫路地域だけにしてもらっています」

‐‐‐ んー、面白いなぁ、この陳列方法は。


2Fは飲食スペースと資料陳列

2106JLIA14.jpg

2106JLIA18.jpg

トントントン、とあがると2Fに。

こちらは陳列スペース。

で、知る人ぞ知る、、なのかなぁ、、革の資料収集で有名な皮革史研究者 林久良氏のコレクションのごく一部が陳列されていました。おぉ!これが見たかった!

2106JLIA22.jpg

2106JLIA24.jpg

2106JLIA32.jpg

2106JLIA28.jpg

2106JLIA27.jpg

今現在は、金唐革が歴史的資料が展示されています。貴重品で、めったに見れるものじゃないので見る機会があるならば、見ておいて損はないです。

林久良氏は姫路の皮革研究家で、ものすごく多数の皮革の歴史的な資料を所有されています。

下記は林氏のコレクション展示が行われたイベントです。あれはすごい展示だった、、ほんとに、、

参考リンク>姫路・たつのじばさん皮革まつり ~17.9/24 in姫路駅地下 | phoenix blog

17082601.jpg


金唐革、とは、、

2106kinraka.jpg

イタリアのフィレンツェでルネッサンス最中の1470年頃に壁の装飾用として作られ、日本には寛文2年(1662年)に伝来した。日本では煙草入れや袋物など生活用品に使用された。

金唐革  

皮革用語辞典より

参考リンク>金唐革(Gilded Leather)とは

金唐革は日本では貴重品だったため、紙で再現し、それを壁紙などに使っていました。

金唐革紙(きんからかわし、Japanese leather paper)もしくは金唐紙(きんからかみ)は日本の伝統工芸品である。和紙に金属箔(金箔銀箔箔等)をはり、版木に当てて凹凸文様を打ち出し、彩色をほどこし、全てを手作りで製作する高級壁紙である。金属箔の光沢と、華麗な色彩が建物の室内を豪華絢爛に彩る。現在の金唐革紙復元製作は日本画家・絵本画家の後藤仁を中心に行われた。

金唐革紙 - Wikipedia より

さらにここから革を模した紙=擬革紙も作られ、伊勢神宮のお土産品として有名にもなりました。

擬革紙 - Wikipedia

お伊勢参りの代表的なお土産として、江戸時代から昭和の初期にかけて大ヒットしたのが、擬革紙製の煙草入れです。明治に、煙草入れの和紙加工技術は日本の和紙産業に大きな影響を与えました。代表的な輸出品としてヨーロッパの宮殿等を飾った金唐紙と擬革紙の資料を展示しています。

三重県まちかど博物館/まちかど博物館詳細/三忠

金唐革というものが日本に入ってきたが、動物の革を利用するのはあまりに贅沢であり、和紙で革を再現した。その一方で欧州では逆に革はありふれた素材であり、紙のほうが貴重品でもありました。

日本はつくづく木の国であるな、と実感させられますな。


さて、ペレテリアをなぜ作ったの?

‐‐‐ ペレテリアってどういう意味?なんでこういう建物を作ったんですか?





社長 「ペレテリアはイタリア語で革製品、という意味ですね。

この建物を作ったのは

革業界の交流の場として使っていただきたいからですね」


‐‐‐ 交流の場ってのは??


社長 「当社はご存知のように革の手入れ剤を販売しています。

この姫路の地で商売をしてきましたが、

姫路の地は革の生産地として知られていますが、

交流の場が存在しません。

この場合の交流の場は革の専門家であるタンナーさんだけではなく、

消費者や販売者、革の専門家、革製品のつくり手など、

いろいろな方々に交流してほしい。

当初は、まず姫路地域だけにしてもらっています」

2106JLIA14.jpg

‐‐‐  消費者だけではなく、販売者などにも来てもらいたいんですか?


社長 「はい。

例えばタンナーさんは間違いなく革の専門家です。

ですが、消費者が何を望んでいるかまではわかりません。

その一方で販売の方々は販売のプロです。

消費者が何を望んでいるかを最前線で見ています。

そういう方にしたら革の専門家であるタンナーさんが

どういう業種か、というのがわかりません。

この場がそういう人向けの交流の場であれば、と思っています」

2106JLIA42.jpg

‐‐‐  ミシンなどの生産機械もあるのはなんでですか?


社長 「(前述にもありますが)

常駐の講師がおり、

ここでワークショップなどができるようにしています。

また、ムラキさんがおっしゃったように

月々の金額を払っていただいたら、ここで製品づくりをしてもらって構いません。

この場がプロフェッショナルになりたい、

という人をバックアップできたらな、と思っています」


‐‐‐  どのようにバックアップされるんですか?


社長 「まだ構想段階ですが、

2Fスペースは常駐の展示場、というわけではありません。

例えばこの2Fで作品展示会などをしていただいても構いません。

さらには、奥にはVIPルームもあります」

2106JLIA34.jpg

‐‐‐  VIPルーム!?


社長 「2F展示場の隣に重厚な扉ありましたでしょ?

ここがVIPルームとなります。

ちょっと見てみてください」


‐‐‐  ほぅ、どらどら、、、、

げ、これはお金かかっているなぁ、と

大阪人らしく言いますわ。

これは写真に載せて良いものじゃないですね。

このソファーすごいですな


社長 「ありがとうございます。

こちらを使って商談の場として

使ってもらっても構わないんです。


生産の場であり、発表の場にしていただくことで、

プロになりたい・革で食べていきたい、

という人をバックアップさせていただけたら、と思います」


1Fの革の展示は販売もするの?

2106JLIA41.jpg

‐‐‐  1Fの展示スペースで

革を1社1つで展示されていますよね?

あれって

販売もされるんですか?


社長 「弊社で販売もする予定です」


‐‐‐  その場合は各社のサンプルオチの革なりを安く販売、

とかするんですか?


社長 「ここだと安く買える!という場にするつもりはありません。

それよりも各社さんには

自分たちの自信のある革を是非展示してもらいたいと思っています」


‐‐‐  オープン3週間前ですけど、まだまだ革集まっていませんよね?


社長 「2日前ほどから各社さんから革を送ってもらっているんですけど、

まだ4社ほどしか来ていないんですよ。

7月17日までにはズラリと各社自慢の革が並ぶ予定です」


‐‐‐  7月17日かぁ。また楽しみに来ますね。


ペレテリアと新喜皮革の場所やイベント日程

ペレテリアと新喜皮革は徒歩で10分ほどの距離となります。

前述していますように、新喜皮革まで車で行っても十中八九駐車できないと思ったほうが良いです。それならペレテリアに停めて、そこから歩いたほうがおすすめです。ただ、初日はものすごく混みます。

各社公式ホームページをご覧ください。


Pelletteria(ペレテリア)- UNITERS Far East CO.,LTD

新喜皮革 - コードバン・ホースハイド・馬革|兵庫県姫路市の馬革専業タンナー 新喜皮革

レザーフェスティバル告知ページ


レザーフェスティバル

2021レザーフェスティバル開催概要
日時:2021年7月17日(土)~18日(日)
開場:10:00 (ペレテリアは17日グランドセレモニーのため11:00開場)
閉場:16:00

・ご来場の皆様へ
当日は混雑が予想され、入場をお待ちいただく場合もございます。
お車でお越しの際、メイン駐車場が満車の場合は近隣駐車場をご案内いたします。
駐車場の混雑が予想されるため、公共交通機関のご利用をお勧めいたします。

バスご利用の場合は、姫路駅より「セントラルパーク」「清住」「小原」「社」行いずれかに乗車してください。
約16分乗車後、「小川橋停留所」で下車していただき、 徒歩約5分で新喜皮革へ到着いたします。


最近と今後の村木の話


前回の当ブログ公開後、「JLIA blog の裏側」(個人ブログ)も更新しました。ふたつ併せてご覧いただくと、いろいろ得られるものはあると思います。

村木るいさんの「人に話したくなる革の話」/クラウドファンディング経験者に聞いたみた

21年5月のJLIAblogの裏側:クラファンやってどうだった?という話の裏 | phoenix blog


この数日くらいで色々と決まったのですが、、

レザーソムリエ |
レザーソムリエ | 皮革講座について

下記、大阪会場でお手伝いで革の講習ちょっとやっています。仙台あたりも面白そうだから行ってみたいんですけどねぇ。

  • ⑤ 2021/08/18(水)第1回 13:00~14:45(受付12:45~)
    ⑥ 2021/08/18(水)第2回 15:15~17:00(受付15:00~)

    大阪会場:TKPガーデンシティ大阪淀屋橋
  • ⑦ 2021/08/22(日)第1回 13:00~14:45(受付12:45~)
    ⑧ 2021/08/22(日)第2回 15:15~17:00(受付15:00~)

    大阪会場:TKPガーデンシティ大阪淀屋橋

レザーソムリエですが、メールアドレス登録で見ることができる動画講座も大概内容濃いので、ここまでblog読んでくれている方はぜひ見てみてください。絶対ためになりますので。そして革は動画だけではなく、手触りも含めて体験しないと面白さ半減です。

レザーソムリエ | オンライン皮革講座Basic(初級)


素材博覧会 KOBE 2021 夏 

8月26日~28日、「本日は革日和♪」として出展しています。コロナのためセミナーなどないと、私はボ~~~~っとしているだけですな。喋るな・技術講習やるな、と言われると何もできないですなぁ、私。


ジャパン レザー アワード 2021 | Japan Leather Award 2021 

10月2日~3日は、例年どおり二子玉川ライズで全応募作品の展示が行われます。今年もここでムラキがなにかを・・・。


カテゴリー: 国内革事情

沖縄県を除く9都道府県の緊急事態宣言が解除となり、通常の生活へと戻りつつあるなか、緊張感を保ちながら、皮革業界も活動しております。
現在開催中の展示会をはじめ、開催予定のイベントのお知らせなどをまとめました。参考にしていただけますように。

皮革関連企業個展開催中
「東京レザーフェア」に加盟する企業各社が個展を行っています。「富田興業」では「Lather for」をテーマに開催。
富田様2106新作01.jpg
環境への配慮からメタルフリー素材への関心の高まりを背景に、「JANPIN」を発表。鞣しにおいて、クロム、金属を全く使用しないサステナブルで、アレルギーフリーのレザーです。
富田様2106新作02.jpg
日本皮革技術協会が設けた「日本エコレザー基準」も満たしています。発色と手触りでやさしさを表現したレザーのほか、多彩なラインナップを展開しています。

「東京レザーフェア」公式サイトの個展開催情報<まとめ>に加え、<出展社一覧>と個展が集中する<エリアマップ>がセットになったリーフレットも登場! ぜひ、ご活用ください。なお、すでに終了となってしまっている企業もありますので、ご注意ください。

「まちのかばんやさん ~新墨田鞄工会~」
まちのかばんやさん2106.jpg
東京スカイツリータウンの商業施設、東京ソラマチ内の「墨田区産業観光プラザ すみだ まち処」で恒例のポップアップイベント「まちのかばんやさん ~新墨田鞄工会~」が6月25日(金)から行われます。
「まちのかばんやさん」は「革製品のお店」をイメージした期間限定の展示販売会。老舗ファクトリー「丸ヨ片野製作所」、腕利き職人 中野克彦さんが手がける「HIS-FACTORY」、女性クリエイター 吉武真理さんによる「Atelier Yauyau」をはじめ、6社で構成。それぞれの個性が楽しい、バッグ、財布、革小物がそろいます。

「HIS-FACTORY」は日曜お昼の人気番組「なりゆき街道旅」(フジテレビ系/12:00~)6月20日放送分で登場!
番組では今回、押上周辺を紹介。MC 澤部佑(ハライチ)さんをはじめ、俳優・ミュージシャン 陣内孝則さん、丹生明里(日向坂46)さんが訪問。陣内さん、丹生さんがその場でお買い上げ。その購入品が放送後、即完売となるなど大反響。急きょ追加生産しているそうです。

「rooms JOURNEY 01」阪急うめだ本店で開催
ルームスジャーニー01t メイン.jpg
国内外のクリエイターを発信するプラットフォーム「rooms(ルームス)」が、 日本各地のつくり手とユーザーの交流を通して地域活性を図るマーケットイベント「rooms JOURNEY(ルームス ジャーニー)01 」~みんなと一緒に描く「ちがう地図。」~ の開催概要を発表しました。場所は大阪・梅田 阪急うめだ本店 9F。7月1日(木)~5日(月)、クリエイティブでサステナブルな思想や文化、アイデアを持つ つくり手が約80組以上集結します。

会場内では、革の季節、秋の恒例イベント「レザーワールド」も開催。
革製品だけではなく、国産皮革の良さを知ってもらうために、素材や職人の技術に触れる、ワークショップなどの体験を通して触れる、レザーの魅力に多面的に触れることをコンセプトにしたプロジェクトです。毎回大人気のワークショップも充実。レザーファンの皆さま、ご期待ください!

「したまち小粋マーケット」7月8日から開催
したまち小粋.jpg
台東ファッションザッカフェア主催ポップアップイベント「したまち小粋マーケット」の概要が発表されました。
7月8日(木)~11日(日)の4日間、革小物やバッグ、シューズなどの販売イベントを行います。会場はファッションザッカの産地・台東区の玄関口のひとつ、JR上野駅 中央改札前のグランドコンコース。台東区周辺のつくり手たちの自信作・意欲作がそろいます。
また、台東区・荒川区・足立区・葛飾区の4区合同プロジェクト「東京TASK」が行う「ものづくりアワード」で、過去に大賞などを受賞したメーカーも出店し、ライフスタイル雑貨をお披露目。こちらもお見逃しなく。

「ジャパンレザーアワード2021」6月28日募集開始
国内最大のレザープロダクトコンペティション「ジャパンレザーアワード」が今年度も始動。ティザーサイトが6月1日(火)に公開され、いよいよ6月28日(月)からエントリー開始となります。
受賞作品の展示が東京・新宿となるなど、大きく変わります。28日に公開される本サイト、必見です!

「姫路 革の市」7月4日開催
毎月第1日曜恒例の「姫路 革の市」。7月の開催が公式サイトで発表されました。国内有数の皮革産地・姫路のなかでもタンナー(皮革製造工場)が多く集積する高木地区で直売市を行っています。
「姫路で生み出された高品質な皮革を知っていただき、日本のものづくり文化の発展に寄与したい」との想いが込められ、地場産業である皮革を用いた革製品(鞄/靴/小物)を出品。天然皮革素材、副資材が豊富にそろい、DIY派ユーザーに人気を集めています。移動に無理のないかたはぜひ。

全国皮革振興会 皮革手芸教室 再開
全国皮革振興会 皮革手芸教室(東京・蔵前)は東京都の「緊急事態宣言」解除に合わせ、6月21日(月)より再開されました。
2021年10月生は、募集される予定ですので、どうぞ、お楽しみに。

カテゴリー: 国内革事情

6月20日は「父の日」。新型コロナウイルス感染防止対策として推奨されている非対面・非接触で贈るギフトがよろこばれそうです。また、大人の男性が自分へのご褒美を探す「セルフ父の日」も注目されています。
付加価値性が高く確かなクオリティのジャパンレザー製品も充実。各社からの提案も多彩です。その一部をピックアップしてまとめました。参考にしていただけますように。


「豊岡鞄」
豊岡鞄父の日ギフト提案.jpg
日本有数の鞄産地として知られる兵庫県豊岡市の地域ブランド「豊岡鞄」。同オンラインショップでは現在、「父の日の贈り物」特集ページを公開中。
「財布・小物」「ファッショナブルな休日バッグ」「コンパクトなお出かけバッグ」「素材・機能にこだわり個性派バッグ」「豊岡の定番ビジネス」「オン・オフ使える機能的リュック」「贅沢なレザーバッグ」以上7カテゴリーで構成し、「豊岡鞄」の各社からバイヤーがセレクトした92アイテムを紹介。
「年に一度の、お父さんが主役の日」「素敵なお父さんでいてください」というメッセージから、さり気なく「セルフ父の日」へのサポートも感じさせ、じっくり見たいページとなっています。



「日本革市」
img-main-r3-tokiwa.jpg

国産天然皮革の魅力を発信する人気イベント「日本革市」が6月17日~22日、トキハ百貨店(大分県大分市)で行われます。
新進クリエイター、老舗ベルトファクトリーなど幅広いジャンルの皮革製品メーカー13社が参加。バッグ、財布をはじめ、革小物の自信作・意欲作が各社から登場しています。レザーファンはもちろん、自身のスタイルを確立した大人の男性にも新しい発見・出会いがありそうです。



「栃木レザー」
栃木レザー様.jpg
レザーファンにお馴染みの「栃木レザー」アンテナショップが「父の日フェア」を6月20日まで開催しています。
アンテナショップ限定販売・ロングセラーアイテム、オリジナルマネークリップが人気です。
期間中にマネークリップ、栃木レザー穴なしベルト、栃木レザーオリジナルベルト、コインキャッチャー、minca製メガネケースのいずれかを含み、10,500円(税込)以上のお買い上げで、ネクタイピンをプレゼント。夏ボーナス前、自分へのご褒美をお探しのかたにもぴったりですね。


「野村製作所」
野村様フラグメントケース.jpg

イースト東京を代表する腕利きファクトリー「野村製作所」ではフラグメントケースがロングヒット中。
女性を中心としたミニバッグブームに連動したコンパクト財布、フラグメントケースの流れ。いまでは、性別年代問わず支持されるなか、男性を意識したブラックの売れ行きが上昇中。このほか、バリエーションも豊富です。
「春財布」の時季は店頭が混雑していて専門店に行きにくいというかたも、父の日シーズンはじっくり買い物を楽しめそうですね。


「パーリィー」
パーリィー様.jpg
東日本ハンドバッグ工業組合有志メーカーが展開する「KAWANOWA」では、カジュアルなギフトにぴったりの革製品をまとめて紹介しています。
そのひとつ、人気ブランド「パーリィー」のエルクペン&メガネケース。「エルク」とは北米に生息する大ジカ。国内のタンナーによってなめされ、東京の自社工房で職人たちが丁寧に仕上げています。
なかでも、このペン&メガネケースがベストセラーです。4ミリ厚のソフトな革を生かし、ホールド感が抜群。メガネ、サングラス、万年筆・・・と大人の男性に欠かせないアイテムをやさしく包み込むように収納します。


「minca」
minca様.jpg
話題のエリア、東京・北千住の人気ショップ「minca」の靴べらキーホルダーに注目です。非接触が欠かせない今、感染対策の一環で訪問先に設置された靴べらの使用を控えることから、ニーズが高まるマイ靴べら。ナスカンつきでバッグやキーホルダーにもつけられるのがうれしい。7色展開されていて、明るいカラーも映えますね。レザーは栃木レザーを、金具には真鍮を採用。使うほどにエイジングを楽しめます。


「FLEDGE」
wallet-036.jpg
メンズファッション誌「LEON」のWEB版「LEON.jp」6月11日更新分<欲張りな大人は必見! 無敵の財布とは?>にて、「藤豊工業所」オリジナルブランド「FLEDGE(フレッジ)」 のミニ財布が紹介されました。
シンプルな仕様にスキミング防止加工をプラスした逸品です。世界的にも珍しいベジタブルタンニンのヌメクロコ(ナイルクロコダイル)に藍染めを施しブルーを表現。このほか、茜(レッド)、ログウッド(ブラック)、ヌメ(ヌメ色)を展開しています。直営ショップ(柏髙島屋 本館 6F)をはじめ、蔦屋書店 六本木店で取り扱いスタート。


「東京クロコダイル」
スモールクロコキーケース.jpg
マンションや自動車のスマートキーは大きめで持ち運びがしにくく忘れものにつながりがち。こちらのキーケースは免許証やETCカードなどもまとめて収納できるので、とても便利です。
ナイルクロコL字ミニ財布.jpg
小さめバッグと好相性で大人世代にも使いやすい財布。新しい価値観をさり気なくおすすめできるのがうれしいですね。使い方のご相談などコミュニケーションが増えますように。


「CEBEC TOKYO」
カードケース ヒマラヤ(表).jpg
人気復活中の長財布をブラッシュアップ。たった7mmの極薄で仕上げました。ジャケットの内ポケットにもすっきり収まりシルエットを崩しません。暑い夏もスタイリッシュな大人に。


「Team Crocodile」
コビーム様210601.jpg
「K・BEAM」の新プロジェクト「Team Crocodile」のヒット作。ブラック、ブルークレー、ニコチン、ベージュを展開。カード6枚、紙幣10枚まで収納可能。無双とは裏表同じ素材を使用した贅沢な仕立て。ファクトリーブランドならではの感謝価格も好評です。


「Leather Department Store(L.D.S.)」

レザーファンの注目を集める話題のショップが北海道、福岡にオープン。この財布をはじめ、ジャパンレザーの多彩なラインナップが好評です。状況によって店舗の営業が一時休止する可能性がありますので、ご来店の際はご注意ください。


「CICHIARO(チキャロ)」
チキャロ様.jpg
ジェンダーレス&エイジレス時代に相応しい大人のポシェット。薄着のシーズンはポケット代わりとなってくれるミニボディバッグです。
バッグではありそうでなかった、L字ファスナー仕様を採用した開口部。開閉、収納の出し入れのスムーズさ、ハンズフリーの快適さは、一度使ったら手放せなくなるヘビーユーザーも続々!
「LEON」2021年4月号「チラッと見えるリッチな斑が◎ 手ぶらなエキゾがラグジュアリーの極み」掲載アイテムです。

カテゴリー: 国内革事情

新型コロナウイルスワクチンの企業や大学などでの「職域接種」について、申請の受け付けが8日からスタート。新規感染者の増加ペースも落ち着いてきたようです。

皮革業界でも感染対策を十分に行い、経済活動を推進しています。各社各団体で判断が異なり、延期となったものもありますが、開催決定となったイベントやトピックをまとめました。参考にしていただけますように。

「皮革講座」開催概要発表
皮革講座koza-photo01.png
「皮革講座 Basic (初級)」の開催概要が発表されました。2021年は東京・大阪・仙台・福岡・名古屋の5都市にて計7日、しかも各日それぞれ2回の全14回開催予定です。
コロナウイルス感染対策も万全。ご安心いただけるのではないでしょうか。ご興味のあるかたはリンク先をご覧ください。

「東京レザーフェア」個展情報公開
東京レザーフェア115A1330-2.jpg
東京レザーフェアに加盟する企業の個展開催情報のまとめ記事が「東京レザーフェア」公式サイトで公開されました。すでにはじまっている企業もありますので、ぜひご覧ください。
個展開催情報<まとめ>に加え、<出展社一覧>と個展が集中する<エリアマップ>がセットになったリーフレットも登場! ぜひ、ご活用ください。

足立区の販路拡大支援事業「あだちBM」プロジェクトスタート
01_a!_A5_leaflet_0507_FIN-1.jpg
ものづくりが盛んな東京都足立区で新たな産業振興・販路拡大支援事業「あだちBM」プロジェクトがスタートしました。
01_a!_A5_leaflet_0507_FIN-2.jpg
バイヤー&販売促進のプロが一緒に考え、ものづくりを発信します。地場で活動するクリエイター・事業者を対象とし参加者の募集を開始。6月23日、オンラインミーティングが行われます。
ご興味あるかたは下記リンク先をご覧ください。

うすい百貨店「日本革市」第二週スタート
革市うすい2106002.jpg
国産天然皮革の魅力を発信する「日本革市」が6月2日~15日、福島県郡山市のうすい百貨店 1F 中央ホールで行われています。
うすい革市第一週.JPEG
(画像は第一週の様子です)
今回の期間は二週間。週ごとに出展社がメンバーチェンジ。第二週は、お馴染みのファクトリー、三竹産業、Charis+、レリップ、エールックが参加します。日本各地の腕利きタンナー&ファクトリーの自信作・意欲作に出会ってください。

「TOKYO LEATHER GOODS FACTORY COLLECTION」SNSアカウント開設
TOP_title.jpg
東日本ハンドバッグ工業組合 組合員有志メーカーによるポップアップイベント、「TOKYO LEATHER GOODS FACTORY COLLECTION」がSNSアカウント(インスタグラム)を開設しました。
ポップアップイベントは6月11日から池袋駅構内 南改札外イベントスペース(東武百貨店 B1F 6番地入り口前)開催予定です。
出店企業5社(きくひろ、三和袋物、フルカワ商会、ミヤ・レザークラフト、ヤマダ/五十音順)の自信作を続々発表。
上質なバッグ、財布、ユニークな革小物をチェックしてみてください。

タイム&エフォート 革鞄特集 note アカウント開設
news_210601.jpg
ジャパンレザーの魅力を発信するプロジェクト「タイム&エフォート」では、文章、写真、イラスト、音楽、映像などの作品を配信するメディアプラットホーム、noteで公式アカウントを開設。
靴産業150周年を記念した「革靴特集」に続き始動した「革鞄特集」の告知を中心に、既存のSNSユーザーとは異なる、知的好奇心が高い層へ向け、ジャパンレザーの魅力をアピールします。

西成製靴塾 第26期卒業式
西成製靴塾 第26期生の卒業式が5月25日に開催されました。
「26期生のお二方、本当によくがんばられました。卒業おめでとうございます。納品式と卒業式のあとは、取り寄せたお弁当でマスク会食をしました。コロナ禍収束まであと、もう少しでありますように」(西成製靴塾 公式SNSアカウントより)
若きつくり手の巣立ち、うれしいものですね。自分らしいものづくりを追求し、ご活躍を祈っています。
くわしくは下記リンク先をご覧ください。

カテゴリー: 国内革事情

緊急事態宣言が6月20日まで再延長される一方、東京都が大型商業施設に対する休業要請の内容を緩和。百貨店各社では、6月1日の平日から全館での営業を再開しました。
皮革業界でも感染対策を十分に行い、営業しています。各社で判断が異なり、延期となったものもありますが、開催決定となったイベントやトピックをまとめました。
参考にしていただけますように。

うすい百貨店「日本革市」6月2日から開催
img-main-r3-usui.jpg
国産天然皮革の魅力を発信する「日本革市」が6月2日~15日、福島県郡山市のうすい百貨店 1F 中央ホールで行われます。
今回の期間は2週間。週ごとに出展社がメンバーチェンジします。日本各地の腕利きタンナー&ファクトリーのものづくりに触れてみてはいかがでしょうか。

「ジャパンレザーアワード2021」ティザーサイト公開
21アワード ロゴ.png
国内最大のレザープロダクトコンペティション「ジャパンレザーアワード」が今年度も始動。ティザーサイトが6月1日に公開されました。6月28日からエントリー開始となります。
新型コロナウイルス感染拡大防止の観点からイベントをアップデート。受賞作品の展示が東京・新宿となるなど、大きく変わります。グランドオープンをどうぞお楽しみに。

「TOKYO LEATHER GOODS FACTORY COLLECTION」6月11日から開催
TOP_title.jpg
東日本ハンドバッグ工業組合 組合員有志メーカーによるポップアップイベント「TOKYO LEATHER GOODS FACTORY COLLECTION」が、6月11日から池袋駅構内 南改札外イベントスペース(東武百貨店 B1F 6番地入り口前)で行われます。
出店企業は、きくひろ、三和袋物、フルカワ商会、ミヤ・レザークラフト、ヤマダの5社(五十音順)を予定しています。上質なバッグ、財布、ユニークな革小物がそろいます。上質なジャパンレザーを父の日ギフトに。

「東京レザーフェア」<2022 S/Sトレンドセミナー>配信スタート
20210401_trendbook_eye_s.jpg
このたび開催中止を発表した「東京レザーフェア」。とても残念ですが、その代替となるオンライン企画が充実。<2022 S/Sトレンドセミナー>の配信がスタート。
視聴できるのは、Summer 2022 トレンドセミナー「FIX THE FUTURE.」(講師:アントネッラ・ベルタニンさん/リネアペッレトレンドセクション総責任者)、「コレクションシーンから予測する2022レザーファッショントレンド」(講師:日置千弓さん/ファッションジャーナリスト)。
下記リンク先の専用フォームからお申込みください。期間限定だそうですので、お見逃しなく。

「LEON」2021年7月号 エキゾチックレザー製品紹介記事掲載
レオン2107 ザオー様 IMG_2585.JPG
創刊20周年を迎え、大人世代の支持を集めるメンズファッション誌「LEON」最新号(2021年7月号)ちょいデカバッグ企画「ちょいデカなのに派手 サジ加減が大人の証 クロコなトート」(158~159ページ)で、「ZAO」「Rio de piedra」のバッグが掲載されました。
193642044_1117420122097157_3885610889928805098_n.jpg
くわしくは、下記リンク先アカウントをご覧ください。
 
「タイム&エフォート」革鞄特集 始動
革鞄特集img_main_bag.jpg
ジャパンレザーの魅力を発信するプロジェクト「タイム&エフォート」では、2020年、日本における靴産業150周年を記念し、革靴特集を展開。大変ご好評いただきました。
続きまして今年は、「革鞄特集」が始動。国内における歴史をさまざまなアプローチでひもとく企画が目白押し。
テーマ1である「日本の鞄・バッグ プレイバック」は、ランドセルにはじまり、人生のさまざまなシーンを彩る鞄・バッグ・・・そんな私たちにとって身近なアイテムは、日本国内でどのように生まれ、つくられ、使われてきたのか、その歴史を紐解きます。
今回はそのなかから、「日本の鞄・バッグの歴史 <JLIA「鞄・バッグ・小物の基礎知識」より>」を公開。ぜひ、ご覧ください。

恒例イベント「姫路 革の市」6月6日開催
毎月第1日曜恒例の「姫路 革の市」。6月の開催が公式サイトで発表されました。
国内有数の皮革産地・姫路のなかでもタンナー(皮革製造工場)が多く集積する高木地区で直売市を行っています。
「姫路で生み出された高品質な皮革を知っていただき、日本のものづくり文化の発展に寄与したい」との想いが込められ、地場産業である皮革を用いた革製品(鞄/靴/小物)を出品。
天然皮革素材、副資材が豊富にそろい、DIY派ユーザーに人気を集めています。移動に無理のないかたはぜひ。

全国皮革振興会 皮革手芸教室(東京・蔵前)休講を発表
延べ3,400名が参加する全国皮革振興会 皮革手芸教室(東京・蔵前)が、東京都の緊急事態宣言 再延長にともなう休講を発表。6月20日までの休講を決定しました。
それ以降の延長がない場合、6月21日より再開予定となるそうです。

カテゴリー: 村木るいさんの「人に話したくなる革の話」

月1回のスペシャルコンテンツ、村木るいさんの「人に話したくなる革の話」。2021年度第2弾はクラウドファンディングについて。当サイト「ショーケース」のトピックでも気になっていらっしゃるかたも多いのではないでしょうか。いまさら人に聞けない、クラウドファンディングについて、村木さんが鋭く斬り込みます。

*   *   *

通常、皮革産業のさまざまなトピック、イベントのレポートなどをお届けしておりますが、人気イベント「本日は革日和♪」を主宰する村木るいさんが月1回スペシャルコンテンツをお届けしています。イベント、セミナーなど精力的に活動する村木さん。皮革に関する確かな見識を有し、幅広い情報発信に支持が寄せられています。

当ブログでは、レザーに関心をもちはじめた若い世代のかたや女性ユーザーにお伝えすべく、わかりやすい解説とともに西日本の皮革産業の現状をご紹介しています。独自の視点・レポートが大好評です。

人気イベント「本日は革日和♪」。今後の予定、スケジュールなどは下記のリンク先をチェックしてください。

「本日は革日和♪」

*   *   *

毎度です!「シゴトちょっと減ったので勉強やら本棚作りやらが捗るなぁ、、、」ムラキです。

普段請負の小物職人していますので、財布50個なり、ノベルティ数百個など作っています。で、それがコロナで減ってきました。こうなると請負職人は弱いです。自分で仕事を生み出す能力があまりないですからねぇ。

で、空いた時間で棚作りやら、3Dプリンタやら、GASの勉強やら、読書やら、動画作成やら。これはこれで優雅な生活ですな。

最近、このJLIAblogで書ききれなかった内容を下記のリンクで補足しています。興味あればご覧ください。今月分もJLIAblog更新から数日後に載せておきますので。


21年4月のJLIAblogの裏側01:新しいタイコや新喜皮革のブラックバス、グッドレザーの設備の話 | phoenix blog


21年4月のJLIAblogの裏側02:セイバンミュージアムでランドセルの面白さ | phoenix blog


さて。コロナで伸びたネットサービスのひとつにクラウドファンディングがあります。

今回はこのクラウドファンディングに実際に参加した人。どういう点に気をつけ、準備をし、公開をしたか。

また、「クラウドファンディングをやらない」という選択肢をした人からも話を聞いてきました。

今回はアンケートとインタビュー中心なので絵も写真も少なめで文字ばかりです。すみません。

21052503.jpg


目次 [hide]


クラウドファンディングっていつから始まった?

クラウドファンディングどうだった?匿名にするから教えてよ

●クラウドファンディング 実際の話
今までやったクラウドファンディングはどの形態か?
実際どうでした?

●クラウドファンディング始める前の話
・なぜやろうと思ったか
・クラファンのコンサルタントを使ったか
・文章や写真にプロを使ったか。
・写真や文章、全体の構成など何を重視したか。何を参考にしたか。
・手数料やコンサルやカメラマンなど使った場合はその内訳や費用を教えてください

●実際にはじめて思ったこと
・宣伝活動などは行いましたか?知り合いに声かける、SNSをやる、など。
・途中報告や途中で何かしらの追加プレゼントなどを行いましたか?
・これをやっておけばよかった!と思うこと
・サイトを使って良かった点。(アドバイスが良かった、集客力があった、etc)

●終了してから思ったこと
・これをやっておいてよかった!と思うこと。
・次回やろうと思いましたか?or次回やりましたか?その場合はなぜやろうと思ったか
・事前にSNSでつながっている人は何人くらいいました?
・クラウドファンディング後にSNSのフォロワーは増えましたか?
・その後の会社の売上につながったり、周辺で変わりましたか?
これからやる人へのアドバイス
アンケートのあとのインタビューから抜粋
クラウドファンディングやって後日の売上につながる?
広告やったほうがいい?
OEMやっているから、クラウドファンディング後にそちらの注文は増えないの?
SNSのフォロワーの数が多かったらクラウドファンディングは成功するの?

●クラウドファンディングをやらない、という選択をした会社さん
どういう形態やろうとした?目標は?どういう点を重視した?
やめよう、と持った理由は?
今後もやらない?

ご協力いただいた会社様、ありがとうございました。

クラウドファンディングっていつから始まった?


21052501.png


日本で初めてクラウドファンディングサービスが提供されたのは2011年。その年の3月に『Readyfor』がリリースされ、6月には『CAMPFIRE』がリリースされるなど、日本で本格的な展開がスタートしました。

2011年当初は東日本大震災の年だったこともあり、新たな資金調達の手段としてだけでなく寄付をする際の新たなチャネルとして急速に浸透しました。その後、IT企業サイバーエージェントの子会社が運営する『Makuake』が参入、2014年の東京都知事選に『ShootingStar』で約740万円の資金を集めた候補者が出て話題になるなど、サービス事業者も利用用途も多岐に渡り市場拡大は続いています。現在はさらに多くの事業者が存在しており、クラウドファンディングの形式も基本的な「寄付型」、「購入型」、「融資型」、「株式型」、「ファンド型」の5つと最近新たに生まれた「ふるさと納税型」を合わせて6つのタイプが存在しています。(2019年4月現在)


あ~、そうでしたねぇ。2011年の東日本大震災で注目を集めたのを覚えています。当初は寄付型のものが多かったのですが、ここ数年は「製品化前の品を試験的に販売する」というような購入サイトとしてクラウドファンディングが目を集めるようになったな、と思います。

この1年では購入型ではなく「コロナでこの飲食店を助けたい」「コロナに対しての設備投資」などの寄付型も増えたように思えますね。

クラウドファンディングどうだった?匿名にするから教えてよ
21052509.png

JLIA公式ブログの連載で「こういうクラウドファンディングあるんだよ!」的な紹介するわけにはいきません。

ですので、知り合いの会社さんに「クラウドファンディング成功したよね?色々教えてよ」とアンケートを送り、その後短いインタビューをしました。

「匿名にするから遠慮なく教えてよ!」と質問をし、迷惑がかからない範囲で書いていこうと思います。以下の回答は複数の会社さんの回答をまとめたものです。


●クラウドファンディング 実際の話

今までやったクラウドファンディングはどの形態か?


「応援型」「未達成でも商品リターン」「達成したらリターン」「未達成なら何も無し」などありますが、基本的に皆さん「未達成でも商品をリターン」という購入型が多いです。

実際どうでした?


・革製品 目標金額数十万に対して1000%達成

・革製品 目標金額数十万に対して1000%達成

・革製品 目標金額数十万に対して400%達成

・革製品 目標金額数十万に対して1100%達成

・革製品 目標金額20万に対して100%達成


●クラウドファンディング始める前の話

なぜやろうと思ったか



・商品直販の足がかりとして

・OEMほぼ100%だったが以前から自社ブランドの構想がありました。

***に関するブランドと弊社が得意としているバッグの2ブランドを立ち上げたので、宣伝も兼ねてクラウドファンディングに挑戦しました。

・みんなやっていたし、販売方法としては旬と感じたため

・「クラウドファンディングに対して合う!」と思った商品ができたため

・露出を高めるため

・クラファンのコンサルタントを使ったか


誰も使わず



・文章や写真にプロを使ったか。


1社のみライターさんを使い紹介文章を書いてもらった、とのこと。写真撮影は皆さん自社で行っています。



・写真や文章、全体の構成など何を重視したか。何を参考にしたか。


・他の支援者の多いプロジェクトを参考にしました。

・全体の構成は当社職人がJLIAの革製品技能試験(技術認定)合格者が在籍しているので、それを売りにし「製造直売で購入できます!」と技術力などを意識しページを作りました。

・写真は普段見ることができない芯材の使い方や縫製など、生産の細かい所と鞄の使いやすさなど意識しました。

・絶対に他には無い機能や仕様を1つは用意して、ひたすらそのメリットを推す。これに8割注力。残り2割でその他の一般的な仕様を説明しました。

・ストーリー作りとコンセプトを重視しました

・使用感や共感を感じれるようなもの。GIFを使ってわかりやすく、を心がけました。

・手数料やコンサルやカメラマンなど使った場合はその内訳や費用を教えてください


基本的に2割前後ですね。

コンサルやカメラマンを使った人はだれもいなかったため、回答なしです。


●実際にはじめて思ったこと

・宣伝活動などは行いましたか?知り合いに声かける、SNSをやる、など。

21052505.png

・SNSから集客、知り合いに声掛けをしていました。

使ったサイトでは初日の達成金額の約3倍に最終的に落ち着くと言われています。なので、知り合いに声掛けし、Makuakeの初日に狙いの1/3の売上が立つようにしていました。

・SNSではインスタを中心に近況報告や告知をしました。


・途中報告や途中で何かしらの追加プレゼントなどを行いましたか?

・途中報告は何度かしました(特に初めの2、3日)。

・途中追加やプレゼントはしていません。

・広告は各回6万ずつ出しました。

・これをやっておけばよかった!と思うこと


・予想以上に売れて在庫が無くなってしまったのでもう少し在庫を作ればよかった。

・クラファン終了後に継続的に販売できる仕掛けをすればよかったです。

・事前にPRをもっとすれば良かった。

・サイトを使って良かった点。(アドバイスが良かった、集客力があった、etc)


・クラウドファンディングサイトにも特徴があるので、きちんと「自分がやりたいこと」と「クラウドファンディングサイトの主要層」を見極めるべき。

・サイトを使って良かったのはやはり集客力があることです。

●終了してから思ったこと

・これをやっておいてよかった!と思うこと。


・初日の売上を上げること。そのために周辺に声かけしたり、SNS告知したり、広告をお願いしたりしました。

・次回やろうと思いましたか?

 or

 次回やりましたか? 

 その場合はなぜやろうと思ったか


・やろうと思いますね。まとまった初回オーダーで物販をするならアリだという認識です。

・事前にSNSでつながっている人は何人くらいいました?


・フェイスブックとインスタグラムあわせて5,000人はいます。でも効果はあまりないです。会社のSNSなのでつながりが薄いと感じられました。

・クラウドファンディング後にSNSのフォロワーは増えましたか?

21052507.png

・2割ほどは増えました。

・元が数百人で1,000人弱に増えました。

・その後の会社の売上につながったり、周辺で変わりましたか?


・会社の仕事には継続的に影響が出る、ということはありませんでした。SNSが増えたり、とかはありました。

・普段はOEMなので、そのシゴトが増えた、などはなし。

・クラウドファンディング始めてからもですが、雑誌の広告依頼やクラウドファンディングコンサルタント、というような売り込みが多数来て大変でした。

これからやる人へのアドバイス


・広告は使ったほうがいいです。初日でどれだけ売れるかがとても重要です。初日売上があがると「今注目!」みたいな感じに取り上げられやすくなります。

アンケートのあとのインタビューから抜粋

21052508.png

クラウドファンディングやって後日の売上につながる?


「まとまった初回オーダーで物販をするならアリだという認識です。これは間違いないです。

ですが、後日は難しいですね。

継続した売上、商品軸にしたいのであれば、定番商品化させるための仕掛けが無いと初期コストが大きくリターンが見合いません」

‐‐‐んと、それは商品が違う、ってこと?

「ちょっと違いますね。サイトにもよるんですが、やっぱりクラウドファンディングってイノベーターやアーリーアダプターが多いですよ。」

‐‐‐なんやっけ、いのべーたー、とかって?

「イノベーター理論ってやつですよ」





「やっぱりこのイノベーターやアーリーアダプターと呼ばれる人がクラウドファンディングサイトには多いです。

物品販売型の場合は、こういう人が喜ぶ商品・ギミック・売り方をすれば売れます。ですが、後日他のサイトや販売店舗、、例えば、楽天なり百貨店なりで販売しようと思うと客層が異なります。イノベーター理論でいう、マジョリティ層向けの販売戦略を考えないとダメです」

‐‐‐例えば、「クラウドファンディングで達成率1000%達成した品がこのサイトで買えます!」とかやってもダメってこと?

「そうですね。

それならば『クラウドファンディング購入者の~割りが大満足!』『1~3歳児のお母さんから圧倒的支持を受けた鞄!』などのような宣伝文句なりのほうが売れやすくなるでしょうね。これらはクラウドファンディングを始める前から考えておくべきですね。

クラウドファンディングが売れた! > だから、自社サイトでも売ってみよう!

ではなくて、自社サイトでどう売るか or 実在の店舗でどう売るか、まで考えて企画してクラウドファンディングで売るべきですね。

クラウドファンディングで売れる!だから、他のところでも売れる、とは思わないほうがいいです」

広告やったほうがいい?


‐‐‐初日が重要、ってことは、「初日売上悪いなぁ。今から広告打とう!」ってのはダメなの?

「ダメダメですね。

クラウドファンディングサイトからも言われますが、広告は打ったほうがいいです。これは初日の売上を伸ばすために行うことですから。初日売上悪い>だから広告をうつ、では遅すぎなんですよ」

‐‐‐じゃぁ、クラウドファンディングサイトの広告をガツンとやれってこと?

「これはサイトにもよります。クラウドファンディングサイトによっては広告料が20万なり40万なりかかります。

でもクラウドファンディングサイトの広告はクラウドファンディングサイトを見ている人に対するアプローチを増やすためでしかありません。20万なり40万使うとクラウドファンディングサイトのトップページに掲載されます。効果的だとは思いますが、車のパーツを探しに来ている人・調理器具見ている人など様々ですからねぇ。

うちはグーグル広告に数万なりつぎ込んで、『ペット関係で具体的なトラブルで困っている人』向けに『グーグル検索から自社製品のペット商品のクラウドファンディングサイトにつながる』ように設定しました。

また、某クラウドファンディングサイトは自社サイト以外の広告経路があったので、そちらに6万なりつぎ込みました。これはものすごく価値ありましたねぇ」

OEMやっているから、クラウドファンディング後にそちらの注文は増えないの?


‐‐‐御社はOEMやっているんだから「こういう品作れるなら、うちのブランドを」という話にならないの?

「ならないですね!
クラウドファンディング関係で電話かかってきたら前述しているように広告や営業電話ばかりですよ。クラウドファンディングを見ている層と、OEMを依頼する層は異なるんだと思います」

SNSのフォロワーの数が多かったらクラウドファンディングは成功するの?

21052510.png

‐‐‐友達100人できるかな、じゃないけど、SNSのフォロワーが多いと効果的なの?

「個人的なSNSなら意味はあると思います。顔を知っている人ばかりのSNSですね。フェイスブックがいい、インスタグラムじゃ悪い、という意味ではなくて、実際に顔をあわせたり、仕事をしたり、ご飯食べたり、というリアルな体験で増やしてきたSNSの数は意味があると思います。

ですが、会社なりのアカウントでは難しいですね。会社アカウントが良い悪い、ではなくて、『相手の顔が見える・こちらの顔を見せる』SNS運用をしているかどうか、だと思います。

SNSが多い・少ないはクラウドファンディングではあまり意味はないと思います」

●クラウドファンディングをやらない、という選択をした会社さん


さて、上記に対して「クラウドファンディングをやろうと準備してお金までかけたのに、結局やらない」という選択をした会社さんにも話を聞いています。

どういう形態やろうとした?目標は?どういう点を重視した?


「形態は『未達成でも販売する』という販売タイプ。目標は数十万。説明文などは外注して写真は自撮りです。製品ができるまでのストーリー作りとコンセプトを伝えることを重視しました。
サイトの説明では使用感や共感を感じれるようなものにし、GIFなども利用しました」


やめよう、と持った理由は?

21052506.png

‐‐‐えっ!そこまで準備したのにやめたの? サイト公開することなく? なんでまた?

「クラウドファンディングサイトの人と話したり、色々見聞きして『応援する』というクラウドファンディングの本来のコンセプトとずれてきていると感じたためです。他にも次の点が挙げられます

・他の販売モールとあまり変わらないと感じた。

・コロナ前だったので手数料が高く、早期割引を入れると40%と送料の負担に販売コストに対して一過性の売り上げを取るために、あまりメリットを感じなかった」


‐‐‐あ~、40%はきちいですねぇ。

「辞めた一番の理由はですね、

手間を考えるとメリットが少なく思えました。

参加しようと思った理由の一番に露出というのがありましたが、他の販売サイトすべてで、月X万ぐらいのアクセスがすでにあります。

クラウドファンディングサイトのページをここまで作りこむのなら、既存サイトを丁寧にページ作りこみしようと思いました」

‐‐‐なるほどなぁ

今後もやらない?


‐‐‐もうクラウドファンディングはやりたくない?

「いえ、そうは思いません。
僕個人はやろうと思えませんが、うちは会社です。様々な社員が働いているわけですから、社内で僕以外の人間がやりたいと思うなら、ありかと思います。

僕自身はクラウドファンディングには興味がもてないです。ですが、クラウドファンディングにはメリットも多数あります。

周りを見ていると、仮にクラウドファンディングが成功しなくても、テレビの露出があったり他の効果も期待できるのでターニングポイントになる可能性はあると思います。

今、広告費や短時間で認知度を上げたいと感じるならクラウドファンディングは一番有効かと思います」

ご協力いただいた会社様、ありがとうございました。


ほんとにありがとうございました。いや、面白かったですね。

「達成金額1000%なんて大勝やん!」とは思いますが、手数料や広告費用などを考えると「それほどでもないんだよ」という声もありました。「単純に発送が大変だったよ」とか。

旗から見ていると「カメラマンにお金かけたのかな」と思ったら自社だったり、後に繋がりづらかったり、SNSはあまり関係なかったり、などいろいろなことを学ばせてもらえました。

また後日、「JLIAblogの裏側」と別の方でも書きますので、更新したらこの場所でもお知らせしますね。

カテゴリー: 国内革事情

緊急事態宣言の対象地域が徐々に拡大しつつあるいま、百貨店の営業体制は各社で対応もさまざま。経済活動のハンドリングが難しい状況となっています。皮革産業関連では、大規模展示会やイベントがオンライン化されるケースが増えました。
SNSでの情報発信を含め、まとめてご紹介いたします。参考にしていただけますように。

「東京レザーフェア」トレンドセミナー
「第102回 東京レザーフェア」(5月26日~27日)の中止が公式サイトで発表されました。来場者、関係者の健康・安全面を第一に考慮した結果、開催見送りを英断。
東京レザーフェアは、協同組合資材連が開催する日本最大規模の皮革・布帛・ 機能性素材・パーツの展示会です。1970年の第1回から、半世紀以上の歴史を誇ります。次回は、12月1日~2日の予定です。
20210401_trendbook_eye_s.jpg
2021年5月26日、27日に開催を予定していた『東京レザーフェア』の特別企画がオンライン化。毎回人気のトレンドセミナーを、今回は特別に動画で配信。ご自宅や職場など時間や場所を問わずにお楽しみいただけるようになりました。通常開催では来場者の方のみが参加できる本セミナーを、ぜひこの機会にご視聴ください。
専用フォームからお申し込みいただくと、動画公開日に合わせてYouTubeのURLが事務局より送付されます。

「東京レザーフェア」〈 極めのいち素材 〉
202105_kiwame_eye.jpg
「東京レザーフェア」の恒例企画〈 極めのいち素材 〉もオンラインコンテンツ化。今回は20社がエントリー。抗菌、抗ウイルス、撥水、環境への配慮など時代に合わせた進化にご注目。また、革らしい色合い・風合いの追求にも目を奪われます。必見です!

「東京レザーフェア」出展予定社(爬虫類等皮革企業)新作発表
「東京レザーフェア」出展予定社(爬虫類等皮革企業)がエキゾチックレザーの魅力を発信するSNSアカウント、「エキゾチックレザー NEWSCLIP by JLIA」でお披露目予定のレザーを発表。目利き力、取り扱いのバリエーションの豊富さ、高い染革&加工技術など、各社とも、それぞれの特長、個性が際立っています。
堀内様グリーン.jpg
【堀内貿易株式会社】
ワニ革に向き合い、挑戦の中でたどり着いた、世界に選ばれる信頼と技術。
堀内貿易株式会社は、世界最大規模の見本市「LINEAPELLE」(イタリア・ミラノ)に毎シーズン出展。
日本の鞣し技術を世界へアピールしている会社です。日本古来の藍染をクロコダイルで表現することに成功し、海外メゾンブランドからも選ばれています。前回は世界的な潮流を先取りした「インダストリアル仕上げ」シリーズをお披露目。クロコダイルにヴィンテージ感覚を取り入れた意欲作がとても好評でした。

太閤様04.jpg
【株式会社太閤染革】
爬虫類皮革を知り尽くしたプロフェッショナル達が鞣す爬虫類皮革。鞣製染色加工工場であり、爬虫類皮革の販売も手がけています。
パイソンをメインにクロコ・リザード・オーストリッチなど100%国産なめしの各種エキゾチックレザーを展開。
差別化できる独創的な革を探すビジネスパーソンに向け、「オリジナルデザインパイソン」を提案し、個性派レザーブランドやクリエイターに注目を集めています。

くわしくはSNSアカウント「エキゾチックレザー NEWSCLIP by JLIA」フェイスブックページをご覧ください。

豊岡鞄®「オンライン展示会」
toyooka logo.jpg
国内有数の鞄産地として知られる兵庫県豊岡市の地域ブランド「豊岡鞄®︎ 」。
東京・丸の内および東京駅構内で行う恒例企画「豊岡鞄コレクションフェア」と関連イベント(5月18日~20日)は中止となりましたが、公式サイトでは発表予定のシリーズを公開。時代に合わせた取り組みが続々。ぜひ、チェックしてください。

豊岡鞄®「人気投票キャンペーン」
豊岡鞄プレゼントキャンペーン.jpg
あわせて、「人気投票キャンペーン」も実施中。「豊岡鞄®︎ 」公式サイトに掲載された10種類の鞄のなかから、お気に入りを1点選び投票すると、抽選で各エントリー商品をそれぞれ1名にプレゼント。期間は5月31日まで。

「Bagazine bit」<バッグ・鞄業界2021年5月展示会場マップ>
tenjikai-map.jpg
鞄・バッグの専門誌のウェブ版「Bagazine bit」の恒例企画<バッグ・鞄業界2021年5月展示会場マップ>が公開されました。
バッグメーカー各社の展示会場をグーグルマップ上で紹介。開催中止企業のリストもアップされ、とても便利です。

「Bagazine」×「THE EXHIBITION」オンライン展示会
granstra.jpg
バッグ・雑貨の合同展示会「THE EXHIBITION」と鞄・バッグの専門誌の「Bagazine」のコラボレーションにより、リアル展示会のオンライン版が集まるポータルサイト「Granstra」に初参加。
主催社 スパンギャルドほか、個性豊かな日本製バッグブランドがそのままオンライン展にも参加。業界の枠を超えた、ブランドとバイヤーの出会いの場を提供しています。ぜひ、ご活用ください。

「PR01.TRADESHOW」×「Granstra」オンライン展示会
PR01TS21FW03.jpg
同じく「Granstra」ではファッションの合同展示会「PR01.TRADESHOW」のオンライン展示会も開催中。
PR01TS21FW020.jpg
フィジカル版は3月17日~19日、渋谷を代表するラグジュアリーホテル"セルリアンタワー東急ホテル"にて行い、北海道や奈良をはじめ、各地からジャパンレザー関連企業が出展しました。
洗練された写真で製品をクリアに表現し、バイヤーやジャーナリストにも好評。
ソーシャル(フィジカル)ディスタンスが必要ないま、密を防ぐため、製品説明を聞くのもタイミング次第ですが、オンライン版との併催により、出展ブランド・製品の認知度が高まり、セールスにも結びついているようです。

「bon born」展示受注会(フィジカル&オンライン)
日本生まれの透明なレザー"生革"を中心に、環境に優しい天然素材を使用したレザープロダクトブランド「bon born」が5月16日~17日、展示受注会を東京・渋谷で開催。
J19A-5425_a.jpg
日本国内最大規模のレザープロダクトコンペティション「ジャパンレザーアワード」2019年度特別賞を受賞した一瀬 美月さんが手がけています。
受賞作品をはじめ、新作もリリース。あわせてオンライン受注会も開催。SNS公式アカウントでは、会場を画像と動画でレポート。東京への移動がしにくい地方のショップバイヤーなどに好評でした。

社会科見学番組「ぼくドコ」<牛革の一生>見逃し配信スタート
この春からスタートした「ぼくドコ」(NHK Eテレ)。
「どんなモノにもとっておきのドラマがある。ダンスあり! コントあり! 360度カメラの迫力映像あり! 」をテーマに展開。社会科見学を楽しくテレビで体験できます。
人気番組「ねほりんぱほりん」班が担当。第2回(5月10日19:25~)は「牛革の一生」をフィーチャー。
「東京ラブストーリー」「世界の中心で愛を叫ぶ」「君の名は。」などの名作オマージュとともに、食用牛を余す所なく使うべくその皮を加工して「革」ができるプロセスをわかりやすく紹介。
k180100.jpg
老舗企業 吉比産業(写真/東京支社ショールームで撮影させていただいたものです)や、老舗タンナー 山陽などが撮影協力。ポップな表現でありながらも、お子さんにも楽しく学べ、見ごたえのある内容でした。
k180102.jpg
初回放送終了後、見逃し配信がスタート。在宅での調べ学習などにもご活用いただけます。

プロフィール

鈴木清之

鈴木清之(SUZUKI, Kiyoyuki)
オンラインライター

東京・下町エリアに生まれ、靴・バッグのファクトリーに囲まれて育つ。文化服装学院ファッション情報科卒業。文化出版局で編集スタッフとして活動後、PR業務開始。日本国内のファクトリーブランドを中心にコミュニケーションを担当。現在、雑誌『装苑』のファッションポータルサイトにおいて、ファッション・インテリア・雑貨などライフスタイル全般をテーマとしたブログを毎日更新中。このほか、発起人となり立ち上げた「デコクロ(デコレーション ユニクロ)部」は、SNSのコミュニティが1,000名を突破。また、書籍『東京おつかいもの手帖』、『フィガロジャポン』“おもたせ”企画への参加など、“おつかいもの愛好家”・”パーソナルギフトプランナー”としても活動中。

最近のブログ記事

カテゴリー

月間アーカイブ

rss
facebook witter

このページの一番上へ