欧米ブランドに「負けていないぞ!」

カテゴリー: ジャパンレザー トピック&イベント まとめ の記事

カテゴリー: ジャパンレザー トピック&イベント まとめ

新型コロナウイルスの感染者が増加傾向にあるなか、政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会が第8波の対応策を打ち出していると報道されました。気を緩めず、皮革業界では感染対策を万全にし、経済を止めることなく活動しております。今回は動画配信やイベントのほか、さまざまなトピックをまとめました。参考にしていただけますように。

なお、来週水曜日の更新は祝日のため休止とさせていただきます。ご了承ください。


【メディア情報】「ジャパンレザーVOICE」第6回配信
06_img_01.jpg
インターネットラジオ×YouTubeハイブリッド型動画コンテンツ配信「ジャパンレザーVOICE」(#レザボイ)第6回は、本日11月16日(水) 16:00からアズーリFM公式サイトよりライブ配信(生放送)予定です。今回は3つのコーナーでジャパンレザーと革のものづくりの魅力が発信されます。
06_img_02.jpg
■キーパーソンインタビュー
富田興業株式会社 代表取締役社長 富田常一さんが熱く語ります。

06_img_03.jpg
■「ジャパンレザー 旬暦」製品紹介
「とっておきのクリスマスギフト」をテーマに、ギフトシーズンに大切な方に贈りたい日本製革製品をご紹介。

06_img_04.jpg
■ジャパンレザー「最新トピック紹介」
日本最大の革製品コンテスト「ジャパンレザーアワード2022」の受賞作品展示イベントほか、「年末年始のジャパンレザー関連イベント」のお知らせ。

くわしくは下記リンク先をご覧ください。
 
同じくフェイスブックライブ配信では、番組のオープニングコーナー終了後、第一特集「キーパーソンインタビュー」配信中の20分ほど休止となります。今回のフェイスブックライブでは「キーパーソンインタビュー」(富田興業株式会社 代表取締役社長 富田 常一さん)はご視聴できません。

第二特集「ジャパンレザー 旬暦」から再開となりますので、ご注意ください。「鳥越アズーリFM」で配信されるインターネットラジオ番組につきましては、フルバージョンでご視聴可能です!


【メディア情報】「JLIAtv」

「ジャパンレザーVOICE(ジャパンレザーボイス)」を編集した動画を「JLIAtv」で公開! 「姫路城皮革フェスティバル」に続き、11月19日(土)~20日(日)に開催される「ひょうご皮革総合フェア&たつの市皮革まつり」をご紹介。
目安タイムは1:59~。概要欄の目次に表記された時間「1:59」をクリックしてご視聴ください。


【イベント情報】村木るいさん主催 見学バスツアー

当ブログの連載でお馴染みの村木るいさんが恒例企画の復活を発表しました。3年ぶりに開催される「ひょうご皮革総合フェア」「たつの市皮革まつり」に合わせ、同イベントの見学、タンナー見学会をまとめて楽しめるバスツアーが11月19日(土)に行われます。

村木さんのくわしくわかりやすい解説とともに、革のイベント&タンナーをスムーズにまわることができる人気企画です。

「ひょうご皮革総合フェア」「たつの市皮革まつり」では、地元の企業・事業者による皮革および革製品展示販売、ものづくり体験ワークショップ、学生によるファッションショー、「ひょうごニューレザーコンテスト」の受賞作品展示などを見学。

皮革産地、たつの市のタンナー見学は、国内で希少なピット槽をもつタンナー昭南皮革とオールマイティーに加え、アルファレザーの倉庫にお邪魔し、革の購入が可能となっています。くわしくは下記リンク先をご覧ください。
 

【イベント情報】「TLGFC」
ミヤ様2710.jpg
きくひろ様2715.jpg
東日本バッグ工業組合 組合員有志による「#TLGFC/TOKYO LEATHER GOODS  FACTORY COLLECTION」のポップアップイベントが11月7日(月)~13日(日)、池袋駅構内 南改札外イベントスペース(東武百貨店 B1F 6番地入り口前)で開催されました。
三和様2701.jpg
ヤマダ様2714.jpg
腕利きファクトリーがバッグ、財布、革製品をバリエーション豊富に直販。
キャッシュレス一覧2707.jpg
駅ナカという便利な立地でキャッシュレス決済にも対応。スピーディにショッピングできるのがうれしいですね。

きくひろ様2705.jpg
バッグは冬らしい季節感のあるシープスキンやアニマル柄のレザーを使用したアイテムが目をひきました。

ミヤ様2716.jpg
ヤマダ様2712.jpg
三和様2711.jpg
財布はトレンドカラー グリーンが人気。風水では金運アップの効果が期待できるカラーとして注目を集めています。
グリーン財布2704.jpg
新作としては縫い返しで仕立てた長財布が登場。ふっくらとした丸みのあるフォルムは秀逸な職人技によって仕上げられています。
グリーン財布2703.jpg
グリーン財布2702.jpg
内側にはスエードを配し高級感が漂います。ギミックのようなポケットも便利です。
フルカワ様2718.jpg
次回は12月5日(月)~9日(金)に開催予定。どうぞお楽しみに。


【イベント情報】「大江戸はんどばっぐ市」

東日本バッグ工業組合が主催する冬の恒例イベント「大江戸はんどばっぐ市」が12月3日(土)、東京・両国 KFCホール(東京都墨田区横網1-6-1 国際ファッションセンタービル 3F/最寄駅:都営地下鉄大江戸線 両国駅(A1出口)直結/JR総武線 両国駅 徒歩約7分)で開催予定です。詳細は下記の公式ウェブサイトで発表されます。会場はアクセス便利な場所ですので、ギフトをお探しのかたにもおすすめです。


【記念日情報】「手袋の日」
05_img_03.jpg
11月23日は国民の祝日「勤労感謝の日」。そして、「手袋の日」であることをご存じですか? 日本手袋工業組合によって制定された記念日です。「手袋=Glove」には"LOVE"が詰まっているので、11月22日の「いい夫婦の日」のギフトにもぴったり。パーツが多く縫製が難しい手袋づくりで培われた技術を生かし、東かがわ市では、さまざまな革製品づくりも盛んですよね。
05d_img_14.jpg
05d_img_17.jpg
そんなエリアを代表するブランド、「クロダ」、「平田商店」、「hmny(エイチエムエヌワイ)」、「BrEAknoT(ブレイクノット)」の特選アイテムをインターネットラジオ×YouTubeハイブリッド型動画コンテンツ配信「ジャパンレザーVOICE」でピックアップ。現在、放送後記で紹介しています。
05d_img_19.jpg
近々、見逃し配信もスタート予定ですので、どうぞお楽しみに。


【試験情報】「レザーソムリエ」

2022年度の「レザーソムリエ」資格試験が11月6日(日)に行われました。初級の合格者の発表は12月6日(火)の予定です。
皮革講座1160_01.jpg
講座は、2023年も実施予定です。初級合格者は、中級講座を受けることができますので、ぜひ、お申込みください。
12月上旬、「レザーソムリエ」公式ウェブサイトにて、日程公開および受付開始予定です。どうぞお楽しみに。


【イベント情報】「和歌山レザーフェスティバル」

和歌山県製革事業協同組合による「和歌山レザーフェスティバル」が11月26日(土)・27日(日)の2日間、中央コミュニティーセンターで開催されます。時間は各日10:00~17:00まで。革製品の展示即売会が毎年好評で、高品質の革製品が販売されます。


【イベント情報】小倉井筒屋「日本革市」

11月12日からスタートした人気イベント「日本革市」(小倉井筒屋)の会場写真が投稿されました。週ごとに異なる出展社で2週間開催。18日からの後半はメンバーをチェンジ。鞄、バッグ、シューズ、財布、小物など幅広いラインナップで国産天然皮革の魅力を紹介します。


【記念日情報】「コラーゲンペプチドの日」

2009年11月12日に日本ゼラチン・コラーゲン工業組合が「第一回 コラーゲンペプチドシンポジウム 」を開催したことを記念して、「コラーゲンペプチドの日」が制定されました。

私たち人間のカラダの多くを占めるコラーゲン。コラーゲンが不足すると「美容」「健康」に深刻な影響があらわれます。そこで注目を集めているのがコラーゲンペプチド。ゼラチンを分解し低分子化した高純度のたんぱく質をコラーゲンペプチドと呼びます。体内に吸収されやすいので効率よく沢山のコラーゲンを摂取することができます。(日本ゼラチン・コラーゲン工業組合 公式サイトより)
食肉の副産物として、皮革および革製品をはじめ、さまざまなかたちで利活用。生命に感謝し、生命の証を無駄にすることなく、私たちの暮らしに生かす活動で、「サステナブル」につなげています。

カテゴリー: ジャパンレザー トピック&イベント まとめ

各地でイルミネーションが点灯され、クリスマスに向け街が華やいでいます。今週はバッグ業界の展示会が行われ、2023年春夏の新作を発表しました。このほか、恒例の革製品コンテスト「ジャパンレザーアワード」のグランプリ発表、注目サイトのオープンなど、さまざまなトピックをまとめました。参考にしていただけますように。


【イベント情報】「豊岡鞄コレクションフェア」
豊岡鞄フェア2211 2674.jpg
国内有数の鞄産地、兵庫県豊岡市の地域ブランド「豊岡鞄」が2022年秋冬コレクションを発表する「豊岡鞄コレクションフェア」を11月8日(火)から3日間(各日10:00~19:00)、東京・丸の内 KITTE B1F 東京シティアイ パフォーマンスゾーンで行っています。
豊岡鞄フェア2211 2676.jpg
豊岡鞄フェア2211 2675.jpg
展示会場では、多数の新作や先行予約品をはじめ、豊岡でつくられた秀逸な鞄、バッグ、財布ほか革製品がラインナップ。
豊岡鞄フェア2211 2680.jpg
つくり手自身が応対、製品説明をする貴重な機会です。
豊岡鞄フェア2211 2686.jpg
ビジネスパーソンはもちろん、ユーザーも無料で入場可能、ガチャや人気投票などの参加型プログラムも充実しています。
豊岡鞄フェア2211 2671.jpg
製品は同じく KITTE 1F「豊岡鞄 KITTE 丸の内店」で購入可能となっています。


【WEB情報】「Bagazine bit」

鞄・バッグの専門誌のウェブ版「Bagazine bit」の恒例企画<バッグ・鞄業界2022年11月展示会場マップ>が公開されました。

鞄・バッグメーカー各社の展示会場をグーグルマップ上で紹介。それぞれのピン(マーカー)をクリックすると、社名/場所/日程/コメント(テーマ、コンセプト、商品ラインナップなど、内容は各社によって異なり、記述がない場合も)が閲覧できます。移動ルート確認にとても便利な仕様です。どうぞ、ご活用ください。


【コンテスト情報】「ジャパンレザーアワード2022」 グランプリ発表
BU7Vk954_400x400.png
日本最大の革製品コンテスト「ジャパンレザーアワード」 が、11月03日"いいレザーの日"に今年度のグランプリ作品を公式サイトで発表しました。
J22A-6532_c.jpg
今年度は、野沢浩道さん(個人/作品名「チイサナフデバコ」/フリー部門・ベストプロダクト賞)が受賞。ステイショナリーがグランプリを受賞したのは、同アワードで初となる快挙です。野沢さんはじめ、関係者の皆さま、おめでとうございます!
IMG_9812.JPG
グランプリおよび全受賞作品について長濱審査員長の総評が公開されました。くわしくは下記リンク先をご覧ください。


【WEB情報】「teema」

レザーのスペシャリティウェブサイト「teema」がローンチしました。 カジュアル、コンサバ、個性派ほか多彩なスタイリングテーマを軸に、シンプルでありながら、こだわりのあるレザーファッションコーデとレザークラフトをミックス。ジェンダーレス、エイジレスで楽しめます。
さらに革製品、皮革素材、副資材、工具など、あらゆるアイテムがラインナップ。「自分らしさをレザーで表現したい」すべてのひとに発見とヒントをマッチング。新しいジャパンレザー体験をぜひ!


【WEB情報】「ジャパンレザーVOICE」第5回 放送後記 公開
05d_img_01.jpg
インターネットラジオ×YouTubeハイブリッド型動画コンテンツ配信、「ジャパンレザーVOICE」第5回 放送後記が「TIME&EFFORT」公式サイトで公開。「ジャパンレザーVOICE」3つのコーナーを振り返っています。

「注目コンテンツDIG」
人気コンテンツ「JAPAN LEATHER JOURNAL(ジャパンレザージャーナル)」のオンラインツアー 姫路編・浅草編をライブコメンタリーでご紹介。

「ジャパンレザー 旬暦」
11月23日は「手袋の日」 手袋産地・香川県東かがわ市のものづくりをフィーチャー。
05d_img_14.jpg
05d_img_17.jpg
「クロダ」、「平田商店」、「hmny(エイチエムエヌワイ)」、「BrEAknoT(ブレイクノット)」から製品をご紹介!
05d_img_19.jpg

「最新トピック紹介」
皮革産地である姫路市とたつの市の恒例イベント「姫路城皮革フェスティバル」と、11月19日(土)~20日(日)開催予定の「ひょうご皮革総合フェア&たつの市皮革まつり」をご紹介。ぜひご覧ください。


【イベント情報】「TLGFC」

東日本バッグ工業組合 組合員有志による「TLGFC/TOKYO LEATHER GOODS  FACTORY COLLECTION」のポップアップイベントが11月8日(火)からスタート。
池袋駅構内 南改札外イベントスペース(東武百貨店 B1F 6番地入り口前)で開催されています。日本製革製品との出会い、魅力発見のきっかけになりますように。


【イベント情報】小倉井筒屋「日本革市」

国産天然皮革の魅力を発信する人気イベント「日本革市」が、11月12日(土)〜23日(水・祝)まで小倉井筒屋 本館 8F 催場 お歳暮ギフトセンター横で行われます。1週間毎に出展社がメンバーチェンジし、2週にわたって開催。鞄、バッグ、シューズ、財布、小物など幅広くラインナップされます。


【ライブ配信情報】「教えるフェスタ2022」

日本最大の革製品コンテスト「ジャパンレザーアワード」歴代の部門賞受賞者、中村保義さん主宰「サンプル師が教えるバッグ教室」によるライブ配信イベント「教えるフェスタ2022」が11月20日(日)に行われます。
今回は《プロのミシンと職業用ミシン》。ミシンを使ってお仕事をしているプロを集めて、10:00~22:00の12時間ものライブ配信(休憩時間あり)です。使い方が異なる6種類の工業用ミシンで同じ形の鞄をつくりながら、それぞれの使い方や特徴を解説、そのほか、プログラム充実の内容で見逃し配信つき。エントリーは11月13日(日)まで。

カテゴリー: ジャパンレザー トピック&イベント まとめ

11月に入り、ファッション業界やバッグ業界の展示会が行われる時季の到来ですね。皮革業界では恒例イベント、見本市なども開催。その様子を一部お届けいたします。参考にしていただけますように。


【展示会情報】「JFW JAPAN CREATION 2023」
JC2211サインボード.jpg
日本最大のマテリアル総合見本市「JFW JAPAN CREATION 2023」が11月1日(火)からスタート。東京・有楽町 東京国際フォーラム ホールEで開催されています。
同展では、国内産地からブース出展。

JC2211東京都製品2644.jpg
「東京都(東京皮革製品展示会実行委員会)」

JC2211東京レザー.jpg
「東京都(東京製革業産地振興協議会)」

JC2211姫路2645.jpg
「姫路レザープロモーション」

JC2211和歌山2646.jpg
「和歌山県製革事業協同組合」

JC2211野村様2648.jpg
「東京都(東京皮革製品展示会実行委員会)」では老舗メーカー 野村製作所が新ブランド「crocco」をお披露目。
JC2211野村様2649.jpg
大人世代の女性に向け、国内最高峰を目指した上質な革小物を提示します。

コロナ禍で開催された前回展の来場者は11,387人。日本のトップブランドアパレル、デザイナーの他、拡大する通販市場や日本の繊維流通の重要な担い手である、商社・問屋のキーパーソンが訪れ熱気溢れる商談が交わされたそうです。日本国内産地とアジアのトップ企業が集結し、シーズントレンドに沿った「高品質・高付加価値」のテキスタイルとファッションマテリアルを提案。初日から台湾など海外からも来場し盛況でした。

会期は本日11月2日(水)まで。新進クリエイターとのコラボレーションによる恒例のピッグスキンファッションショーも必見です。


【コンペ情報】「ジャパンレザーアワード2022」
IMG_9812.JPG
11月3日(木・祝)、国内最大のレザープロダクトコンペティション「ジャパンレザーアワード2022」グランプリ作品がいよいよ発表されます。

各部門の「ベストプロダクト賞」と「フューチャーデザイン賞」、学生部門「最優秀賞」、「審査員長特別賞」が同アワード公式サイトで発表されましたが、このなかのどの作品が栄冠に輝くでしょうか? どうぞお楽しみに!


【イベント情報】東京都立職業能力開発センター「技能祭」

東京都立職業能力開発センターが、地域との交流を深め、ものづくり体験などを通じて技術や技能の魅力を広く都民の皆さまに伝える「技能祭」を、11月3日(木・祝)に行います。

3年ぶりの開催となる今回、台東分校製くつ科は東京都立城東職業能力開発センターとの合同開催となり、城東職業能力開発センター(足立区綾瀬)で行われます。一日限定のイベントですのでご注意を。


【イベント情報】「草加商工会議所まつり」

11月3日(木・祝)、「草加商工会議所まつり」が開催されます。創立30周年を記念して行われる今年度のテーマは「復活の象徴」。

地場地産製品の展示・PR販売に「モノづくりダイレクトセール」も。草加市内事業所で製造された優れた製品を特別に定価の20%オフで販売されます。レザータウン草加の秀逸な革製品にもご注目を!


【イベント情報】「姫路城皮革フェスティバル」

姫路皮革製品推進協議会主催イベント「姫路城皮革フェスティバル」が11月2日(水)~6日(日)、兵庫・姫路 大手前公園(中央西部エリア)で行われます。

姫路を拠点とするタンナー、皮革関連の事業者の皆さまが出展し、つくり手、クリエイターの皆さまが手がけた革製品をはじめ、ファクトリー直送のレザー、皮革産地ならではの高品質のジャパンレザーを展示販売。「全国陶器市」と「姫路菓子まつり」も同時開催されます。


【記念日情報】11月7日は「にかわの日」


1963年11月7日、日本にかわ・ゼラチン工業組合の創立総会が開催され、新たな一歩を踏みだしたことを記念し、日本ゼラチン・コラーゲン工業組合により「にかわの日」が制定されました。

ニカワ(膠)とは天然物を原料とする接着剤のこと。化学接着剤が発明されるまで様々な分野で利用されていました。エジプトのピラミッドから出土した調度品や美術工芸品からもニカワが検出されており、古代エジプト文明でも使われていたことが分かっています。また、ニカワの製造風景を描いた壁画も見つかっており、ニカワが当時の文化に深くかかわっていた様子が伺い知れます。
日本でも紙や墨の製造の一部としてもたらされた後に接着剤として寺社の建造に利用されたとする記録が残っています。ニカワが存在していなかったとしたら私たちは壮大な寺社や古代日本文学、歴史書等に触れることができなかったかもしれません。ニカワは現代まで人類の発展を陰ながら支えてきた縁の下の力持ちのような材料なのです。
そして現代、シックハウス症候群や化学物質過敏症が問題となる中、天然素材であるニカワへの注目が再び高まっています。ニカワは私達の暮らしに欠かせない天然素材として、これからも時代を超え幅広い分野で活躍していくことでしょう。(以上 日本ゼラチン・コラーゲン工業組合 公式サイトより)
サステナブルな にかわは注目したいですね。


【メディア情報】「JLIAtv」
04d_img_01_2.jpg
当連合会公式YouTubeチャンネル「JLIAtv」で「ジャパンレザーVOICE」の新着動画が公開されました。

今回は番組内の第一特集「キーパーソンインタビュー」四回めのゲスト 株式会社丸喜 代表取締役社長 藤田晃成さんインタビューの見逃し配信です。

皮革卸 株式会社丸喜 代表取締役社長に就任され、業界紙やメディアなどの取材対応も多く、皮革業界のトレンドリーダーのおひとりとして知られています。
04d_img_03.jpgのサムネイル画像
ファッションリーダーとしてもお馴染み。取材当日コーディネートを披露していただくと・・・足もとは、なんとパンプス!

藤田さんが参画する浅草発ジェンダーレスパンプス「TUTTI(トゥッティ)」をご紹介。「パンプスオヤジ」として、ウォーキング動画もプラス。洗練されたコーディネートと美しいウォーキングに目を奪われます。
04d_img_04.jpgのサムネイル画像
靴の街 浅草を盛り上げるべく、積極的に着こなし提案、情報発信なさっています。スーツ×ハイヒール、新しいマッチングが鮮烈です! ぜひ、ご視聴ください。

東京・奥渋谷 渋谷区立松濤美術館で開催された「装いの力 -異性装の日本史」(2022年9月3日~10月30日)が話題となりました。

「男性か女性か--人間を2つの性別によって区分する考え方は、私たちの中に深く根付いています。しかしながら、人々はこの性の境界を、身にまとう衣服によって越える試みをしばしば行ってきました。社会的・文化的な性別を区分するための記号である衣服をもって、生物学的に与えられた性とは異なる性となるのです。もちろん、異性装を実践した人物の性自認や性的指向は非常に多様なものであり、それらが異性装とともに必ずしも変化するということはありません。

日本には、ヤマトタケルをはじめとした異性装をしたエピソードの伝わる神話・歴史上の人物たちが存在するほか、異性装の人物が登場する物語や、能・歌舞伎といった異性装の風俗・ 嗜好を反映した芸能も古くから数多くあります。

古代から近世を経て、西洋文化・思想の大きな影響下にあった近代日本社会では、一時期、異性装者を罰則の対象とする条例ができるなど変化がおとずれますが、それでも現代まで異性装が消えることはありませんでした。(中略)

近年では、人間に固定の性別はなく、従って<男性/女性>という二者択一の規定を取り払い、多様な性のあり方について理解し、認め合うという動きがでてきたものの、実際には性別における二項対立の構図は いまだに様々な場面で目にするものでしょう。男らしさ、女らしさとは何なのか。日本における異性装の系譜の一端を辿ることで、それらがどのように表現されてきたのかということを探り、<異性装>という営みの<これまで>と<これから>について考えます」(「装いの力 -異性装の日本史」プレスリリースより)

同展プレスリリースにあるように歴史的な観点からも日本の文化に根差している、異性装。同展でピックアップされている森村泰昌氏のアート作品やドラァグ・クイーンによるエンターテインメントのコスチュームのような、現代アートやパフォーマンス、非日常の表現だけてなく、ジェンダーにとらわれない装いが「ビッグシルエット」ブームとともに拡張し一般化しています。

一方、近年のトレンド「Y2K(2000年前後)ファッション」では、クロップド丈のトップスが新鮮なアイテムとしてリバイバル。フェミニンかつセクシーなスタイルが懐かしく新鮮なルックとしてとらえられています。セレブリティへの憧れとして、日本国内における「ギャル文化」との融合により拡散していった当時の時代背景とは乖離しているようです。「ミレニアムブーム」、「ITバブル」により、「リーマンショック」まで続く短期的な景気浮揚や広がりつつあったグローバル感覚など、コロナ禍の閉塞的で混沌とした現在にはないハッピーでポジティブなニュアンスが憧れの対象となっているのでしょう。そんなトレンドの「ヘルシーな肌見せ」「女性らしい」着こなしが人気を獲得しているからこそ、相対するジェンダーレス(性差のない)なスタイリングも存在感を放ちます。

旧態依然とした日本的な共有意識、ドレスコードや表層的な記号に振りまわされることなく、「美しいものを身に着けたい」という想いそのまま、日々のコーディネートに取り入れることはプリミティブな願望の発露であり、それらを受け入れる空気感が醸成されつつあります。もっと身近に感じたいジェンダーレスファッションの提案、ぜひ、配信動画でもご注目ください。

カテゴリー: ジャパンレザー トピック&イベント まとめ

東京都で全国旅行支援が20日からスタートします。水際対策の大幅緩和と円安の影響で、海外からの旅行者がかなり増えていますね。全国的に気温低下がみられるなか、秋の実売期、盛り上がることを期待したいところです。皮革業界では恒例イベントのほか、合同展示会も開催中。その様子を一部お届けいたします。

今回はさらにメディアやセミナーの情報、人気イベントのお知らせも加え、まとめました。参考にしていただけますように。


【展示会情報】「ジャパンファッションEXPO」
2567.jpg
10月18日(火)から東京ビッグサイトでスタートした「ジャパンファッションEXPO」にジャパンレザーブースが出展されています。
FWJLB2571.jpg
「ジャパンファッションEXPO」は「ファッションワールド東京2022秋」構成展のひとつ。皮革部門のスペースにタンナー6社それぞれの自信作の皮革サンプルを展示。その革を使ってメーカー3社とのコラボレーションにより、バッグ、革小物が発表されました。
FWJLB2568.jpg
有力タンナーと腕利きメーカーとのマッチングで、ものづくりをブラッシュアップ。ワンランク上の上質感があり、目をひきます。
FWJLB2569.jpg
「日本革市」公式サイトでは、タンナーとメーカー、互いに尊敬の念を抱き自身の技を磨き続ける両者の連携によって生まれた、温もりあふれるレザーアイテムとそのストーリーを公開。併せてご覧ください。


【展示会情報】「国際サステナブルファッションEXPO」
JLSR22ブースヒキ2560.jpg
同じく「ファッションワールド東京2022秋」構成展のひとつ「国際サステナブルファッションEXPO」が開催中。会場内でジャパンレザーショールームが出展されました。
立松様2566.jpg
富田様2564.jpg
「Asakusa Leather」「LEZZA BOTANICA®」「丸喜」「7iro leather lab」など皮革素材のほか、靴、鞄、バッグ、革小物を含め計16社が参加。
丸喜様2562.jpg
7iro様2563.jpg
レザーケアのプレゼンテーションも好評です。
FWJLSR22秋0001.jpg
サステナブルな皮革産業の未来につなげる、さまざまな取り組み、新作の発表にご注目を。会期は10月20日(木)まで。くわしくは下記リンク先をご参照ください。同ブースの製品展示につきましては、当ブログ11月第1週の更新時に追加でご紹介いたします。どうぞお楽しみに。


【オンエア情報】「ジャパンレザーVOICE」
05_img_01.jpg
「ジャパンレザーVOICE」第5回は、本日16時よりアズーリFM公式サイトよりライブ配信(生放送)を行います。今回は以下の3つのコーナーでレザーと革のものづくりの魅力をお伝えします。ぜひご覧ください。
05_img_02.jpg
■注目コンテンツDIG
「JAPAN LEATHER JOURNAL」オンラインツアー
05_img_03.jpg
■「ジャパンレザー 旬暦」製品紹介
11月23日<手袋の日> 日本一の手袋産地・東かがわのものづくり

■ジャパンレザー「最新トピック紹介」
皮革産地・姫路&たつの 恒例イベント 開催決定!

同じくフェイスブックライブ配信では、番組のオープニングコーナー終了後、第一特集「注目コンテンツDIG」配信中の20分ほど休止となり、第二特集「ジャパンレザー 旬暦」から再開されます。ご注意ください。


【メディア情報】「JLIAtv」

当連合会公式YouTubeチャンネル「JLIAtv」で、「TIME&EFFORT ジャパンレザーVOICE」の新着動画が公開されました。

【2023春夏 最新トレンド(レザー&カラー)(後半)】皮革業界キーパーソンインタビュー:株式会社ジャルフィック 代表取締役社長 池田正晴氏 #レザボイ が前半に続き公開スタート。「東京レザーフェア」で発表されたレザートレンドを解説してくださったスペシャル動画です。ぜひ、ご視聴ください。


【コンペ情報】「ジャパンレザーアワード2022」
JLA22受賞作品.jpgのサムネイル画像
国内最大のレザープロダクトコンペティション「ジャパンレザーアワード2022」、各部門の「ベストプロダクト賞」と「フューチャーデザイン賞」、学生部門「最優秀賞」、「審査員長特別賞」が同アワード公式サイトで発表されましたが、いよいよ「グランプリ」作品が11月03日「いいレザーの日」に発表されます。このなかのどの作品が栄冠に輝くでしょうか? どうぞお楽しみに!


【セミナー情報】第5回皮革関連セミナー

都立皮革技術センター 台東支所におきまして、令和4年度第5回皮革関連セミナー が11月10日(木)に開催されます。現在、受講希望者を募集中です。

今回は「婦人靴の安全性」をテーマに東京都立皮革技術センター 台東支所 課長代理(技術指導ご担当) 黒田良彦さんが登壇。婦人靴パーツとヒール取付強さとの関係について解析して、改めてヒール取付強さ試験について解説します。参加費は無料です。応募要項などくわしくは下記リンク先をご覧ください。


【イベント情報】「本日は革日和♪」
西川商店様02.jpg
当ブログの連載でお馴染みの村木るいさん主宰の人気イベント「本日は革日和♪」が、10月21日(金)から2日間、ホームグラウンドの大阪・奥なんばエリアで行われます。

今回は4社の皮革関連企業が参加。染色体験、テストシューズセミナー、野球グローブ会社徒歩ツアーなどなど盛りだくさん。くわしくは下記リンク先をご覧ください。

カテゴリー: ジャパンレザー トピック&イベント まとめ

10月11日(火)より水際対策の大幅緩和、政府の旅行需要喚起策「全国旅行支援」<東京都は20日(木)から>、「イベント割」などの施策がスタート。経済再建へ向け、動き出しています。皮革業界では次のシーズンに向けた展示会や恒例イベントの開催予定が続々。
今回はそんな展示会、イベントなどでまとめました。参考にしていただけますように。


【コンペ情報】「ジャパンレザーアワード2022」受賞作品発表
JLA22受賞作品.jpg
日本皮革産業連合会(JLIA)が主催する国内最大のレザープロダクトコンペティション「ジャパンレザーアワード2022」の審査会が、9月24日(土)、東京・渋谷ストリーム ホールにて開催されました。
JLA22審査会.jpg
審査員長の東京藝術大学美術学部 長濱雅彦教授をはじめとする審査員6名の審査と協議により、各部門の「ベストプロダクト賞」と「フューチャーデザイン賞」8作品、学生部門の「最優秀賞」1作品、持続可能なデザインを評価する「審査員長特別賞」1作品、そして、各賞10作品の中からより一層の展開が期待できる意欲的な作品「グランプリ」1作品が決定。同アワード公式ウェブサイトにて公開されました。受賞者および関係者の皆さま、おめでとうございます。

今回は、例年よりもポップなテイストの作品が多く寄せられました。コロナ禍と長引く円安にともなう値上げラッシュ・・・とネガティブな世相に立ち向かうかのような、力強くハッピーな作品たち。受賞作品にも含まれていますが、ベアがこんなに多い年はなかったように記憶しています。さらにはアニマルモチーフの小物や平和のメッセージを込めた作品も。素敵な作品に癒されました。どれも甲乙つけがたい作品ばかりで素晴らしかったです。ご応募くださり、ほんとうにありがとうございました。

今回、受賞を逃した皆さま、審査とマッチングせず残念でしたが、ご応募をしていただかないと受賞もありません。心折れることなく、どうぞ次年度もトライしてください。

なお、グランプリについては、11月03日「いいレザーの日」に発表されます。こちらもどうぞお楽しみに。


【展示会情報】「ジャパンファッションEXPO」

「ファッションワールド東京2022秋」構成展のひとつ、「ジャパンファッションEXPO」が10月18日(火)~20日(木)、東京ビッグサイトで開催。同展にはジャパンレザーブースが出展されます。

皮革部門のスペースにタンナー6社が持ち寄った世界に誇るべき各種ジャパンレザーを展示。同時に、これらの革を使ってメーカー3社が制作した魅力的なアイテムも出展。

タンナーとメーカー、互いに尊敬の念を抱き自身の技を磨き続ける両者の連携によって生まれた、温もりあふれるレザーアイテムとそのストーリーにご注目を。


【展示会情報】「国際サステナブルファッションEXPO」

「ファッションワールド東京2022秋」構成展のひとつ、「国際サステナブルファッションEXPO」が10月18日(火)~20日(木)、東京ビッグサイトで開催。会場内でジャパンレザーショールームが出展されます。

国際サステナブルファッションEXPOは日本最大のサステナブルファッション専門展。エコ、リサイクル、アニマルフリー、エシカル、オーガニック、フェアトレードなど、サステナビリティを考慮したファッション製品・素材が世界中から出展します。

素材5社・靴4社・鞄/バッグ3社・革小物4社の合計16社が参加。サステナブルな皮革産業の未来につなげる、さまざまな取り組み、新作が発表されます。参加企業については下記リンク先をご参照ください。


【イベント情報】「浅草エーラウンド」
エーラウンド22秋.jpg
東京都台東区の浅草・奥浅草エリアを対象とする地域イベント、「浅草エーラウンド2022秋」がいよいよ10月14日(金)~16日(日)の3日間開催されます。
  
観光地・浅草の奥にある、革靴の生産出荷額日本一を誇る「革のまち」である「奥浅草エリア」を中心に、普段は非公開の革靴づくりの現場などを巡り、モノづくりの街の魅力を体感することができるイベントです。

今回は「旅」がコンセプト。旅をするようにじっくりと楽しんで奥浅草の魅力を味わっていただけるコンテンツがそろいます。

コンセプトの背景として、「新型コロナウイルスの流行を機に、旅行を控えてきた人も多いのではないでしょうか。遠くまで旅行に行かなくても、旅に出る時のワクワク感や予想外のものに出会える楽しさは味わえるはず。革とものづくりの文化が息づくこの街の魅力を、探索しながら味わってほしい」(エーラウンド実行委員会)との想いが込められています。

感染拡大防止の観点から安心できるよう、今年はメイン会場や集客型イベントを設けない回遊性促進型のイベントとして実施。多面的な体験を通して奥浅草の魅力に触れるくことで、観光で訪れる人はもちろんのこと、近隣に居住する生活者にも新しい発見や出会いが提示されます。

当ブログでお馴染みの村木るいさん率いる「本日は革日和♪」も出展。「ある精肉店のはなし上映会~隣合わせのお肉と革」「人に話したくなる革セミナー 革の買い方や歴史編」「人に話したくなる革の話~害獣駆除と肥育と鞣しの話」ほか、内容盛りだくさんですよ。


【展示会情報】「JCC 古今」
JCC外観.jpg
古き良き伝統技術を今に受け継ぎ昇華させ、日本国内で秀逸なものづくりを手がけているクリエーター集団「ジャパンクリエイターズコレクション」が合同展示会「JCC 古今 ~Relation~ つなぐ」を10月18日(火)~20日(木)、東京・浅草JCC東京本店(東京都台東区花川戸2-3-4)で行います。

企業の枠を超え、1社ではなかなか実現できなかった職人とユーザーが触れ合える場の創設、各ブランドの認知向上などのために設立。商品のクオリティや独創性を追求し、ナンバーワンではなくオンリーワンを目指しています。

東京をはじめ、新潟、香川からも参加。特に香川は手袋産地として知られ、繊細かつ精密なものづくりで培った技術で新しいクリエイティブを展開しています。くわしくは下記リンク先をご覧ください。
 

【メディア情報】「JLIAtv」
JCC内観2.jpg
日本皮革産業連合会(JLIA)の公式YouTubeチャンネル「JLIAtv」で「TIME&EFFORT ジャパンレザーVOICE」新着動画、【2022年秋 最新】ギフトシーズンに大人世代に贈りたい革製品 [ジャパンレザーVOICE:TIME&EFFORT]が公開されました。
JCC内観1.jpg
クリスマス、バレンタインなど大人に贈るレザーギフトを、前述の人気ショップ「ジャパンクリエイターズコレクションズ(JCC)」から厳選しました。ぜひ、ご視聴ください。

1  2  3  4  5  6  7

プロフィール

鈴木清之

鈴木清之(SUZUKI, Kiyoyuki)
オンラインライター

東京・下町エリアに生まれ、靴・バッグのファクトリーに囲まれて育つ。文化服装学院ファッション情報科卒業。文化出版局で編集スタッフとして活動後、PR業務開始。日本国内のファクトリーブランドを中心にコミュニケーションを担当。現在、雑誌『装苑』のファッションポータルサイトにおいて、ファッション・インテリア・雑貨などライフスタイル全般をテーマとしたブログを毎日更新中。このほか、発起人となり立ち上げた「デコクロ(デコレーション ユニクロ)部」は、SNSのコミュニティが1,000名を突破。また、書籍『東京おつかいもの手帖』、『フィガロジャポン』“おもたせ”企画への参加など、“おつかいもの愛好家”・”パーソナルギフトプランナー”としても活動中。

最近のブログ記事

カテゴリー

月間アーカイブ

rss
facebook witter

このページの一番上へ