欧米ブランドに「負けていないぞ!」

カテゴリー: ジャパンレザー トピック&イベント まとめ の記事

カテゴリー: ジャパンレザー トピック&イベント まとめ

今週、東京でバッグ・鞄業界2023年5月展示会が行われていますが、近年では、BtoBはもちろん、BtoCにも注力。ビジネスパーソン向けだけでなく、ユーザー向けのイベントも行われています。また、外出が楽しい時季にあわせ、テレビ番組でジャパンレザーを紹介する機会が増えています。早くも父の日商戦も盛り上がっていますね。

今回もイベント、展示会やセミナー、メディア情報ほか、さまざまなトピックをまとめました。参考にしていただけますように。


【セミナー&展示会情報】「TLA」

一般社団法人日本皮革産業連合会(JLIA)の新プロジェクト「TLA (Thinking Leather Action)」のセミナー、「天然皮革がサステナブル素材である理由とは」が5月26日(金) 11:00~12:00、「東京レザーフェア」会場(東京・浅草 都立貿易センター台東館)8F 第二会議室で行われます。
掲載用poster_B1_728x1030_1_OL_1表紙.jpg
TLA座長 川北芳弘さん(株式会社川善商店 代表取締役)が登壇。皮革のサステナビリティについて詳しく学べるセミナーです。参加無料。会場でエントリー可能ですので、「東京レザーフェア」にご来場予定の方はお見逃しなく。

さらに、「東京レザーフェア」会場の4~7Fにてスタンプを4つ集め、TLAブース(4F入口)にお持ちいただくと、抽選で各日先着280名に素敵な賞品をプレゼント!

「東京レザーフェア」TLAブース(4F入口)では、皮革・革製品がなぜ、エコでサステナブルな素材なのかを知ることができます。あわせて、お立ち寄りください。



【イベントレポート】「豊岡鞄展」

国内有数の鞄産地、兵庫・豊岡の地域ブランド「豊岡鞄」の展示会が5月13日(土)~16日(火)、東京・丸の内 KITTE B1F 東京シティアイ パフォーマンスゾーンで行われました。
2305豊岡鞄4504エントランス外観.jpg
今回のテーマは鞄の本質に向き合い続ける豊岡鞄の鞄づくりについて、より深く知っていただくこと。初の試みとして一般ユーザーを対象にしています。
2305豊岡鞄4510エントランス内観.jpg
兵庫県豊岡市の寄付の返礼品に選出された「豊岡鞄」。
2305豊岡鞄4508製品フロント.jpg
返礼品としても人気のある製品をセレクトし多数出品されました。
2305豊岡鞄4516フォーマルバッグ.jpg
冠婚葬祭の変化とともに再注目のフォーマルバッグ(写真右)。家族葬などではドレスコードはカジュアルでも、バッグできちんと感を表現できるのがうれしいですね。

2305豊岡鞄4515コニ―様.jpg
若い世代の足もとの定番となっているホワイトスニーカーに合わせ、バッグもホワイトレザーの人気が高まっています。


2305豊岡鞄4495賑わい.jpg
展示製品はすべて購入可能。つくり手たちによる説明に耳を傾け、色やサイズ感、使い勝手をひとつひとつ確かめるようにお試しくださるユーザーの皆さまが多かったようです。「豊岡鞄」はECサイトも充実しているので、会期中以外にもお求めいただけるのもうれしいですね。

2305豊岡鞄4499フォトスポット.jpg
展示パートでは、まず、ものづくりを支える道具がお出迎え。
2305豊岡鞄4498フォトスポットヨリ.jpg
インパクトのあるディスプレイが目をひき、フォトスポットとして好評でした。
2305豊岡鞄4511フォトスポットヒキ.jpg
幅広い世代の来場客が記念の一枚をパチリ。

2305豊岡鞄4507財布.jpg
2305豊岡鞄4512応対.jpg
2305豊岡鞄4506環境配慮ヒキ.jpg
このほか豊岡鞄、豊岡財布について製品、パーツ、歴史、地域、環境への配慮などを丁寧に解説。
2305豊岡鞄4513環境配慮ヨリ.jpg
サステナブルレザー「LEZZA BOTANICA (レッザボタニカ)」とのコラボレーションも展開中。
2305豊岡鞄4514TLA.jpg
このコーナーに一般社団法人日本皮革産業連合会(JLIA)の新プロジェクト、「TLA (Thinking Leather Action)」のパンフレットを設置。ユーザーの皆さまにメッセージが届くきっかけとなりました。

2305豊岡鞄4493玉那覇様実演.jpg
2305豊岡鞄4492実演ヒキ.jpg
ミシン縫製コーナーでは、豊岡鞄職人の匠、コニ―株式会社 取締役常務 玉那覇幸二さんが実演。その技術に見入ってしまう来場客が続々。

2305豊岡鞄4494ワークショップ.jpg
このほか、ミニチュアボストンづくり 体験ワークショップも好評。鞄の街、豊岡からつくり手と数々の自信作が出張してきているので、東京・丸の内にいながらバーチャルなショッピングツーリズム気分を味わえました。
2305豊岡鞄4522.jpg
今後もこのスタイルを継続するそうで、次回は12月上旬に開催予定。冬は近隣の城崎温泉も最高。日本海で水揚げされるカニのベストシーズンということもあり、旅行の下見にもぴったりですね。

バッグ・鞄業界の展示会週とは異なる会期となりますが、クリスマス商戦の時季、ECサイトを検討するユーザーの皆さまも多いのでは。ギフト発送にもまだ余裕があるベストタイミングとなりそうです。ジャパンレザーファンの皆さま、ご期待ください。



【イベント情報】「TLGFC」

東日本バッグ工業組合 組合員有志メーカーによるプロジェクト「TLGFC/TOKYO LEATHER GOODS  FACTORY COLLECTION」による恒例のポップアップイベントが5月18日(木)~5月21日(日)、池袋駅構内南改札外イベントスペースで行われます。写真は前回開催時に撮影させていただきました。
池3632.jpg
池3620.jpg
池3607.jpg
今回は、三和袋物、きくひろ、ミヤ・レザークラフト、駒屋、フルカワ商会の参加が予定されています。
池3635.jpg
池3637.jpg
上質なレザーを使用したバッグ、財布、小物などの革製品がラインナップ。発色のよい革製品が多いので、気持ちが華やぎます。
池3610.jpg
大型連休後、モチベーションが上がらないというお悩みが少なくない今、デスクまわりやバッグのなかにキレイ色の革製品をプラスして気分をリフレッシュしてみてはいかがでしょうか?



【メディア情報】「ジャパンレザーVOICE」

インターネットラジオ×YouTubeハイブリッド型動画コンテンツ配信、「ジャパンレザーVOICE」(#レザボイ)2023年度の配信がスタートします。第11回は5月17日(水) 16:00~、アズーリFM公式サイトよりライブ配信(生放送)が行われます。おもな内容は以下のとおりです。ぜひ、ご視聴ください。

■「ジャパンレザー 旬暦」製品紹介
 靴学校の卒業展示レポート
台東分校卒展2303.jpg

■「最新トピック紹介」
 「ジャパンレザーアワード2023」「TLA (Thinking Leather Action)」の最新ニュース



【メディア情報】「桂宮治の街ノミネート」

落語家・桂宮治さんが、地元の人々が紹介する地元ならではの行きつけの場所を巡り、地元を愛する人々とのふれあいを楽しむ新番組「桂宮治の街ノミネート」(BSフジ/毎週木曜 22:00~)最新回・5月18日(木)放送分は、北千住・後編。ゲストに原田龍二さんを迎えます。創業88年の老舗鞄メーカーのランドセルが紹介されるそうです。どうぞお見逃しなく。



【メディア情報】「がっちりマンデー!!」

人気テレビ番組「応援! 日本経済 がっちりマンデー!! ~日曜に勉強! 月曜に実践!~」(TBSテレビ系/毎週日曜 7:30~)最新回は、実は日本生まれ!「国産」な会社。お馴染みの靴メーカー、リーガルコーポレーションが登場。新潟工場も紹介されました。期間限定で見逃し配信も行われています。



【メディア情報】西成高校靴作り部

第11回開高健ノンフィクション賞受賞・黒川祥子さんのルポルタージュ短期集中連載(集英社新書プラス)ルポ 大阪府立西成高校<反貧困学習>の現場・第6回で、同校の靴作り部(NSC)が紹介されました。「彼らはね、やっぱり新しい発想なんです。だから、僕らが教わってるんです。16歳が作る靴って、もう、夢しかないでしょう?」と、靴作り部をサポートする大山一哲さん。

革と靴の歴史を刻み続ける街の抱える課題は複雑ですが、その土地に生まれ育った大山さんの課題解決型活動により、注目が集まっています。「黒川さんの文字のもつパワーに圧倒されながら、NSC活動に光を照らしてくださいましたこと、心より感謝申し上げます。お時間ございますときにご一読のほど、よろしくお願いいたします」(大山さん)


カテゴリー: ジャパンレザー トピック&イベント まとめ

2023年5月8日(月)より新型コロナウイルス感染症の法的位置づけが季節性インフルエンザなどと同様の「5類」に移行となりました。引き続き感染対策ともに、経済活動の活性化を強く推し進める時代に。旅行ニーズとインバウンド消費が復調するなか、スタッフの確保を両立しながら、本格的な「ウィズコロナ」に対応していきたいですね。

今回もイベント、展示会やセミナー、メディア情報ほか、さまざまなトピックをまとめました。参考にしていただけますように。


【展示会レポート】「knot collection 9th」

大阪バッグ協同組合を中心に名古屋バッグ協同組合、東日本バッグ工業組合の各団体が連携し、日本バッグ工業連合会の主催により、地域を超えた展示会を目指してきた「knot collection」が9回めを迎え、4月19日(水)~20日(木)、東京・浅草橋 浅草橋ヒューリックホール&カンファレンス 3F カンファレンスROOMゼロで行われました。
大阪バッグ展示会4141.jpg
今回は大阪バッグ協同組合加盟メーカーが参加。出展社は、株式会社上西、株式会社ナダヤ、株式会社パンクリエーション、ビーイング株式会社、袋物なかむら、株式会社メイク、株式会社山川工芸の7社です。
大阪バッグ展示会4142.jpg
会期中、皮革業界関係者をはじめ、メディア関係者、OEM先をお探しのバッグ関連企業の担当者が訪れ、盛況となりました。そのなかからジャパンレザーの取り扱いメーカーのブースをご紹介。自社オリジナルブランドをはじめ、さまざまなバッグ、財布、革小物が発表されました。

【株式会社メイク】
カジュアルなバッグ、革製品を手がける株式会社メイク。
メイク様4148.jpgのサムネイル画像
国内で鞣した馬革を使用したバッグシリーズはロングセラー。
メイク様4150.jpg
シーズンごとに新作・新色を追加し、バリエーション豊富に展開しています。

【袋物なかむら】
口金を使用したバッグや小物を中心としたファクトリー。
なかむら様4147.jpg
希少となっている がまぐち文化を独自の製法により、発信しています。
なかむら様4143.jpg
なかむら様001.jpg
このほか、パステルカラーのハンドバッグなど、トレンドを意識したアイテムも発表しました。

【株式会社ナダヤ】
革に関するあらゆる事業にチャレンジし、革の未来を創造する、そんな会社を目指す株式会社ナダヤ。
ナダヤ様4151.jpg
スマートフォンポーチを中心とした財布、革小物シリーズが目をひきました。
ナダヤ様4153.jpg
キャッシュレス決済を行うユーザーのライフスタイルに寄り添う革製品が求められるなか、アイテムとカラーの組合せを楽しめるコレクションを提案。
ナダヤ様4164.jpg
ナダヤ様416.jpg
好みのカラーで一色コーディネートすると、統一感があり、ユーザーのコレクション欲を刺激しそう。
ナダヤ様4160.jpg
二色でコーディネートしても色のトーンがそろっているので意外とスッキリした印象。赤は赤字を連想するので避けるユーザーもいるため、財布以外のアイテムで赤を選びたいというニーズにマッチしつつ、ポジティブなカラーコーディネートを楽しむことができます。
ナダヤ様4156.jpg
コードバンの美しい光沢感を表現した牛革の財布・小物シリーズも好評。革の持ち味を生かし、シンプルシックに仕上げています。

大阪バッグ協同組合のホームページには出展社をはじめとしたメーカーの情報や問合せフォームなどもありますので、ぜひ、ご活用ください。



【イベント情報】「豊岡鞄展」

国内有数の鞄産地、兵庫・豊岡の地域ブランド、「豊岡鞄」の展示会として初の試み、一般ユーザーに向けたイベントを5月13日(土)~16日(火)、東京・丸の内 KITTE B1 東京シティアイ パフォーマンスゾーンで行います。各日10:00~19:00開場。入場無料です。

鞄の本質に向き合い続ける豊岡鞄の鞄づくりについて、より深く知っていただくことを目的に開催。鞄職人が日々使い込む愛着ある道具たちをはじめ、豊岡鞄を形作るひとつひとつの大切なパーツの展示。豊岡鞄の始まりや地域についてもお伝えする展示内容となっています。

豊岡鞄職人のミシン実演やプロの鞄職人によるミニチュアボストンづくり体験ワークショップなど、コンテンツ盛りだくさんです。



【メディア情報】「Bagazine bit」

鞄・バッグの専門誌のウェブ版、「Bagazine bit」の恒例企画<バッグ・鞄業界2023年5月展示会場マップ>が公開されました。
tenjikai-map.jpg
バッグ・鞄業界2023年5月展示会は5月16日(火)から開催する企業・事業者が多いようです。各社の展示会場をグーグルマップ上で紹介。それぞれのピン(マーカー)をクリックすると、社名、場所、日程、コメント(テーマ、コンセプト、商品ラインナップなど、内容は各社によって異なり、記述がない場合も)が閲覧できます。移動ルート確認にとても便利な仕様ですよ。



【ショップ情報】「Nishikawa Leather」

西川商店のショップ「Nishikawa Leather」(大阪・大国町)はエキゾチックレザーをはじめ、多彩なレザーがそろい人気です。平日に加え土曜営業日もスタートし大好評! 

西川商店様doyou_open5-01.png
次回の土曜営業日は5月13日(10:30~11:30・13:30~16:00)。通常は第一土曜ですが第二土曜となります。

豊富なバリエーションと、使い方提案がうれしいですね。ぜひ、店頭でチェックしてみてください。



【イベント情報】「LEATHER WORLD 2023」

一般社団法人日本皮革産業連合会(JLIA)が日本の皮革及び革製品の流通促進を図るため、9月30日(土)・10月1日(日)の二日間、東京・渋谷 渋谷スクランブルスクエア(渋谷駅直結)で行う「LEATHER WORLD 2023」内で展示するアイテム(革製品)の募集がスタートしました。

11月03日「いいレザーの日」PRイベントとしてスタートし、恒例企画としてレザーファンに広く認知されています。

会場では各アイテムごとにポップを設置。ブランドの紹介文に添えられたQRコードから自社ECサイトへ誘導でき、ショールーミング効果が年々高まっています。くわしくはリンク先をご覧ください。


カテゴリー: ジャパンレザー トピック&イベント まとめ

4月下旬は全国的に低温傾向との予報が発表されました。「若葉寒」ともいわれるそうです。こんな時季の防寒、体温調節に重宝するのが、レザージャケット。春先は重ね着などで活躍しますし、長く愛着できてサステナブル。ユーザーの皆さまが身近なアイテムからレザーの魅力に触れるきっかけにしていただけるとうれしいですね。

今回もイベント、展示会やセミナー、メディア情報ほか、さまざまなトピックをまとめました。参考にしていただけますように。


【イベント情報】「TLGFC」

東日本バッグ工業組合 組合員有志による「TLGFC/TOKYO LEATHER GOODS  FACTORY COLLECTION」のポップアップイベントが、JR船橋駅構内(改札外/北口方面 東武百貨店前)で開催中。
船橋0402.jpg
今回、船橋初開催。地元のお客さまがあたたかくお迎えくださっています。新生活をスタートした方へのギフトとして、上質な財布、革小物、バッグが好評です。

船橋0404.jpg
コードバンを使用した名刺入れ、キーケース【ともにSanwa】がファクトリーブランドならではのプライスで。

船橋04三和様02.jpg
藍染めのレザーを使用した革小物はロングヒット中の定番シリーズ【Sanwa】。

船橋0405.jpg
収納部が多く、整理しやすく便利なカードケース【KAWAFUL】。差し込みベルトタイプでしっかりホールド。名刺とクレジットカードなどを一緒に収納してもいいですね。ロングネイルや指に力が入りにくい場合にも安心なユニバーサルデザインがうれしい。

船橋0409t.jpg
カードが20枚収納できる財布【Thinly】は独自の仕様(実用新案取得)により、スマートかつコンパクト。
船橋0410.jpg
カードをタテに入れ、まとめて収納する、という柔軟な発想と自由度の高さにも支持が寄せられています。

船橋0406.jpg
カラーバリエーションが豊富なバッグもラインナップ【Furukawa】。小さめリュックは小柄な女性に好評です。

船橋0401.jpg
トレンドのニュートラルカラー(ベージュ~ホワイト)のバッグが充実【Petrarca】。スタイリングに馴染ませつつ、個性のあるデザインが主張するので、着こなしがさり気なく華やぎます。
船橋0407.jpg
船橋0408.jpg
つくり手自ら丁寧に説明し、製品の魅力をしっかりとお伝えしています。会期は本日4月19日(水)まで。
続いて、4月20日(木)~23日(日)<10:00~21:00 (初日11:00~ 最終日17:00閉場)>は、JR上野駅中央改札前(改札外)グランドコンコースでポップアップイベントを開催。



4月24日(月)~5月7日(日)には品川エキュート(JR品川駅構内/改札内)2Fで行われます。
くわしくは「TOKYO LEATHER GOODS  FACTORY COLLECTION」公式ウェブサイトをご参照ください。




【メディア情報】「繊研新聞」

「繊研新聞」(4月14日3面)に、当連合会の新プロジェクト「Thinking Leather Action(TLA)」事業について掲載されました。「繊研新聞」オンライン版「Senken plus」でも一部掲載されています(会員限定/会員登録<有料>で記事全文を閲覧可能です)。


JLIA_leaflet_0217_page-0001.jpg
同じく、「繊研新聞」(4月18日7面)に「Thinking Leather Action(TLA)」事業のインタビュー記事が掲載されました。座談会形式となっており、5名の関係者が熱く語っています。

出席者
日本皮革産業連合会シンキング・レザー・アクション座長、(川善商店社長)川北芳弘さん
日本靴工業会副理事(リーガルコーポレーション取締役営業統括本部長)青野元一さん
日本バッグ協会会長(野村製作所社長)野村俊一さん
日本鞄協会理事長(水野鞄店代表取締役会長)水野一樹さん
日本タンナーズ協会会長(モリヨシ社長)森脇繁行さん

オンライン版「Senken plus」でも一部掲載されています(会員限定/会員登録<有料>で記事全文を閲覧可能です)。ぜひ、ご覧ください。



【展示会情報】「knot collection」

大阪バッグ協同組合を中心に、名古屋バッグ協同組合、東日本バッグ工業組合の各団体が連携し、日本バッグ工業連合会の主催により、地域を超えた展示会を目指してきた「knot collection」が9回めを迎え、東京・浅草橋 浅草橋ヒューリックホール&カンファレンス(東京都台東区浅草橋1-22-16)3F カンファレンス ROOMゼロで行われます。会期は4月19日(水)~20日(木) 10:00~18:00(最終日は16:00まで)。


大阪バッグ協同組合展示会2204.jpg
今回は大阪バッグ協同組合 加盟メーカーが参加。参加企業は、株式会社上西、株式会社ナダヤ、株式会社パンクリエーション、ビーイング株式会社、袋物なかむら、株式会社メイク、株式会社山川工芸の7社です。自社オリジナルブランドをはじめ、さまざまなバッグ、財布、革小物が発表されます。なお、写真は前回開催時に撮影させていただきました。

問い合わせは大阪バッグ協同組合(tel. 06-6771-0231)まで。下記リンク先ホームページにはお問い合わせ用フォームもありますのでご活用ください。



【セミナー情報】「鹿・イノシシを獣害駆除から経済の円環に入れる千葉レザーの面白さ」

人気ショップ「レザークラフト・フェニックス」(大阪・奥なんば)が 4月21日(金)~22日(土)、セミナー「鹿・イノシシを獣害駆除から経済の円環に入れる千葉レザーの面白さ」を開催します。
村木さんセミナー230402.jpg
ジビエレザーとして注目されている鹿やイノシシ。全国各地で問題となっている農林業への被害軽減のため、有害捕獲された個体を利活用するサステナブルな取り組みが話題。製品原材料はもちろん副資材や使用するエネルギーにまでもこだわった、究極の循環型レザーアイテム「土に還る革製品」をリリースした「千葉レザー」を紹介します。
村木さんセミナー230401.jpg
当ブログの連載をはじめ、多方面で活躍する村木るいさんと「レザークラフト・フェニックス」スタッフ横井さんも登壇。オンラインでも参加できるのでご興味あるかたはぜひチェックしてみてください。



【イベント情報】「wisteriafujiwara」

人気シューズブランド「wisteriafujiwara(ウィステリアフジワラ)」がイベント開催(日本橋髙島屋 3F シューワールド)を発表。会期は4月29日(土)~30日 (日)です。

今回は「シューコンシェルジュおもてなしイベント」。靴を製作するシューコンシェルジュが、計測、フィッティング、色選び、デザインなど、お客さまのご要望に合わせたオーダーシューズを提案する貴重な機会です。くわしくは下のリンク先をご覧ください。



【イベント情報】「姫路 革の市」

毎月第一日曜日に行われる恒例イベント「姫路 革の市」が5月7日(日)に開催されます。

国内有数の皮革産地・姫路のなかでもタンナー(皮革製造工場)が多く集積する高木地区を拠点とした直売市。「姫路で生み出された高品質な皮革を知っていただき、日本のものづくり文化の発展に寄与したい」との想いが込められ、地場産業である皮革を用いた革製品(鞄/靴/小物)を出品。天然皮革素材、副資材が豊富にそろい、DIY派ユーザーに人気を集めています。


カテゴリー: ジャパンレザー トピック&イベント まとめ

桜前線はかつてない速さで北上。札幌でも4月18日に開花すると発表されました。移動の制限もなくなり、国内旅行のニーズも増加。店頭でもトラベル関連商品が好調のようです。新しい季節、新しい気分を体感できるジャパンレザーと出会っていただきたいですね。

今回も学びの情報、メディア情報ほか、さまざまなトピックをまとめました。参考にしていただけますように。


【講座情報】「皮革講座 Basic(初級)」

毎年好評のレザーソムリエ「皮革講座 Basic(初級)」2023年のスケジュールがレザーソムリエ公式ウェブサイトで発表されます。皮革業界のエキスパートたちが多彩な皮革素材の知識をレクチャーしてくれます。本日4月12日(水) 13:00より受講申し込み受付がスタートとなります。13:00以降、トップページに「Basic(初級)皮革講座はこちら!」ボタンが出現しますので、クリック後、エントリーしてください。



【メディア情報】「東京レザーフェア」

2022年10月からオンラインと東京レザーフェア会場にて計4回にわたって開催された「TLF主催 リーダーズセッション」、マザーハウス代表・山崎大祐氏と学ぶ「これからの時代に生き残る会社のつくり方」シーズン3・<チェンジ企業に学ぶ>のショート版が、YouTubeにて公開されています。ショート動画は忙しいビジネスパーソンにぴったりですね。


【メディア情報】「JLIAtv」

一般社団法人日本皮革産業連合会の公式YouTubeチャンネル「JLIAtv」で、【革の名刺入れ・カードケース】春の新生活おすすめレザーアイテムをご紹介 [ジャパンレザーVOICE:TIME&EFFORT]が公開されています。

今回のテーマは、「名刺入れ・カードケース」。この春、新生活をスタートする方、人事異動、昇進、転職などによって新しい環境、新しいステージを迎える皆さまに向けて提案。あわせて放送後記もチェックしてください。




【メディア情報】「Exotic leather News CLIP by JLIA」

エキゾチックレザーの魅力を発信するSNSアカウント「Exotic leather News CLIP by JLIA」で特別企画、「レザー&バッグ業界のエキスパートが聞く、エキゾチックレザー企業最前線」が公開されました。SNSでは掲載しきれなかった画像を多数加え、読みやすくブラッシュアップしお届けいたします。
インタビュー風景 前編.jpg
レザー業界、バッグ業界の第一線で活躍するエキスパートがエキゾチックレザーを手がける企業・事業者にインタビュー。レザーファン、ファッション好きのユーザー、そして、幅広いジャンルのビジネスパーソンの皆さまに、日本製エキゾチックレザーおよび、エキゾチックレザー製品の魅力をご紹介します。
新シリーズ第1弾は、株式会社レザーマニア東京にお邪魔し、長年バッグ業界でものづくりをサポートする宮城基郎さんにお話しを伺いました。
2F 全景 前編.jpg

Q 多様化するニーズに応えるショップづくりとは?

当店はエキゾチックレザーの取り扱いが多く、お客さまにご好評いただいています。クロコダイル、パイソン、リザード(トカゲ)、シャーク(サメ)、スティングレイ(エイ)に加え、珍しいところではウミヘビ、ジャクルシーなどもご用意しています。
レザーマニア東京様3937スティングレイ.jpg
レザーマニア東京様3941ウミヘビテジュー.jpg
レザーマニア東京様3940ジャクルシー.jpg
東京スカイツリーのある押上駅の近くにあり、アクセスが便利な場所ですが、地方のお客さまからのご要望にお応えして通販にも力を入れています。サイトの写真だけではわかりにくいというお客さまには、LINEでリクエストなどを受け付けています。特に、質感に関するご質問が多いので、動画に撮ってお送りするサービスが好評です。通販は触ることができないので最大の欠点ですから。店内でレザーを触って、柔らかさ・硬さを感じていただければと。そんなやりとりでご自分のイメージと近いか検討していただき、多くのお客さまに安心していただいています。

Q 見やすさ・探しやすさを意識なさっていますか?

2階では素材別・色別の陳列で構成しています。同じ系統の色をまとめ、お好みの色合いに近いレザーを探していただきやすいようにしています。
2F コーナー 前編.jpg
レザーマニア東京様3939カラー別陳列.jpg
また、ハンガーで陳列したり、カットレザーを個包装にして陳列したり、初めてご来店なさったお客さまにも探しやすいとよろこんでいただいています。

Q 特別感のある素材はありますか?

皮革産地で知られる兵庫県姫路市の老舗タンナー、坂本商店さんの「黒桟革」の別注レザーをリザードでご用意しております。
レザーマニア東京様3946黒ざん革.jpg
「黒桟革」は「革の黒ダイヤ」と称される希少なレザーです。
黒桟革 前編.jpg
黒毛和牛の革表面に日本古来の伝統技法である「漆塗り」を施してつくるのですが、エキゾチックレザー版をご依頼して試行錯誤するなか、リザードの質感とマッチし、ほかにないレザーができました。

Q クリエイター向けの便利な製品はありますか?

カットレザーがご好評いただいています。あらかじめ、財布用のサイズにカットしておりますので、すぐにものづくりをはじめていただけます。サイズもいろいろありますので、お好みのサイズを選んでいただけます。このところ、人気のスマホショルダーにも対応しております。
カットレザーコーナー 後編.jpg
エキゾチックレザーは縫いにくい場合は、このカットレザーをメインにして牛革などでベースとなる額縁に囲むデザインをおすすめしています。とてもつくりやすくなりますので、お試しいただきたいです。

Q 人気のレザー素材や製品は?

このところ、パイソンが人気ですが、女性の場合、柄のワイルドさがちょっと怖い、というお声もあります。特に、ダイヤモンドパイソンのハッキリとした白×黒カラーは強烈過ぎて...というご要望に応え、白黒紋様を薄くするために軽く漂白加工を施した無染色革、ハーフブリーチタイプをご用意しました。
レザーマニア東京様3934ハーフブリーチt.jpg
このヘビ革は、背割(蛇腹の柄、ハシゴ状のウロコ部分がメイン)のマット仕上げで、柔らかいので、本物の証であるウロコの立体感を堪能していただけます。ソフトな肌触りが魅力で、引っ張ったり釣り込んだりする時に弾力があるので扱いやすい素材です。
レザーマニア東京様3943パイソン.jpg
このほか、パイソンのバリエーションは豊富にご用意。レザークラフトファンだけでなく、皮革業界のビジネスパーソンにもご支持いただき、多彩な加工、染色、柄のバリエーションを実際に見るとデザインのインスピレーションが湧くと言っていただいています。ぜひ、店頭でご覧いただきたいです。

インタビューを終えて

現在、バッグを中心としたポップアップイベントを主催しており、「他の人と違うちょっと変わったものがほしい」というご要望をよくお聞きします。高級なもの、上質なものでいま手持ちにないものをお探しです。そんなお客様におすすめしたくなるようなエキゾチックレザーが豊富にあり、しかも個性的なレザーが多いのがいいですね。
レザーマニア東京様3936シャーク.jpg
レザーマニア東京様3938シャーク.jpg
シャークレザーの充実も目を奪われました。気仙沼産のヨシキリザメは復興の一助にもなるのがいいですよね。私自身も ものづくりに使用し数多く取り扱いましたが、あまり見かけない種類があり新鮮! クロコダイルに関しては、発展途上国の雇用創出、所得および就学率向上につながっているとお聞きし、「SDGs」にマッチしていることを改めて実感しました。

レザーマニア東京様3944パイソン.jpg
パイソンはロングトレンドですが、私の主催イベントでも人気です。大人世代は白スニーカーを軸としたコーディネートが定着しているので、合わせるバッグ、革小物も白もしくは淡色をお探しです。
レザーマニア東京様3934ハーフブリーチ.jpgのサムネイル画像
そんなニーズに合う色柄の豊富さがうれしいですね。やはり、今回ご紹介いただいたハーフブリーチタイプに注目しています。便利なカットレザーはサイズもさまざま。
時計ベルト用カット 後編.jpg
なかには時計ベルト用も。革漉きのサービス(有料/対応レザーは店頭でご確認ください)もあり、トライしやすいので、クリエイターの皆様にも活用いただきたいです。
革漉き 後編.jpg
百貨店の売り場を中心に同質化してしまっていますので、個性を打ち出す方法のひとつとして、エキゾチックレザーをおすすめします。製品に使用することで上代アップにつながり、店頭でのディスプレイのアイキャッチにもなります。エキゾチックレザーをお好きな方はリピーターになりやすく、売り上げ向上にも貢献してくれますよ。限定アイテムや一点ものアイテムなどからトライアルしてみてはいかがでしょうか?
2F 取材風景 後編.jpgのサムネイル画像

株式会社レザーマニア「レザーマニア 東京」


宮城基郎
DCアパレル、大手バッグ製造卸会社に30年間勤務。営業、MD業務や新規ブランド立ち上げに関わった後、2015年1月より独立。「革業界、バッグ、革小物業界を元気に」を理念に、生産・企画・営業まで、トータルにアドバイスできる強みを有し、現在数社とコンサルティング契約。現在、タンナーと協業でオリジナルブランドを立ち上げ、新たなメイドインジャパンの切り口でものづくりにもチャレンジ。また、自身でセレクトショップをオープン。各地の百貨店などからオファーが相次ぎ、ポップアップイベントも開催。


【JLIA HP更新情報】「ファッションローガイドブック2023」

経済産業省では「ファッションローガイドブック2023 ファッションビジネスの未来を切り拓く新・基礎知識」を3月31日に公開しました。

同ガイドブックは、ファッション産業の健全な発展を目指し、「ファッション未来研究会~ファッションローWG~」を立ち上げ、とりまとめられたものです。

「ブランドを立ち上げたらまずやるべきこと」「ファッションデザインの権利について知っておくべきこと」「海外でのビジネスを検討する際に知っておくべきこと」など7つのテーマに分けて、ファンションローの観点からぜひ知っておいてほしい内容が実用的なチェックリストにまとめられています。


カテゴリー: ジャパンレザー トピック&イベント まとめ

4月に入り、新年度を迎えました。皮革業界でも、年間のスケジュールが発表されたり、新しいプロジェクトが始動したりと賑やかな時期。この春はジャパンレザーと著名人のコラボ企画も話題です。

今回もイベント、メディア情報のほか、さまざまなトピックをまとめました。参考にしていただけますように。


【展示会情報】「東京レザーフェア」

5月25日(木)~26日(金)の2日間開催される「105th 東京レザーフェア」の情報が解禁されました。今回のテーマは「R.O.O.T.S.~自然をまとう~」。併せてポスターも公開されています。くわしくは公式ウェブサイトをご覧ください。



【イベント情報】「TLGFC」

東日本バッグ工業組合 組合員有志による「#TLGFC/TOKYO LEATHER GOODS  FACTORY COLLECTION」のポップアップイベントがJR大宮駅構内(改札内)中央改札南 コモレビ広場で行われています。4月9日(日)まで開催中です。
2304大宮ヒキ3890.jpg
今回の日程は2週間。週ごとに出展メンバーが入れ替わります。1週目は清川商店、きくひろ、ミヤ・レザークラフト、ラモーダヨシダ(mic)の4社です。
2304大宮ヒキ3891.jpg
会期中、出店スペースもチェンジ。いつ訪れても新鮮な印象があるかもしれません。先日お邪魔して撮影させていただきました。
2304大宮ヒキ3887.jpg



<きくひろ>
きくひろ様3901.jpg
新作・クロワッサンバッグがブレイク! かっちりし過ぎない、ほどよいカジュアル感を表現。
きくひろ様3888.jpg
ショルダースタラップの結び直しで長さをアジャストできるので、ななめがけでボディバッグ的な使い方も可能。マチもしっかりとあるので収納力もあり便利ですね。大人世代に人気を集めています。

きくひろ様3909.jpg
リゾート感覚のプリントを施したレザーミニバッグもリリースされました。サコッシュタイプのデザインなので、ジェンダーレスで活用できそう。


<清川商店>
清川様3899.jpg
ライトブルー、ネイビーブルー、ベージュなど、この春のトレンドカラーのバッグ、財布、革小物が豊富にそろいます。
清川様3897.jpg
特にオレンジが目をひきます。この春注目のベージュを中心とした茶系のワントーンコーディネート、さらにカーキをプラスしたアースカラーの着こなしの差し色にもぴったりですね。


<ミヤ・レザークラフト>
ミヤ様3906.jpg
ものづくりを国内で完結する「アリエルパール」シリーズが人気。姫路のタンナーとの革づくりからはじまり、手塗りで染色。ムラ感とグラデーションが際立つ、アンティーク調のニュアンスも素敵です。
ミヤ様3907.jpg
わかりやすいポップを設置。改札前で行き交う人が多いものの、歩くスピードが速いため、時間帯によっては、ちょっと立ち止まりにくいこともあるようです。駅構内での催事ではアイキャッチになり、印象に残るポップが重要ですね。
ミヤ様3904接客.jpg
さらにつくり手自ら体温のこもった製品説明でものづくりの魅力を丁寧に伝えています。


<ラモーダヨシダ(mic)>
ミック様3895.jpg
定番から新作まで幅広く財布をラインナップ。コイン収納部が便利な長財布に目を奪われました。
ミック様3894.jpg
500円硬貨のサイズを確保したつくりになっていて、大きく開閉するので、見やすく出しやすいですね。キャッシュレス決済の普及でコンパクト財布が支持を広げるなか、まだまだ長財布のニーズは底堅く、こうした工夫がユーザーの皆さまに喜ばれています。

ミック様スマホショルダー.jpg
トレンドのスマホショルダーも登場。ポーチタイプだけでなく、ストラップも充実。ありそうでなかなかない、上質なレザーで仕上げたストラップがヒット中です。企業努力により、レザー以外の製品との価格差を抑えています。天然皮革ならではの美しい色合い、優れた風合いは若い世代のユーザーの皆さまにもご理解が広がっているようです。


【メディア情報】「WWDジャパン」

「WWDジャパン」紙面&WEB連動企画、短期集中連載「革製品のサステナビリティを考える」第3回が「WWDジャパン」のWEBおよびSNSで公開されました。

三原康裕デザイナーが語る、革の過去・現在・未来を通して、革製品のサステナビリティにご注目ください!



【メディア情報】「魔裟斗チャンネル」

エキゾチックレザー×「魔裟斗チャンネル」コラボ動画 第2弾が公開されました。

2022年末に公開された第1弾ではザオー産業、イシカワでのショッピングが紹介されましたが、今回は、その振り返りとともにリゾート地へお出かけして・・・。ぜひ、ご視聴ください。


【ショップ情報】「Nishikawa Leather」

西川商店のショップ「Nishikawa Leather」(大阪・大国町)は多彩なエキゾチックレザーがそろい人気です。平日に加え土曜営業日もスタートし大好評! 次回は4月8日(10:30~11:30/13:30~16:00)。通常は第1土曜ですが第2土曜となります。お見逃しなく。


‹‹ 前の5件 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13

プロフィール

鈴木清之

鈴木清之(SUZUKI, Kiyoyuki)
オンラインライター

東京・下町エリアに生まれ、靴・バッグのファクトリーに囲まれて育つ。文化服装学院ファッション情報科卒業。文化出版局で編集スタッフとして活動後、PR業務開始。日本国内のファクトリーブランドを中心にコミュニケーションを担当。現在、雑誌『装苑』のファッションポータルサイトにおいて、ファッション・インテリア・雑貨などライフスタイル全般をテーマとしたブログを毎日更新中。このほか、発起人となり立ち上げた「デコクロ(デコレーション ユニクロ)部」は、SNSのコミュニティが1,000名を突破。また、書籍『東京おつかいもの手帖』、『フィガロジャポン』“おもたせ”企画への参加など、“おつかいもの愛好家”・”パーソナルギフトプランナー”としても活動中。

最近のブログ記事

カテゴリー

月間アーカイブ

rss
facebook witter

このページの一番上へ