欧米ブランドに「負けていないぞ!」

カテゴリー: トレンド

革と皮革関連資材のトレードショー
「第94回東京レザーフェア 2017 S/S Collection」レポート2回目は、
2017年春夏シーズンのトレンドをご紹介します。

image-1.jpg

これまでにも増して色彩感が際立つシーズン。

<日本の色と素材の精髄>を伝えるカラーパレットを発表!


tlf160611.jpg

情報発信コーナー<トレンド・ラボラトリー>にて、
出展各社の"おすすめトレンド"をベースにテーマを編集。

3つのカテゴリーに分けて展示されました。



1) 語るブラウン

スムーズなタッチと光沢の変化など、今季のブラウンは進化。

時代性をしっかりととらえて主張する色彩感と
革らしい品格を備えた、新しいニュアンスが感じられます。


tlf160604.jpg

革の原点を感じさせるブラウンの色感とタッチ


tlf160605.jpg

深く翳りを呼吸するバーガンディ


tlf160603.jpg

ナチュラル感で語りかけるイエローオーカー


tlf160602.jpg

ふくよかさが生きるオレンジのリッチな風合い



2) 本流の進化

洗練された鞣しと進化した加工技術により実現したネオワイルドな感覚、
ヘビーデューティ性、ナチュラルな表情など
革の本流ともいえる素材が変化に富んだバリエーションでそろいました。


tlf160614.jpg

明るい影、しなやかな光沢のグレー


tlf160612.jpg

艶やかなライトカラーで刷新


tlf160615.jpg

深い影のブルー、ふくよかなサーフェイスが奥行きを描き出す


tlf160613.jpg

革の本質を引き出すレッドのいろいろな色調



3) 未来の兆し

スポーティ、ハイテック、モダニズム...
ファッションの明日に一歩推し進める要素をもつレザーがラインナップ。

これまでにないイメージが軽やかに表現されています。


tlf160618.jpg

ネオンカラーならではの未来のタッチそしてインパクト!


tlf160617.jpg

多色相で語りかける未来の輝き


tlf160616.jpg

高度な加工技術が実現する初めてのタッチ


tlf160620.jpg

ホワイティな光は未来からのインパクト



2016年春夏シーズン、注目のテラコッタ、バーガンディといった
深みのあるダークカラーが継続しつつ、
そのアンチテーゼのような淡く軽やかなライトカラー、
ビビッドなネオンカラーなどなど、多様性がみられるのもうれしい。

変化の兆しをまとうレザーにより、
フレッシュな革製品が続々と発表されると思われます。

ファッションがより楽しくなりそうですね!



■ 参考URL ■


 東京レザーフェア
 <http://tlf.jp>


カテゴリー: 国内革事情


革と皮革関連資材のトレードショー
「第94回東京レザーフェア2017 S/S Collection」が、
東京・浅草 東京都立産業貿易センターにて、
6月16日(木)から2日間行われ、
合計約6,000人の来場者が訪れました。


なかでも話題となったのは、会期中に開催されたスペシャルイベント。

"次世代を代表する日本のデザイナー"として評価が高い
<ミキオサカベ>デザイナー坂部三樹郎さんと、
出展企業とのコラボレーションプロジェクトがスタート。


坂部さんは、ベルギー・アントワープ王立芸術アカデミー
ファッション科マスターコースを主席で卒業。

シュエ・ジェンファンさんと<ミキオサカベ>を設立し、
東京とパリを軸に
ミラノ、ニューヨーク、バルセロナなどの都市でコレクションを発表。

デザイナー山縣良和さんとともに、<東京ニューエイジ>、
<ファッションモーメントトーキョー(FM.TOKYO)>をプロデュース。

日本で唯一自給できるピッグスキン(豚革)を使った
ファッションショー「TOKYO LEATHER PIGSKIN 2016」に参加するほか、
現代アートの<Chim↑Pom>や
アイドルユニット<でんぱ組.inc>とのコラボレートなど
ジャンルを超えた幅広い活動が人気です。

tlfp001.jpg


次回「東京レザーフェア」で開催予定のレザーファッションショーに向け、
公開コンペティションで企業を選出。

tlfp000.jpgのサムネイル画像

株式会社三越伊勢丹<TOKYO解放区>バイヤー 寺澤さん、
繊研新聞記者 五十君さんとともに選考。


tlfp ニッピフジタさん.jpg

豊富な仕入れソースをもつハイブリット・カンパニー<株式会社ニッピ・フジタ>、


tlfp墨田革漉さん.jpg

革のものづくりが盛んなイースト東京・墨田エリアを拠点とし
高い加工技術が注目を集める<墨田革漉工業株式会社>、


tlfpコロンブスさん01.jpg

tlfpコロンブスさん02.jpg

レザーケア用品、仕上げ材のトップメーカー<株式会社コロンブス>の3社が決定!


tlfd001.jpg

tlfd003.jpg

パネルディスカッションには、選出企業の代表者が登壇。


tlfd000.jpg

プレス関係者、業界関係者をはじめ、レザーファンも駆けつけました。


tlfd002.jpg

今回のプロジェクトを通して
「革への美学や、各出展社が熱い気持ちをもって工夫をし続けていること、
 革を使用した表現の広がりに可能性を感じた」、
新たな市場開拓の課題を抱える皮革業界に対しては
「質のよさや技術力の高さで世界的に認められる日本であっても、
 よいものを懸命につくっていくだけでは、
 その魅力を現代の人びとに伝えていくことは困難。
 その魅力をどのように伝えていくのかを考えることが重要になる」、
との意見が交換されました。


坂部さんは、
「つくり手のみなさんの美学や技術追求に加え、
 デザイナー視点で市場のニーズもとらえたファッション性を
 いかにみせられるか、新しいものに挑戦したい。
 革の固定観念を払拭することで、
 新たな需要を見出し、市場を切り開けるのでは!!」と意欲的。


東京レザーフェアを主催する資材連は、
「いままで、革と皮革関連業界関係者だけでは想像することが難しかった
 ファッション の世界での可能性について、
 新たな気づきを業界関係者へ
 もたらすようなきっかけにしたい」と期待を寄せています。


12月のファッションショーが楽しみですね。


レポートは次回(6月29日(水) 更新予定)に続きます。



■ 参考URL ■


 東京レザーフェア
 <http://tlf.jp>


カテゴリー: トレンド 国内革事情


インテリア・デザイン市場のための国際見本市
「インテリア ライフスタイル」が、6月1日(水)から3日間、
東京・有明 東京ビックサイトで行われました。

il16020.jpg

「インテリア ライフスタイル」は、
ドイツ・フランクフルトで開催されている
世界最大級の国際消費財専門見本市「アンビエンテ」、
家庭用・業務用テキスタイルの国際見本市「ハイムテキスタイル」の2つを母体とし、
東京から世界へ向けてライフスタイルを提案しています。

国内627社、海外195社、計822社が出展。

会期中、合計30,049人が来場し、大盛況でした。

il16018.jpg

近年、回を重ねるごとに、
バッグ、革小物関連ブランドの参加が増えています。

ショップや売り場でもファッション、雑貨、インテリアといった
ジャンルの際がなくなりつつある現状を反映し、
新たな切り口で提案していたブースをピックアップしてご紹介します。



il16007.jpg

小物、インテリア雑貨を発表する<LOOM(ルーム)>。

素材と向き合い、削ぎ落としていくことで生まれてくる普遍性をとらえ、
一手一手、織機でつくられる布のようにていねいに仕上げられています。

il16008.jpg

ヌメ革を生かし、ナチュラルな世界観を表現。

フレグランスを浸透させたタグや
革をパーツに使用したフレグランス関連アイテムに加え、
インテリア雑貨がラインナップ。

三越伊勢丹をはじめ、
百貨店、セレクトショップでのポップアップイベントも好評です。



ソファメーカー<心石工芸>が鞄を発表。

栃木レザーを使用し、
ソファ<ココロイシ>のフォレスティルラインとして、
トートバッグ、ブリーフケース、バッグパックをリリース。

il16001.jpg

長年、人と空間とプロダクトの調和を考えたものづくりを続ける同社が、
ソファーメーカーとして培ったその独自の視点に立ち、
新たな鞄の在り方を提案。

使い手の気持ちに寄り添い、
心の贅沢を感じることができる鞄であることを重視。

長く愛用、愛着できるシンプリティを追求しています。

その佇まいはファニチャーのようですね。

il16002h.jpg

レザーとともに展示することで素材のクオリティをアピールしました。

「繊研新聞」(6月14日3面)に掲載されるなど、
異業種からの参入が話題になっています。



Japan Leather Award 2011 エコレザー部門賞を受賞した
実力派ブランド<ラ・ジョイア>では、ポンチョをリリース。

il16006.jpg

このほか、ロングヒットを続ける防寒小物も大好評。

この夏、新展開が。

il16005.jpg

明日、6月16日(木)からスタートする「東京レザーフェア」でお披露目されますよ。



il16011.jpg

インキュベーション施設<台東デザイナーズビレッジ(デザビレ)>卒業生であり、
Japan Leather Award 2012 審査員特別賞を受賞した<.URUKUST(ウルクスト)>が、
若手起業家をサポートするための新規ゾーンNEXTに出展。

il16010.jpg

バッグ、革小物を中心に展示。

この春、海外を視野に入れた展開をスタート。

バイヤー、ジャーナリストからの反応がよかったそうです。




同じくデザビレ卒業生ブランド<ポッテンバーントーキー>も出品。

イースト東京・松ケ谷にアトリエを移転。

地元を拠点とするメーカー<高梨>とのコラボレーションも実現しました。

il16014.jpg

ポップなデザインの新作ベルトにもしっかりと熟練の職人技が息づいています。



デザイナー・藤田勝治さんによる<SHOJIFUJITA(ショウジフジタ)>では、
大手文具メーカー<コクヨ>とコラボレーションが実現。

il16016.jpg

「スマートワークスタイル」をコンセプトに
ビジネスアイテムを展開する<trystrams>から、
革素材のケースシリーズ<SHOJIFUJITA(ショウジフジタ)>を
8月15日から発売するそうです。

16053085985ef46b.jpg

特徴的な<六角形>のフォルムは、シンプルかつ洗練された印象。

携帯するシーンから着想され、
バックのなかで手ざわりでの識別がしやすく、取り出しやすさを意識。

パスポートケース、ペンケース、名刺ケースほか5アイテムがそろいます。



ファッションのトレンドとは異なる軸での発想が求められるいま、
シンプル&ベーシックでありながらも
新しさを表現できる革製品、雑貨が増え、頼もしく感じました。

手に届きやすくなったジャパンレザーのさらなる進化が楽しみですね!




■ 参考URL ■


 インテリア ライフスタイル
 <http://www.interior-lifestyle.com/>


カテゴリー: 国内革事情


イースト東京のビッグイベント「モノマチ」レポート、
第二弾は展示販売、マルシェなどを中心にお届けします。


hmr0000.jpg

まずは、インキュベーション施設
<台東デザイナーズビレッジ(デザビレ)>施設公開&販売会から。


hmr0012.jpg

現在、第一線で活躍するクリエイターを多数輩出。

イースト東京のランドマーク的な存在としても知られています。

普段は入ることができないクリエイターのアトリエを見学することができる
一年に一回だけの貴重なチャンスとして、リピーターも多いんですよ。

今回は新入居ブランド 6組をお披露目しています。


そのうちのひとつ、<FIORAIA(フィオライア)>。

hmr0001.jpg

文化服装学院バッグデザイン科を卒業した女性クリエイターが始動。

バッグ・財布のデザインはもちろん、職人として10年以上活動した経験が生かされて。

hmr0002.jpg

<FIORAIA>はイタリア語で<花の売り娘>。

人びとを魅了する花や植物をモチーフし革小物をリリースしています。


同じく女性クリエイターによるバッグブランド<comma(カンマ)>では、
小さめサイズのバッグや財布と小物のラインアップが増えました。

hmr0003.jpg

ガムケース(タブレットタイプ)など、
若い女性ならではの視点でつくられたアイテムに支持が広がっています。


hmr0017.jpg

デザイナー 村上裕宣さんがすべて
手作業で仕上げている<m.ripple(エムリップル)>。

職人的な製作と自由な発想が融合した独自の世界観を表現しています。

使うひとが<自分の歴史を刻みながら育てる>バッグや財布・小物をリリース。

hmr0005.jpg

販売イベントのオファーが数多くあり、順調に成長。

お客さまへの説明も熱がこもります。


hmr0006.jpg

姉妹施設<浅草ものづくり工房>も参加。

hmr0010.jpg

hmr0016.jpg

今回は卒業生ブランドもゲスト出店し、華を添えています。


hmr0011.jpg

シューズを中心にバッグ、革小物をリリースする
<entoan(エントアン)>は卒業後、埼玉・越谷にアトリエを移転。

hmr00020.jpg

「今まで感じることのできなかった感覚、言葉にすることができなかった
 思いがたくさん生まれるような」ものづくりを追求。

シンプルななかにも個性あふれるアイディアが詰め込まれています。

「アルネ」や「ほぼ日刊イトイ新聞」をはじめ、
さまざまなメディアで紹介されたことで
幅広い世代のファンに支持されているのも特長です。


ブランドのシンボル的なアイテム、<おなかポッコリキーケース>の
展示会「POCCORI EXPO(ポッコリエキスポ)' 2016」が、
埼玉・北越谷の雑貨店<tane(タネ)>で6月14日(火)からスタート。

最終日には真鍮と革の靴べらのワークショップを行います。


hmr0008.jpg

このほか、<six-clothing(シックスクロージング)>に加え、
<ラ・ジョイア>など実力派クリエイターによるブランドが続々と入居しています。


hmr0007.jpg

日本製革製品のコンペティション「Japan Leather Award」の審査員を務める
バイヤー 鎌倉泰子さんも駆けつけて。


mcmic01.jpg

恒例の「モノマチクリエイターズマーケット」は、
2k540 AKI-OKA ARTISANと佐竹商店街(写真)の2会場で開催。

hmr0015.jpg


<トーキョーカケン/N.U.T>では上質でユニークな革製品を提案。

mcmic02.jpg

mcmis05.jpg

アパレル製品のラインとともに出店。

子育て世代のファミリーにもアピールしました。


hmr0014.jpg

会期中にはさまざまなプログラムとおもてなし、そして、
活発なコミュニケーションで街じゅうに笑顔があふれました。

次回も楽しみですね。



■ 参考URL ■

 「モノマチ」
 <http://monomachi.com/>


カテゴリー: 国内革事情

イースト東京のビッグイベント「モノマチ」が、
5月27日(金)から3日間行われました。

地方自治体主体ではなく、
民間主導で団体を設立し、自主運営されています。


革製品をはじめ、
ファッション雑貨の生産で知られるイースト東京・
徒蔵(カチクラ/御徒町~蔵前~浅草橋/台東区南部一帯)エリアを中心に、
ものづくりを通して地域と地場産業を活性化。

hm01.jpg

江戸時代より伝統工芸職人の街であった歴史を受け継ぎ、
メーカーが点在するエリアで職人の作業見学、
手づくり体験ワークショップなどを同時開催しています。


レポート第一弾はワークショップをまとめてご紹介!



まずは、世界のカバン博物館から。

hm00.jpg

大手メーカー<エース>を母体とする同館。

鞄の博物館としては世界唯一です。

世界41か国の選りすぐった逸品270点を常設展示。

鞄を通して歴史やライフスタイルとの関連を提示しています。

hm02.jpg

今回は、栃木レザーを使用し
キーホルダー、コインケース、財布、トートバッグの4種を実施。

hm03.jpg

参加者がそれぞれのイニシャルを選び、刻印もできるのも好評でした。



老舗メーカー<高屋>は、第7回から参加。

好感触を得て、直営ショップ
<トートクラマエ>をオープンするきっかけとなったそうです。

hm06.jpg

トートバッグの手づくり体験企画は、
好みのレザー、ハンドル、金具の組合せを選ぶことができる
カスタムメード感覚と簡略化した作業によりトライしやすい内容が好評。

hm04.jpg

店内は常時順番待ちとなるほどの盛況でした。

hm05.jpg

「これまでは平日のみの営業でしたが、
 今後は土曜を含め、営業日の拡大も検討したい」と、
同社営業部長 薄井さん。

海外からの観光客や若い世代が多く訪れ、
脚光を浴びる立地特性を生かした広がりに期待が寄せられます。



同じく蔵前・国際通り沿いの古い雑居ビルをリノベーションした一室では、
Japan Leather Award 2012 グランプリ受賞者
大河なぎささんが教える<ペンケースづくりワークショップ>が。

hm18.jpg

(tokyotoff フェイスブックページより)


通常、革小物をつくる教室も運営していることから固定ファンも多く、
手づくりしてプレゼントしたいというニーズを反映。

ラッピングも用意するなど女性クリエイターらしいきめ細やかな配慮も。

父の日を控えた時季でもあり、多くのかたが参加したそうですよ。



創業70年以上の鞄・革小物メーカー
<イケテイ>の直営ショップ<IKETEI VILLA>は、
コラボレーションワークショップ「はっちんぱっちん」を実施。

hm08.jpg

近隣の店舗と連携し、レザークラフト材料店で革を選び、小物づくり。

パーツをつくり、型をチョイス。

そのかたちに抜き、穴をあけ、ゴムを通します。

カフェでドリンクをもらい、ひと休み。

フラワーショップで花を二輪受け取り、
リボンのかわりに完成した小物
「はっちんぱっちん」でまとめてフィニッシュ。

のんびりと流れる下町時間とともに、
ものづくり体験を楽しめる好企画ですね。



若手バッグクリエイター 中原理さんが営む
アトリエ&ショップ<NOLA-Torigoe>の
ナイトイベント「夜マチ工房」も人気です。

hm12.jpg

鳥越・おかず横丁にほど近い場所にあり、
毎月第1土曜に開催するイベント「ものづくり横丁」に参加。
<なお、次回は7月2日です。ご注意ください>

恒例となっている革小物づくりのワークショップでは、
月ごとの限定カラーを用意するなど
リピーターのハートをガッチリつかんでいます。

hm11.jpg

今回は、その仲間たちが集結。

くるみボタンのMisuzuya、田中箔押所とのコラボレーションによる
カードケースのワークショップを行いました。

hm14.jpg

好みのフォントを選んで、箔押し体験。特別感が高まりますね。熟練職人 田中さんの手際に見惚れてしまいます。

hm10.jpg

熟練職人の熱血指導も楽しい。


隣のスペースはオープンエアの<夜マチばる>に。

hm15.jpg

ちょっぴり早いですが、大人のための夏まつりのよう。

hm16.jpg

レザー&ものづくり談義をつまみにほろ酔い気分。

昼間は仕事があって来ることができない
ユーザーも駆けつけ、盛り上がっていましたよ。



レポートは、次回、第二弾に続きます。
どうぞお楽しみに。



■ 参考URL ■

 「モノマチ」

 <http://monomachi.com/>


カテゴリー: 国内革事情


今週から来週にかけて、全国各地でジャパンレザー関連イベントが行われます。
イベント、セミナー、ワークショップなど、まとめてご紹介。
日本の革と革のものづくりの魅力に触れ、楽しんでみてはいかがでしょうか?



■ 「Snug hideout」<5/20(金)~26(木)>


イースト東京の人気商業施設
2k540 AKI-OKA ARTISAN(ニーケーゴーヨンマルアキオカアルチザン)で、
恒例のクリエイターズマーケット「Snug hideout」が行われています。

13267814_1277168508977525_729163998681095520_n.jpg

ハンドメイドの帽子が好評の<MARSE(マーズ)>を中心に
アンティークの帯、着物などをリメイクした
和小物を発表する<さくら本舗>ほか計8ブランドが参加。

2016051614134112a.jpg

今回は大阪からオーダーメイドできる眼鏡ブランドや、
レザーで葉っぱモチーフのアクセサリーをつくるクリエイターも登場しています。


 「Snug hideout」

  5/20(金)~26(木) 11:00~19:00(最終日は18:00まで)開催、水曜定休
  東京都台東区上野5-9
  <http://www.jrtk.jp/2k540/>



■ 「日本革市」<5/25(水)~31(火)>


日本製革製品PRイベント「日本革市」2016年春夏シーズン第二弾が、
福島・郡山 うすい百貨店で開催されます。

160520_img.jpg

一般社団法人 日本タンナーズ協会のプロジェクト、「日本革市」。

各地の主要百貨店とのコラボレーションで、
日本のなめし革・革製品の魅力と価値を提案。

うすい百貨店での開催は好評につき、5回めとなりました。

ba17e43625f978f38d76681a73e576ad.jpg

革製品の販売だけでなく、ものづくりをくわしく紹介する展示、
革小物手づくり体験ワークショップを実施。

今回は初の試みとしてブレスレットのDIYにトライできます。

このほか、16,200円(税込)以上のショッピングや
アンケート回答で特製革製品のプレゼント(それぞれ各日先着50名)が。

お見逃しなく。


 「日本革市」

  5/25(水)~31(火) 10:00~19:30開催
  福島県郡山市中町13-1  うすい百貨店 1F
  <http://www.kawa-ichi.jp/>



■ 「モノマチ」<5/27(金)~29(日)>


イースト東京のビッグイベント「モノマチ」第8回<はち モノマチ>が、
5月27日(金)からスタートします。

22.gif

ものづくり館 by YKKでは多くのクリエイターや「ワークショップ・マーケット」を開催。

エースの世界のカバン博物館では、

革の札入れ、小銭入れ、キーホルダーづくりワークショップを実施。

ショップをめぐりながら、
バッグにさまざまなパーツをプラスしカスタムする<トッピングラリー>、
革小物手づくりワークショップ<居皮屋>、
「Japan Leather Award 2012」グランプリ受賞 大河なぎささんが教える
<ペンケースづくりワークショップ>、
<手芸女子のよくばり散歩>など、DIY企画が充実。

インキュベーション施設・台東デザイナーズビレッジ施設公開、「モノマチクリエイターズマーケット」ほか、
イベント&プログラムも盛りだくさんです。

13233163_1159485850781202_5387452881597205142_n.jpg


 「モノマチ」

  5/27(金)~29(日) 開催
  東京都台東区南部一帯
  <http://monomachi.com/>



■ 「craft center sumida 2016」<5/27(金)~6/1(水)>


革のものづくりで知られるイースト東京・墨田エリアを拠点とする
手づくり工房や作家たちによるイベント
「craft center sumida 2016 -新しいすみだの手づくり&手づくり作家-」が、
5月27日(金)からスタート。

ev_craftcenter_06.jpgev_craftcenter_05.jpg

ものづくりのまち墨田で、ゆるやかにつながる つくり手たち。

その個々の活動とそれぞれの手作りへの想いを紹介。

ev_craftcenter_07.jpg

アトリエ・アミーチによる手づくり体験ワークショップも実施予定。

上質な革に金具を打ち留めるなど、
カスタムしてオンリーワンのポーチをつくることができますよ。


 「craft center sumida 2016」

  5/27(金)~6/1(水) 開催
  東京都墨田区押上1-1-2  東京スカイツリータウン・ソラマチ 5F
  <http://machidokoro.com/event.html>



■ 「本日は革日和ぷち」<5/29(日)>


大阪の人気イベント「本日は革日和♪」が久々のホームグラウンドでの開催。

4つのセミナーが行われます。

<革細工をはじめたばっかりの人が聞いておくと得をするセミナー>、
<しくじりハンドメイド作家さん~こうやればしくじります!>、
<革メーカーの利益配分からモノづくり のお金儲けを考える>、
<手で行う革漉きと1000円ちょいで出来る立体成型講座>、
と実践的な内容ばかりです。


 「本日は革日和ぷち」

  5/29(日) 開催
  大阪府大阪市浪速区敷津東1-4-17 
  <http://ccrui.sakura.ne.jp/kawabiyori/archives/info/160529>



■ 「現役、サンプル師が教える型紙講座」<5/29(日)>


<サンプル師が教えるバッグ教室>の人気プログラム
「現役、サンプル師が教える型紙講座」が、奈良で開催されます。

image11.jpg

今回は、<キレる刃物の確かめ方><直線の切り方><左右対称の型紙の作り方>
<四方対称の型紙の作り方><縫い代について>など、
型紙の基礎を少人数制(定員4名)でわかりやすく指導します。

受講料4,000円、事前申込制。

「Japan Leather Award 2012」レディースバッグ部門賞受賞者
中村保義さんが主宰する<サンプル師が教えるバッグ教室>。

大阪を拠点とし、東京、広島、香川、高知、石川、札幌などで行われ、
これまでに200名以上が受講しています。


 「現役、サンプル師が教える型紙講座」

  5/29(日) 14:00~16:30 開催
  奈良県北葛城郡王寺町久度2-2-1-501
  <http://bagsample.net/archives/2368>



■ 「くつっ子まつり」<6/5(日)>


日本ケミカルシューズ工業組合の恒例イベント「くつっ子まつり」が行われます。

戦後、靴メーカーが集積し、一大生産地として発展した
靴のまち神戸・長田のつくり手とユーザーとの交流の場として年2回実施。

長年培われた技術力をもとに
クオリティーの高い靴を気軽に楽しめる貴重なチャンスです。


 「くつっ子まつり」

  6/5(日) 9:00~16:00 開催
  兵庫県神戸市長田区若松町6-3  若松公園 鉄人広場
  <http://www.csia.or.jp/event/index.htm>


カテゴリー: トレンド


サックスバーホールディングス傘下
株式会社 東京デリカのプライベートブランド合同展示会が、
5月17日(火)から2日間行われています。

dt160500.jpg


<エフィー>、<キソラ>に加え、この春デビューした
<エフィーズクローゼット>、<ケレン>、<サックスバー>オリジナルラインと、
日本国内生産のレザーバッグ&小物をリリースするブランドが出展。

2016‐17年秋冬シーズンの新作が発表されました。


dt160505.jpg


バッグ専門店チェーン最大手の同社ならではの、

きめ細やかなニーズへの対応や傾向などをご紹介します。



まずは、<エフィー>の新作でトレンドをチェック。

dt160502.jpg

注目色はレッド~ボルドー~パープルといったベリーカラーのようです。

このあたりは、ウェアの流れと同様ですね。

アパレルの展示会が続いた時期は、インスタグラムなどでもかなりアップされていました。

差し色として取り入れたり、
ワントーンコーディネートに
馴染ませたり、と使うかたの好みで選べそう。

dt160503.jpg

昨年から古着のリメイクやダメージデニムなどに人気が集まるなか、
<パッチワーク>も気になります。

凝った手仕事のニュアンスが感じられていいですよね。

インパクトがありますが、意外にコーディネートに合わせやすく、
着姿の印象が変わりそうです。

dt160508.jpg



<キソラ>では<リュック>のバリエーションが好評。

熊本での地震発生後は、近隣の店舗で、避難などに備えて
リュックをお探しのユーザーが増えたそう。

「せっかく買うのならば、長く使えそうな上質なものを選びたい」
というかたが多かったようです。

秋には、防災の日もあり、改めて必要性を感じそうですね。

dt160507.jpg

<財布とミニバッグのボーダーレス化>も顕著に。

財布ではストラップつきの財布ポーチがヒット中。

小さめサイズのショルダーバッグをラフにお使いになるかたもいらっしゃるので、
アイテムの境目が薄らいでいるようです。

dt160512.jpg

ボーダレスといえば、こちらも同じく、<キソラ>のがまぐちシリーズです。

財布だけでなく、マルチに使える
ポーチやミニクラッチバッグ的な感覚を楽しんでいるかたも。

また、男性のがまぐちファン増加も見逃せませんね。



そんな、<ジェンダーレス>な傾向は、新ブランド<ケレン>にも。

大人の男性に向け、新たなラグジュアリーを提案する
同ブランドからカジュアルなラインがローンチ。

dt160510.jpg

リュックのほか、ボンサックも登場。

ともにスリムな縦長のフォルムでボリューム感を抑えているので、
女性からの支持も高まりそうです。

dt160511.jpg

<ミニサイズバッグ>もさまざまなデザインで表現。

<ボディバッグ>、<クラッチバッグ>に加え、<サコッシュ>も。

<サコッシュ>とは、自転車のロードレースの選手が使うアイテムで
水筒などを入れるための簡易的な袋物。

昨年からヒットし、機能やデザインに広がりがありますね。



<サックスバー>オリジナルラインでは、ニーズの掘り起こしを強化。

こちらはインディードとのコラボレーションによるブリーフケース。

dt160514.jpg

クールビズなど、オフィススタイルのカジュアル化が進んでいるなか、
「バッグ、ベルトなどできちんと感をプラスしたい」という
ビジネスパーソンに向けた提案。

大きすぎず、比較的軽量なので、
大人の女性がご自分用に買うことも少なくないそうです。

dt160513.jpg

ボストンバッグも新鮮。

大きめでご旅行にも使えるサイズ感は、
このところ売り場で少なくなってきていますが、
アクティブシニアを中心に底堅いニーズがあるよう。

国内だけでなく、旅慣れたアジア圏の富裕層からの反応もよさそうです。



このほか、レザー小物、雑貨も豊富に展開されました。

カテゴリー、アイテム、ジェンダーなど、さまざまなボーダーが曖昧になり、
ユーザーと、その使い方の変化を実感します。

日本製革製品は変革のとき!?

さらなるイノベーションに期待したいですね。


なお、展示会は本日5月18日(水)まで。

バイヤー、プレス関係者向けとなっています。


■ 参考URL ■


「東京デリカ プライベートブランド合同展示会」

<https://www.facebook.com/events/1164928410225250/>


カテゴリー: 国内革事情


大型連休期間中、イースト東京の商業施設
2k540 AKI-OKA ARTISAN(ニーケーゴーヨンマルアキオカアルチザン)で、
つくり手たちによるさまざまな販売イベントが行われました。

その一部をご紹介します。


2k160522.jpg

恒例のクリエイターズマーケット「Snug hideout」。

2k160520.jpg


ハンドメイドの帽子が好評の<MARSE(マーズ)>を中心に
アンティークの帯、着物などをリメイクした
和小物を発表する<さくら本舗>ほか計6ブランドが参加。



2k160503.jpg

今回は、大阪から実力派革小物ブランド<寛屋(ヒロヤ)>が出張。

2k1605224.jpg

カスタムメードや製作実演も好評でした。



単独で出店するクリエイターも。こちらは<CAELLOW(カエロウ)>。

2k160501.jpg

残革を利活用したものづくりを展開。

2k160521.jpg

革の端をそのまま生かし、手仕事をプラス。

一点もの感覚で仕上げます。

2k160502.jpg

ステーショナリーや雑貨のバリエーションがさらに充実。

ポップなデザインが高感度ユーザーに人気です。



続いて、インキュベーション施設<浅草ものづくり工房>卒業生が
立ち上げた注目ブランド<ASAKUSA MADE(アサクサメイド)>も登場。

2k1605060.jpg

この春、東京・浅草にショップをオープン。

浅草の革問屋から素材を仕入れ、奥浅草エリア・今戸の自社工房でつくられています。

2k160507.jpg

薄く漉いたソフトな革を使用したバッグは身体に馴染み、軽量感が特長的。

ミセスやアクティブシニアの支持を獲得しているようです。

定期的に行う催事を目当てに固定ファンが数多く駆けつけていました。

2k160505.jpg

定番シリーズ、メッシュのバッグでは、
この春トレンドのスカーフ、バンダナとのコーディネートを提案。

内袋替わりとなり、着せ替え感覚が楽しいですね。



このほか、地場産業を盛り上げるイベントも行われました。

2k160511.jpg

東京都葛飾区を拠点に伝統的工芸品を手がける
職人をフィーチャーした「葛飾区伝統産業職人の会の店」はすっかりおなじみに。

木工、江戸切子、たわしをはじめ、革小物も。

2k160512.jpg

伝統工芸の印伝をモダナイズしたプロダクトを展開する<こらぼ>が参加。

ボールペン、ニート、メモパッドほか、デスクやバッグのなかを彩る小物がヒット中。

2k160526.jpg

なかでも、ペンやノートは、カスタムオーダーも可能。

パーツやレザーの色のコーディネートが
100通り以上もの組み合わせから楽しみことができます。

2k1605226.jpg

ベストレザーニスト2015を務めた実力派俳優 山本耕史さんもお気に入り。

女優・堀北真希さんとの電撃結婚後、初の公の場となった
ベストレザーニスト2015記者会見で、紹介され、大きな話題となりました。

東京・谷根千エリアにフラッグシップショップを出店。

海外からの観光客にも東京のおみやげとして選ばれることも多いそう。



2k540 AKI-OKA ARTISANは、
JR秋葉原駅~御徒町駅間の高架下の遊休スペースを
リノベーションしてオープンした<ものづくりの街>。

日本のポップカルチャーの発信地、秋葉原から近いということもあり、
国内外の幅広いユーザーが訪れています。


進化する日本製革製品、ジャパンレザーのものづくりへの
再評価がじわじわと広がっているようですね。


■ 参考URL ■

 2k540 AKI-OKA ARTISAN
 <http://www.jrtk.jp/2k540/>



***


また、イースト東京では今週も注目イベントが。

富田興業が主催する恒例のレザー販売イベントが
奥浅草 同社ショールームにて
5月12日(木)から行われます。


業界でも有数の皮革問屋ならではの豊富なバリエーションが好評です。

一枚革をはじめ、端革、皮革関連アイテムも出品予定。

ar16ss000008.jpgのサムネイル画像

写真は「エーラウンド 2016 春」のプログラム
<桜橋レザーパーク>にて撮影した同社ショールームのようすです。
ご了承ください。


■ 富田興業「春の革祭り」

 5月12日(木)~14日(土)13:00~20:00(最終日は10:00~16:30)開催
 東京都台東区今戸1-13-12 富田興業2F
 <https://www.facebook.com/tomita.co.jp/?fref=ts>


こちらもどうぞお見逃しなく。


カテゴリー: 国内革事情


前回もお知らせしましたが、
イースト東京・浅草のビッグイベント「エーラウンド 2016 春」が
4月22日(金)から3日間開催されました。

ar16s0001.jpg


<まち歩きツアー>以外のメーン会場となったのが、<桜橋レザーパーク>。

革のプロによる革を愛する人のための空間です。


ar16ss000000.jpg

皮革卸問屋 富田興業内が<革のテーマパーク>に!


<ワークショップ&セミナー編>はすべて予約制。


ar16ss000003.jpg

<HIS-FACTORY 中野克彦さんから学ぶ手縫いトートバッグ講座>は、
一枚の革の幅を生かし、無駄なく採寸したデザインのトートバッグを
手縫いでつくるワークショップ。

本格的なものづくりにトライできる、ということで
告知間もなく定員となったそうですよ。


ar16ss000001.jpg

大阪の定番イベント「本日は革日和♪」も出張。

充実した内容でプロからビギナーまで幅広いかたがたが参加。

みなさん集中して取り組んでいらっしゃいました。


続いて、<材料&道具マーケット編>。


ar16ss000002.jpg

大正14年設立の歴史ある団体、
東京皮革青年会による<革と金具マーケット>が好評。

皮革素材や靴、バッグ用金具類を1枚、1個から買うことができるんです。


ar16ss000011.jpg

久保柳商店、吉比産業、ブティックヤマダ、松吉の4社が展開する
<スマイルレザー>も参加。


ar16ss000006.jpg

花や葉っぱなどのレザーパーツ・パックがビギナーに人気でした。


ar16ss000012.jpg

革の漉き面で模様を表現した<スキモレザー>のブースには、
アートのようなカラフルなレザーがいっぱい。

革とは思えないさまざまな模様と、
革ならではの風合いを兼ね備えた新しい素材感が素晴らしいですね。


ar16ss000005.jpg

<バッグアーティストスクール レプレ>がブース出展。

バッグスクールを全国で展開し、魅力的なクリエイターを輩出しています。

1970年に創業されたメーカーが母体となって運営。

メーカーとして長きにわたってバッグづくりに携わるなかで培ってきた
技術・ノウハウを、
広く伝えていくために設立されました。

今回はクリエイターが手がけたバッグの展示や手づくりキットを紹介。

パスケース手縫いワークショップは各回満員。大人気でした。

なお、6月からスタートするコースもあるそう。

バッグをつくりたいかたにおすすめです。

ar16ss000007.jpg


大阪のカリスマ的ショップ<レザークラフトフェニックス>も出張。

ar16s000015.jpg

貴重な機会を逃さないよう、東京のファンのみなさんが駆けつけていましたよ。

ar16ss000010.jpg

レザーを中心として、業種、世代を超えたコミュニケーションが生まれ、
また新しい取り組みにつながりそうな熱気に包まれていました。



次回も楽しみですね。



■ 参考URL ■

 「エーラウンド」
 <http://www.a-round.info/>



★次回の更新は5月11日となります。ご了承ください。




カテゴリー: 国内革事情


イースト東京・浅草&奥浅草を舞台とした
ものづくりの祭典「エーラウンド」がこの春も開催。

4月22日(金)からスタートします。

a16s 00.jpg

今回は、浅草をガイドとともにめぐる<まち歩きツアー>と、
ワークショップ&セミナーを中心とした<桜橋レザーパーク>を、
3日間限定で行います。



まち歩きツアーは9コースも!

a16sまちあるきポーチ.jpg

<クラフトラリー 自分だけのオリジナルポーチをつくろう!>
<人気靴デザイナーとめぐる 靴づくりのすべて見せますツアー>
<注目のデザイナーと行く、実録!革クリエーションツアー>
<発見!くつのまち発見ラリー
  ~歴史からモノづくりまで。まちの魅力を発見しよう~>

a16s工場見学.jpg

<革&靴"凄技"工場めぐりバスツアー>
<職人さんを撮ろう!工房撮影ツアー>・・・と、

a16s工房ツアー.jpg

つくり手たちとコミュニケーションしたり、
通常なかなか入ることができない場所で見学、
撮影ができる貴重な機会です。

すべてのツアーは予約制となっており、
公式サイト内申し込みフォームより申し込みできます。

お子さんも参加可能。ツアーへの参加費用は、小学生以上同一料金です。

くわしくはこちらから
 <http://www.a-round.info/2016_04_event_tour.html>



桜橋レザーパークは、革のプロによる革を愛する人のための空間。

皮革卸問屋 富田興業内に<革のテーマパーク>が期間限定で出現!

<ワークショップ&セミナー編>、<材料&道具マーケット編>が行われます。


<ワークショップ&セミナー編>はすべて予約制です。

a16s桜橋レザーパーク ws.jpg

<本革手縫いのパスケース体験 ワークショップ>、

a16s桜橋レザーパーク02.jpg

<はけない靴をはける靴に!オーダー屋の調整サービス>に加え、
大阪の人気イベント「本日は革日和♪」が出張。

a16s 革日和.jpg

「本日は革日和♪」は、革漉き、コバ講座など、
プロとして活動しているかたもスキルアップできるプログラムから
クリエイターを目指すかたがビジネスとしてのリアルを学ぶセミナーまで超充実。

<革細工をはじめたひとが聞いておくと得をするセミナー>、
<しくじりハンドメイド作家さん こうやればしくじります!>は、
ものづくりをはじめたいかたにおすすめ。

シビアな現実を知っておくことって重要ですよね。

くわしくはこちらから
 <http://ccrui.sakura.ne.jp/kawabiyori/>


a16s桜橋レザーパーク 青年会マーケット.jpg

<材料&道具マーケット編>は

予約なしで入れます。

バッグキットや革素材・加工材料の販売など盛りだくさん。

大阪の人気ショップ<レザークラフトフェニックス>が出張!

東京皮革青年会による<革と金具マーケット>では、
皮革素材や靴、バッグ用金具類を
1枚、1個から買うことができる貴重な機会が設けられます。



今週末は雨天の予報もなく、お散歩にぴったり。

イースト東京で、
<ものづくり>と<まちめぐり>を楽しんでみてはいかがでしょうか?



■ 参考URL ■

 「エーラウンド」
 <http://www.a-round.info/>


鈴木清之

鈴木清之(SUZUKI, Kiyoyuki)
オンラインライター

東京・下町エリアに生まれ、靴・バッグのファクトリーに囲まれて育つ。文化服装学院ファッション情報科卒業。文化出版局で編集スタッフとして活動後、PR業務開始。日本国内のファクトリーブランドを中心にコミュニケーションを担当。現在、雑誌『装苑』のファッションポータルサイトにおいて、ファッション・インテリア・雑貨などライフスタイル全般をテーマとしたブログを毎日更新中。このほか、発起人となり立ち上げた「デコクロ(デコレーション ユニクロ)部」は、SNSのコミュニティが1,000名を突破。また、書籍『東京おつかいもの手帖』、『フィガロジャポン』“おもたせ”企画への参加など、“おつかいもの愛好家”・”パーソナルギフトプランナー”としても活動中。

rss
facebook witter

このページの一番上へ