欧米ブランドに「負けていないぞ!」

カテゴリー: トレンド

「第97回 東京レザーフェア」が東京・浅草 都立産業貿易センター台東館で開催されました。50社 9団体 計163社が出展。12月6日(水)~7日(木)の2日間、6,000人が来場するなど盛況でした。

DSC06857_preview.jpeg.jpg
スペシャルコンテンツとしてオリジナルレザーファッションショーを実施。<でんぱ組.inc>のライブ衣装を手がけるなど、女性の支持が高い<Jenny Fax(ジェニー ファックス)>デザイナー シュエ・ジェンファンさんと選出された企業とのコラボレーションで「WISH」をテーマにポジティブなイメージを表現。

DSC06801_preview.jpeg.jpg

DSC06848_preview.jpeg.jpg

DSC06811_preview.jpeg.jpg

DSC06842_preview.jpeg.jpg

DSC06834_preview.jpeg.jpg

このイベントのみの発表となる合計20ルックが披露されました。レザーファッションの概念を変えるような「カワイイ」テイストが斬新ですね!


コラボレーション企業である松本企画事務所、久保柳商店、墨田革漉工業の3社、各ブースにお邪魔して、レザーにもフォーカス。

25152069_1536640556384776_4493071102655534421_n.jpg

三重県名張市を拠点とする松本企画事務所。

24993106_1536640633051435_8183631952516586494_n.jpg

バッグ、シューズ、ウェアの素材を企画販売。手染め、手描き、着色といった付加価値性が高いレザーを手がけています。作品に使用された素材のベースとなったものを見せていただきました。大柄ではありながらも繊細かつ上品。シュエ・ジェンファンのポップな作風とのバランス感も抜群でした。


25158463_1536640576384774_5400457446218296705_n.jpg

上質な素材感とカラーバリエーションが高く評価された久保柳商店。

25299036_1536640609718104_8923539393721790296_n.jpg

今年で創業75年目を迎える老舗。1942年創業以来、常に新しい皮革をつくり続けています。浅草のショールームには定番、新作含め常時300点以上のサンプルをストックしているそう。パステル系のソフトなニュアンスが絶妙ですね。


革漉さんヒキ.jpg

各種加工のエキスパート、墨田革漉工業。社名の革を漉く(厚さを調整する)加工において、国内での元祖として知られています。

24991240_1536640659718099_6293515165227051162_n.jpg

型押し、デジタルパンチング、プリーツ、スペシャルドット、デジタルカッティング、3D・・・とさまざまな加工、他の追随を許さない技術力で大手メーカーから若手デザイナーまで幅広い支持を獲得。今回も素材協力のほか、久保柳商店のレザーを漉くなど、クリエイションをサポートしました。


_S7A1613_preview.jpeg.jpg

ファッションショー終了後にはトークショーを開催。ジェンファンさんに加え、文化服装学院 バッグデザイン科に在籍し、『装苑』9月号「文化服装学院で見つけた、学生クリエイター」でも話題となった学生クリエイター 安藤百花さん、若い世代に人気の求人プラットフォーム<READY TO FASHION>の石川義朗さん、コラボレーション企業の各担当者が登壇。

_S7A1505_preview.jpeg.jpg

価格やお手入れの難しさはありつつも「ショー作品により、革の新しい表情と発見があった」、「実際に触れてみないとわからない魅力がある」、「東京レザーフェアには、1枚からでも購入できる企業が出展され、実際にコミュニケーションできるのもうれしい」といった意見が続々。次世代のビジネスパーソンがジャパンレザーの可能性を拡げるきっかけとなったようです。レポートは次回に続きます。



■ 参考URL ■

 第97回 東京レザーフェア <http://tlf.jp>


カテゴリー: 国内革事情

2017年もラストスパート。イルミネーション煌く季節ですね。クリスマスに向けて、ギフト提案のイベントやDIYワークショップが行われます。恒例のトレードショー、革の聖地のPRイベント、レザーケアのスペシャリストによるセミナーなどもお見逃しなく。



<エキュート品川>「LEATHER GALLERY」~12月10日(日)

<デザビレ>の愛称でお馴染みのインキュベーション施設、<台東デザイナーズビレッジ>入居&卒業生ブランド5組が立ち上げた新イベントが開催されています。革財布、革小物を中心にしているのが特徴。

24232634_1527772037271628_6213394460570839716_n.jpg

ユニークな発想、豊かな色柄、配慮の行き届いた使い心地・・・新鮮さが詰まった革製品を通して日本のものづくりの今を発信しています!

 エキュート品川
 <https://www.ecute.jp/shinagawa/limitedshop/1276>



東京・浅草「第97回 東京レザーフェア」12月6日(水)~

「第97回 東京レザーフェア」が東京・浅草 都立産業貿易センター 台東館 4-7Fで12月6日(水)から行われます。皮革と皮革関連資材のトレードショーとしては、日本最大のスケール。150社以上の企業が参加し、2018-19 秋冬コレクションを発表します。

23473047_2032023753697074_128122872253824749_n.jpg

でんぱ組.incのライブ衣装を手がけるなど、女性の支持が高い<JennyFax(ジェニー ファックス)>デザイナー、シュエ・ジェンファンさんによるオリジナルレザーファッションショーが話題に。松本企画事務所、久保柳商店、墨田革漉工業とコラボレーション。パステルカラーなどの明るいレザーを用い、「WISH」をテーマにポジティブなイメージが表現されるそうです。

東京都、東京製革業産地振興協議会も注目です。「JFW JAPAN CREATION 2018」の恒例プログラム<PIGGY'S SPECIAL(ピギーズスペシャル)> では、東京を代表する若手ブランド<LOKITHO(ロキト)>、<SHIROMA(シロマ)>を起用し、新たなピッグスキンの可能性を引き出して。

24301083_1529710383744460_4695950184818311528_n.jpg

ランウェイ・ショーで公開された作品も展示予定。このほかタンナー、ファクトリー各社が打ち出す意欲的な新作レザーも見逃せませんよ。「JFW JAPAN CREATION 2018」開催時のようすはこちらでご紹介。なお、会期は水曜~木曜となりますのでご注意ください。

 第97回 東京レザーフェア
 <http://tlf.jp>



東京・代々木八幡「革よろず市」12月8日(金)~

革・バッグ・人の情報交換サイト「BagYard(バッグヤード)」主催の人気イベント、「革よろず市」が12月8日(金)~9日(土) の2日間行われます。タンナー、問屋、メーカーなど皮革業界のネットワークを生かし、デットストックとなっている上質なレザーを破格値で大放出。端革1枚10円から、牛革1デシ20円から、裏地1メートル50円からと激安で提供されます。

23843214_2062920743944664_4558150109177363149_n.jpg

「今回から会場が変更になります。会場は<インディード>直営店<ラスティカ>のエントランス。スペースが狭いためご覧いただく品数は少なくなりますが、多品種、大特価にて販売いたします」と狩野さん。初日は13:00~17:00、最終日は11:00からとなります。

 革よろず市
 <https://www.facebook.com/Bagyard.jp/>



東京・蔵前「タツノレザーPRイベント  ペネット」12月8日(金)~

シューズジャーナリストの第一人者、「シューフィル」主宰 城 一生さんからお知らせが届きました。

「日本の革の素晴らしさをマーケットに、そして世界に伝えたい」、そんな思いでタンナーの若手経営者が集まりスタートしたNPO法人タツノレザーが東京で初のイベントを開催決定! 蔵前の人気カフェ<カメラ>で行われます。靴の街・浅草、ものづくりクリエイターの街・カチクラに集まるクリエイター、職人、ものづくり企業との交流を図り、連携、コラボレーションの可能性を探ります。

0001.jpg

「くつろいだカフェスペースの中で、たつのの革を見ていただき、日本の革と革製品の未来について意見交換、アイデア交流ができたらと思います。様々な分野で活動されている若手・学生からベテラン業界人、多くの方々のご来場をお待ちしています」と石元理事長。会期中は石本晋也理事長をはじめ、吉田健男、松岡哲矢副理事長などタツノレザーの主要メンバーが在廊します。革の聖地のものづくりに興味があるかたはお見逃しなく!

 タツノレザー 
 <http://tatsuno-leather.or.jp>



東京・蔵前「革のルームシューズをつくろう」12月9日(土)~

「Japan Leather Award」歴代のグランプリ受賞者、大河なぎささんが「革のルームシューズをつくろう」ワークショップを12月9日(土)から東京・蔵前のアトリエで開催。ピッグスキンでルームシューズづくりにトライできますよ。

24131451_1721915731204875_564039660240569184_n.jpg
植物タンニンなめしで仕上げられている国産の上質なピッグスキンは、肉厚で柔らかく吸透湿性も高く、ルームシューズにぴったりですね。ギフトにおすすめですよ。

 革のルームシューズをつくろう

  <https://www.facebook.com/events/135123307195560/>



大阪・梅田「革のプロフェッショナルが教える! レザーケアセミナー」12月14日(木)開催

日本バッグ技術普及協会主催「革のプロフェッショナルが教える! レザーケアセミナー」が、東京で行われ大好評。続いて<バッグアーティストスクールレプレ>大阪校で12月14日(木)に開催されます。

ケア製品のトップメーカー<コロンブス>で45年勤務し独立した、いちかわたかおさんがレクチャー。革のお手入れの仕方や保管方法、革の基礎知識まで幅広い内容。ユーザーからのケアの質問に「どう答えたらいいか...」とお悩みのショップスタッフ、SNS運用担当者のかたにおすすめ! 参加費3,500円(当日会場で支払い)です。

 革のプロフェッショナルが教える! レザーケアセミナー
  <http://www.bag-artist.jp/fswp/blog/2017/11/06/post-1045>


カテゴリー: 国内革事情

国内有数の皮革産地・たつの市で恒例イベント「ひょうご皮革総合フェア」&「たつの市皮革まつり」が11月18日(土)~19日(日)の2日間行われました。大阪を中心に全国各地で人気の「本日は革日和♪」主宰 村木るいさんがレポート!

たつの1711 00.jpg

今年の皮革まつりは会場レイアウトが大幅に変更。

たつのまつり17 革販売会 ヒキ.jpgのサムネイル画像

たつのまつり17 革販売会 ヨリ.jpgのサムネイル画像

皮革製品の即売会は青少年館に移り、赤とんぼ文化ホールでは県内地場産業のPRブースを新たに設置。過去最大規模となりました。

たつの1711 01.jpg

毎年恒例の「ニューレザーコンテスト」。地場のタンナー、事業者が自信作を出品。

たつのまつり17 ニューレザー01.jpgのサムネイル画像

たつのまつり17 ニューレザー03.jpgのサムネイル画像

それぞれの技術が結実した最高のレザーがそろいました。

たつのまつり17 上田安子.jpgのサムネイル画像

上田安子服飾専門学校とのコラボレーションのコーナーは華やかですね。

たつのまつり17 上田安子02.jpgのサムネイル画像
学生によるデザイン画をたつの市ホームページ上で人気投票。選出された上位作品を展示。試験的に製品化するプロジェクトもあるそうです。

たつのまつり17 神戸医療福祉.jpgのサムネイル画像

神戸医療福祉専門学校も参加。

たつのまつり17 神戸医療福祉02.jpgのサムネイル画像

日本国内唯一の整形靴を学ぶ学科があり、たつのレザーを使用したものなど授業で製作した約30足を展示。足と靴の相談会も大盛況だったそうです。

23755943_1336284916499806_2083115539_n.jpg

23666628_1336284889833142_1033608090_n.jpg

革製品の即売会では、若手クリエイターが参加。フレッシュな感性が反映した革製品が数多くならびました。

たつのまつり17 革細工.jpgのサムネイル画像

レザークラフト体験コーナーも。たつの市の天然皮革を用いた動物革細工は、水に濡らすと曲げやすく、乾くと固まる、という特性を生かしたもの。

たつのまつり17 革細工ヒキ.jpg

革の可塑性を再確認できます。刃物などを使わないのでお子さんも安心ですよね。幅広い年代のユーザーの皆さんが次々とトライしてくださったそうです。


続いて、村木さんがこのイベントについて、くわしく、わかりやすく、Q&A形式で解説してくれました。


***


この皮革まつりに併せて、毎年(「本日は革日和♪」主催で)姫路駅集合姫路駅解散でバスツアーを開催しています。今回はこのお祭りの見どころや見方などをご紹介します。


兵庫県たつの市でなんで皮革祭り?

革を製造する会社を「タンナー」といいます。

兵庫県たつの市、姫路市で合計150ほどが稼働しているといわれています。他の地域では東京と埼玉で10社くらい、栃木県で1件のみ、和歌山で数社。これだけしか日本にタンナーは存在しません。たつの市姫路市にどれだけ多いかに驚くかと思います。


なんでその地域に多いの?

 諸説ありますが、工程の中で重要な「乾燥」のために必要な土地と風が多かった、工程で使う塩が多かった、大量に使う水が流れる大きな革が多かった、商業の都大阪に近かった、などなど、さまざまな説があります。


それだけあってお互いに競争にならないの?

 日本はやはり分業制が得意な国です。それぞれのタンナーにはそれぞれが得意分野が異なり、個性が存在します。


イベントの見どころは?

 会場内では屋台が出たり、革製品や革素材のアウトレットセール、たつの市&姫路市の革を使用した専門学校生によるファッションコンテストなども行われています。

個人的にこのお祭りの目玉とも言えるのは「ニューレザーコンテスト」というコンテスト。このコンテストではそれそれのタンナーが思いを込めた自慢の革を出品。革製品ではなく、革の素材、つまり革1枚丸々が展示されています。さらには「販売可能かどうか」も明記されており、会場でもらえるタンナー一覧で調べることも可能です。

ただ、タンナーさんという商売は「一度に50枚、100枚仕込み、それを全部革屋さんなり靴屋さんなりが買う」というのが前提です。そのため販売可能、と書いてあっても最低注文ロット枚数が決まっていることも大いにありえます。


革素材を見ていておもしろいものなの?

鞄や靴のメーカーさんや職人さんなどは見たら、おもしろいかと思います。ただ、革製品が好きだ!というひとでも見方がわかると俄然おもしろくなります。

例えば・・・

革は食肉産業の副産物、あまりものを生かしている業界です。どこかの誰かが食べてくれないことには革は存在しません。(畜肉のために肥育され、その生命、個体から生じた素材なので)革には傷があります。「傷があるからこそ革」ともいえます。革にはどんな傷があるのか。イタリアなどはそれに対してどう思っているのか、などは、またの機会に。


***


皮革産地ならではのプログラムの充実ぶり、そして、地域の皆さんが楽しみになさっていて、素晴らしい。ジャパンレザーの「地産地消」がしっかりと根づいているんですね。日本の革と革のものづくりの在り方として理想的。次世代へのバトンも受け継がれ、今後ますます盛り上がっていきそうですね。


■ 参考URL ■


たつの市
<http://www.city.tatsuno.lg.jp/kankou/hikakumaturikaisai.html>


「本日は革日和♪」

<http://ccrui.sakura.ne.jp/kawabiyori/>

カテゴリー: 国内革事情

11月後半もレザー関連プログラムが目白押し。革工芸教室、レザー関連スクールのイベントやコンペティションの展示発表会、表彰式も開催されます。人気ブランドや実力派クリエイターによるDIYワークショップもご注目ください!



<東京芸術劇場>「日本革工芸展」11月23日(木・祝)~

皮革復興と普及を促進する恒例のコンペティション「日本革工芸展」が今年で35回目を迎えます。さまざまな視野から、革の「用と美」を探求し、より幅広く、新しい革の世界を表現する作品がそろいますよ。

isikawa1.jpg

会期中には、人気イベント「本日は革日和♪」主宰 村木るいさんによる「人に話したくなる革セミナー」も開催決定! 各地で行われ、大好評のセミナーです。「今回日本革工芸会のご厚意でセミナー料金が無料で開催されます。事前予約なしで1時間半のメニューで革セミナーを行います。革のつくり手向けの初心者セミナーとなりますが、20年やっているかたでも、新たな<気づき>があるような内容にしたいと思います」(村木さん)。必聴ですよ。


 日本革工芸展
 <http://japan-leather.com/index.html>



山形・天童「キソラ ワークショップ」11月23日(木・祝)~

人気ブランドのキソラ天童店で、11月23日勤労感謝の日から3日間、飛び石連休中にワークショップが行われます。

キソラ天童WS1711.jpg

t1711ws01.jpg

今回トライできるのは、メガネポーチ、カードケース、マルチポーチ。本格的な手縫いで革のものづくりを体験できます。少人数制となっております。店長兼職人をはじめ、スタッフが丁寧にサポートしてくれるので、ビギナーさんも安心ですよ。


 キソラ フェイスブックページ
 <https://www.facebook.com/kissoraJapan/>



「全国皮革振興会革手芸教室 展示発表会」11月24日(金)~

東京・蔵前を拠点とする全国皮革振興会革手芸教室の恒例企画がこの秋も行われます。今回でなんと40回目を迎える歴史あるイベントです。

蔵前革教室1711.jpg
生徒、講師ともに素晴らしい作品を展示発表。なかには即売されるものもあり、リピーターに大人気です。


 全国皮革振興会革手芸教室 展示発表会
 <http://www.japanleathercraft.jp/>



<東京ソラマチ>「LEATHER BAG SCHOOL EXPO 2017」11月24日(金)~

ものづくりが盛んなイースト東京・墨田区で皮革関連のスクールが続々と開講。世界に羽ばたくバッグデザイナーや職人などのプロの育成から、日常を豊かにする趣味の向上まで、幅広く展開しています。

ev_lbschool_01.jpg

そうしたスクールの特色を紹介するとともに、スクール講師・生徒の作品を展示販売。会期中の土・日曜にはDIYワークショップもありますよ。


 すみだまち処
 <http://machidokoro.com/event.html>



東京・両国「大江戸はんどばっぐ市」11月25日(土)

東日本ハンドバッグ工業組合主催の恒例イベント「大江戸ハンドバッグ市」が、東京・両国 KFCホールで11月25日(土)に開催されます。

H29-11-25ooedo_hagaki_M.jpg

腕利きメーカーが手がけたハンドバッグをはじめ、財布、革小物を大放出する特価市です。プレゼント抽選会、タイムセールほか盛りだくさん。会場は都営地下鉄 大江戸線 両国駅直結で第一ホテル両国内にありますので、アクセスも便利です。


 東日本ハンドバッグ工業組合
 <http://www.fukuromono.net/higashinihon/>



東京・目黒「monoTOKYOコラボレーションワークショップ」11月25日(土)

「Japan Leather Award」歴代のグランプリ受賞者、大河なぎささんが「monoTOKYOコラボレーションワークショップ」を11月25日(土)、東急東横線都立大学駅にほど近い<メーカーズベース>で開催。ピッグスキンでルームシューズづくりにトライできますよ。

大河さんWS.png
植物タンニンなめしで仕上げられている国産の上質なピッグスキンは、肉厚で柔らかく吸透湿性も高く、ルームシューズにぴったりですね。


 メーカーズベース
 <https://makers-base.com/tokyo/event/detail?event_id=652>



<東京国際フォーラム>「ジャパン・クリエーション」11月28日(火)~

繊維総合見本市「ジャパン・クリエーション」が、東京・丸の内 東京国際フォーラムで行われます。2017年~18年秋冬向けの素材を発表。皮革関連(毛皮含む)も出展します。展示だけでなく、ピッグスキンファッションショー、セミナー、レクチャーなど、プログラムも充実。注目したいのは、東京都、東京製革業産地振興協議会が主催する<PIGGY'S SPECIAL> 。東京を代表する若手デザイナーを起用し毎回話題となっています。ランウェイ・ショーも注目ですよ。


 ジャパン・クリエーション
 <http://www.japancreation.com/index2.html>



<阪急うめだ本店>「Japan Leather Award 2017」表彰式 11月29日(水)

日本最大規模のレザープロダクトコンペティション「Japan Leather Award 2017」表彰式が、大阪・梅田 阪急うめだ本店 9F 祝祭広場で11月29日(水)に開催されます。

17 トロフィー.jpg

今年も特別審査員のドン小西さんがナビゲーター、プレゼンターとして参加。グランプリは表彰式当日に発表されます。また、各賞、各賞2位、大阪・東京会場それぞれの人気ナンバーワン作品も展示。日本製革製品の今年の顔が出そろいますよ。


一般ユーザーも観覧でき、先着50名に「革のペンケース」が当たるグランプリ予想も行います。お見逃しなく。


 Japan Leather Award 2017
 <http://award.jlia.or.jp/2017/>


カテゴリー: 国内革事情

「いいレザーの日(11月03日)」からスタートした今月は、引き続き、レザー関連イベントが各地で行われます。産地の恒例イベントのほか、新世代クリエイターによる展示販売、ワークショップも続々開催! 新しいジャパンレザーの可能性を体感していただけますよ。


<上大岡京急百貨店>「ジャパンレザークリエイターズ」11月16日(木)~

神奈川・上大岡 上大岡京急百貨店 7F ギャラリー旬にて「ジャパンレザークリエイターズ」が行われます。

上大岡京急 1711.jpg

<ヴィーア>をはじめ、新進バッグブランド5組が集結するポップアップイベントです。大人のためのとっておきの革製品がそろいます。自分へのご褒美やクリスマスギフトにぴったりですね。


 ヴィーア オフィシャルブログ
 <http://viavitavia.exblog.jp/28566990/>



兵庫・たつの「ひょうご皮革総合フェア」&「たつの市皮革まつり」11月18日(土)~

「ひょうご皮革総合フェア」&「たつの市皮革まつり」が、国内有数の皮革産地・たつの市 赤とんぼ文化ホールにて行われます。

ひょうご皮革フェア17.jpg

今年の皮革まつりは会場レイアウトが大幅に変更。革製品の即売会は青少年館に移り、赤とんぼ文化ホールでは県内地場産業のPRブースを新たに設置。過去最大規模で開催します。「ベストレザーニスト トークショー(ファッション誌でお馴染みの俳優 平山浩行さん、女優・歌手 真野恵里菜さん)」、毎年恒例の「レザーコンテスト」。革製品の即売会に加え、革の歴史の展示も必見です。レザーファンには最高の2日間、革好きでなくても楽しんでいただけるプログラムが充実していますよ。


 たつの市
 <http://www.city.tatsuno.lg.jp/kankou/hikakumaturikaisai.html>



兵庫・たつの「たつの市皮革まつり&タンナー見学バスツアー」11月18日(土)

「ひょうご皮革総合フェア」&「たつの市皮革まつり」初日には、人気イベント「本日は革日和♪」によるバスツアーも企画されています。

「姫路市とたつの市のタンナーの数は100を越え、それぞれのタンナーは得意分野が異なるといえます。国内でもう少数となったピット槽をもつタンナー昭南皮革ともう1社を見学します。道中のバスでは革業界の歴史やタンナーの歴史、革の違い、を解説します。また、ニューレザーコンテスト会場では革の仕上げによる違いなどを解説します」(主催者 村木ルイさん)。

効率よく移動でき、セミナーも聴けるスペシャルツアーはコスパ抜群! 大人気で現在、満席となっていますが、ご希望のかたはキャンセル待ちにエントリーしてみては?


 たつの市皮革まつり&タンナー見学バスツアー
 <http://ccrui.sakura.ne.jp/kawabiyori/archives/3197>



埼玉・草加「そうか革職人会設立15周年記念 特別販売会」&「草加グランドレザーフェスティバル」11月18日(土)~

皮革産地として知られる埼玉・草加でビッグイベントが開催されます。「そうか革職人会」設立15周年を記念して、会員・市内外協力30事業者が集結した特別なイベントです。

そうか革職人17秋.jpg

「草加グランドレザーフェスティバル」も同時開催。こちらでは子どもから大人まで手づくりクラフト体験を楽しめます。なお、「そうか革職人会」オフィシャルサイトがリニューアルされ、内容充実。つくり手のイベント情報など、最新トピックもお見逃しなく。


 そうか革職人会
 <https://www.soka-kawa.com/>



<ものづくり館 by YKK>「カワヌリエ ワークショップ」11月18日(土)

<ものづくり館 by YKK>で、<Shoy's closet(ショイズクローゼット)>による「カワヌリエ ワークショップ」が11月18日(土) に行われます。

20171011173614_9.jpg
インキュベーション施設<浅草ものづくり工房>に入居し、注目される新進ブランド<Shoy's closet>のオリジナル柄がプリントされた白鞣しの牛革に、染料インクのペンで色塗りをして革小物を完成させます。カラーコーディネートは無限大! 配色で印象が大きく変わりますよ。


 ものづくり館 by YKK
 <http://monozukuri.ykkfastening.com/event/0882.html>



東京・浅草橋「革について学ぶ(レザークラフト入門編)」11月18日(土)

ものづくりが盛んなイースト東京・浅草橋周辺エリアにある浅草橋工房、浅原皮漉所、ツバメノート、タカラ産業、4社のコラボレーションによるワークショップ。今回はそれぞれの店舗をまわり、レザーでメモ帳カバーまたは、革貼りノートをつくります。

革選びからはじめるWS1711.jpg
「革の種類」「革の選び方」「革の買い方」のレクチャー、「革漉所 見学」(革を漉くとはどういうことか? 革をどうやって漉くのか?)など、街めぐりとものづくりを一日じっくり楽しめます。


 革について学ぶ
 <https://www.street-academy.com/myclass/29318>


カテゴリー: 国内革事情

前回に続き、10月28日(土)から2日間、東京・神田<マーチエキュート神田万世橋>で行われた「Japan Leather Award 2017(ジャパンレザーアワード)」2次審査会のレポートです。

東京会場 ヒキ.jpg

1次審査会同様、ユーザー参加型イベントとなっており、一般公開されました。

東京会場 人気投票06.jpg

来場者に好きな作品1点に投票をしていただき、東京会場人気No.1の作品を決定。

東京会場 人気投票 1位作品.jpg

人気投票 No.1は、川村和歌子さん(cosmo)の作品に。おめでとうございます! 宇宙をテーマにつくられたシューズは壮大でロマンティック。玄関にあるとほっこり和み、デイリーに活躍する一足です。「履いているときはシンプルで、脱いだときにはインパクトがあるところがポイントです」(作品コンセプトより)。どことなく、ミッドセンチュリーのコスモコールルックを思わせるレトロなニュアンスも素敵ですね。

東京会場 人気投票 ノベルティ.jpg
投票に参加した先着100名のかたには特製レザーのペンケースをプレゼント。上質な革を贅沢に使用し、国内の職人が今回のためだけに仕上げた特注(非売品)です。

東京会場 人気投票05.jpg

ペンケースにも人気の傾向がありました。大阪では、パープルやホワイトなどキレイな色。東京はダントツで茶系&ベーシックカラー中心。「華やぎ」と「経年変化」、方向性は違いますが、色合い・風合いに優れたジャパンレザーの表現の豊かさと多様性をユーザーの皆さんがしっかりと感じてくださっている証ですね。

東京会場 村木さん セミナー.jpg

そのほか、スペシャルプログラムのセミナーは初の試み。人気イベント「本日は革日和♪」主宰、村木るいさんによる「レザーセミナー」<人に話したくなる革の話>が計3回実施されました。

東京会場 村木さんセミナ-02.JPG
革の歴史、靴、鞄の考え方の違いなどを丁寧に分かりやすく解説してくださいました。ビギナーはもちろん、レザーファンにも、目からウロコの気づきがいっぱい。好評につき、追加プログラムも。現代版辻説法的な雰囲気が素敵でした。村木さんの熱いトークを参加者の皆さんが真剣に聞き入っていましたよ。

革日和アワード.jpg

また「Japan Leather Award 2次審査会」の会期に合わせ、人気イベント「本日は革日和♪」の特別企画「革日和forジャパンレザーアワード」が近隣の<ステーションコンファレンス万世橋>で開催。

革日和 フェニックスさん.jpg

藤豊さん02.jpg

「本日は革日和♪」とは「革業界をもうちょっとおもしろくする」をコンセプトに、各種革会社、金具屋、工具屋などのつくり手向けの会社を集めたイベント。
「Japan Leather Award」歴代の部門賞受賞者 中村保義さん主催の「現役、サンプル師が教える型紙講座」も行い、つくり手やレザーファンの皆さんが両会場を行き来し、賑わいました。

17 トロフィー.jpg

今年度のグランプリは? このトロフィーをどなたが受け取るのでしょうか? お待ちかねの表彰式は11月29日(水)、大阪・梅田 阪急うめだ本店 9F「祝祭広場」で行われます。こちらもユーザー参加型で、観覧だけでなく、うれしいプログラムも予定されております。どうぞ、お楽しみに。


なお、2次審査会のようすを映した動画が公式サイトで公開されています。下のリンク先からご覧ください。


■ 参考URL ■

 Japan Leather Award 2017 <http://award.jlia.or.jp/2017/>


カテゴリー: 国内革事情

日本最大規模のレザープロダクトコンペティション、「Japan Leather Award 2017(ジャパンレザーアワード)」2次審査会が、10月28日(土)から2日間、東京・神田<マーチエキュート神田万世橋>で行われました。

2次17 前00.jpg

昨年から2段階審査を採用。1次審査で選出された105作品を展示し、各賞およびグランプリの選考を行いました。

2次17 前01.jpg

素晴らしい作品たちから、一部をピックアップします。

2次17 前05.jpg

2次17 前07.jpg
ユニークなアイディア、デザイン、楽しさがダイレクトに伝わる作品。思わず目を奪われます。

2次17 前08.jpg

伝統的な染色技術や最新の技術を生かした作品群。愛でるための工芸品ではなく、暮らしを彩る革製品としてモダナイズしています。

2次17 前09.jpg

使いやすさが重視される財布も色柄、テクニックでこんなにも楽しく。

2次17 前06.jpg

ほかにも色合い、風合いに優れたジャパンレザーを使用した個性豊かな作品がそろいました。

2次17 前03.jpg

そんなレザープロダクトをジャッジすべく、今回新たに審査員長として東京藝術大学美術学部の長濱雅彦教授を、特別審査員には引き続きファッションデザイナーのドン小西さんをお迎えしています。さらに、有働幸司さん(<ファクトタム>デザイナー)、中山路子さん(<ミュベール>デザイナー)、天津憂さん(<エーディグリーファーレンハイト>デザイナー)ほか、ファッション業界の第一線でご活躍中のクリエイターたちに加え、「Japan Leather Award」歴代のグランプリ受賞者、佐藤直人さん(<NAOTOSATOH>デザイナー)、橋本太一郎さん(<ノーノーイエス>代表取締役兼デザイナー)がプロ審査員をご担当。

2次17 前02.jpg

こちらは、会場での審査のようす。一般のお客さまが行き交うなかで行われ、オープンな空間での審査に驚くかたも多くいらっしゃいました。

2次17 前04.jpg

審査では、審査に対する基準について、賞の意義などに対して、意見の交換が活発に行われ白熱! スケジュール上、規定の時間があるのですがそんな制約のなかでも、喧々諤々の議論を戦わせ、ひとつの賞を決めていく・・・先生がたが真剣に向き合ってくださっていて、とても感激しました。

2次17 前10.jpg

東京で審査会が開催されたため、応募者のかたが多数ご来場くださいました。初日には「レザークラフトマンミーティング」を実施。業界内外の交流をより深める場として、懇親の場を兼ねた交流会として、好評です。これまで会場は大阪でしたが、東京で初開催。関東以外にも各地から駆けつけて。長濱審査員長のご挨拶で「革は夢のある素材、この特徴を生かしてほしい」とのメッセージに胸が熱くなりました。

2次17 前11.jpg
参加者のアピールタイム、PRのためのインフォメーションスペースも。それぞれの個性が光ります。活発なコミュニケーションで、つくり手同士のつながりが生まれていました。レポートは次回に続きます。



■ 参考URL ■

 Japan Leather Award 2017 <http://award.jlia.or.jp/2017/>


カテゴリー: 国内革事情

11月03日は「いいレザーの日」。レザーに触れる、楽しむイベントが各地で続々行われます。産地の恒例イベント、産地の地域ブランドのフェアのほか、人気コンペティションの審査会もお見逃しなく。



<福岡三越>「豊岡鞄フェア」 ~10月26日(木)

鞄づくりで知られる、兵庫・豊岡の産品を紹介する販売イベント「豊岡鞄フェア」が福岡・天神<福岡三越>で開催中です。日本一の鞄産地の魅力を伝える地域ブランドとして認知を高める<豊岡鞄>。各地の百貨店で販売イベントを行い、好評です。


  豊岡鞄
    <https://www.toyooka-kaban.jp/>


東京・浅草<東京都立産業貿易センター>「台東区産業フェア 2017」 10月26日(木)~27日(金)

ものづくりの街、台東区を拠点とする業種・企業がプレゼンテーションする「台東区産業フェア」が行われます。

台東区産業フェア2017-1024x435.jpg

会場が2か所あり、都立産業貿易センター台東館ではビジネス向け展示商談会や伝統工芸実演、ワークショップ、セミナーを実施。区立花川戸公園(南)では一般向け販売エリアとして、革製品やアクセサリーといったファッション雑貨など区の地場産業企業の製品が販売されます。


インキュベーション施設<台東デザイナーズレッジ>、<浅草ものづくり工房>入居&卒業生クリエイター、人気イベント「モノマチ」参加企業も出展。販売だけでなく、ワークショップもありますので、DIY派にもおすすめです。


  「台東区産業フェア」
    <http://www.taito-sangyo-fair.jp/p1.html>


福岡<IDOBA Fukuoka>「バッグ&スマートアイテム 直近・未来会議」 10月26日(木)

2018年のリアルトレンドを分析・紹介する「バッグ&スマートアイテム 直近・未来会議」が、ものづくりのコミュニティスペース<IDOBA Fukuoka>で10月26日(木)から開催<開始時刻が19:00に変更になりました>。

22491736_1896239037059849_2718267451309474953_n.jpg

ウェブマガジン「B.A.G. Number」編集長(CHIENOWAコミュニケーション代表)の川﨑智枝さんが登壇。「役立ちバッグ・キャラ立ち小物」をはじめ、新たな消費動向とともにバッグ・雑貨・スマートアイテムの最新傾向をレクチャーします。


  「バッグ&スマートアイテム 直近・未来会議」
   <https://www.facebook.com/events/156897344897639/>


<マーチエキュート神田万世橋>「Leather & Crafts MALL」 ~10月26日(木)

日本製革製品のコンペティションとして国内最大規模を誇り、すっかりお馴染みとなった「Japan Leather Award」のスピンオフ企画「Leather & Crafts MALL」が<マーチエキュート神田万世橋>で開催中! 

180275396559e9af33f06d3_dtl.jpg

革製品を中心に手工芸品などを集めた展示販売イベントです。「Japan Leather Award」歴代の部門賞を受賞した実力派ブランドが出品しています。


  マーチエキュート神田万世橋
   <http://www.maach-ecute.jp/eventspace.html#159>


<マーチエキュート神田万世橋>「Japan Leather Award 2017 2次審査会」 10月28日(土)~29日(日)

10月28日(土)~29日(日)の日間、東京・<マーチエキュート神田万世橋>で「Japan Leather Award 2017 2次審査会」が行われます。

14695374_1006835456111227_8877714632308635694_n.jpg

jla16 2s08.jpg

1次審査会を通過した105作品を11名のプロ審査員が厳正に審査。会場は一般公開され、一般来場者(100名)による人気投票で東京会場人気No.1の作品を選出します。 29日(日)は会場で人気投票を実施。投票に参加すると「革のペンケース」をプレゼント(先着100名)。お見逃しなく。


   「Japan Leather Award 2017」
   <http://award.jlia.or.jp/2017/>


東京・奥渋谷「バッグヤード」ワークショップ 10月28日(土)

革・バッグ・人の情報交換サイト「BagYard(バッグヤード)」が恒例のワークショップを10月28日(土)、東京・奥渋谷<qualite(カリテ)>で開催!

design1-696x472.jpgのサムネイル画像

22489907_2045897862313619_8428281432268767185_n.jpgのサムネイル画像

活躍中の女性クリエイター・高橋法子さんの指導に加え、注目ブランド<sato-ca(サトカ)>のデザイナー 境郷子さんのサポートで「持ち歩きたくなるバイカラーのレザーブックカバー」、「ミシンで作る贅沢な革のがま口ポーチ」をつくります。

  

  「BagYard」
   <http://bagyard.jp/>



東京・浅草「語り継ぐ靴文化 トークライブ」 10月29日(日)

靴に携わるすべての人に知って欲しい産業の歴史についての数々のエピソードを、業界の各分野で長く活躍されてきたかたがたに登場いただいてお話を聞く「語り継ぐ靴文化」企画。


その第4弾は、"靴の浅草"の昭和20年代~40年代の発展をリードしてきた靴メーカー、靴組合、見本市の変遷と役割を杉浦圭佑(元サカエ製靴社長)さんが語ってくださいます。\10月29日(日)14:00~17:00、浅草文化観光センター5F(雷門前)、定員50名、参加無料。申込はメールで(shoephile@mx9.ttcn.ne.jp)まで。

   「シューフィル」
    <http://www.shoephile.co.jp/>


東京・銀座「HOKUSAI×JAPAN LEATHER」 10月26日(木)~31日(火)

日本皮革デザイン促進委員会が主催する、注目イベント「HOKUSAI×JAPAN LEATHER」が行われます。

北斎17 01.jpg

北斎17 00.jpg

葛飾北斎をテーマに、北斎漫画からは相撲図や怪魚、百面相などコミカルなキャラクターを題材とした本格的な革製品を発表。植物性タンニンなめしのナチュラルレザーで作られたオリジナルグッズをはじめ、等身大超の赤富士に扮した力士像も登場。革製のトントン相撲も楽しめます。


  「HOKUSAI×JAPAN LEATHER」
   <http://www.matsuya.com/m_ginza/>


兵庫・姫路「姫路城皮革フェスティバル」 11月1日(水)~5日(日)

国内有数の皮革産地、兵庫・姫路を代表する恒例イベント「姫路城皮革フェスティバル」が11月1日(水)からスタート。地域のタンナー、事業者、新進クリエイターなど幅広い出展社が自信作を披露します。今年も全国陶器市と同時開催です。


  「姫路城皮革フェスティバル」
   <https://www.facebook.com/events/1911097872477633/>


東京・青山「LEATHER WORLD 2017-TOUCH!LEATHER-」11月3日(金・祝)~4日(土)

11月03日(金・祝)「いいレザーの日」から2日間、東京・青山 スパイラルでレザーの祭典「LEATHER WORLD 2017-TOUCH!LEATHER-」が昨年に引き続き開催!

news_171023_1.jpg

「触れて楽しむ」<武州豚のカラーレザー>や「見て楽しむ」<革職人がつくった鞄の展示>、「体験して楽しむ」<革小物づくりワークショップ>などを行います。

news_171023_3.jpg

ワークショップはコサージュ、小物入れ、レザーペイント(ねこの顔を描きます)など充実。無料でお楽しみいただけますよ。


  「LEATHER WORLD 2017-TOUCH!LEATHER-」
   <http://timeandeffort.jlia.or.jp/news/2017/10/23171720.html>


カテゴリー: 国内革事情

革とものづくりの祭典「浅草エーラウンド2017秋」が10月20日(金)から行われます。今回で9回目を迎え、イースト東京 浅草・奥浅草エリア一帯を会場とする地域イベントとしてすっかりおなじみになりました。開催直前、イベントの概要をまとめてご紹介します。

banner_01.png

150年の革靴づくりの伝統を有し、革靴の生産出荷額日本一を誇る<革のまち>、奥浅草。ものづくりのDNAが息づくエリアを盛り上げる「浅草エーラウンド2017秋」では、通常非公開のファクトリーをオープンするなど、街の魅力を発信。毎回1万5,000人~2万人が訪れています。86組(エーラウンドマーケットのブース出店も含む)の企業・店舗が参加。皮革産業の工場・工房や革問屋の公開に加え、地域の個性的な飲食店や雑貨店でも、さまざまなおもてなしで特別感を表現します。

08-1-1024x768.jpg

工場見学は、奥浅草エリアの靴生産を支えるメーカーの工場を日時限定で公開(無料)。

*****

【20日・21日・22日】
あしながおじさん靴工場(浅草4-48-5):婦人靴ブランドの工場。各日11:00、14:00

【20日・21日】
東京刃型(浅草6-21-12):革を切り抜く「抜型」の製作メーカー。20日・11:00、13:30/21日・11:00

【20日】
パイロットシューズ(今戸2-36-11):老舗の婦人靴メーカー。ガイド付き工場見学(要予約)

*****

78-320x220.jpg

そのほか、ヒールや金具の専門卸や、吉田カバン創業者の吉田吉蔵記念館(通常は水・木曜のみ開館/写真・上)の公開、東都製靴工業協同組合(認証革靴)<産官学で革靴認証事業を推進する事業とポップアップショップの紹介/写真・下>、「東京都立皮革技術センター(台東支所)施設公開」<台東分校生の作品展示、技術相談/20日まで>も注目ですね。

57.jpg

今回の特徴は、個人で活動するつくり手たちへのサポート。2010年代以降、「minne」や「Creema」に代表されるオンライン上のマーケットプレイスが人気を獲得。個人間売買のクラフト作品のマルシェイベントやクラフト教室、DIY体験ワークショップが支持され、ハンドメイド作家やハイ・アマチュア層のクリエイターが増加中です。こうした個人作家たちを対象にプロユースの素材に触れ、職人の話を直接聞くことができる機会を設け、応援します。

img_market.jpg

「個人には難しい」とされる問屋とのつながりをもってもらおうと、個人作家やハイ・アマチュア作家に革の仕入れ支援を企画。21日・22日には既存の飲食店や革製品の販売店をギャラリー化し、マーケットとスポット合わせて20軒近くが、品質は折り紙付きの素材を用意しています。マーケットでは吉比産業をはじめとした<スマイルレザー>、東京・鳥越 おかず横丁の人気イベント「ものづくり横丁」、企業と気鋭のデザイナーのコラボレーションによるプロジェクト「+d x TOKYO L 」(写真・下/「蔵前展」での展示)、ケア製品のトップメーカー<コロンブス>などもお見逃しなく。

21430142_1453006114748221_1927800295658804463_n.jpg
浅草エーラウンドでは、皮革産業の後継者育成にも取り組み、ものづくりや革関係の仕事に関わりたい人と企業のマッチングも実施。マーケットの「I want YOU」では、奥浅草エ リアのメーカーや工場の求人情報を公開。ブースにはつなぎ役となる「求人ソムリエ」 が常駐し、モノづくりや革関連の仕事に携わりたい方と企業とを橋渡しします。

03-1-1024x683.jpg

恒例のツアーでは、入門編から深掘りまで、3日間で全11コースをラインナップ。活躍中のレザークリエイターとともに道具・材料を探す、個人作家を応援するツアーが話題ですよ。

73.jpg
恒例の<桜橋レザーパーク>は、皮革卸問屋 富田興業内(今戸本社2F、5F)に<革のテーマパーク>が期間限定で出現! 特選革の販売、革を使ったものづくり体験ワークショップ、実演・講演・・・と盛りだくさんです。

74.jpg
活躍中のクリエイターを多数輩出したバッグアーティストスクール レプレのブースでは、ワークショップのほか、「かばん屋さんのキット販売」、とっておきのツールのお披露目も。

21317431_1452086194840213_3829604542388778290_n.jpg
さらに大阪のカリスマ的ショップ<レザークラフトフェニックス>の「金具や工具の販売」に加え、大阪の人気イベント「本日は革日和♪」が出張。

「人に話したくなる革セミナー~革?皮?革素材はどう作られる?」、「人に話したくなる革セミナー~靴と鞄の違いを作り方から見てみる。」とレザー初心者からマニアまで毎回大好評納得の講座を開催します。「今回、SEIWAさん全面協力による革や布に描けて割れない顔料、ファブリエの体験会を開催します。かなり貴重な機会ですので、ぜひ、お越しください」と村木さん。

img_cycle_02.jpg

このほか、新プログラム、「LOOP」がローンチ。開催を重ねてきたなかで店舗同士が仲良くなり、自主的に運営する企画がはじまります。既存のカフェや革製品の販売店に作家やアーティストの作品を展示。10店舗がギャラリーに変身します。ワークショップ、レンタサイクル(エーラウンドマーケットで貸出、2時間まで無料)もあるそうですよ。

map-949x1024.png

最後におすすめしたいのは公式ウェブサイト。広い奥浅草一帯へスムーズに移動するための強い味方、公式ウェブサイトがグランドオープンしました。出店者情報を場所別・ジャンル別に分かりやすく表示。スマートフォンからも閲覧しやすく、マップや最新情報をチェックできるので会期中も安心。ツアーのコース情報や予約もできるそうですよ。


<まちめぐり><ものづくり>を通して、ひととひとの絆も生まれる・・・新しい出会いを探しに、お出かけしてみてはいかがでしょうか?



■ 参考URL ■

 エーラウンド <http://www.a-round.info/>


カテゴリー: 国内革事情

日本製革製品のコンペティションとして国内最大規模を誇り、すっかりお馴染みとなった「Japan Leather Award 2017」1次審査会が、10月9日(月・祝)~10日(火)の2日間、大阪・阪急うめだ本店 9F「阪急うめだホール」で開催されました。

1次審査会 外観.jpg
ファッション産業である皮革産業に、その時々の消費者ニーズなどに即応できる新たな"発想・表現"のできる人材を発掘・育成したい。このような想いのもと、一般社団法人 日本皮革産業連合会(JLIA)が開催する「Japan Leather Award」。毎年、内容が進化し、ついに10周年を迎えました。大阪で行われる審査会も恒例となり、リピーターの来場も多いようです。

1 次審査会171010.jpg
今年度は賞が変わり、各部門の賞が「フューチャーデザイン賞」と、「ベストデザイン賞」の2つに(学生部門以外の4部門)増えました。新たな市場形成の可能性を評価する「フューチャーデザイン賞」と、優れた商業的な価値を評価する「ベストデザイン賞」と審査基準が設けられています。

1次審査会 来場.jpg

会場には全応募作品がズラリ。圧巻です(現在、オフィシャルサイトでも全応募作品が公開されています)。年々、クオリティが向上しているのが頼もしい! 傾向としては、昨年に続き、農林業への被害軽減を目的とし有害鳥獣捕獲された鹿、熊の利活用などのソーシャルな側面や、日本の伝統工芸を取り入れた作品がカテゴリーとして確立しつつありますね。注目したいのは審査基準に合わせ、マーケットを意識した作品。これらからピックアップしてご紹介します。

1次審査会 シニア向け商品開発.jpg
まずは、大人世代にうれしい靴。左の作品は介護靴の要素を取り入れた一足。「介護靴は布製で冬は寒く足の先が痛い」とのお父さまのご意見を生かし、できるだけソフトな牛革を用い、ファッションを楽しめるデザインを目指したそうです。右のスニーカーは、40代以上の女性を意識した機能として屈曲性を強化。かかと部分が厚いインソールを使うことで脚長効果を狙います。有害鳥獣捕獲された鹿の革をアッパーに使用。銃弾の跡をデザインアクセントに仕上げました。

1次審査会 雨・雪.jpg

続いて、雨や雪を考慮したシューズ。「雪が降っても履ける靴」(写真・左)は内側にボアを配し、保温性もしっかりと。プリントレザーが目をひく作品(写真・右)は葛飾北斎の富嶽三十六景や凱風快晴といった浮世絵をコラージュし、アッパー全体に転写印刷を施しています。

1次審査会 雨 ヨリ.jpg
水に濡れると絵柄がハッキリと鮮明に。浮かび上がる浮世絵が素敵ですね。雨の日が待ち遠しくなりそう。

1次審査会 コーヒー.jpg

こちらはコーヒーを取り入れた作品たち。コーヒーで染めた豚革がいい風合いを醸し出すバッグ。金具もわざと錆びさせてから使用しています。古着人気が復活していますし、ヴィンテージ感の表現が支持を集めそうですね。スリッパは姫路の白なめし革がベース。シンプルに塩と菜種油と水のみで鞣されているため、染液を非常によく吸収する特性を生かし、コーヒー豆の出がらしを使って革を染めています。コーヒー豆を入れたお手だまもユニークです。

1次審査会 知育玩具.jpg

ギフトとしても人気が高いベビー、キッズ向けのアイテムも多く寄せられました。知育玩具、パズルやぬいぐるみ、クリスマスオーナメント・・・とさまざま。

1次審査 ベビー.jpg
「子どもたちに日本の革と革のものづくりの魅力を知ってほしい」そんなつくり手たちのあたたかな想いが伝わってきます。

1次審査会 端革アップサイクル.jpg

端革・残革のアップサイクルや、キズなどの目立つ革を生かした製品開発も着々。原皮が貴重になりつつある現状をとらえ、レザーを無駄なく使う試みも大きな流れですね。

1次審査会 レザーワールド.jpg

審査会場では恒例企画「LEATHER WORLD(レザーワールド)」も。さまざまなレザー素材を展示。

1次審査会 レザーワールド 来場.jpg

レザーの魅力を実際に見て、触って、感じることができる展示に加え、皮革素材、革製品の完成までのプロセスを解説する動画を無料上映。とても好評でした。

1次審査会 DVD.jpg

昨年から2段階審査を採用、1次審査の集計が終わり、約100点が選出。「Japan Leather Award 2017」オフィシャルサイトにて10月13日(金)、発表されます。

jla16%202s0111-thumb-600xauto-9769.jpg

2次審査会は10月28日(土)~29日(日)の2日間、東京・神田 マーチエキュート神田万世橋での開催です。長濱雅彦審査員長、ドン小西特別審査員にデザイナー、ディレクター、バイヤーなどで構成されたプロ審査員9名が加わり、審査後全員の協議により、各賞、グランプリを決定(なお、協議の結果、各賞を該当なしとする場合もあります)!

14650234_1005712066223566_4378359228399321476_n-thumb-600xauto-9789.jpg
2次審査会もユーザー参加型イベントとなっており、一般公開されます。来場者に好きな作品1点に投票をしていただき、東京会場人気No.1の作品を決定。

1次審査会 告知.jpg

投票に参加した先着150名のかたには特製レザーのペンケースをプレゼント(1次審査会と同様です)。上質な革を贅沢に使用し、国内の職人が今回のためだけに仕上げた特注(非売品)です。なくなり次第終了となりますので、どうぞ、お早めに。詳細につきましては、「Japan Leather Award 2017」オフィシャルサイトをご覧ください。



■ 参考URL ■

 Japan Leather Award 2017 <http://award.jlia.or.jp/2017/>


鈴木清之

鈴木清之(SUZUKI, Kiyoyuki)
オンラインライター

東京・下町エリアに生まれ、靴・バッグのファクトリーに囲まれて育つ。文化服装学院ファッション情報科卒業。文化出版局で編集スタッフとして活動後、PR業務開始。日本国内のファクトリーブランドを中心にコミュニケーションを担当。現在、雑誌『装苑』のファッションポータルサイトにおいて、ファッション・インテリア・雑貨などライフスタイル全般をテーマとしたブログを毎日更新中。このほか、発起人となり立ち上げた「デコクロ(デコレーション ユニクロ)部」は、SNSのコミュニティが1,000名を突破。また、書籍『東京おつかいもの手帖』、『フィガロジャポン』“おもたせ”企画への参加など、“おつかいもの愛好家”・”パーソナルギフトプランナー”としても活動中。

rss
facebook witter

このページの一番上へ